車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月13日
“オートカラーアウォード”(JAFCA主催)を振り返る その2
“オートカラーアウォード”(JAFCA主催)を振り返る その2 “日本カー・オブ・ザ・イヤー”(一般社団法人 日本カー・オブ・ザ・イヤーが主催)、“RJC カー オブ ザ イヤー”(特定非営利活動法人 自動車研究者ジャーナリスト会議が主催)はよく知られた表彰制度ですネ。

一方で、クルマ好きの方でも “オートカラーアウォード”(一般社団法人 日本流行色協会が主催)は聞きなれない表彰制度かもしれません。

ちょっと気になる “オートカラーアウォード” についての続編です。



【 2015年度のエントリー車両 - エクステリアカラー画像 】
2015年度のエントリーは日系ブランドのみで、4輪が13件、2輪が2件でした。軽自動車については各社とも3色(3台)を1件としてエントリーしていました。

尚、エントリーするには「前年開催日の翌日(2014年12月13日)から2015年12月末日までに、一般消費者が購入できる旨を発表した日本国内市場に向けて販売される車両」という条件が課せられていました。

エントリー車両のエクステリアカラー画像を一気にアップします。

▼ スズキ ラパン/フレンチミントパールメタリック × ホワイトルーフ × ブラウンモール 3トーンカラー

▼ スズキ ラパン/コフレピンクパールメタリック × ホワイトルーフ × ブラウンモール 3トーンカラー

▼ スズキ ラパン/フォーンベージュメタリック × ホワイトルーフ × ブラウンモール 3トーンカラー

▼ ダイハツ キャストスタイル/ファイヤークオーツレッドME(2C1B・メタリック)

▼ ダイハツ キャストアクティバ/スプラッシュブルーME(2C1B・メタリック) + デザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)

▼ ダイハツ キャストスポーツ/パールホワイトⅢ(3C1B・パール)+ デザインフィルムトップ(カーボン調/ブラック)

▼ ホンダ N-BOX SLASH/プレミアムホワイトパールⅡ&レッド(2トーンルーフ) 

▼ ホンダ N-BOX SLASH/プレミアムディープモカパール&ブラック(2トーンルーフ) 

▼ ホンダ N-BOX SLASH/サーフブルー&ホワイト(2トーンルーフ)

▼ ニッサン ジューク/アズライトブルー(P)× ブリリアントシルバー(M)2トーン〈#XAZ〉(特別塗装色)

▼ ニッサン リーフ/タンジェリンオレンジ × スーパーブラック 2トーン

▼ マツダ CX-3/セラミックメタリック

▼ マツダ ロードスター/ソウルレッドプレミアムメタリック

▼ スバル WRX S4 SporVita/ラピスブルー・パール

▼ スバル EXIGA CROSSOVER 7/クリスタルホワイト・パール

▼ ホンダ STEP-WGN/MILK GLASS PEARL

▼ 三菱 アウトランダー PHEV/ルビーブラックパール

▼ トヨタ クラウン “アスリート”シリーズ/①天空(ソラ)②茜色(アカネイロ)③常盤色(トキワイロ)

▼ LEXUS GS F/ヒートブルーコントラストレイヤリング

▼ ホンダ RC213V-S/トリコロール(チャンピオンレッド、パールスペンサーブルー、ロスホワイトによる)


▼ ヤマハ MT-25/07/09/09Tracer/Mat Silver 1 + Deep Purplish Blue Metallic C
フレーム、コンポーネンツ:DPBMMC ・タンク
外装カバー:MS1

※ 画像(22点)は全て http://www.jafca.org/seminarandevent/20151110.html から拝借しました。



【 グランプリの審査視点と2015年度の審査委員 】
<グランプリの審査視点>
●市場に影響を与えたか ●車両のカラーデザインとして企画/発想が優れているか ●デザインの企画/発想が他業種の手本となりえるか ●従来にない色域に挑戦して成果をあげているか ●新しい技術を効果的に採用しているか ●インテリアカラーがエクステリアカラーに調和しているか ●インテリアカラーが美しいか ●エクステリアカラーが美しいか

<2015年度審査委員>
●島村 卓実(Qurz〈クルツ〉Inc. インダストリアルデザイナー)
●松田 朋春(株式会社ワコールアートセンター チーフプランナー)
●大澤かほる(一般社団法人日本流行色協会 カラークリエイティブディレクター)
●メーカー代表各社1名(10社)
スズキ株式会社/セージ・オートモーティブ・インテリア株式会社/ダイハツ工業株式会社/トヨタ自動車株式会社/日産自動車株式会社/富士重工業株式会社/株式会社本田技術研究所/マツダ株式会社/三菱自動車工業株式会社/ヤマハ発動機株式会社
●事前登録した一般来場者による投票結果も加算(人数限定)

※ www.jafca.org/seminarandevent/20151212.html から引用しました。



【 2015年度の各賞(グランプリ、特別賞)受賞車 】
<グランプリ> スズキ ラパン
●メーカーからのメッセージ
一目見た瞬間の「あ、好き!」を大切に、ときめきのあるカラーコーディネートでぬくもりと心地よさをデザインしました。「カワイイ!」を生み出す様々な仕掛けがたくさん詰まった、こだわりの新型ラパンです。
心がときめくぬくもりの内外装カラーコーディネートを是非ご覧ください。
●授賞理由
生活者のライフスタイルが見えるカラーデザインである。
カラーデザイナーの思いが、細部にまで生かされ、世界観を構築している。
自動車でこれまで採用されにくかった色域に果敢に挑戦し、実現したことは素晴らしい。

<特別賞> マツダ CX-3
●メーカーからのメッセージ
CX-3という新しい車において、単なる色表現を追求するのではなく、もっとも造形を引き立てる素材感としてボディーカラーを開発しようと試みたのがセラミックメタリックです。そのような素材感としてイメージしたのが透明感と硬質さを併せ持ったファインセラミックです。
シンプルに造形を引き立て、美しい移ろいで陰影感をつける、そんな狙いで作りました。初期の調色ではうまくまとまらず、あきらめかけたこともありましたが不思議な魅力を捨てきれず、最後まで作り続けました。
明るいところでは白く輝き、暗いところではソリッドグレーに、そしてある瞬間にはマットにも見える、CX-3のシンプルな造形を引き立てるこの質感の魅力にご注目ください。
●授賞理由
セラミックの質感を、今までにある技術を使って試行錯誤を繰り返しながら完成させた。
マツダのブランド構築をカラーが先導して行っていることがよく理解できるのが、マツダの赤であり、このCX-3のセラミックメタリックといえる。
レッドを効かせたインテリアにもこだわりが感じられる。

<特別賞> ヤマハ MT-25/07/09/09トレーサー
●メーカーからのメッセージ
「RB(レースブルー)シリーズカラー戦略」
ヤマハスポーツバイクの背景にあるレース。その中で育てられたブルー、
培われたテクノロジーを新たな解釈でグローバルに打ち出し、スポーツバイクのカテゴリーにおいてMT独自のRBカラー戦略に展開。
情熱と知性、歴史、様々な思いをRBカラーに託し、世界中のライダーにヤマハブランドを伝える。
●授賞理由
二輪の駆体デザインを考える上では、カラーとグラフィックの重要性が高い。ブルーというブランドカラーを使いながら、CMFG(カラー、マテリアル、フィニッシュ、グラフィック)を駆使し、4種類のバイクの違いを作り上げたことが評価された。

※ www.jafca.org/seminarandevent/20151212.html から引用しました。



【 最後にちょっと - 私の感想 】
・ 2トーンカラーを採用した車両のエントリーが13件中5件ありました。確かに市場には2トーンカラー(Bカラーあるいはバイカラーとも呼ばれる)が増えてきました。特に軽自動車やスモールカー(Bセグメント)の採用が目立ちますネ。

・「デザインの企画/発想が他業種の手本となりえるか」や、 「従来にない色域に挑戦して成果をあげているか 」がグランプリの審査視点(審査基準)の重点項目と感じました。

・ 『クラウン “アスリート”シリーズ/①天空(ソラ)②茜色(アカネイロ)③常盤色(トキワイロ)』は試みとしては好感を持っています。2015年10月から受注生産を開始した “ジャパンカラーセレクション” 12色のうちの3色です。過去にエントリーしたかはわかりませんが、2013年9月に期間限定販売した『ピンクのクラウン』、2015年4月に期間限定販売した『空色のクラウン、若草色のクラウン』と同じ流れですネ。

・ ボディカラーの良し悪しを写真で判断するのは困難です。特に深みのある色(大まかに言えば濃い色)は難しいです。こういった制限は承知の上、かつ審査視点に捉われず、個人的な好みで選べば、

『ダイハツ キャストスポーツ/パールホワイトⅢ(3C1B・パール)+ デザインフィルムトップ(カーボン調/ブラック)』、
『ホンダ N-BOX SLASH/プレミアムホワイトパールⅡ&レッド(2トーンルーフ) 』、
『ホンダ N-BOX SLASH/サーフブルー&ホワイト(2トーンルーフ)』、
『マツダ CX-3/セラミックメタリック』、
『ホンダ STEP-WGN/MILK GLASS PEARL』

の5台です。ちょっと無難すぎる選択でしたネ。

イイね!0件



タグ
この記事へのコメント
コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「@vertin 情報ありがとう。早速『メカニズム詳密解説 革新的パッケージングの真相』を読み返しました。」
何シテル?   12/05 09:35
私にとっての愛車とは、服と同じように “第二の皮膚” であり(Like a Second Skin)、アイデンティティの一部であって欲しいと願っています。 ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
日産 ティアナ 試乗 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/26 08:58:33
フォード エコブースト1.0L 3気筒とその後で : その1 (ルノー編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/23 05:46:13
エンジンオイルの専門的な話のまとめ - 技術者のジレンマ - 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/30 19:43:21
お友達
ファン
29 人のファンがいます
愛車一覧
ルノー メガーヌ (ハッチバック) ルノー メガーヌ (ハッチバック)
【2004 RENAULT Mégane II 2.0 16V Privilege, G ...
ルノー セニック ルノー セニック
【2000 RENAULT Scénic Ph2 2.0 16V RXE, Gris H ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.