車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月14日
“オートカラーアウォード”(JAFCA主催)を振り返る その5
“オートカラーアウォード”(JAFCA主催)を振り返る その5 前回(『その4』)2014年度の “オートカラーアウォード” について、エクステリアカラーを中心に書きました。今回はインテリアカラーを中心に書いていきます。

前回記事導入部の繰り返しになりますが、本編に入る前に “オートカラーアウォード” について押さえておきたい事柄に触れておきます。

一つめは開催年を冠とする呼称についてです。JAFCA のwebでは『オートカラーアウォード2015-2016』と表記されたり『オートカラーアウォード2015』と表記されたりで統一感がありません。前者は2015年12月に審査会が行われたものを指し、後者は2014年12月に審査会が行われたものを指します。本稿では、『2015年度』、『2014年度』という呼称で統一しています。

二つめは開催年によって賞の数や名称がまちまちなことです。全てを調べたわけではありませんが、『2015年度』はグランプリと特別賞、『2014年度』はグランプリのみ、『2013年度』はグランプリ、準グランプリ、ファッションカラー賞という具合にコロコロと変わっています。

それでは、本編に入ります。



【 2014年度エントリー車両のメッセージとプレゼンター 】
2014年度のエントリーは日系ブランドのみで、4輪が15件、2輪が2件でした。ハスラーが3色(3台)を1件、デミオが2色(2台)を1件としてエントリーしていました。

尚、エントリーするには

●カラーデザイン開発に最も注力した、日本国内市場に向けて販売される車両のカラーデザインである ●前年のオートカラーアウォード開催日の翌日より、2014年12月末日までに一般消費者が購入できる ●日本国内市場向けに生産、販売、輸入されたカラーデザインである

という条件が課せられていました。

エントリー車両についての各社からのメッセージとプレゼンターの所属部署・氏名等を JAFCA の web から引用します。


■ スズキ ハスラー
コンセプトは、「ワクワク、ドキドキさせるアクティブカラー!」
一緒に出掛けたくなる!いつも行かないところに今日はこの子と行ってみよう!そんな気持ちを色と素材と質感で盛り上げた、カラーデザイナー渾身の1台です!

遊べる軽の名にふさわしいワクワクする色は、一瞬にして心を奪い
美しい発色をもった植物由来原料の新素材は、環境にも優しく
ドキドキして思わず触れたくなる質感は、こだわり派のおしゃれなお客様にもご満足いただいております。

なんと言っても1番のポイントは、エクステリア&インテリアのトータルコーディネートです。この車でなければ実現しなかった、ワクワクドキドキするハスラーの世界を是非お楽しみ下さい!

(スズキ株式会社 四輪デザイン部カラー課 江口 奈津美)


■ ダイハツ ハイゼット トラック
『これまでの軽トラックのイメージを変えたい!!』との思いから「軽トラの色は地味!」「もっと明るい色が欲しい!」とのユーザーの声を受け働き者の「農業おじさん」も、おしゃれな「農業ガール」も「見て、乗って、楽しく使えるトラック」を実現させるため選べる『豊富なカラーバリエーション 全8色』を展開しました。

毎日の仕事を明るく、楽しくしてくれる「トニコオレンジ メタリック」をご覧いただきます。

(ダイハツ工業株式会社 デザイン部デザイン室CMFユニット 戸木 進一)


■ ダイハツ コペンエクスプレイ
新型コペンXPLAYが目指したのは、スポーツカーの枠を打ち破る『新ジャンル感』。

従来的なスポーツカーの延長線上ではなく、今までスポーツカーと接点の無かった(興味の無かった)若者たちが『いい!』と思える新しい世界観を目指しました。

そこで、若者たちと密接な関係のファッションアイテムに着目し、タフでアグレッシブな形状を際立たせる『ストリート感覚のカッコ良さ』を表現しました。

(ダイハツ工業株式会社 デザイン部先行開発グループ 平井 伸明)


■ 三菱 ekスペース
カラーコンセプト 「Luxe-Style」
自分が本当に気に入ったものをもつことが真の贅沢。を狙いに自分だけの価値観を大切にする30 代子育て世代をメインターゲットに、育児ツールとして 「夫婦でオシャレにかっこいい」を目指しました。

そこで、アンティークゴールドメタリックは粒径の大きいメタリックを多く使用し 輝きをUP させ、華やかさの中に上品で深みを感じさせる色に仕上げました。

また、ユニセックスなテイストに味付けし、パパママともに魅了する色を表現しました。

家族の思いと笑顔を詰め込んだek スペース:アンティークゴールドメタリックを是非実車でご覧下さい。

(三菱自動車工業株式会社 デザイン本部インテリア&カラーデザイン部 佐藤 亜希子)


■ トヨタ ヴィッツ
新型ヴィッツのテーマは『Lively(イキイキとした)』を具現化する打ち出し色を投入し、『世の中を明るく元気にしたい!』『明るい未来へ向う活力を与える色になってほしい』そんな願いを込め、このイエローを開発しました。

(株式会社豊田自動織機 自動車事業部技術部デザイン室 山岡 正和)


■ マツダ デミオ
デザインの想い
例えコンパクトカーであっても、マツダ・デザインはクルマ創りへの情熱を貫き抜きたい。

ラインナップされるマツダアテンザ、アクセラとは異なる、明快な価値を与えること。

カラー/素材/フィニッシュ(CMF)が発信する魅力を活かし、大人の嗜好や感性にも耐えうるデザインで手にしたオーナーにとって、無二の存在のクルマになることを我々カラーデザインチームは目指した。

(マツダ株式会社 デザイン本部プロダクションデザインスタジオ カラー&トリムデザイングループ 松田 智洋)


■ ニッサン CUBE 15Xコダワリセレクション
『コダワリのある大人若者に贈る特別な1台』
「自分の好きなものに囲まれて、充実した日々を過ごしたい」「いくつになってもコダワリは失いたくない」

これぞという一品には妥協しない、ある意味ワガママな大人若者に贈る特別な1台。それがこの特別仕様車、CUBE コダワリセレクションです。

内外装共に、時の経過とともに馴染んでいく味わいを、色と素材を巧みに組み合わせることで表現しました。

「作り手のコダワリ」と「本物嗜好のお客さまのコダワリ」という二つのコダワリで、大人になってもウィットな遊び心を忘れない方々に愛着を感じていただけるよう、そんな想いを込めたデザインです。

(日産自動車株式会社 グローバルデザイン本部カラーデザイン部 呉 綾花)


■ ニッサン JUKE 15RXパーソナライゼーション
“圧倒的な個性を持ったJUKEが、「色の力」で、更なる誰にも追いつけない個性に!”
ずば抜けたユニークさで、誰にも似ていない個性を持ったJUKE。

ROBIOTECという造語を元に、新たなる生命体と謳われたユニークなJUKEが、4年の時を経て、その個性を増幅する為に、「色の力」でさらなる進化を遂げました。

選べる車体色9色に、まずはコーディネートできるエクステリアパーツとインテリアコーディネーションで、少なくとも全90種類。更に、ホイール、ステッカー等と組み合わせ、オリジナルJUKEが増幅!

その細部に至るまでカラーデザイナーが提案、監修を行い、現実となった新しいJUKE!

ファッションのように、色やアクセントで遊び、誰とも似ていない究極の一台を生み出す楽しみを提供します。

(日産自動車株式会社 グローバルデザイン本部カラーデザイン部 井野 章子)


■ ホンダ VEZEL(ルーセブラック M)
外装色は、濃いガンメタに紫みを加えたパープリッシュブラックです。実際には黒ではありませんが、モチーフにした花の名前をそのまま冠しました。ルーセブラックはクリスマスローズの一種で、紫がかった黒の花びらが独特の魅力を発します。赤や黄の花とは異なる力強さで、何者にも媚びることなく在りながら、名前どおり(RUSEには、はかりごと・たくらみの意あり)の妖艶さで見る者を強く惹きつけます。その魅惑的な世界をVEZELのボディカラーに落とし込みました。

(株式会社本田技術研究所 デザイン室3スタジオ 唐見 麻由香)


■ ホンダ VEZEL(ミスティグリーンP)
外装色は、いわゆる、みずみずしいグリーンではなく、やや枯れた雰囲気のシェードに赤味を感じるグリーンを基調とし、ハイライトにゴールドを加味することで芳醇なイメージの中にも爽快さを与えました。目に見えるグリーンの奥に、思慮深さや芯の強さに基づくもう一つの世界観を秘めているイメージで、名前にも「ミスティー(misty:霧に包まれているさま)」という、含みを持った形容動詞を与えました。ブラウンインテリアとのマッチングを強く意識して開発した色です。

(株式会社本田技術研究所 デザイン室3スタジオ 唐見 麻由香)


■ スバル LEVORG
ボディカラーは、アグレッシブかつ洗練されたLEVORGのテーマカラーに相応しい、知的なスポーティーさを演出するブルーイッシュグレーを表現しました。
インテリアは『高性能を味わう』をテーマに、スバルの高性能スポーツツアラーとしての卓越した性能を存分に堪能できる『格と質感』を演出し、こだわりのあるお客様のライフスタイルに応えるデザインを「高性能な機能を強調する凝縮感のある見栄え」「質感と仕立ての良さ」「好奇心をくすぐる粋なアクセント」の3点をポイントに表現しました。

(富士重工業株式会社 デザイン部 斎藤 實、富士重工業株式会社 デザイン部 雲野 裕紀)


■ スバル LEGACY OUTBACK
5代目となるOUTBACKの開発コンセプトは「アウトバックを極める」です。

乗用車とSUVの利点を併せ持つアウトバックの魅力を最大限に引き出すため、アクティブライフのパートナーとして必要なタフさと、車格に相応しい上質感を追及し、上級クロスオーバーとしての存在感を高めました。都会的で洗練されたタングステン・メタリックとアイボリー内装の組み合わせで、より豊かで活き活きとしたライフスタイルを演出します。

(富士重工業株式会社 デザイン部 渕野 優子、富士重工業株式会社 デザイン部 雲野 裕紀)


■ トヨタ ハリアー
ミステリアスで艶麗なオーラを放つダークな世界。
新生ハリアーは、よりアーバンに、より艶やかに進化。
初代コンセプト『格式高いホテルに乗りつけても様になるSUV』のDNAを継承しつつさらに昇華。
こだわりを持つ20代~30代の独身男性の嗜好に合わせ、艶っぽさ、男の色気を際立たせる官能的な存在感を大胆かつ繊細な色で表現。

(株式会社豊田自動織機 自動車事業部技術部デザイン室 小西 勲)


■ LEXUS RC
新たな「個性」でレクサスのイメージを変えるプレミアムクーペ「RC」が誕生しました。クーペならではの魅力的なデザインをより一層引き立て、プレミアムクーペとしての「エレガンス」をストレートに表現した「RC」の為のカラーデザインです。

(株式会社テクノアートリサーチ 制作部 鈴木 恵)


■ LEXUS RC F
五感を刺激するカラーデザイン「RC F」の使命はレクサス「F」のスポーツイメージをより際立たせることです。
魅せたい、見られたい。視覚に訴える、圧倒的な存在感を具現化。
力強さの中に洗練と鋭利を表現したカラーデザインです。

(株式会社テクノアートリサーチ 制作部 鈴木 恵)


■ ヤマハ トリシティ125
リーンして走る3輪、2輪でも4輪でもない新種の乗り物であることをアピールするため、色相の新しさやトレンドとは関係なく、新しい質感を求めて開発した新色。
イメージしたのはアルマイト染色された金属機械部品。
強い光輝感のあるメタリック質感と高彩度な発色を両立し、さらに表面をマットに仕上げ、色の魅力と質感のインパクトを同時にアピールする。
  
(ヤマハ発動機株式会社 デザイン本部製品デザイン部 水谷 玄)


■ ヤマハ MT-07
カラーリングコンセプトは「Cool Urban Sport」。都市との調和、街との調和、人やファッションとの調和をカラーリングで表現しました。
一方で、造形をより良く魅せる事がカラーリングの重要な役割でもあります。上部のタンクからリアにかけてのグラマラスな造形には、特徴的な動きを引き立てるべく衣を羽織ったかのようなホワイト塗装を施し、俊敏で自由に駆け抜けるイメージを表現しています。また下部には力強い足回りによる走りの機能美を目指し、細部に渡って様々な表面処理を施しています。

(株式会社GKダイナミックス 動態第一デザイン部 井上 弘介)

※ www.jafca.org/seminarandevent/20140122_004-copy.html から引用しました。



【 2014年度のエントリー車両 - インテリアカラー画像 】
エントリー車両のインテリアカラー画像を一気にアップします(2輪はエクステリアとインテリアを分ける概念がないので除きます)。

▼ スズキ ハスラー/パッションオレンジ × ダークグレー

▼ スズキ ハスラー/ピュアホワイト × ダークグレー

▼ スズキ ハスラー/ピュアホワイト × ダークグレー

▼ ダイハツ ハイゼット トラック/ダークグレー × オレンジ

▼ ダイハツ コペンエクスプレイ/ブラック

▼ 三菱 ekスペース/ブラック&アイボリー

▼ トヨタ ヴィッツ/アイボリー

▼ マツダ デミオ/クロス/パフォーマンスブラック

▼ マツダ デミオ/クロス/レザー オフホワイト

▼ ニッサン CUBE 15Xコダワリセレクション/コダワリブラウン

▼ ニッサン JUKE 15RXパーソナライゼーション/イエローインテリアパーソナライゼーション 本革シート

▼ ホンダ VEZEL/ジャズブラウン

▼ スバル LEVORG/ブラック

▼ スバル LEGACY OUTBACK/アイボリー

▼ トヨタ ハリアー/ディープボルドー

▼ LEXUS RC/クローブ

▼ LEXUS RC F/ブラック&アクセントオレンジ

※ 画像(17点)は全て www.jafca.org/seminarandevent/20141114.html から拝借しました。



【 最後にちょっと - 私の感想 】
・メッセージを読んで言葉の勉強になりました。デザイナーはこういう言葉で表現するのですね。『ホンダ VEZEL(ミスティグリーンP)』のメッセージには「みずみずしい」、「枯れた」、「シェード」、「加味する」、「芳醇」、「爽快さ」、「思慮深さや芯の強さ」、「もう一つの世界観」等がちりばめられています。ただしこれらの言葉を的確に使うのは難易度が高そうです。

・シートにパイピング(玉縁)を施し、ここにアクセントカラー(挿し色)を入れる装飾が『スズキ ハスラー』、『ニッサン CUBE 15Xコダワリセレクション』、『ニッサン JUKE 15RXパーソナライゼーション』で見られました。黒っぽくなりがちな内装に少しでも色を入れる手法は好ましく感じます。『JUKE』のケースでは黄色いパイピングと黄色い色糸とを使い分けています。

・『トヨタ ヴィッツ』のようにシートの側面・裏側を黒くし、座面等大きな面積を占める部位を明るめの色にする手法は個人的には評価しています。実用的な見地からすれば、乗り降りの際に靴が当たっても汚れが目立ちにくいという利点があります。スモールカーが明るい色のシートカラーを採用する場合には是非真似してほしいと感じます。また、ステアリングホイールをアイボリーにせず黒のままですが、これでも十分カラーバランスが取れていると感じます。

・今回最も気に入ったのは『ホンダ VEZEL』のインテリアです。シート座面と背の部分をクロス使いにし、色柄もツイード調で野暮ったくありません。現在の愛車 『メガーヌ II HB2.0』もこのようにレザー(あるいはビニールレザー)とクロスのコンビシートです。更に明るい色(日本車でいえばグレージュと呼ばれる色に近い)なので大変気に入っています。

・明るい色調+高級感で選ぶなら『スバル LEGACY OUTBACK』も素敵です。欲をいえばステアリングホイールはブラックとアイボリーのコンビならなおのことベターです。

イイね!0件



タグ
この記事へのコメント
コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「@vertin 情報ありがとう。早速『メカニズム詳密解説 革新的パッケージングの真相』を読み返しました。」
何シテル?   12/05 09:35
私にとっての愛車とは、服と同じように “第二の皮膚” であり(Like a Second Skin)、アイデンティティの一部であって欲しいと願っています。 ...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
日産 ティアナ 試乗 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/26 08:58:33
フォード エコブースト1.0L 3気筒とその後で : その1 (ルノー編) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/09/23 05:46:13
エンジンオイルの専門的な話のまとめ - 技術者のジレンマ - 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/08/30 19:43:21
お友達
ファン
29 人のファンがいます
愛車一覧
ルノー メガーヌ (ハッチバック) ルノー メガーヌ (ハッチバック)
【2004 RENAULT Mégane II 2.0 16V Privilege, G ...
ルノー セニック ルノー セニック
【2000 RENAULT Scénic Ph2 2.0 16V RXE, Gris H ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.