• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

masachiroのブログ一覧

2018年02月04日 イイね!

ロードレイジ(煽り運転)+セキュリティ対策 前編

ロードレイジ(煽り運転)+セキュリティ対策 前編ここのところ、ドライバー間での些細なトラブルから、大きな事件に発展したり、窃盗や悪質ないたずらなど、クルマに関する物騒なニュースを耳にすることが多くなりました。

当たり前ですが、出来ることならどれも遭遇したくはないので、(出来る範囲で)対策を取ろうと思います。


前編はロードレイジ(煽り運転)対策です。




ロードレイジ
Road(道路) Rage(激怒・憤怒)という言葉を最近よく耳にします。

自動車走行中の割り込みや追い越しに対して、車間距離を詰めてあおる、進路妨害するといった報復行動に及ぶドライバーのこと、もしくはその行為を指す言葉(コトバンクより抜粋)


だそうです。


しかし、


「こんなのにカッコイイ名前付けてどーすんだよ!」


「だからこういうのはダメだって!××が調子にのって増殖するぞ!」


「呼ばれるだけで恥ずかしくなる 〇
にしろっ!」



などの声がネット上で多数あがっているようです。


確かに言葉から感じられるイメージは、アウトローアナーキーワイルドです。

alt
画像はPS4 Road Rage北米版(日本未発売) 

「( ゚Д゚)ゴルァ‼ どかんかいっ!ロードレイジしたろかボケーッ!」


「今日俺さ~、ムカつくヤローが割り込みしヤがったから、即レイジしてやったわw」


「センパイのRR超クールっすね!イケてるっす。マジ最高っす(*´Д`)」




・・・ありそうですね。

それもドヤ顔で、こんな感じで形を変えながら使われそうです。

だとすると、この呼称は身勝手な自己顕示欲や陶酔を(それこそ)「煽る」要素があるのかもしれません。



ネーミングの件も問題ですが、同じ「煽り」でも私が特に苦手なのが、「いつ子供や自転車が飛び出してくるかわからないような道路」で煽ってくるクルマです。

(百歩譲って)高速道や峠でやられるならいざ知らず、これにはほとほと参ります。

これはもう、運転(テクニック)が上手いとか下手とかの話ではなく、単に想像力に欠け、危険感知が著しく鈍いだけなんだと私は思います。

出来るだけ気にしないようにしていますが、あまりにタチが悪く、しつこい時にはハザードを出して道を譲ります。
 
ところが今ドキは、無視をしたり、仮に道を譲ったとしても、相手がより過激なレイジモードに突入することもあるようなので注意が必要です。




 alt

写真はイメージです。


こうなってしまうと、モノの道理やルール、ましてやモラルなどが介在する余地は期待できず、相手のタイプや、感情(気分)次第で、命に関わるデンジャラスな状況に陥ることも十分にあり得ます。

「目を付けられたら
終わり


みたいな。(この時の相手は殆ど野生動物に近い?)


ホント、これでは堪ったものではありません。




そんな訳で、対策です。



まずは真っ先に思い浮かぶのがドライブレコーダー(以下ドラレコ)です。

ロードレイジを行うドライバーも録画されていることがわかると「証拠→逮捕」という心理が働き、引くことが多いらしいです。

前面への設置はすでに終わっていますので、今回は後面です。

alt
※前面設置の詳細「ドライブレコーダー&後付け(簡易)駐車監視システム」はコチラ


昨年末ごろに秋葉原を散策中に目が留まったのがコレ。

alt


★税込みなんと2,000円‼(MicroSDカードは別途必要)

OEM生産のため、様々なブランドで販売しているようです。価格帯も2,000~8,000円くらいまで様々です。

 
「この値段でまともに動くのか??」


一瞬思いました。

しかし、私の性格からして(人柱的な意味合いもありますが)コレを試さないわけにはいきません。

仮に動かなくてもダミーとして使えばそれなりの効果は望めるだろうと思い購入しました。

そそくさと帰宅して早速テストしてみます。

家にあったMicroSD32G (対応最大値)を入れ、MiniUSB(5V)で電源供給して起動。



alt



動くには動くんですけど、説明書がテキトーなので、イマイチわからない機能があります。

でも、(V計画のマニュアル片手に)ガンダム動かすことに比べればラクなもんです。


加えて、日本語表記がおかしなところがいくつもあります。


alt


作りもそれなりのクオリティで、吸盤取付けネジをちょっと締めこんだら割れてしまいました。

また、駐車モード時の動体検知機能を謳っているのですが、内臓リチウム電池が完全に死んでいるので駐車モード事態が機能せず、充電もできませんでした。

しかし、これらのいずれも想定内ですのでよしとします。(一応コレは新品ですが、価格が価格なのでハード〇フのジャンク品同等に捉えています)


今回の一番の目的はロードレイジな後続車がドラレコ設置を認識できればいいのです。

それでは実際に取り付けてみます。

場所はココに決定。
alt

赤丸は家で転がっていた「セイワルームミラーの補助ミラー」付属の吸盤を使用。

青丸のインシュロックでファッションバーに括り付けます。

●電源はナビシート裏のシガーソケット(後付け)より取ってます。


これならオープン時はイヤでも目に付きます。


お次はクローズドの状態です。

★ステッカー 390円
ちょっと控えめなデザイン(セキュリティ用)のモノを選びました。
alt

【装着後の感想】

効果は絶大です!

はじめは車間を取らないクルマも、これらに気付くと面白いくらいに間隔を開け始めます。

ステッカーだけでも効果は見られるようですが、やはりドラレコ本体が見えた方がいいようです。

取り付けて2ヶ月近くが経ちますが、車間を取らないクルマ(厳密にはほとんどロードレイジとよばれる手合いのものではないと思う)の概ね7割方に効果が見られます。


【総評】

私の期待値をはるかに上回り、現時点での目的は十分に果たせました。

通常、クルマにパーツを追加した時、「フィールが変わった」・「恰好よくなった」・「便利になった」など、その効果がダイレクトに自分に向けられるものなのですが、今回は一度相手(アウトレイジなど)に向けられ、その反応が自分に返ってくるといったものでしたので、いつもとは違う感覚があります。カラス除けを設置した時の気持ちと一緒です。

以前より、煽りをはじめ、クルマ社会におけるトラブルは様々なことがあったとは思いますが、ここのところに聞く話は本当に質が悪い。すぐに「カメラ=証拠」という社会はある意味残念なのですが、それらを考えるといずれはドラレコをグレードUPする必要があるかもしれません。

何故なら、今回得られた効果(煽りの抑止)はドラレコの存在そのもの(ダミーでも同じ)であり、ここぞという証拠能力を求められた時に、この機種では多々の不安や疑問符が残りますので。

ドラレコを「もしもの時のためのモノ」と考えるなら尚更です。





以上、これは数ある対策のうちの一部に過ぎませんが、引き続きトラブルに巻き込まれないよう、安全運転で行きたいものです。


ロードレイジ(煽り運転)&セキュリティ対策 後編に続く

Posted at 2018/02/05 11:43:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | NA6 | クルマ
2018年01月09日 イイね!

今年初のソロキャンプ(at朝霧高原)

今年初のソロキャンプ(at朝霧高原)寒中お見舞い申し上げます。

年明け早々、自分に活入れの意味合いも込めて、この寒空の中、富士山周辺へキャンプに行くことにしました。

今回のキャンプ、自分の想定最低気温はマイナス10度くらいのつもりで出かけます。




奥方さまに

「一緒に・・」




と(一応)尋ねたところ



「行かな~い」




即答です。




宮崎出身の彼女は寒さが大の苦手。行かないことは最初からわかっています。



というわけで気ままに

ソロキャンプ
です。


中央高速で河口湖ICを経て、朝霧ジャンボリ-オートキャンプ場へ。

alt
ロケーション抜群。オススメです。


この寒さの中、よほどのモノ好きでない限りキャンプをする人はいないので、(←当たり前)ほぼ貸し切り状態です。

私は人混みが苦手なので、トップシーズン中にキャンプに行くことはまずありません。ですので、世間様一般で言うオフシーズンが私のオンシーズンとなります。



ここで、私のキャンプ遍歴をちょっとお話します。

11歳の時に、友人二人で奥多摩に行ったことから始まりました。
その後、若きバイク乗り時代に、安物テントを持参して、日本中(北海道~沖縄)を周り、それでも飽き足らず、26歳の時にオーストラリアを一周(縦横断)しました。

以下①②の写真は1993~94年のオーストラリアです。
alt
①YAMAHA XT350(改)  アウトバック(砂漠を中心とする内陸部)は3日間走り続けても誰一人会わないなんてのは当たり前。見かけるのはカンガルーとエミューと野ウシぐらい。たまにディンゴ(野犬)も。

alt
②四大オーストラリアンストックルートの一つ ナラボーレールウェイ。全長約1500㎞。
お世辞にもway(道)とは言えない最大無給油区間約500㎞。下手打ったら死んじゃう。

因みにオーストラリア滞在期間中(半年)の2/3以上はテント暮らしでした。



私のお気に入り装備の一つを紹介します。

alt
愛用しているテントはDUNLOP Ⅴ-304

これは90年代、ツーリングバイク乗りの間では絶大な支持がありましたが、元は山岳用テントです。

DUNLOPは(タイヤメーカーとしての知名度こそありますが)今では当たり前になった「吊り下げ式テント」を1972年に世界で始めて販売したメーカーです。

また、このⅤシリーズはヒマラヤ遠征のために作られた、厳冬期も視野に入れたオールシーズンテントで、数々の栄光ある実績を残し、DUNLOPテントの世界的知名度を確かなものにしました。

安テントのダメなところを充分身体で感じながら、「いつかはⅤを」と憧れを抱き続け、帰国後に大枚を叩いてこのテントを購入したのが28歳の時。

使用して今年で22年目になりますが今なお、現役で頑張ってくれています。
これまでに幾多もの雨風・寒暖から護ってくれました。本当に頼りになるタフなアイテム&パートナーです。

国内生産に拘り、安易な軽量化をしない、メーカーのスピリットに深く感服致します。

DUNLOP(HCS)にご興味のある方はこちらから



さて、



この夜は雲一つない満天の星空を久しぶりに見ることが出来ました。
明け方はかなり冷え込み、温度計を見ると



マイナス6.9度 :;(﹏);:


alt
わかってはいたけど、やはり五十路の身体にはこたえる



想定温度ほどではなかったですけど・・・


「バナナで釘が打てる」
気温じゃないですけど・・・


alt
1977年 mobil1のCM 昭和なヒトなら分かりますw







やっぱり 寒い です。




フツーにそりゃそうでしょ。



alt
 
活入れのつもりで何かこんなトコロまで来ましたが、

年々、体力的・精神的にキツくなっているのをヒシヒシと感じてしまいます。





このままではみすみすジジイになってしまうので、



今年からジムに通います。

Posted at 2018/01/16 06:09:14 | コメント(5) | トラックバック(0) | 趣味
2017年12月12日 イイね!

みんカラ:モニタープレゼント!LED部門1位fcl.LEDヘッドライト

みんカラ:モニタープレゼント!LED部門1位fcl.LEDヘッドライトQ1. 取付け予定のお車を教えてください。
回答:ユーノスロードスター(NA6CE)

Q2. 取付け予定のバルブ形状を教えてください。
回答:H4


この記事は みんカラ:モニタープレゼント!LED部門1位fcl.LEDヘッドライト について書いています。


※質問を編集、削除しないでください。
Posted at 2017/12/12 03:31:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | NA6 | タイアップ企画用
2017年07月31日 イイね!

怪異譚(kaiitan=奇妙な話)

怪異譚(kaiitan=奇妙な話)水温の上昇に伴い、緊急停止。

「・・・この場所は確か」

ここは所沢街道沿いの、とある脇道。

「こ、こんなことって・・・?」

私の背中に冷たいものが走った。



それは7月末、入院している母を見舞いに行った帰り道。
車検も無事終わり、一人、エアコンの効く快適ドライブをしていた時のことである。


夕方過ぎには少し涼しくなってきたので、窓を開けて走行していると、嗅ぎ覚えのある甘い異臭に気付いた。水温系を見ると1時を過ぎたあたりを指しているので、ただちに路肩に停止した。


ボンネットを開けるとリザーバータンク内のLLCが見事に沸騰していた。


「あらら・・」


オーバーヒート(このクルマに乗って3度目)だ。


前回のブログコチラでモノが次々に壊れると記したが、まだ続くようだ。


エンジンルーム内を調べると、ウォーターバイパスホース下の付近から冷却水が漏れている。はじめはホースの亀裂かと思ったが、どうやらホースを結合している金具部分(ウォーターポンプインレット)から漏れているようだ。


写真はインテークパイプを外したところ

ここから自宅の武蔵野市までは約10㎞。


漏れている部分をとりあえず何かで塞ぎ、補水しながらで、休み休みであれば何とか家には帰れそうだ。


原因はわかったのでまずは腹ごしらえをし、陽が落ちてもう少し涼しくなってから作業を行うことにした。


幸い近隣にホームセンターがあったので、液体ガスケットとミネラルウォーター(2ℓ)のペットボトルを6本購入。


破損個所にガスケットを塗りたくり、ラジエター内に1.5ℓほど補水して出発。


結構な漏れ具合


ホームセンターの駐車場からすぐのところでまさかの渋滞。
水道工事によるもので、しばらくはまともに動きそうにない。


「さすがにこれは付き合ってられないな」


仕方がないので、とりあえず帰路とは正反対の所沢方面へ向かうことにする。


しばらく走っていると、ある場所で急に水温が上がった。


「マズい!!」


(片側1車線の路肩に停止では他の交通の迷惑になるので)反射的にすぐさま脇道に入れ、緊急停止。


時刻は20時半を少しまわった頃。


ボンネットを開け、煙草に火を付け一息ついた時にふと思った。




!!!




「この場所は・・・」




あれは記憶を遡ること10~15年前の真夏日。

所沢街道を埼玉方面に向かっている際に、奥方様が私より先に異臭に気付いた。
このクルマに乗って初のオーバーヒート(この時はクーリングファンリレーの故障)だった。

みるみるボンネットから白煙が出たので、すぐさま脇道に入り停止したことを思い出した。

それがこの場所だ。



 




寸分違わぬ、全く同じ場所で緊急停止・・・。



 



あえて説明すると、私はこの道(所沢街道)を通勤などで常用しているわけではない。ここのところ、母の見舞いにいくことで利用頻度は上がっているが、普段はせいぜい1~2ヶ月に1度くらいのものだ。


また、今回もここで休もうと考えた訳ではなく、条件反射的にこの場所で停止しただけである。まして、工事渋滞がなければ、反対方向のこの場所で停まることは絶対になかったと思う。


想像してみてほしい。


●一生のうちで何度オーバーヒートを経験するか?


●それに伴い緊急停止を何回余儀なくされるか?


●(日本中といわなくとも)首都圏に一体いくつの道があるか?




それらを踏まえて、まったく同じ場所で停止する(というより停まらざるを得ない状況になる)ということを・・・この確率は天文学的な数字になると思う。




これらは理屈ではなく、何か〝見えないチカラ″に呼び寄せられたとしか思えない。



それが災いをもたらすものなのか、救いをもたらすものなのかはわからない、が。




そう考えたら背筋に冷たいものが走った。




そして思った。




「・・あ、安全運転で帰ろう」




休み休み補水しながら、無事に帰宅した頃、時計は22時をまわっていた。




怪異譚(kaiitan=奇妙な話) 終
Posted at 2017/07/31 06:49:08 | コメント(3) | トラックバック(0) | NA6 | クルマ
2017年07月07日 イイね!

諸行無常(Everything is changing)

諸行無常(Everything is changing)先日、だましだまし使っていたNAのエアコンコンプレッサーが、ついに臨終しました。

〝ガランガラン~″とものすごい音を立て、断末魔の叫びのようでした。

ここ数ヶ月、やたらとモノが壊れるなどが続くことで出費がかさみ、我が家の家計はもうメチャクチャです。


・15年以上使用した半業務用のシュレッダーが壊れる
→納得の買い替え

・メイン使用のPC(VISTAのサポート切れ)
→OSの入替えなどを充分に検討した結果、本体の買い替え

・仕事部屋のエアコンが壊れる
→DIYでやっつけ修理

・自動車税
→言われるがまま支払う



そこに、今回のコンプレッサーの件。


目前に車検も控えてます。




・・・イタタ。




どうやりくりするか考えていると、ウチの奥方様より矢継ぎ早に



「私のPC(デスクトップ)のモニターにヘンな線が入るんだけど・・・」


「ドライヤーから冷たい風しか出ないんだけど・・・」


「固定電話の受話器を外してもウンともスンとも言わないんだけど・・・」







・・・あのねぇ











alt


(税金はともかく)モノの寿命から考えて、そういう時期なんでしょうけどね。



私のNAも初年度登録から26年目。



人間に例えれば80歳。


犬なら17歳。


蝉なら6日目。




あちこちいかれてくるのは必然です。
いわば諸行無常(Everything is changing)です。


しかし、クルマが生き物と違うのは、お金や手間をかけてあげて、パーツ交換をすればすこぶる調子がよくなることです。


今回のコンプレッサー交換は(後学のために)お友達の協力を得ながら、自分でやってみようかなと思っていました。ヤ〇オクなどで真空ポンプ+ゲージの安いセットを買う、あるいはレンタルするという手もあるみたいですしね。



そう思っていた矢先に、実家の母(81歳)が緊急入院。



何でも10万人に2.5人の超低確率な病気だそうです。



CRエヴァンゲリオン9(パチンコ)の大当たり確率が1/390.1で、あれだけ当たらないのですから、これは大変なことです。

alt
画像はメーカーHPより


そんなわけでここからしばらくは、手術やら、見舞いやらで、とてもクルマ弄りをしている場合ではありません。


仕事の合間を縫っての病院の行き来にクルマは必須です。


この時期、エアコンなしの車内温度は48℃越え。

直射日光の照りつける渋滞の中、オープンにする気にもなれず、凍らせたペットボトルを股間に挟んで(笑)見舞いにいくのも限界があります。


結局、今回ばかりは仕方がないので、業者にお願いすることにしました。

ついでに車検もです。


alt
今回お世話になった電装屋さん。パーツ持ち込みの無理なお願いにも快く応対してくださいました。

このNAと付き合いだしてから、ここまですべてユーザー車検で通してきましたが、今回初めて業者にお願いしました。(←こういう事態にでもならないと、まず業者に頼らないw)


ですので、


私の中のよくわからない〝拘り″ですけど「負けた感」が残ります(笑)




さて、


おかげさまで母の手術は成功して、日に日に快方へ向かい、現在リハビリ中です。


悪いことだけが続くわけはありませんよね。


これも諸行無常です。


エアコン修理の詳細はコチラ
Posted at 2017/07/10 11:29:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | NA6 | 日記

プロフィール

masachiroです。 NA6と同じ時を刻み、四半世紀を超えました。 気楽にいろいろな情報交換ができたらと思います。 よろしくお願いいたしま...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

イグニッションスイッチ作っちゃいました 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/23 07:32:02
半目キット作成☆ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/16 01:56:50
自作プッシュスターター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/16 01:54:46

ファン

13 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ユーノスロードスター きょろたん (マツダ ユーノスロードスター)
NA6に一目惚れして 一度たりとも浮気することなく 同じ時間を刻み続け ふと気づけ ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.