• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

単身で小笠のブログ一覧

2017年08月31日 イイね!

世界ロボット大会、成長性の高い10大ロボット技術を発表








本物そっくりのトンボ、漂うクラゲ、ピアノ演奏ロボット、二足歩行ロボット、感情を理解するロボット――創意あふれ注目を集めた2017世界ロボット大会(World Robot Conference 2017)が、27日に閉幕した。同大会の豊かな成果が人々に未来への期待を抱かせた。科技日報が伝えた。

世界ロボット大会専門家委員会は閉幕式で「ロボット分野の最も成長性の高い10大技術の見通し2017−18」を発表した。この技術には柔軟ロボット、液体金属制御技術、肌の電気制御技術、敏感触覚技術、会話形スマート交流技術、感情認識技術、ブレーン・マシンインターフェース技術、自動運転技術、VRロボット技術、ロボットクラウドサービス技術が含まれる。

世界ロボット大会執行委員会副主任兼秘書長の徐暁蘭氏は、大会事務局が15の権威ある国際ロボット機構及び100人以上の専門家・学者・経営者と共同発起する「世界スマートロボット協力発展提案書」を読み上げた。世界各国・地域間のロボット分野の交流と意思疎通を強化し、ロボット協力革新共同体を構築し、革新的な成果により全人類に利益をもたらすとした。またロボット基準の研究と制定をめぐる協力を強化し、ロボット基準・体制の改善を続け、スマートロボット技術基準・体制の連結を推進するとした。





Posted at 2017/08/31 18:44:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月16日 イイね!

質が向上してきた中国ドキュメンタリー





今年初め、シリーズのドキュメンタリー番組「上空から見る中国(原題:航拍中国)」が中国中央テレビ(CCTV)総合チャンネルで放送され、視聴者の関心を集めると同時に、熱い議論が巻き起こった。このドキュメンタリー番組について、「1話ごとに非常に美しく、国を賛美する歌を歌いた成立香港公司くなる」という感想も寄せられた。光明日報が報じた。

「舌で味わう中国(舌尖上的中国)」、「故宮で文化財を修復する私(我在故宫修文物)」、「本草中国(The Tale Of Chinese Medicine)」、「故郷を忘れずに(記住郷愁)」、「第三極-チベット高原」などの優れたドキュメンタリーが、数年前から大ブームを引き起こしている。今年の北京国際映画祭で発表された「中国ドキュメンタリー発展研究報告(2017)」によると、2016年、中国におけるドキュメンタリー作品に対する年間投入総額は34億2千万元(1元は約16.3円)、生産総額は52億元をそれぞれ上回り、前年比いずれも10%以上増加した。

国産ドキュメンタリーの人気は海外にまで

2012年、ドキュメンタリー番組「舌で味わう中国」が爆発的にヒットし、国産ドキュメンタリーに対する人々の関心がぐんと高まった。2013年アジアテレビ祭、欧州サニーサイドテレビ祭、2014年のカンヌテレビ祭など、さまざ人民幣匯率まな主要国際映画?テレビ祭や映画?テレビ展覧会において、「舌で味わう中国2」は、未公開のまますでに売りに出された。ドイツ、フランス、オーストリア、イタリア、オーストラリア、ベルギー、スペインなど30以上の海外企業が購入を希望し、韓国、タイ、米国、ロシアの各国では、一ヶ国内で複数の企業による購入合戦が繰り広げられたほどだ。

今年8月8日、「舌で味わう中国3」が長い準備期間を経て、ついに始動した。「舌で味わう」シリーズが引き起こす一連の現象は、中国のドキュメンタリー分野で最も研究する価値のある作品となっていると同時に、国産ドキュメンタリーの急成長も反映している。中国伝媒大学中国ドキュメンタリー研陽光女傭究センターの劉刻研究員は、「ドキュメンタリーは、一歩ずつ大衆に向かって歩み寄っており、大衆化時代に入っている。中国のドキュメンタリーが強い勢いで飛躍すると予測する人もいる」との見方を示した。




Posted at 2017/08/16 16:44:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月19日 イイね!

にボさら気が


「いつか自分でちゃんと話すだろうから、もう少し待ってあげて。柾。」

瞑った目元には薄く紅が置かれ、母親は写真を何枚も撮った。
その場に武蔵坊弁慶がいたら、この義経を自分のすべてをかけて守ろうとするだろう。
それまで何の目的も望みもなく、乱暴狼藉を繰り返していた弁慶は、出会った遮那王に初めて必要とされて全幅の信頼と情を寄せた。
襲い来る敵を死に物狂いでなぎ倒し、死しても直、大切な香港風水師義経を守り続けた弁慶の姿???。

「俺、布団まで、連れてゆくよ。」

「お願いね。」

そのお願いに、どれだけの意味が込められているのか、その時の俺にはまだわからなかった。

「きゃあ、寝過ごしちゃった~!」

朝から大慌てで、家事をする澤田の代わりにごみ出しに行き、なぜかやたらと感動された。

「お手伝いありがとう、柾くん。助かっちゃった。後は、パパが腕によりかけてお弁当作るからね。」

だから、パパはよせ。
背中越しに、フライパンからなじみの湯気が立つ。

「今日も、ハンバーグ?」

「今日は、チーズを入れてみました。形も柾く蘇家興んの好きな丸です。」

余りににこにこと幸せそうなので、文句も言えずについつられて笑ってしまい、眺めていた母ちゃんもまんざらでもない顔をした。

「柾。いつの間にか詩鶴くんと仲良くなったのね。」

今日で、4日連続ハンバーグだったが、なぜかもうそれが当たり前になった感じだった。
なれって怖いけど???他のものが食いたいといえない、この雰囲気。
なぜか、澤田は俺が死ぬほどハンバーグが好きだと信じ込んでいた。
???いくら好きでも、限度があるだろうと気が付いてくれ。
目指せ、黄金伝説。

****************************************

???ただ、食べるのは正直飽きたので、朱里の弁当と交換してもらった。

「あれ。前より美味くなってる?」

「わかるのか?」

「わかるよ。たまねぎの切り方、前は不揃いだったけど今は同じになってる。努力してるね、あの子。」

何で、そんなことまで判るのか知らないけれど、朱里もきっとあのやたらと見た目の綺麗な澤田に興味津々のはずだった。
何しろ、朱里の彼女は雑誌の有名な読者モデルで、知る人ぞ知るといった、すごい美人なのだ。

「何かさ、あいつ、もうすぐうちの学校に編入してくるらしいよ。」

「編入って、ここ男子校じゃ???えーーっ?」

朱里の狼狽振りが余りにおかしくて、俺はもうしてやったりだと思った。

「うわ~???うっそ。俺、自分が信じられない。確かーイッシュだとは思ったけど。あれは、見抜けなかったよ。」

「ボーイッシュじゃなくて、ボーイなんだって。」

がっくりと肩を落とした朱里に、何故か勝ったような気三元顧問蘇家興がしたけどさすがに、あいつの素性については何も言えなかった。
説明の仕様がないよなぁ???
まさか、母ちゃんの再婚相手ともいえないし。

???再婚相手????
誰が言ったっけ?
俺は、大切なことを見落としているようなのに、いま付こうとしていた。

しばらく何事も無く日々は過ぎ、母ちゃんの足のギブスが外れてしばらくしてから、家事から解放された澤田は当初の予定通り、学校に来ることになった。
Posted at 2017/06/19 12:44:43 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月25日 イイね!

ろを想おき


「先ほどの宣言で、契約は速やかになされました。ご主人さま。ダーリンとお呼びすればいいですか?それともハニーとお呼びすればいいですか?どちらでもお好きな方をお選びください。」

「だから~!君はお手伝いロボットで、おれの妻じ美股 即時 報價ゃないし、恋人でもない。わかるだろう?」

「死が我々を引き離すまで、わたしはあなたに誠実であると約束します。」

「ああ……、そこだけ聞いたらもっともな契約に聞こえるな……じゃなく!」

おれは、アンドロイドに背を向け、直通電話に飛びついた。

「もしもしっ!もしもしっ!!」

「いいえ。残念なが……わたしは、お手伝いロボットですから、添い寝モードのみです。それ以上の機能を追加したければ、本社にディスクの追加をお願いします。こちらのプレミアムセットは、ミニのベビードール風のネグリジェと付属のTバックです。全開式のひもパンティは七色揃っていますが、ご主人さまはどれを穿かせてくださいますか?秋月博士はお前は色が白いから、どの色も映えるねとおっしゃいました。わたしには良くわかりませんが、参考まで飲水機推薦にお伝えしておきます。ちなみに社内でカタログ用の撮影会がありまして、脱がせやすいと皆さまに好評だったのはこちらの……。」

「……。」

「あ~~~、大事なオペがあるんだった。こうしてはいられない。そうだ、帰ってきたら一緒に片づけるから、ここははこのままにしてなさい。一人暮らしが長かったから何でもできるんだ。帰ったら目玉焼きの作り方を教えてやろう。いいね。」

「はい。」

あ、そうだ……と言って音羽はアンドロイドを抱きしめた。

「一人で泣きながら片付けるとこ像してしまったよ。おいで、あっくん。休んでおいで。」

「愛してる。」

ぱたり……。

「…会いたかった~、会いたかった~、イエス!君に~?」

先ほどまでの神と言われたメスさばきからは想像もできない、音羽の行動だった。
上機嫌でドアを開けようとしたら、ドア周りが水浸しだった。

「え?……水出しっぱなしだったか?」

慌ててリビングに飛び込んだら、あっくんが座り暗瘡治療込んでしょんぼりとしていた。

「あれ……あっくん。再起動してしまったのか?」
Posted at 2017/05/25 12:57:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月28日 イイね!

は気に人間が変


いや、ほんと、あたりまえのことですが
褒められれば嬉しいし、貶されれば悲しいですよね。
最近、そのように実感しています。
自分自身のことだけでなく、
周囲を見渡しても(これも、あたりまえのことに)同様ですよね。
誰だって、
褒められれば嬉しくなるし、貶されれreenex 膠原自生ば悲しくなります。


というのは、
僕の職場にまたもや新人さんが入ってきたのですが、
(これも、またもや)面倒なことになっているのです。
まあ、
僕はもう異動してしまうので
半分ほど当事者といった立場でいられるのですが、
とはいっても
ただ見てるってわけにはいきません。


僕の勤め先は実に様々な商品を扱っているので
それらひとつひとつを憶えるだけでも
けっこうたいへんなのです。
だから、
きちんと丁寧に教えてあげないと
接客自体できないし、そうなると
もう面白くなくなってしまうんですよね。


ところが、
(これも、いつものごとく)マネージャーが
まったく教えようとしないのです。
なんとなく雰囲気的なもので
僕が教える立場になってしまっているのですが、
なにしろ異動する身でもあって
ばたばたしてるものですから
なかなかきちんと丁寧には教えられていないんです。


それなのに、
「あの新人、まったくなってない」と
マネージャーは苛々してるわけです。
「じゃあ、きっちり教えてやれよ」と
僕は思うわけですが、どういalmo nature 狗糧うものか教えないんですよね。


で、
一挙手一投足に至るまで駄目出しはしてくるわけです。
こうなると面白くないどころではありませんよね。
「私、研修が終わるまでに辞めるかもしれません」なんて
言われて困っているわけですが、
ずっと教えてあげられるわけでもないし
サポートもしてあげられなくなるんですよね。


まあ、
僕にできることといえば、
その新人さんを褒めることくらいしかないのかな――と
思っているわけです。
ずっと貶されて悲しくなっている状態の子に
できることはそれくらいかな、と。
いえ、
きっと、もっとたくさんのできることはあるのでしょう。
だけど、まあ、実際には
それくらいなのかなぁ。


褒めると人は笑顔になるし、
それをつづけていくだけで、けっこう
いろんな問題が解決されると思うんですけどね。
注意は必要があればしなければならないけれど、
貶したりする必要なんて無いはずですから。


ほんと、まったく、
なんでこんな単純なことがわからないのだろう?

僕は『半ズボン問題』というのを書いたのですが、
その記事に頂いたコメントの返信をしているうちに
新たなる問題をつかむことになってしまいました。
それは、
『公共の場におけるドレスコード』の問題ですね。


僕が書いたコメント返信の一部を引用しておきます。
『股間の危ういタイプの半ズボンについては、そもそも《大人用》が販売されているのか?という疑問もあります。
もし仮に、思いきった裾上げによってそういった半ズボンを作成していたら、それは正真正銘の変態になるのでしょうね。
あるいは、販売されてるとしたら、売ってる態なわけでしょう。
ただし、


まあ、
言うまでもなく非常に馬鹿げたことですね。
「いい大人がそんなことを考えてていいのか?」と
ご指摘されればそれまでのことです。
しかし、すくなくとも僕にalmo nature 狗糧とってなる問題なのです。


さて、
『半ズボン問題』において僕は
《股間の危ういタイプの半ズボンを履いた中年のオッサン》のことを
『変態』と書いたわけですけど、
彼を簡単に変態と決めつけてもいいのでしょうか?
そのオッサンはファッションとして
股間の危ういタイプの半ズボンを着用してるのかもしれないのです。
もし、
そうであるなら、彼は
《ちょっと毛色の変わったファッションが好きなオッサン》であり、
僕を含めた大多数とは違うというだけになります。
だって、そういうファッションってだけですもの。
Posted at 2017/04/28 16:17:27 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「世界ロボット大会、成長性の高い10大ロボット技術を発表 http://cvw.jp/b/2454165/40335915/
何シテル?   08/31 18:44
単身で小笠
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

お友達

愛車一覧

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.