車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月05日 イイね!
不夜城の闇絶対に損しない商売やビジネスがあれば、誰もが見逃すことはありません。

しかし、我先に皆が参入して、いずれは儲からない商売になってしまいます。

儲かる商売に規制をかけて、税収を確保することは自然の成り行きです。

胴元が儲かる仕組みになっている博打を、国が見逃すはずはありません。

カジノ法案が成立した様ですね。

宝くじとか公営ギャンブルが頭打ちで、酒税も期待出来ないとなれば、やはり別の博打になりますね。

目論見通り、海外からの観光客を呼べる有力なコンテンツになれば良いのですけどね。

国が規制してもしなくても、博打や似非博打は絶対に無くなりません。

博打の強い人とは、損切りが出来る人であり、引き際を見極められる人です。

依存体質で、一発逆転の夢ばかり見ている人は博打に向いていません。

ギャンブル目的で来る海外からの観光客が期待外れに終わり、国内のギャンブル依存症が増えると思いますね。


まあ、夢を買う博打が一つくらいあっても良いと思います。

あと10枚買うかな・・・

(;^_^A

Posted at 2016/12/05 08:57:23 | コメント(2) | トラックバック(0) | 気になるニュース | ニュース
2016年12月02日 イイね!
木曜日の子供特に予定が無くても何となくウキウキしてしまうのは、やはり今日が金曜日だからでしょうか。

同じ週末でも、昔は土曜日が楽しいウキウキした曜日でしたが、今はやはり金曜日なんでしょうか。

昔から、週末の期待感とかウキウキ感は、映画や小説や歌になっていますね。



土曜日

映画 「Saturday Night Fever」

小説 アラン・シリトー「土曜の夜と日曜の朝」

金曜日

映画、「Thank God It's Friday 」

ドリカム「決戦は金曜日」



週末ではありませんが、木曜日がタイトルに入っている面白い小説があります。

テリー・ホワイト「木曜日の子供」

凄腕の殺し屋と家出少年の物語です。



変なタイトルですが、マザーグースの歌からとっています。


マザーグースの歌
 月曜日生まれの子供は美しい
 火曜日生まれの子供は品がある
 水曜日生まれの子供は悲哀に満ちて
 木曜日生まれの子供の道は遠く
 金曜日生まれの子供は愛情豊か
 土曜日生まれの子供は苦労が多い
 日曜日生まれの子供は可愛くて朗らかで 優しくて陽気


 そう、だから私は金曜日が楽しくて、愛情豊かなのですね。

 (;^_^A
 
 

 
Posted at 2016/12/02 16:22:37 | コメント(1) | トラックバック(0) | 読書 | 日記
2016年12月01日 イイね!
五次元世界?言葉を話せるようになった幼児がある日突然、親に自分の前世の記憶を話し始める。

しかし、薄れて行く記憶と自我の目覚めによって、何時しか前世の記憶を忘れ去ってしまう。

初めは、幼子の口から語られる奇抜な話に驚いた親も、何かの思い違いだったと記憶から消し去ってしまう。

何となくありそうな話ではあるが、あまりにも奇抜な話なので公にされる事無く埋もれてしまう。

私は輪廻転生とか臨死体験とかに興味があるので、以前から関連する書籍を読んでいます。

転生(生まれ変わり)も研究されていると思いますが、いわゆる「臨死体験」は昔から研究が行われています。

臨死体験を心霊とか怪異という側面からではなく、臨床や脳外科や心理学などの博士と呼ばれる方々が研究を続けています。

三途の川みたいな川岸にたどり着くと、すでに亡くなった親戚縁者が対岸にいる。

あるいは、綺麗なお花畑が広がっている処にたどり着き、得も言われぬ幸福感に全身を包まれる。

等々、所謂あの世の入口の話を、科学的に解明する研究に取り組んでいるということです。

現在は、あの世の入口から舞い戻ったという、荒唐無稽な話ではなくなっています。

半信半疑で臨死体験を語る人が現れると、実は私も同じような経験をしたという人々が現れる。

臨床例が増えるほど、さらに研究が進むということでしょうか。

死の定義は難しいようですが、脳は心肺停止から5分ほどで回復不可能な損傷を受けるようです。

ということは、5分であの世の入口にたどり着き、様々な体験をした後に蘇生するということですね。

脳に及ぼす何らかの作用が、幻想を起こさせたという主張が大勢だったのですが、まだまだ解明されてはいません。

肉体を主とした三次元では説明が付きませんが、時間軸や意識を加えた四次元・五次元世界の事象と考えれば良いのかもしれません。

今回読んだ本は、筆者の肉体を離れた意識が過去や未来に飛んだり、人の意識に入り込んだりという経験を語っています。

例えば、筆者の意識は過去に飛び、危険な場面に遭遇している幼い頃の自分に危険を告げる。



彗星捜索家という方なので、話の大半は宇宙や彗星や未確認飛行物体に関することです。

信じるか、あるいは信じないか?

ただそれだけの事ですが、私には興味が尽きませんね~。






Posted at 2016/12/01 18:04:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | 読書 | 日記
2016年11月30日 イイね!
たかる人たち東京オリンピックの競技場見直しに関して、昨日4者協議が行われたようです。

東京都、組織委、五輪相、IOCと、面子が揃い、公開だったこともあり興味深い協議でした。


霞が関の中央省庁には、厳然たるヒエラルキーがあるというのは事実であります。

どの省庁であれ、財務省に足を向けて寝ることはできません。

麻生さんだけでは無く、財務官僚が偉ぶっているのにはそれなりの理由があるからです。

もちろん予算を差配するからですが、それこそ「おもてなし」をしていると思いますね。

お金を握っている人が一番の発言力を持つのは、至極当然のことなんですが昨日は違いましたねえ。

お金は出さないが口を出して、他の誰よりも偉そうなあの御方・・・

過去の内閣支持率で、断トツのトップを記録しているあの御方・・・

断トツのトップというのは、もちろん最低支持率ですけどね。
( ´∀` )

首相経験者であの年齢であれば、リーダーシップをとって、協議をまとめ上げる器量があっても良いはずなんですがねえ。

何と狭量で大局を見れないんでしょうか。

もちろん見た目通りにバカだからなんでしょうけど。

知事や五輪相に、東京都が国が、などと問いかけていますが、都民や国民が背景にいることが判っていないんですね。

2年半も努力してきたと宣うが、2年半かけても大局を見れず、試算も計算もできない糠味噌頭では所詮無理なんですよ。

背後にいるゼネコンも競技団体も、オリンピックに便乗して立派な箱物を造らせようという意図がみえみえです。

レガシーとかアスリートファーストを都合の良い様に使っていますが、ある種の「たかり」に近いですね。

予算を持ち、都民の支持を得ている知事に、一番発言力があって然るべきでしょう。


ぬりかべ爺さんは無い知恵を絞らず、隠居して茶でも飲んでりゃ良いんですよ。

同じように偉そうで、あの頭の中に藪が生えた元知事と一緒にね。

(# ゚Д゚)


Posted at 2016/11/30 18:08:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 気になるニュース | 日記
2016年11月30日 イイね!
カランコロン♪♪あれは去年の今頃だったんですね。一年経つのはとても早いと感じます。

今日はあの、水木しげる先生の一周忌ですね。

出身地の境港や、昔から住んでいらっしゃった調布で一周忌の追悼行事が行われるようです。



日曜日に、♪カランコロン・カランコロン♪と、スプレー缶を振って、とあるパーツの塗装を試みていました。

塗装はいつも難しいと感じますが、どうにかこうにか塗れたようです。

つや消しクリアーを吹き付けるとテカテカになりましたが、乾くとかなり落ち着いた感じになりました。

多少の垂れがありましたが、乾くとまったく分からなくなりますねえ。

でも、二度塗りを始めようとすると、予報通りポツポツと雨粒が落ちてきました。

残念ながら、二度塗りも装着も今度の日曜日に延期ですね。

とあるパーツ?

(;・∀・)


画像を見ると分かりますよね~


カランコロンと言えば、アニメゲゲゲの鬼太郎で流れる「カランコロンの歌」を思い出します。

これは、ブルース調ですが、歌っているのは決して「こなきじじい」ではありませぬよ。

(´∀`*)


カランコロンの歌 : 憂歌団






Posted at 2016/11/30 11:19:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | 音楽 | 日記
プロフィール
「不夜城の闇 http://cvw.jp/b/2454187/38958429/
何シテル?   12/05 08:57
ゆるユーロです。またMT車に乗りたくなってきた時期と、ランエボ生産終了を知った時期が重なりました。ファイナルを予約することも考えましたが、2014年登録のMTと...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
お友達
ファン
11 人のファンがいます
愛車一覧
三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
evoXの生産終了を知り、ファイナルの予約を検討していました。しかし、縁あって出逢った2 ...
過去のブログ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.