• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

かばさんだ~のブログ一覧

2008年11月29日 イイね!

メーカーからの回答

おそくなりましたが、回答を報告致します。


なおこの度に報告する内容は、私の車両に使用状況などの聞き取り調査を含め、私の車両をメーカーで精査しくまなく分解調査、及び必要な再現テストなどを終え、出て来ました最終結果です。

なお、先のようにメーカーからの調査にあたり私の車の使用状況の聞き取り、またその聞き取り内容が車両の状態と一致するかもしくはそうではないかという大事な検証を踏まえ出てまいりました重要なものでもあります。

それではまずその聞き取り内容からですが、「例の舵角制御を解除し時折走行していた。 また、サーキットを1度走行した事がある、及び、サイドターンの練習を30分程、ジムカーナ場でおこなったことがある。またディーラー以外では一切整備などは行って

おらず、また電子制御の解除以外何ら変更された部分はなく、交換したパーツもない。そしてディーラーできっちりと的確な時期に必要な整備を受けている。」です。

そして改めてですが、それらの内容を踏まえた上で調査され、調査内容の重点もユーザーの過失がないか、または整備不良もしくはディーラー以外で整備した痕跡、もしくは取替えらた部品はないか、そしてリコール自体に不備はなかったか及び再リコールに該当するものか、そしてこの度の原因はどこにあったかという核心の部分。

つまりなぜ起こってしまったのかという最重要な最終調査結果を出すために、以上の聞き取りを踏まえた上で車両を精査し分解及びリコールに問題がなかったか?また、再リコールに該当するかなどのテストした上でメーカーから発行された正式な回答内容である

ということであります。


それではまず1番重要な結果からですが、当初の想定通り、ディーラーで行われたリコール作業時に起こった何らかの「ミス」しか考えられないというものでした。

具体的にメーカーの調査内容による断定事項を申し上げると、リコールに関する部分であるNo,4エンジンマウントブラケットのねじ山が4~5部山無くなっていたため脱落事故が起こったとされる。というものでした。


次に、ではなぜ脱落にまで至ってしまったのかの詳細ですが、

 No,4エンジンマウントとそのブラケットをつないでるボルトの締結トルクが減少してる状態が続いたため、走行中に落ちるに至ったものと判断される。

次に(ここが重要ですが)、ではなぜ締結トルクが減少したか?ですが、まずそこに触れる前に、1番重要な部分である、私に責任が生じたか如何ですが、上記の聞き取り内容の中の「例の舵角制御を解除し時折走行していた。 また、サーキットを1度走行した事がある、及び、サイドターンの練習を30分程、ジムカーナ場でおこなったことがある。」の部分が関係しそのために脱落に至る引き金である締結トルクの減少が生じたのではないか?つまりはこれらの行為により、強い駆動トルクをかけたがためにボルトの締結

トルクの減少を招いたのではないか?という部分。
よっては、つまり私に責任があるのではという部分ですが、精査、また調査及び再現などのテストをした上で出てきました最終調査結果にはっきりと、


「エンジンマウントのストッパー金具の変形量より、激しい駆動トルク入力による締結トルクの減少ではないことが確認でき断定できる。」とあり、ユーザー、つまり私に一切責任がないと断定出来るとのことです。

また、この断定事項に至るに及び、当たり前ですが車両全体をくまなく調査、分解精査した結果より、車両はディーラー以外で何ら整備を行ってないことの確認及び、パーツの付加及び交換などを行っていないことも確認出来また、ミッション脱落時の損傷部分(ドライブシャフトやステアリングシャフトなど)以外にはECUや他の回転部分には故障や損傷部分もちろんのこと、ないとのことでした。

なお、重要なことであります再リコールなどに値するのか否か? ですが、そうではなく再リコールにはならないとのことでした。

具体的には、再度リコール作業の検証及び再現テストを行い、その結果、当たり前ですが、

きっちりとリコール作業の手順書通りに作業を行っていれば例え、「非常に大きな応力がマウントに入力されても締結トルクの減少は起こりえないことが確認されまた、リコール作業後に外部から想定外の入力や件のボルトを締め付けるなどの作業が行われたか否かについても車両を分解し精査しまた分解調査し調べたがその可能性がないことも確認できた。」とのことでした。


以上のことにより、リコール作業を的確に作業をしていただいてたらこの度のことは起こらなかったということであり、つまりは、核心である、なぜ「No,4エンジンマウントとそのブラケットをつないでるボルトの締結トルクが減少」が生じたかは、最初に書いたとおりに断定は出来ないが、「リコール作業時にボルトの締め付けトルクを誤ったか、もしくはマウントとブラケットの勘合部分がずれたまま規定のトルクで締め付けたために、その後、正規の位置におさまりそのために、マウントとブラケットに隙間が生じ、

よって、締結トルクの低下が起こり、今回の惨事になった以外考えれない。」というものでした。

これが全ての結果であり、事の発端よりディーラーと私の双方が示した見解つまり、当初よりディーラーでの簡易調査より分かっていた通り、私には一切責任がないことも明確にメーカーが断定し、そして、最悪の結果であった、再リコールにも該当せず云わば、

ただの「作業ミス」となりました。

もちろんただの「作業ミス」で済ませれるものではありませんし、絶対に起こってはいけな事にかわりはなく、これについては間違いなく疑いようのないことですが。

とにかく何よりも本当に、本当に怪我一つなく助かりよかったです。

最悪のこと-私及び同乗していた小さな子どもを抱えた身である妹夫妻が死んでること-を考えたら今でも本当に怖く、本当に怪我ひとつ負わずにに助かってよかったです。
だって、妹夫妻にはまだ小さな子ども、-何にも変えられない大事な大事な存在の-がいるのですからね。

そして、また、本当に再リコールにならずによかった。私達家族以外に同様な目にあわずによかった。

ただ、残念ながら原因は断定できないとなりましたが、それでも肝心なことである、「間違いなくリコール作業の指示通り、作業を行えば大丈夫。」なのが確認できたのが幸いでありましたね。


と、締めくくり終わる予定でしたが、私以外にも大変残念なことにミッション脱落が起こってるようですね。

おそらく今回の、メーカーの最終調査結果、つまり、リコール自体には一切不備がなく、再リコールにもならないというのが確かめられた最終調査結果により、おそらく同じ原因であると思われますが、結果を見守りたいと思います。
しかし、もうこれ以上絶対におこらないようにしていただきたいものです。

同じ原因であれば、締結トルクが規定値でおさまってるか及び勘合部分に問題がないかなどを確認するという方法で防げると思われるわけですからね。

以上です。
Posted at 2008/11/29 07:11:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2008年01月23日 イイね!

補足

一つ補足をば・・・

駆動系もしくはストラット付近からの異音がしてた件ですが、それは舵角制御を切る前からしており、さらに試乗車2台、また他のMSアクセラでも異音がしており、私のでも納車当初から発生しディーラーには連絡済みで、複数回にわたり調べていただいておりましたが、結局原因がつかめずじまいでした。


そしてその時々においても、何度もに渡り、ディーラーで調べていただいても、異常が無く、走行にも支障がないとのお墨付きもいただいてたので、時折発生する異音に心配しつつも、乗ってた次第です。
ということなので、今回の件とは何ら関係がないですよ。仮に私のMSだけで起こり、そして更に舵角制御解除後に発生してたなら大変問題ですがね。
私が知る限りでも6台ほど症状が出たので、今回とは何ら関係が無いですよ。

それにこのうち解除してたのは私の1台と、お知り合いの方のもう1台だけですしね。
他のMSはもちろん、試乗車などにおいては解除どころかDSCすらONの状態でも出ておりましたよ。

というわけで、 異音は、リコール対策以前、及び以後も出ており、またその時々に診てもらっており、またリコール対策後の6ヶ月点検でも詳しく診ていただいておりましたし、他の解除していない車両でも発生してるので今回の件とは全く関係がないと思われます。

ちなみにリコール対策発表後にすぐにまた半年点検は、9月に実施しております。

そして何度も書いてますとおりに、今回の原因は、マツダ及びディーラー及び私の共通見解としてまた確実にマツダ及びディーラーが責任を全面的に認めており、また謝罪時にも間違いなく、「リコール作業時のミスか再リコールになるかのどちらかで間違いない。」、とのことでした。

※2:25修正いたしました。

Posted at 2008/01/23 01:54:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2008年01月23日 イイね!

お礼を

改めて、現在の事態においてもご心配や励ましの電話やメールを頂き、ほんとに、ほんとに感謝感謝でいっぱいです。

誠に、誠にありがとうございます。

これからも末永く変わらぬお付き合いの程をよろしくお願い申し上げます。
Posted at 2008/01/23 00:26:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | モブログ
2008年01月22日 イイね!

謝罪

ここ最近の動きですが、車についてはメーカーがまず私の車自体全体を調べあげ、そしてリコール対象であり今回脱落した原因であるボルト、リア、ミッションマウント及びブラケット又、エンジン脱落に際して損傷した部分、例ドラシャや他のマウント等を持ち帰り原因及び対策を追及してる最中です。
そしてですが、今回脱落した要因ですが、マウントとブラケットにあるねじきりが損傷してほぼつぶれておりそのためボルトが機能せずに脱落したとのことです。そのためもあり作業ミスの可能性が高いとおもわれるようです。つまり斜めにボルトを固定してしまったか又、締め付けトルク不足または過多、もしくはマウント及びブラケットをリコール作業時に交換しなくてはいけない状態だったのにボルトだけを交換したため、既にリコール作業時にマウント及びブラケットが損傷していたのに交換しなかったために、このような事態になったかもしれないとのことでした。

次に、私への返金対応についても同様に進めていただいてるとの事です。

そしてですが、皆さんがおもっており指摘されてる点ですが、私にも非があるのでは?という点ですが、マツダ及びディーラーが現時点及びこれからについても一切生じないとのことで、一貫して謝罪され対応されてますので、ないとは思いますが、前にも書きました通り、私も多少なりとも非があるのでは?とおもって心配してた点であり、そして最重要だとも認識してましたので、何度も何度も確認してもまた、サーキット走行が一度、またジムカーナが一度と、また制御解除の影響もやはりあるのでは?と思い確認しましたが絶対にない。確実にリコール作業時のミスかまたは、リコール内容の不備で断言出来また保証出来るとのことでした。であるから、正式に謝罪をし、車両返却に応じ全額返金するとのことでした。そうでなければこういう対応にならないということでした。

そしてですが、確かに向こう側が私に非がないとはいっても、多少すくなからずあったと思います。それは、ディーラーで整備をリコール作業後の半年点検もうけたり、それ以後も一度程ディーラーを訪れて診ていただいたり相談したりしてましたが、それ以上に私がメンテナンスをもっときちんとやり、そして、定期的にリコール部分を診ておいていただいておけば防げたのかもしれませんが、果たしてリコール対策もおわり、これで安心して乗っていただいて大丈夫。と、いわれてるにも関わらず、この事態を予想しそして、定期的に確認など出来たのでしょうか?残念ながら出来ませんでした。これが出来てたら今回の事態にはならなかったと思い反省しております。
本当に次に何らかに乗り換えた際は、きっちりやっていきたいと思います。すいませんでした。

次に、今回、車が乗り換えられラッキーでは?という点ですが、確かにほぼ全額かえってきますが、また購入するにあたり、色々な費用及び不便、また甚大な労力がかかりなんにも得なんてないです。それに何より大切に大切にそして、大事に大事にしてた愛車がこんな事態になってしまったわけで、何にもうれしくないどころか困り果ててる最中です。ただただ、悲しいです。

そして最後に私が言い訳ばかりしてるとおもわれてる点ですが、それについてはただ起こった事実また真実を述べさしていただけでありますが、上記の点また、他にも言い訳としかおもわれれない文章、または表現しか出来なく、折角読んでいただいてるのに、不快に思わせすいませんでした。

本当にただ言えるのは、私の周りで起こってる事実や真実について私が思った事をブログに書いただけです。そして、メーカー及び、ディーラーがリコール作業時のミスか、リコール自体に問題があったかどっちかとも、はっきり認めておられますので、注意換気の意味もあり、この度の事をブログに書いただけではありますが、いろいろとご迷惑などをおかけしまして申し訳ございませんでした。今回の反省をこれからいかして参りたいと思います。
そして、また事実をありのまま書いたつもりでいましたが、とてもそうとはとれない文章などになりすいませんでした。
それでもちろん当たり前ですが、起こったことは事実であり真実ですのでその点は何卒よろしくお願い申しあげます。

そしてですがあと最後の結果になりますが、きちんと約束どおりに、ご報告さしていただきますので、なにとぞ何卒あとは経過及び結果の程を温かく見守っていてくださるように心からよろしくお願い申し上げます。

申し訳ございませんでした。
Posted at 2008/01/22 08:18:35 | コメント(0) | トラックバック(0) | モブログ
2008年01月19日 イイね!

今の事態について

私もただ普通の人です。

ただブログに当たり前ですが事実であり真実である日常を偽り無く書き又、日々の憤りを同じようにブログに記し載せた。ただ、ほんとにそれをしただけです。
ブログを読んでいただきこういうことがあったんだなんて思っていただき友人が出来たらうれしいだけなんです。
他の方の賛同を集めたり、そしてそれを交渉に使おうなんてことなんて絶対にしません。ありえません。ただもちろん、励ましのコメントやメールや電話をいただくと感謝感謝でたいへんうれしいですがね。

そして、当たり前ですがまさか、このような大変な自体になるとは夢にも思いませんでした。

どうか私の日常をお返しください。ただ車が好きでそして同じ車に乗ってる方々と仲良くさしていただきたかっただけです。

本当に今、とてもついらいです。そんなに耐えれそうにも無いです。

死ねとか、きちがいとかいわれるのは本当につらいものです。

もし自分や自分の大切な人が、同じ目にお会いになられたらどう思いますか?

もしそういうことをされ私が自殺をしたりしたらどう責任とられますか?
真剣にそうしようかと悩んでます。もう、そう長くはたえれません。

もう一度だけ書かしていただきます。

さて、私の運転のスタイルについての相手側の把握ですが、私が普段どのように運転しそしてサーキットを走ったりした時なども、普通に申告という程のもではありませんがディーラーの方としゃべったりし、向こう側も把握されそして、舵角制御解除についても解除方法をディーラー通い配線図をいただき一緒にしらべていただいたりし、それなものでもちろん知っておられます。

そしてそれらの前提な下においても今回の件に関して、はじめから一貫して、全面的に非を認められ、お会いした一報ですぐにディーラー責任者を含め謝罪をし、そして結果、普通にはありえない車両返却にも応じられております。

そしてですが、私が怒ったりヒステリックになってわめきちらしたりしたからやむを得ずそうなったとお思いの方もいらっしゃるでしょうが、車両返却が決まった経緯は、上記を含め、相手方がこちらに正式に謝罪に訪れた際に、始めに向こうから提案があったことです。しかも、購入金額全額お返しするとも。

私もすんなりとこうなるとは思っていませんでしたので、びっくりした次第です。もちろん最初にディーラーを訪れた際(その時の話し合いで直ぐに謝罪があり、リコール不備か、もしくはリコール作業における作業ミスと断定できてまして完全に非を認めておられました。)に僕が「出来たら、全面的に非を認めておられてるわけですから、出来れば車両返却かもしくはMSアクセラの新車を用意するなどでできませんか?」という提案はたしかにしましたがね。

だから以上によって、今回の件については私には責任が無いのです。

もちろん私も自分に責任がないかが、当初から大変不安であり、それが100%判明するまでは謝罪を要求したりもしませんでしたしね。そしてそれが杞憂に終わったと分かったのが、車を入庫させ、始めに、どういうシチュエーションでなったかの経緯などの聞き取り調査そして、リフトアップし車自体を調べそして、例のマウントを外しそのマウント及びボルトとブラケットを調べた直後だったのです。

つまり、始めに車と共に訪れた時点で判明してたわけです。
ということで、ディーラー側もすぐさま、これは全面的にディーラー、もしくはマツダ本体に非があると言うことを認識され、僕にはっきりとそうであるということを伝え、そして謝罪があり、そしてこれからどうしてくかという話し合いになった次第です。

とうことです。
しかし先にも書きましたが、1番心配だったのが、私の運転の仕方や、サーキット走行等を2度程した為や、そして舵角制御を解除したために起こったのでないかという点が皆様同様に本当に心配であり、そして、逆に私に過失があり非があるのなら、こちらが頭をさげお詫びしなくてはいけない自体でありましたからね。

そしてですが、私が憤りを覚えた点ですが、それは謝罪をしてるにも関わらずに、命を軽視してるような発言や行動その後、度重なったからだけであります。
そしてそれらについても今は認めていただきそれらについても謝罪があり、しかっり気をつけると言う内容の約束をしていただいたので今は相手を信じ一刻も早い原因究明を待つばかりです。

本当に私以外でこのような自体になって欲しくないですし絶対になってはいけませんからね。

本当にただそれだけです。

以上このように考えてますから、以前も書きましたが、私は相手がどうであれ、誠意を持って応対し、そして私に非があるならばすぐさま、謝罪するなどの対応してくと言ったものです。

それが誠意であると思います。

今度は友人の方々、ご迷惑をおかけした方々、又ブログを見ていただき不快に思われた方、どうも申し訳ございませんでした。そして応援してくださってる方々、ありがとうございます。


ただ、いやがらせはもうやめてください。

もうそんなには耐えれません。
Posted at 2008/01/19 03:35:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

 はじめまして。かばさんだ~ですm(__)m みんから初心者ですが、よろしくお願いします。 友達になってくださいね(^o^)/
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

鈴鹿ツインサーキット 
カテゴリ:サーキット
2007/07/24 16:20:43
 
鈴鹿サーキット 
カテゴリ:サーキット
2007/07/24 16:19:18
 
アルファ 
カテゴリ:パーツ開発メーカー
2007/07/19 17:59:21
 

お友達

愛車一覧

マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック) マツダ アクセラスポーツ(ハッチバック)
 2ヶ月半待ちわびた車です。そして、四ヶ月、その間、紆余曲折を経て2代目MS アクセラ納 ...

過去のブログ

2008年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる