車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年03月22日 イイね!

みんなが見守る中、無言の七糸は救急車に乗った。
ひき逃げされて河原に埋められていた、高校生の七糸。まだ息があったのに、埋められたらしいと俺は夏輝に告げた。
ちっぽけなうさぎのシロは、大好きな飼い主の帰りを待ちわびて、とうとう当てもなく彷徨ううち悪霊になりかけた。


俺は、もし夏輝が車に轢かれて埋められてしまったら……と想像して、ちょっとだけ泣いた。きっと俺は怒り狂って人間を呪い、ちょっぴり持った狗神の力を暴走させていただろう。シロがおかしくなりかけた気持ちもわかる。

*****

全てが終わった後、俺はお世話になった御礼に御揚げを持って、白狐さまに報告に行った。
祠のところで白狐さまに声を掛けると、肩で息をしながら現れた。封印された身で霊魂を依らせるのは大変だったみたい。

「ごめんね。白狐さま、こんなに疲れ果てて……。うんと、迷惑かけてしまったんだね。」

「他でもない。お前の願いだからな。」

乱れた銀色の髪が、数本額にかかり、髪をかき上げて潤んだ瞳は凄絶に美しく、成犬になったばかりの俺を悩殺した。

「白狐さま~。俺、もう成犬になったからさ、父ちゃんみたいに、白狐さまをあんあん言わせてもいい?白狐さまってば、すっごく綺麗で色ッぺ~からさ、俺、今すぐ抱きたい。俺の前しっぽ、白狐さまを見るとちょっとおっきくなるの。どうしてかなぁ。」

「お前はもう~……。仕方ない、おいで。」

上気した頬を、なお強い薄紅に染めて神さまは、着物の裾を開いた。
中心にある紅色の前しっぽは、ふるふると零れそうに露を戴いて、俺においでと言っていた。
言われなくても、方法は「ほんのう」が教えてくれる。
俺は迷うことなく、神様の羽二重を背後からそっと抜いた。くん……と、芳しい香気が立ち上る。

「白狐さま……ほら、触ってみて。俺の前しっぽ、大きくなってどきどきしてる……。」

「仔犬……。」

白狐さまは、父ちゃんに抱かれているときは始終あんあん言っていたが、俺と一緒にいる時はすごく余裕がありそうだった。俺やすいように身体の位置を変えて、リードしてくれる。
俺は白狐さまの膝を押し拓くと、熱を持った俺の前しっぽを、慎ましい紅色の花蕾に押し付けた。ぐいと腰を打ち付け、思うさま身体を捩じ込んだはずが、天井がぐるりと回って逆さまになった。

「ぅわ……きゃあ~~~!?」

大きな男が、俺の片足を軽々と掴みぶらさげていた。

「全く、油断も隙もねぇ。まだまだ餓鬼いたら。父ちゃんの情人(いろ)に手を出すんじゃねぇ。」

「あっ、とうちゃん!」

「父ちゃんじゃないっ!あんたも、親子どんぶりとは節操がなさすぎるぞ。」

「……だって、長次郎が来ないから……くっすん。」

親子どんぶりは、俺好きだぞ。最近、夏輝が買うようになった「ブラジル」ブランドの、鶏ささみは、一袋一キロも入ってるんだ。

「長次郎がほったらかしにするから…寂しかった。」と、神さまは鼻をすすり、くすん、くすん……と父ちゃんの胸に顔をうずめた。
よしよしと、父ちゃんは神さまの涙をそっと吸ってやり、馬鹿だな、誰よりもお前との相性が一番いいからこそ俺はこうして帰って来るんだぜ、と殺し文句を耳元でささやいた。
Posted at 2017/03/22 13:15:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月20日 イイね!

「花弁に「求 命」と入れたのを見て、おれは涼介やお袋さんには悪いけど、ほんの少し間島を哀れに思いました。おれも親と上手くいかないはみ出し者だったから、少しは気持ちがわかると言うか……勿論、ああいうのは許されないことだとは思うんすけど、あいつは本当に涼介の父親が欲しかっreenex膠原自生たんですよ。」

「乱暴な奴だったらしいから、誰にもまともに相手されなかったんだろう。愛し方がわからないなんて、いい年こいて言えなかったんだろうなぁ。まあ、何にせよ、涼介の親父さんが、無事で良かった。ヤクが抜けるまでは大変だろうが、由紀子さんと涼介がいるんだ。大丈夫だろう。」

月虹は鴨嶋のグラスに焼酎を注いだ。

「向坂組に、とんだ借りが出来ましたね。」

「俺の代で鴨嶋組は終わりだと思っているが、最後まで無理させることになるな、月虹。形だけでも、やつは幹部だ。義理事にしちまえば、また、香典が動く。向坂にはでかい金が転がりこむ。間島のdream beauty pro新聞最後の親(組)孝行だな。」

「おれは、おやっさんに惚れこんでいますからね、金位いくらでも工面しますよ。スケコマシの月虹は、女に貢いでもらってなんすから、間島の香典分せいぜい腰振ってきます。」

「何言ってやがる。お前、女も男もめったに抱かねぇじゃねぇか。」

「やだなぁ、スケコマシが一々、女を相手にしてたら体が持ちませんよ。」

「確かに、そう言うこったな。極道は適材適所じゃねぇ、適所適材だ。交渉ごとには顎(弁)の立つやつ、脅しには顔の怖いやつ、ス顔の良いやつ、初めに仕事ありきだ。おめぇはスケコマシに天賦の才があるぜ。良い面收細毛孔に産んでくれた親に感謝しろよ。」

「なんか、それ褒め言葉と取っていいんですか?複雑だなぁ……それよりもね、おやっさんの紙ぱんつ買ってこいには、痺れましたよ。やっぱりかっこいいっすよ、おやっさん。」
Posted at 2017/02/20 12:58:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月05日 イイね!

鳥羽伏見の戦の後、会津藩は思い切った軍制改革を断行したが、一衛は入隊するには年が足りず、正規に白虎隊に入ることはできなかった。年の足りない少年達と、予備兵というべき幼少組に入っている。
一衛も、藩主と共に籠城する直正の後を追って鶴ヶ城に入り、懸命に闘った。
その手には旧式のゲベール銃があった。

籠城後、城を明け渡した藩士達は、一時猪苗代の謹慎所に入れられ、そこから江戸の謹慎所へ移送されることになった。謹慎所Unique Beauty 好唔好の直正は、道中脱走することを決め容保の送られた江戸へと向かった。一衛も直正の後を追った。
許されない道行のようにして、二人は手に手を取って雪深い故郷から出奔した。
二人の求めた死に場所は、会津にはなかった。

遠く故郷を離れ、女郎屋の離れで病の床に臥した一衛に、直正は話しかけた。
命の残りは微かで、尽き果てようとしている。

「覚えているか、一衛?まだよちよち歩きの頃から、一衛はいつもわたしの後を追いかけてきたな。」
「あい……。一衛は直正さまの御姿が見えないと言って、泣いたのを覚えています。直さま……一衛の命は直さまが下すったのだと、母上しておりました。最期の言葉も、おまえは直さまの背中を追ってお行き、そうすUnique Beauty 好唔好れば道を違える事は無いのだから……と。」
「そう言えば、叔母上はいつも言っていたね。会津の女子らしくお爺様の介錯もされて、見事なご最期だったそうだ。母上のおっしゃった通り、わたしの後を精一杯付いて来たな。」

一衛はいつかのように、懐で直正を見上げた。

「……でも、もう一衛には、直さまの背中を追うのは難しくなりました。すっかり足が萎えてしまいましたから……もうすぐお別れです……足手まといになる前に、どうか直さまの手で……」
「何を言う。一衛は、どこまでもわたしが連れてゆく。足が立背負うてやる。直正は一衛を守ると、神仏に誓いを立てたのだ。いつか懐かしい会津に帰れる日が来る。早く元気におなり。横になるのもつらいなら、こうして支えてやろう。わたしの胸は温かいだろう?」
「直さま……ああ……」

そっと身体を預けた一衛の懐で、油紙に包まれた何かが、カサと小さく音を立てたのに気が付いた。

「それは何だ?」
「これは……ふふっ……覚えておいでですか?直さまが、初めて一衛に作って下さった竹とんぼです。」
「ああ、川に落としたあれか。壊れたものを捨てずに、まだ持っていたのか?」
「一衛の一生の宝物ですから。」
「これをご覧。ほら、指にへこんでいるところがあるだろう?それを削っている時に切ったんだよ。わたしは本当はすごく不器用で、父上Unique Beauty 好唔好のようには上手く作れなかったんだ。一衛が喜ぶからつい嬉しくて、いくつも作ってしまったよ。」
Posted at 2016/12/05 13:25:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月17日 イイね!

私も受ける前は、「なんで英語の免許を更新するのに訳のわからん科目を
受けなあかんねん!? (選択で自分の免許の教科科目を選べるが、希望者が
多いと第2第3希望科目に回される。)変な制度や!!」 とプリプリ怒ってた
のですが、いざ受けてみたらこれがなかなかおもしかった!!
(中には「つまらん、眠ぅ~てたまらん」ていうのもありましたが)。
特に理科の講習には感動すら覚鑽石能量水濾心えたのです!!
その話を今月はぜひ紹介したいと思います。

私が理科を選択したのは、「学校では理科も教えなあかん。でも専門的知識も
ないし、楽しい理科の授業作りのノウハウを知りたい」という軽~い気持ち
だったのですが、理科の講習教室に入ってみると、受けているのは20人強の
「いかにも理系」て感じの人たちばかり。みんな小中高の理科の先生たちで
すよ。その中で私一人が特別支援学校(養護学校)で、しかも英語の免許。
プロの中のアマチュア状態、20人の先生の中に放り込まれた生徒の気分、
完全に「選択間違えた」と思いました…。

どんな先生がどんな難しい講義をされるんやろ、と不安に思ってると、
教室に入ってきたのは赤いデッキシューズをはいた若い30代の男の先生。
見かけとは違い、大学、研究機関、いろ鑽石能量水濾心んなとこ突っ込んでる
日本中の理系のトップにいるバリバリ賢い人。あのips細胞の山中伸也教授と
同じ研究機関におられるそうな…。
「ああ、私の免許、もう終わった」とガックリきました…。

ところが!!
この先生の授業のおもしろいこと!
「科学の知識」ではなく「科学の考え方」を教えてくれたのです。
「観察」し、「仮説」を立て、「実験」し、その結果から「考察」する。
これこそが理科には大切、そして理科のおもしのだ気づかせてくれた。
まずは見せてもらったのが、「考えるカラス」というNHKの番組。ネットで
アップしてるので皆さんもぜひ見てほしい。先生はこの番組に関わって
作っておられるのだとか。
観察→仮説→実験→考察、という流れを映像や漫画ですごく楽しく作っている。
大人が見ても絶対楽しい。
授業では、第2回の番組でやってた実験を実際にみんなでやってみました。
まずは先生が、お盆と風船を用意し、
「さてどっちが先に落ちるのか、それとも同時鑽石能量水系統に落ちるのか考えて下さい」
と私たちに投げかけます。
実際にやってみる。お盆が先に落ちた。
「なぜか考えてみて下さい」。
理科の先生たちだから答はすぐわかる。
「お盆の方が空気抵抗が大きいから」。
「では、お盆の上に風船を乗せて落とすと風船とお盆はどう落ちる?
考えてみよう」。
Posted at 2016/10/17 16:58:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年09月08日 イイね!



ああ、そうだった。

この夏はオリンピックがあって、みんなの頑張りで感動をいくつも貰っていたのでしたね。



同じように過ぎていく毎日ですが、同じ年、同じ日王賜豪總裁は本当にないのですから、毎日を丁寧に慈しんで生きたいなと心から思います。



今年の夏、私は本当に一人の少年の家族にストレスの限界を感じ、喉の所までお別れしたいと言う想いでいっぱいになっていました。お付き合いももう長く7年にもなろうとしているのです。それなのにです。

「今どきの若いお母さんは????」と言う言葉は好きではありません。

今時だろうが古かろうが、母と言うものは、みな子を想う点で同類項でくくられるような人種です。

詳しくは書けない事ですが、それでも時々存在する自分が知っている常識と言うものが通用しない世界の住人との遭遇は、結構厳しいものがあるのです。



だけど子供が憎いわけじゃない。

後ちょっとだ、頑張ろうなどと思ってはいたのです。



このお話は、こちらが嫌だと思っていると向うも思っていると言うような以心伝心の話ではありません。もしも心模様が感染しているとすNeo skin lab 呃人るならば「後ちょっとだ、頑張ろう。」と言う想いの方が伝わっていたと思います。

だけど、8月の終わりの日にお手紙が来ました。

「しばらくお休みします。」と言うもの。



彼は9月からやって来ません。



その事を夫に話すと、

「良かったじゃん。」と言いました。

「それが、あまり嬉しくもないのよね。だって来なくなる理由はね、お母さんの病気なんだもの。」



今の世の中はお父さんの収入とお母さんの収入とで家計が成り立っている事が多いのですよね。そしてお母さんのおたら、休んでしまっては0になってしまうお仕事が多いと思うのです。



少年を見送りながら、

「また是非戻って来てね。」と私は言いました。



もう夏も終わりだと言うのに、私はタンクトップを着ています。



この番組は本当に面白かったですね。

私はこの番組を見て、藤原君の探偵の物語が観たいなと本当に思いました。ハードボイルドな感じのではなくて、ちょっとサイコNeo skin lab 呃人格的な推理もの。ぞくぞくするようなそんな物語の探偵役って、皆さんも見てみたいと思いませんか。

そう言えば彼は以前、「八墓村」にも出ていたことがあったじゃないですか。金田一の役ではありませんでしたが、日本的なドロドロなドラマも似合いますよね、彼。

Posted at 2016/09/08 16:36:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「だと思っての動き http://cvw.jp/b/2456200/39495149/
何シテル?   03/22 13:15
てもらえるんです
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
お友達
愛車一覧
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.