車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月14日 イイね!
君も電気バチバチフレンズなんだね!たーのしー♡







~前回までのあらすじ~

いっけなーい現合現合!!(修理加工)

あたしポーターキャブ28歳

どこにでもいる至って普通のポンコツ軽トラ!

でもある日オーナーが電気系リフレッシュを思いついてもう大変!

一体私、これからどうなっちゃうの〜!?!?!?



前回のイグニッションコイル交換で想像以上の進化を見せたぽーた君

ここまで効果が出たならもう周りの電気系も全部やらないと気が済まない

自動車で電気を作ってるとこと言えば→オルタネーター
自動車で電気を貯めてるとこ言えば →バッテリー

ということで



縄文時代の住居跡から出土した土器みたいだけど

ぽーた君に付いてたオルタネーターを摘出



ふぁんた君に積んで主治医のおっちゃんとこに持ち込みでリビルト依頼



…しかしなんかふぁんた君にロケットエンジン積んでるみたいになってるなあ

これで国道一号線走ってたらみんな異常に距離空けて抜いて行ってた気が






数日後届いたリビルトオルタネーター

出土した縄文土器が工業製品になって帰ってきました

見るとボディ本体以外はほぼ新品と入れ替わってるような感じ

コイルも新品に巻きなおされてます


これはすげえ


じゃあ早速装着しよう



ポーターキャブのオルタ交換はめっちゃ簡単で

下の固定ボルトと上の調整ボルトを仮どめしといてから

上からちょちょっと体重をかけるとベルトがぴったりの張り具合になります

そしたらすかさず調整ボルト本締め

あとは配線2本つなぐだけなんでものの10分くらいで終了

気合入れて朝7時から作業始めたのに時間が余りまくったでござるの巻


「アーシングチューンでもするか」


まずはライト配線から作業開始、ライトを外して…



ん?これってどう見ても純正シールドビームじゃないか?


おぼろげな記憶ながら、ぽーた君買うとき業者さんが

「もともと付いてたシールドビームだと暗すぎて車検通らないから明るいのに交換しました」

って、確か言ってたような気もするんですけどお~

それ鵜呑みにして今の今までセミシールドビームかなんかが付いてると思ってた(無知)

まあライト純正でもいいわよって、その分デザインがレトロで可愛いって感じで。

(ちなみに車検にはこれで受かりました)


ちょっとショックだったけどライトの件はあまり気にしないようにして



エーモンの集中アースブロックで室内のアースを集中

エンジンルーム内を通してバッテリーまでつなぎます

肝心のエンジンブロック&本体ハーネスアースは…

実はすでに以前に作業済みでした

で、アーシングチューンしてみた感想は


・走行性能に関してはよく分からない。ってか何も変わった気がしない
・ずっと接触が悪くてなかなか電源が取れなかったシガーライターが復活した


それまで不調がなかったとこは何も変化無しですが

経年劣化で弱ってるとこに関してはある程度復活するって感じでしょうか。


「発電」「アース」を強化したら忘れちゃならない



バッテリー大型化

ぽーた君の標準バッテリーはクラシカルなネジ貫通端子の38B19R

そこに取り出しましたるは



エーモンのバッテリーターミナル(B端子用)

ポーターキャブ純正バッテリーハーネスをねじ止めするだけで簡単装着

これで純正ハーネス端子を潰すことなく安くて強力な40B19Rが使えるように


BEFORE


AFTER

上方向にめっちゃデカくなるけどちゃんと乗ります。


ポー↑ター↓黒光りバッテリー(ガースー黒光りのイントネーション)

かっこいい、まじかっこいい

藤原「おいお前ら~550の軽トラとは思えへんような動力性能見せたるさかいにな~

みんな向こうに用意したポーターキャブに乗り込むんや」


エンジン点火!!

暖機を済ませて国道で全開


…なんかスピード感が無い。


と、言うのもこれまでぽーた君は常に

「ンビョオオオオオ ビョオ!ビョオオワアアアア!!」

って感じのえも言われぬ摩訶不思議なエンジン音も高らかに加速してたんですが

オルタ替えたらその「ビョオオオ」が静かになってるんですねえ

あれオルタが唸ってたんか

いつもより静かに加速していくんで体感速度はそんなになんですが

気が付いたらスピードメーターの針が70~80指すんで多分速くなってる

ってかスピード感が無いから普通の道でも70km巡行したりしてしまう

これは色々危ないから自重しないと


走行性能以上に改善したのが


「夜の灯火類」


日が落ちてから灯火類チェックしてみたら

ウィンカーやテールランプ、ヘッドライトが新車みたいにピカピカ光ります

これは安心ですねえ

ぼやーっとしたテールランプやウィンカーじゃ危なくて乗ってられないっすから




とりあえずこれまでの作業で

「安全性」「信頼性」「走行性能」の向上、そして

「将来への予防的措置」という狙いは一応クリア出来て満足。

電気系に関しては今後やるとしても現状維持か小改良程度でしょう。


電気バチバチでライトピカピカ、点火もビリビリになったぽーた君


さて、次は何処いじろうかな




Posted at 2017/02/14 23:53:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | ポーターキャブ | クルマ
2017年02月04日 イイね!
ポーターキャブ㌠電気バチバチ作戦開始です!







「たかが電気」

ある人はそう言いました

ですが電気は車にとって、いや人間にとって必要不可欠なもの。

電気があるからこそライトがぴかぴか光ってプラグもバチバチ点火する


ってか100%電気でしか動かん車のCMしといて何言うとんねん


もちろんシンプルの極みのような構造のポーターキャブにも電気仕掛けは付いておりまして

これまでポイントアーム交換とかプラグ、プラグコード交換くらいはしてたんですが


「この電気系一気にリフレッシュしたらもっと速くなるんやないやろか」


そんな考えが頭の中にキノコみたいにニョキッと生えてきたんですねえ。




’ポーターキャブ電気バチバチ作戦’開始です!!

デル他㌠はすみやかに部品を確保してください!



手前持ちいだしたるは和光テクニカルのミニブラック C-100GT


ぽーた君は550のポイント点火車なので2.8Ω外部抵抗付き

ポイント点火対応の強化小型イグニッションコイルをチョイス

抵抗なしで電気流したらポイントの減りが異常に速くなっちゃうからね

ポイントレスフルトラ点火にしたらそんなこと考えなくてもいいけど

そこまでする根性がないのと


もし、仮にですよ


日本が第三次世界大戦に巻き込まれて高高度核爆発電磁パルス(EMP)攻撃喰らったら

その他モロモロ精密機器と合わせてフルトラ点火装置も壊れて動かなくなる(らしい)

その点クッソアナログなポイント点火だったら無問題


核戦争後の荒廃した世界をただ一台動き続けるポーターキャブ…


…妄想の暴走はこれくらいにしといて


部品が来たので夜なのに作業開始

まずはバッテリーのマイナス端子を外す

古いイグニッションコイルの配線を写真に撮っておく(配線繋ぎ直すときの参考)

配線を外す

本体を留めてるボルト2本を簡単に外して…外して

古い車毎度おなじみボルトが固着してて外れない音頭

格闘すること二時間

うわ!ばっちい!

なんとか外れました

(尚、車体エンジンルーム上側から手を突っ込んで格闘してましたが

荷台側下からアクセスすれば簡単に外れると気づいたのは外した後…)

外れたらこっちのもの

新しいコイルを組んでいきます

製品はM10ボルト?二本固定になってますが

ブラケットのピッチが車体に合わなくて一本固定になっちゃうけど気にしない気にしない

配線も写真と取説を読みながら繋げていきます


一回配線間違えかけたのは内緒だ

ここで2点注意事項

1)ポーター純正コイルとミニブラックではマイナスとプラス端子の向きが逆になります

マイナスは問題なく配線できますが、プラス端子は純正ハーネスだと長さが足らない

さてどうするか…

仕方ないので古いイグニッションに残ってるコードを外して繋いで延長しました

これだけ書くと意味不明ですが実際にやってみるとすぐ分かると思います。

と言うか素人の場当たり的な処置なのであまり真似しないでください…


2)外部抵抗出力側?のプラス端子のボルト径が大きくて金具が入らない。

向きは純正と同じ位置に来るので問題ないのですが

ポーター純正ハーネスだと金具の穴径が小さくて入りません


ラジペンで穴広げて無理やり入れました


「30分でイグニッション パパッと変えて終わり!!」


のはずが5時スタートの9時半終了

ふらふらになりながら散乱した工具類を片付けて運転席に座り

神様にお祈りしながら心臓バクバクでキーをひねります


「キュッ バオン」


あ、普通にかかった、いや、かからんかったら大問題なんやけど

そのまま暖機運転済ませると夜の国道1号線へ



すげえ!めっちゃよくなってる

パワーとトルクが全域で厚い

エンジンのピックアップが鋭くそれでいてなめらかな回転

低回転~アイドリングが異常に安定してます

4速20kmからでもなんなく加速していく

2速で交差点曲がってたらケツが出る!!

まさかポーターキャブで逆ハン当てるとはおもわなんだ。


そして一番の衝撃

これまで「キュキュキュキュキュキュバオオ」って感じの始動だったのが

「キュバオン」(キュも聞こえないくらい)になってます。

これがホンマの一発始動言うやつか。



いや~点火系チューンってほんといいものですね~


それでは次回(電気バチバチ作戦2)を御期待下さい。


サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ...





Posted at 2017/02/04 23:30:37 | コメント(0) | トラックバック(0) | ポーターキャブ | クルマ
2016年10月29日 イイね!








ツイッターで知り合いの2CV乗りの方が

東京~京都まで自走で来られるってことで



京都で落ち合ってぽーた君とすりすりさせてもらいました

ちなみに、両者のスペックは

2CV       →29馬力 車重590kg 4MT
ポーターキャブ→29馬力 車重580kg 4MT


ほぼ同じ!!

29馬力コンビ夢のコラボレーションや~

ということでテンションあがりまくりんぐ











いやあ、2CVいいですねえ。

すごく独創的な設計でありながら、

整備性、居住性、走行性能すべての面ですごく考えられてる車

シンプルで独創的な車が好きな自分としてはドストライクです。

構造も簡単で簡単にばらせて、かなりの部分自分で整備出来るとのことで

京都出発直前にエンジンをご自身で乗せ換えられたとか

ぽーた君もそうですが、自分でいじれて走れる車はやっぱり乗ってて面白い。


やっぱりシトロエンの2CVを…最高やな!!


将来の増車候補がまた一台増えました。


2台並べて写真撮っていると

オーナーさん「僕も写真撮ろう」

で、取り出したカメラが



1 9 4 7 年 式

フィルムはまだ作ってるそうですが

一回一回使い捨てのフラッシュバルブはデッドストックを使ってるとのこと。

シャッターを切ると「パシャ」って感じで

昔の洋画で聞いたことのある音が耳に心地よい

色々お話ししていただいて、次の目的地に向かわれるとのことでお別れ



上さん、本日はお相手していただいてありがとうございました。
Posted at 2016/10/29 23:10:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | ポーターキャブ | クルマ
2016年10月23日 イイね!
働くぽーた君に会いに行く





「〇〇のガソスタにまだ現役のポーターキャブが残ってる」


と、あるマニアから教えてもらったので会いに行ってきた



「おお、このガソリンスタンドかあ」

ちょっとくたびれた感じの昔ながらの個人経営のガソスタ

でも見たところぽーた君は居てない


…店を間違えたか?


きょろきょろするとシャッターが降ろされたピットの向こうにかすかに丸っこいキャビンが


「あれかあ!!」


お店の人が来たので取り合えずハイオク満タン注文後に事情説明

お店の人も最初は「???」って感じだったけどすぐ事情を呑み込んでくれて

「もう仕舞っちゃったけど表に出してあげますよ」






と言うことでまさかのスリスリ

「もともとはこれ二台持ってたんだけど、

片方が壊れちゃったんで程度がいいパーツだけよりすぐってニコイチにした」

「クーラーが付いてないから乗り換えたいけど、なんか車検通っちゃったから乗ってるんだよね」


ポーターキャブ、最近だとマニアが維持してる個体を見る機会はあっても

こういう当時からの生き残りで働いてる個体は滅多に見れない。

そういう個体とコラボしてみたいと前々から思ってたので

念願叶って感激感激

とは言うもののあまりお仕事の邪魔になってもいけないので

お話しもほどほどで「また来させてもらいます」のお別れ。




出来ればこのシェルぽーた君も長生きしてほしいなあ。









Posted at 2016/10/23 22:51:54 | コメント(3) | トラックバック(0) | ポーターキャブ | クルマ
2016年10月18日 イイね!
10月のゆるぐだオフ
こんばんちわ

デル他です。





もう開催から2週間も経っちゃってますが、10月8日に開催されましたゆるぐだオフの模様などを

会場は以前レポートしたカンフレが開催された堺浜海とのふれあい広場 

風が心地よい絶好のロケーションにエンスーな人々が集います。






関西舞子とはまた一味違った濃密な空気

参加されてる車を一台一台じっくり見ていくと…








関西の自動車イベントではおなじみ「あかくま」さんのAE86トレノ

そして「トプコン」さんの4AG搭載ST165セリカ

4AG搭載コンビの競演







「りやういちらう」さんの430グロリア

430はリアガラスのデザインが神がかってると思う







「もっさん」さんのアコードインスパイア

当時物の貴重なステッカーが残ってて萌えポイント高し。





2.5ターボの70スープラ、サンルーフ付きでAT!!




今回のオフ会の企画者、otakuppoiさんのルーテシア

いつも関西舞子でお見受けすることはあってもじっくり見るのは初めて





「マツダって軽トラ作ってたんですね!!」

「うん」

「初めて見ました!!」

「今はこんなシュッとした車ばっかり作ってるけど、昔はこんなんも作ってたんだで。
『マツダの名車たち』みたいな本見ても全然載ってない忘れ去られた軽トラやけど」


ってことで会場でぼくのぽーた君の横に並べさせてもらった

ずみ。さんのマツダ・アクセラ

かなりセンスのいいカスタムがきらりと光る


普通のハスラーと見えかけて、なんと超レアなMT

ちなみに肝心の室内は写真撮り忘れた


閉会の時間も差し迫った12時ころ、颯爽と会場入り

そして周りに人だかりの









K  tarouさんのKP61スターレット

ご家族が乗られていた車を受け継いでのバリバリフルオリジナル



マフラーはマツダデミオ用を流用、カッターは自作!!


いいもん見させていただきました!!


楽しい時間も瞬く間に過ぎゆき気が付けば昼も13時、閉会

名残惜しくも会場を後に




帰りは昭和の気分を満喫(分かりにくいですがセリカの前はりやういちらう氏です)


Posted at 2016/10/18 23:02:45 | コメント(2) | トラックバック(0) | イベントレポート | クルマ
プロフィール
「@ぽしぇすけ  チェコ製のヴェロレックスじゃないでしょうか?関西に一台だけナンバー付きで生息してます。」
何シテル?   02/16 18:59
https://twitter.com/d_deruta
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/3 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ファン
24 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ ポーターキャブ ぽーた君 (マツダ ポーターキャブ)
マツダ ポーターキャブ(平成元年式)   1/1プラモデル感覚でいろいろいじって遊んで ...
スズキ ファンファン ふぁんた君 (スズキ・ファンファン) (スズキ ファンファン)
バイク屋さんが知り合いから5000円で押し付けられ 仕方ないので整備して店頭に並べる ...
トヨタ アイシス トヨタ アイシス
普段生活の足車
トヨタ ライトエースノア ダイハツデルタのトヨタ版 (トヨタ ライトエースノア)
トヨタアイシスに乗り換えました。
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.