• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

SaeXaの"S15改" [日産 シルビア]

設計編:ブロッキング回路で作るサルフェーション除去装置

カテゴリ : 電装系 > バッテリー > その他
目的修理・故障・メンテナンス
作業DIY
難易度
作業時間30分以内
作業日 : 2016年05月07日
1
図はブロッキング回路と呼ばれる発振回路です。
部品点数も少なく、効率の良い回路といわれています。
この回路を応用して、サルフェーション除去装置を作成したいと考えています。
シムレーションを行い、データを取っていきます。
2
基本的な回路のままシミュレーションを行います。
出力電圧のグラフです。
100Ωの負荷に対して、120Vほどのパルスを発生させています。
負荷によって発生する電圧は違うようですが、インダクタ(コイル)に蓄積されるエネルギーは一定のはずです。
3
インダクタ(コイル)L1 および L2 に流れる電流のグラフです。
L1 には2A クラスのインダクタ―を使用する必要があることが分かりました。
4
次に、出力を電源部分に戻す回路でシミュレーションを行います。
パルスをバッテリーに戻すことを想定しています。
シミュレーションの場合、電源部にそのままつなぐと一定の電源電圧になってしまうのでショットキダイオードを入れています。
5
基本回路のような高い電圧のパルスは観測されません。
一定の間隔で変化があるので、ブロッキング回路が発振して何らかの影響を与えていることは分かります。
6
インダクタ L1 に流れる波形に違いがあるものの、10kHzで発振していることは基本回路と変わりません。
出力を電源部分につないでも発振に影響がないことが分かります。
発生させたパルスを L2 がトランジスタQ1 への影響を阻んでいると考えられます。

こんなに単純な発振回路でサルフェーション除去装置ができていいのでしょうか?
実際作ってみないと分からないところです。
7
実際に作成する回路はこのようになります。
メインになる インダクタL1 は、100μH2A のものを使用する予定です。
トランジスタQ1 と インダクタL2 の選定がカギとなります。

制作したら報告させていただきます。

イイね!0件




 

入札多数の人気商品!

 

タグ

関連整備ピックアップ

バッテリー交換

難易度:

久しぶりのバッテリー交換

難易度:

突然のバッテリー上がり (9/18追記)

難易度:

シルビアバッテリー交換

難易度:

バッテリー交換

難易度:

アーシング

難易度:

関連リンク

この記事へのコメント

コメントはありません。

プロフィール

#アルミテープ まとめ記事:「アルミテープ効果の”見える化”と検証」に記事を追加しました。 http://minkara.carview.co.jp/summary/1741/
何シテル?   02/21 08:37
S15シルビアAutechVersion と ホンダ ドリーム50 にぞっこんです。 高回転型エンジンをパワーバンドに乗せて走るのが好きです。 動作...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

リンク・クリップ

ホイールにも寿命がある 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/10 18:40:17
じんSiRさんのマツダ ユーノスロードスター 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/30 13:14:25
オカルト?トヨタ純正 アルミテープを貼ると空力、ハンドリングが良くなる 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/24 22:43:54

お友達

ワインディングを走るのが好きな方
自分なりの工夫・アイデアで DIY されている方
創造的・創作的な方

SaeXaのブログ・整備手帳・フォトギャラリーに興味をもたれた方は大歓迎です!

いろいろ情報交換していきたいと思います。
よろしくお願いします。
346 人のお友達がいます
☆アサシン★☆アサシン★ * たっくん(´Д` )たっくん(´Д` ) *
AZM@FITTERAZM@FITTER * エリプレKエリプレK *
massa0426massa0426 * LED・HID販売のfcl.LED・HID販売のfcl. *みんカラ公認

ファン

358 人のファンがいます

愛車一覧

日産 シルビア S15改 (日産 シルビア)
S15 Silvia AutechVersion    AUTECH が追究した「 ...
ホンダ ドリーム50 ドリーム50 (ホンダ ドリーム50)
DOHC 4バルブ  レッドゾーン13000rpm  5.6PS/10500rpm   ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる