• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しょう206のブログ一覧

2010年01月31日 イイね!

206+? 207?

206+? 207?









欧州では206+という名前で、207顔の206が売られているが、
内装まで207のデザインを導入しており、それなりにヨサげ。

ちなみに 同じモデルが、南米では、207として売られている
SWやセダンまで この顔で売られており、それなりに本気の様子。


償却が終わった金型や 古く安い部品を使えば、原価は下がるし、
モデルチェンジのための 製造工程への投資も 最小限で済みそう。

新興国向けのモデルとしては、なかなかうまい商売をしているし、
後に、欧州で206+としてリリースしたのは、臨機応変な戦術だと思う。

大きく高くなってしまったニューモデルが、景気や環境の逆風を受けると、
すかさず新興国向けモデルを本国に投入するのだから、おもしろい。


今年は、どうやら206+ならぬ、この207の実物を拝むことができるかも。

Posted at 2010/01/31 07:19:23 | コメント(4) | トラックバック(0) | プジョー | 日記
2010年01月29日 イイね!

ETCマイレージサービスの交換期限


これまでは、年に数回 クルマで信州に行っていたこともあり、
ETCマイレージサービスのマイルを、順調に獲得・消化できていた。

交換期限を迎える前に 1000ポイント分が きれいに溜まって、
手続きなしに、自動的に、8000円分の無料通行が還元されていた。

---

ところが、高速1000円のルールがスタートしてからというもの、
急にマイルが溜まらなくなり、交換期限が目前に迫ってしまった。

1000ポイントの手前は 600ポイントで2500円分ということになり、
還元率は いきなり半減。数千円のことだが、なんだか勿体無い。


残高を見ると、あと200ポイント強で 1000ポイントに到達できる。
今月・来月に考えていた通行予定を 見積もると、ギリギリのレベル。

結局、深夜や休日の割引も含め、表計算で細かく見積もって、
やっと、数ポイント差で、期限までにクリアできることを確認できた。

あとは、予定通りに 高速利用することを、管理してゆくだけ。
予定通りにゆかない場合は、自動還元を解除して 600で還元。


高速1000円のデメリットより、恩恵の方が大きいのは事実だが、
年度末にかけて、なんだか 小面倒な管理が 残ってしまった...

Posted at 2010/01/30 07:30:48 | コメント(8) | トラックバック(0) | クルマ全般 | 日記
2010年01月26日 イイね!

こんなモノあったなぁ...(1990年前後)


とある図書館の、時代と湖の変遷を説明する展示。

そこには、時代を代表する製品群が置かれているが、
懐かしいものが多くて、いつ行っても足を止めてしまう。


例えば、1990年前後を見てみると...


1.JPG

宮沢りえのヌード写真。 私も一冊持っていた。
発売は衝撃的だったが、見てみると意外に...?



2.JPG

MacintoshのSE/30。 卒論をSEで作成した私には思い出深い。
我が家にも、同じモデルが一台あるが、まだ動くのだろうか...



3.JPG

ファミコンの展示品には、ご丁寧にソフトまで挿さっていた。
マスクROMでプログラムを書き込むというハードに 時代を感じる。



4.JPG

スーパーファミコンの周りには、思い当たらないオモチャも。



5.JPG

当時の家電製品。 コードレス留守番電話が普及したのも この頃。
自室に電話を持ち込むというスタイルが、携帯文化に繋がったのかも。



6.JPG

ピンクレディの人形? ひょっとしたら、古い年代に越境したかも。
手前のF14そっくりの機体は、何のアニメだったか...忘れた。



7.JPG

セーラームーン。 コスプレ文化は、この頃から始まった?
当時は、純粋に子供向けアニメだったような気もするが...


---

2000年代、1990年代、1980年代と時代を遡ってゆくと、
子供の頃に 家にあった製品やキャラクターが見て取れる。

冷蔵庫のダイアル形状、テレビのチャンネル表示など、
なんとも言えない臨場感と共に、古い記憶が甦ってくる。

Posted at 2010/01/26 06:26:42 | コメント(6) | トラックバック(0) | 子供とお出かけ | 日記
2010年01月25日 イイね!

古民家とUFO

古民家とUFO













この方の日記を拝見し、こんな写真があったことを思い出した。
高速道路のジャンクションの話とは、全く関係ないですが。


茅葺屋根の古民家の上に迫る 巨大なUFO...みたいに見える。

実は、とある博物館の屋内にある古民家展示の脇から、
博物館のドーム状の天井を見上げた風景が、こちらの写真。


この古民家、五右衛門風呂があったりして、風情がある。
用水路を引きこんだ洗濯場所や、マキの釜などもある。

展示物ではあるが、家の中に自由に上がりこめるので、
古い日本の家の雰囲気を、思う存分堪能できるのがいい。

年間パスポートを持っているの、度々訪れる場所だが、
毎回毎回、必ず寄ってしまう展示コンテンツの一つ。

Posted at 2010/01/25 07:21:29 | コメント(3) | トラックバック(0) | 子供とお出かけ | 日記
2010年01月24日 イイね!

207CCにピッタリのジュニアシート


普段は メガーヌTWに 装備しっぱなしのジュニアシート。

赤ちゃん時代のチャイルドシートを卒業し、
現在は、マキシコシのロディXPというモデル。

シートデザインにもマッチしていて、なかなか気に入っている。

img-rodi.jpg



このモデル、軽量で安全性も高いのだが、座面や背面の横幅が大きい。
そのため、207CCに載せると、少しばかり 不安定な感じになってしまう。

前席では、シート座面/背面サイドのサポート部に乗り上げる感じ。
後席でも、深く掘り込まれたような座面形状に、いまいちフィットせず。

使用後のシートを取り外すと、レザーシート座面に接地痕がクッキリ。
ただし、自然に消えてなくなる痕跡に過ぎず、使用頻度も稀なのでガマン。


---

そんな折、近所のスーパーのセールで見つけたのが、こちらのシート
最廉価仕様のもので、ジュニアシートの座面部分だけで構成される。

体積が小さく、207CCのトランクに 非常用で載せておこうと、一つ購入。
購入価格は 1880円と、以前に購入したトラベルベストの 半値ほど。

leamanjr_big.jpg



実際に使ってみると、横幅が程よく狭いので、207CCにピッタリ。
ベージュのモデルだと、アレザンのレザーシートカラーにもマッチ。

前席はもとより、掘り込まれた後席にも しっかりフィット。
背面構成が無いが、シート側のサポート形状でカバーできそう。

前席では、座面が高くなって視界が広がり、本人の満足も上々。
後席でも 着座位置が後退し、相対的にスペースが広がって快適。


こんなことなら、もっと早く買っておけば良かった。(笑)

207CCに家族で乗る機会が、ちょっと増えるかもしれない。

Posted at 2010/01/24 03:31:49 | コメント(4) | トラックバック(0) | プジョー | 日記

プロフィール

「水泥公司と書かれたホキ+セキの貨物。日本のようなコンテナ貨物は皆無で、昔懐かしい混成貨物が主流。。火砲を載せたチキが留置されていたり、いい感じの鉄風景。ちなみに水泥って、セメントのことらしい。」
何シテル?   08/06 09:17
プジョーのCCとSWに乗ってます。 オープンカーは四台目、フランス車は五台目です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2010/1 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

旅の燃費 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/16 12:36:15

お友達

お友達のところには、ちょくちょくお邪魔させてもらっています。
109 人のお友達がいます
CHELLCHELL * Kei-1976Kei-1976 *
ロイヤルエンジンロイヤルエンジン * GentaGenta *
meganetmeganet ポジョォ君ゎうぇるきゃぶポジョォ君ゎうぇるきゃぶ

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

プジョー 208 プジョー 208
通勤車五代目です。 カブリオレ四代続きの後半は、 オープンで走ることもほとんどなくなり ...
プジョー 207SW (ワゴン) プジョー 207SW (ワゴン)
ファミリーカー3代目です。 マイチェン後の仕様。 さらに小変更が加えられた2011年式 ...
プジョー 207CC (カブリオレ) プジョー 207CC (カブリオレ)
207CCプレミアム(2007)です。 オープンカー4代目です。 マイチェン後のグリフ ...
ルノー メガーヌ ツーリングワゴン ルノー メガーヌ ツーリングワゴン
メガーヌ2 ツーリングワゴン Ph1(2006)です。 ファミリーカー2代目です。 20 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる