• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

しょう206のブログ一覧

2011年05月31日 イイね!

暴風が吹き荒れた朝


暴風が吹き荒れた昨日の朝。

あたり一面に、大小の葉っぱが飛び散っていて、
「おおっ、クヌギじゃん」などと思いながら、掃除。

洗車スポンジが、住宅地の道端に落ちていたり、
園芸のでかい竹の棒が飛んできていたり...


クルマのボディやウィンドウにも葉っぱが無数に。
横が開いているカーポートの屋根は、役に立たない。

防水のゴム部や隙間に入るといやらしいので、
丁寧に取り除いて、水洗いして流しておいた。


ランチついでに街を走ったら、道路にもたくさん。
吹き寄せられた松葉や葉っぱが、轍になっていた。

帰ってからクルマのタイヤハウスを覗きこんだら、
いろんなものがペッタリくっついていたので、
結局、もう一回水で流すハメに。。。

Posted at 2011/05/31 06:27:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | プジョーとルノー | 日記
2011年05月30日 イイね!

検査体験


全国的に豪雨だった日曜。
天気に拘らず、お客さんでごった返す不思議な場所。

薄暗い格納庫の中に、どこかで見た車両が並ぶ。

1



許可カードを誇らしげにかかげながら、管理区域に入る。

2



検査用のステップを登って、列車の中に入ってゆくと...

3



親切なおじさんが、制服とヘルメットを着せてくれた。
京都市交通局のマークが 燦然と輝いていた。

4



当日の抽選で当選した人だけが体験できる検査体験。
業務マニュアルを受け取り、お仕事の概要を学ぶ。

5



覗きこんだら、結構 本格的なことが書いてあった。

6

7



運転席に入り、全般検査中の運転機器の点検。

8



あるいは、車内放送用のマイクのテスト中に、
「次は、くいな橋です。」とアナウンスごっこ。

9



プレスの腕章をつけた青年が現われて、写真を撮ってくれた。

10



ついでに、お仕事の感想や地下鉄についての印象を聞かれた。

11


京都市営地下鉄30周年は大きなイベントだったらしく、
全国紙朝刊(地域版)に、6歳児のインタビューが載っていた。



Posted at 2011/05/30 18:34:18 | コメント(2) | トラックバック(0) | 子供と鉄道 | 日記
2011年05月29日 イイね!

プラレール機関区


幼児鉄道マニアの6歳児が運営するプラレール機関区。

C型/D型、テンダー/タンクなど様々な機関車が所属し、
貨物/急行/入れ替えと、役割を取り替えて楽しむ。

セロハンテープで連結し、重連・三重連で運用したり、
貨客混合など、古き良き時代を再現した列車を走らせる。

IMG_2256



旧型客車で構成されるD51牽引の普通列車の脇を、
C62牽引のトワイライトエクスプレスが通過してゆく。

古い鉄道雑誌を参考に、実在した名列車を再現させたり、
実際にはありえない想像の世界に入り込んでもいい。

IMG_2263



夢が広がるプラレールだからこそ、自由自在に楽しめる。

プラレールを卒業し、戦隊ものに移行する幼児が多い中、
ここまで使い倒す天晴ぶりは、プラレール冥利に尽きるハズ。



Posted at 2011/05/29 23:54:15 | コメント(6) | トラックバック(0) | 子供と鉄道 | 日記
2011年05月29日 イイね!

いいクルマでした! ホントに...


207CCのメンテナンスついでに、いつものお散歩コースへ。

今年に入って6回目くらいかな? でも、毎回楽しそう。
今回も、わずかな車両配置の変化に 楽しみを見出していた。

0.1


---

ルノーではなく、プジョーで乗りつけてしまったこちらのお店。
メガーヌFMCのお葉書をいただき、つい見に行ってしまった。

2



いかにもニューモデルっぽい白よりも、フツーっぽさが漂う赤。
雨の中、来場者はひっきりなしで、試乗車はフル稼働の状態。

1



ルノー・日産アライアンスで共同開発されたエンジンは、
マウントのやり方も、排気の向きも、ほぼルノー風を世襲。

どちらかと言うと、日産側がルノーの設計に合わせた感じ。

乗った感じは、CVTの味付けとも マッチしていて 滑らか。
もっさりとしていた以前のルノーエンジンらしからぬ好印象。

3



木目調の内装部材など、どこか日本車を思わせる雰囲気。
それでいて、ドイツ車?と思ってしまうような澄ました感じも。

でも、決して居心地が悪い訳では無く、座るほどに落ち着く。
お出かけ先でクルマに戻ったら、家に帰ったようにホッとしそう。

乗り心地も、癒し系のルノーのDNAをしっかりと受け継いでいた。
凸凹のコンクリ路面を、しっとり いなしながら乗り越える。

4



カシオのGショックみたい...と思ったメーターパネル。
SFマンガっぽい感じもしたが、運転してみると使いやすかった。

5



エアコンの操作パネルは、カッコはいいのだけれど、どうだろう。
感覚的に使える感じではなくて、ちょっと考えないと....

そういう意味では、デザイン重視のメガーヌ2と、似たようなもの。

7



後方視界は、ちょっと窮屈な感じかな?

でも、回転半径が驚くほど小さくて、取り回しの軽いこと。
308や308CCに感じた大きさは、まったく感じなかった。

6



※全般に、とってもいいクルマに仕上がっていたのは流石。
 スキモノ狙いはスポールに任せて、幅広い層を狙った感じ。
 ルノーのマーケティングは、ポイントが絞れているのがおもしろい。

 奥さまが街乗りで使うにしても、とても使いやすそう。
 フランス車の中ではオールマイティなルノーらしいモデル。


---

昨年の今頃、ドイツの空港で見かけたこのクルマ。

ポルシェのショールームの前で、ポルシェに挟まれていたので、
てっきり、ポルシェの新型ワゴンか何かだと思ってしまった。

8



でも、よく見たら、メガーヌ3のエステートモデル。かっこいいなぁ。

残念ながら、日本導入はまったくの白紙ということらしい。
この調子だと、今年中に入ってくることは、ほぼあり得ない。

我が家のツーリングワゴンは、車検を受けることが確実に。
でも、近々登場するウィンドに闇討ちされないよう、要注意。(笑)

9


Posted at 2011/05/29 03:40:21 | コメント(4) | トラックバック(0) | ルノー | 日記
2011年05月28日 イイね!

結局、試乗までしてきました

結局、試乗までしてきましたプジョー京都南→梅小路蒸気機関車館→プジョー京都南→ルノー京都カドノと移動して、結局、メガーヌ3の試乗までして帰ってきました。ワインレッドのメガーヌ3さん、フル回転で試乗をこなしてました。

各店をはしごした結果、ちびっ子は、ジュース5杯飲んでました。いや、梅小路で買ったのも入れると・・・ しかし、お代りまでするとは、ずうずうしい。セルフだったので、ついつい目を離したスキに。。。



Posted at 2011/05/28 18:24:38 | コメント(8) | トラックバック(0) | ルノー | 日記

プロフィール

「水泥公司と書かれたホキ+セキの貨物。日本のようなコンテナ貨物は皆無で、昔懐かしい混成貨物が主流。。火砲を載せたチキが留置されていたり、いい感じの鉄風景。ちなみに水泥って、セメントのことらしい。」
何シテル?   08/06 09:17
プジョーのCCとSWに乗ってます。 オープンカーは四台目、フランス車は五台目です。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2011/5 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

旅の燃費 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2014/08/16 12:36:15

お友達

お友達のところには、ちょくちょくお邪魔させてもらっています。
109 人のお友達がいます
KWばっちゃんKWばっちゃん * KoukouKoukou *
GentaGenta CHELLCHELL
BT1221BT1221 UNOCAL69UNOCAL69

ファン

22 人のファンがいます

愛車一覧

プジョー 208 プジョー 208
通勤車五代目です。 カブリオレ四代続きの後半は、 オープンで走ることもほとんどなくなり ...
プジョー 207SW (ワゴン) プジョー 207SW (ワゴン)
ファミリーカー3代目です。 マイチェン後の仕様。 さらに小変更が加えられた2011年式 ...
プジョー 207CC (カブリオレ) プジョー 207CC (カブリオレ)
207CCプレミアム(2007)です。 オープンカー4代目です。 マイチェン後のグリフ ...
ルノー メガーヌ ツーリングワゴン ルノー メガーヌ ツーリングワゴン
メガーヌ2 ツーリングワゴン Ph1(2006)です。 ファミリーカー2代目です。 20 ...
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.