車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月24日 イイね!

皆様こんにちは。


以前ブログで取り上げたミニクロスオーバーですが、日本で正式に発表になったそうです。


で、早速紹介記事が。

2代目ミニ・クロスオーバーが日本発表。さらに大きくさらに高級化


(画像は上の記事より)

やっぱ存在感がね・・・。


もちろん「ミニ」ってのはもうすでに単なるブランド名だなんてことは百も承知ですよ。

でも、逆に、

ブランド名ってそんなに軽々しいものなのか?

って思うんですよね。

こういうのこそまさに「形骸化」と言うのでは?

ミニマムカーである「オールドミニ」の精神を受け継ぐブランドだから「MINI」なのであって、そのブランド名(ブランドの精神)にそぐわない車を作りたいなら、本家BMWで作ればいいと私は思います。
(もちろん私は乗ってもいないから、この新型だって評論家が褒めるんだからいい車なんだろうと思いますし、デザインも別に嫌いではないです。)

イラッとするのは、それを知りながらあくまでメーカーの肩を持つ評論家さん達・・・。
(上の記事だけで無くほとんどの試乗記が大きさに全く苦言を呈すこと無し)


ちょっと記事から引用してみよう。
緑字 は記事からの引用)

先代クロスオーバーは当時のミニのラインナップとは一線を画すモデルとして、専用設計のプラットフォームを用いていた。なのでこのモデルが登場した時から、ノーマルのミニとは別の大きなボディの“ビッグなミニ”であることが売りだった。しかも実際に出してみるとクロスオーバーは結構な台数を稼いだのだった。
(中略)

欧州BセグメントからCセグメントのモデルへと成長進化したのが最大の特徴である。



まず冒頭からメーカー側の人間が言うような「言い訳ジャブ」・・・。


そして乗り味の評価で、

先代と比べると、明らかに走りに重厚な感覚が増しており、走り全体に落ち着きが漂う。この辺りはまさに、新世代プラットフォームを採用したことによる効果だろう。

いやいや、大きくなってんだから当然でしょう・・・。
先代と同じ大きさで走りの重厚感が増しているなら凄いことだけど・・・。


ユーティリティの面でも進化は大きく、全長が先代より200mm長くなったことによって、トランク容量も100L増えて使い勝手が向上し、後席も足元が50mm拡大されてよりラクに座れるようになっている


いや、だから、でかくなった結果から見れば当然のことを「進化」というのかなあ?


最後の方は特にひどい・・・。(ちょっと長いけど引用)

さて、多くの人が気になっていることは、「こんなに大きくなってもミニなの?」というところだろう。特にクルマ好きの方は、かつてのクラシック・ミニのイメージが強く残っているために、「こんなのミニじゃない」「デカすぎる」「高い」といった意見がよく見受けられる。
しかし、実際に眺めて触れて乗ってみると、改めて“もはや時代は変わった”ということを痛感するのだ。というのもクロスオーバーは、ミニのデザイン・テイストをしっかり備えていて、相変わらずのポップな感覚がしっかりと残っているけれど、その一つ一つのクオリティはCセグメントで見ても高いレベルに到達している。
(中略)

そう、ミニという言葉にとらわれずに見ていくと実はこの新型クロスオーバーは、自動車のニーズが多様化した時代にあって、これまでにないプレミアムを具現化したプロダクトを追求していることに気づくわけだ。そしてそのことに気がつくと「ミニ」というのはクルマそのものの名前ではなく、ブランド名であることに気づいてハッとさせられる。

いつのまにか増えた様々なモデル・バリエーションとその戦略。そして実際のプロダクトが属するセグメント内での立ち位置や価格を見ていけば、なるほど「ミニ」はブランドそのものなのである。しかもこのブランドは、かつてのクラシック・ミニのイメージを強く抱く人たちからの反発とは裏腹に、冒頭に記した通り年を追うごとに成長を続けて、もはや人気ブランドとなっているのである。


これをミニの広報が言うならまだしも・・・・。
なぜここまでメーカーの肩を持つのか・・・。

じゃあ評論家として、

『特にクルマ好きの方は、かつてのクラシック・ミニのイメージが強く残っているために、「こんなのミニじゃない」「デカすぎる」「高い」といった意見がよく見受けられる』

と言う人達の気持ちは完全に無視してもいいことなのか?


まあ、この人はメーカー側に立つということなのかもしれないけど・・・。





タイムリーに仕事先でおしゃれな店に停まるオールドミニを見ました。


そして、


偶然近くで

こっちの「MINI」も・・・。

このMINIでさえ出た時には驚きがあったけど、今見ればちゃんと「ミニ」してますよね。




(画像は上の記事より)

余裕の居住環境・・・。


やっぱりミニじゃねえよ(笑)
なんだよ「ビッグミニ」って(苦笑)




最後にお口直し。


いいですなあ(^^)



先代デミオのこの色はとてもきれいですね。



では、失礼しました~。

Posted at 2017/02/24 11:25:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | ちょっとどうなの? | クルマ
2017年02月23日 イイね!

皆様こんにちは。


昨日のブログで取り上げたボルボV90(S90)ですが、


(画像はカービューさんの記事より)

とにかくでかい・・・。

昨日のブログにも載せましたが、

V90サイズ
全長×全幅×全高=4935mm×1890mm×1475mm

S90サイズ
全長×全幅×全高=4965mm×1890mm×1445mm

全幅はほぼ1900㎜ですし、全長はセダンに至ってはほぼ5m・・・。

まあ、そんなこと言ったらバスはどうなんだとかトラックはどうなんだとかいう話にはなりますが、正直なところ、


5人乗り乗用車でこんなに大きくする必要性ってあるんでしょうか?

たぶん、

すれ違いに困ったり、

(拾い画像です。)


駐車場ではみ出たり、

(拾い画像です。)

すると思うんですよね。


それも高級車に限ってどんどんでかくなっているものだから、周りを走るこちらからしたら迷惑この上ない・・・。


まあ、
私の場合は宝くじにでも当たらなければ買えない車なのでどうでもいいっちゃどうでもいいんですが・・・。

個人的にはかなり満足している愛車、

スプラッシュ


3人の子どもが小さい今はまだいいとして、天井高はあるので後席も頭上は問題無いですが、子どもが成長して大きくなると横幅と荷室がかなり厳しくなるとは思います。(まあ、大きくなる頃には家族5人で車で出かけるなんてことは無くなるかもしれませんが(苦笑))

で、先日乗った

バレーノ


サイズが
全長×全幅×全高=3995mm×1745mm×1470mm

で、まさにちょうどいい感じ・・・。
運転していても1750㎜弱の全幅なら特に不安を感じる場面もありませんでした。
我が家の駐車場にも何とか入ったし(笑)

ところが、後席頭上がかなり狭く・・・サイドカーテンエアバッグも無い。

なかなかかゆいところに手が届く車ってないもんだなあ・・・。

って考えたりします。


・・・・まあ、ここで普通は「ミニバン」という選択肢になるんでしょうね・・・。



乗ったこともあるから確かに便利なのは分かる・・・。

でも、デザイン云々は抜きにしても、仕事でも結構車を使うから、週に1回乗せるか乗せないかの家族の為にミニバンを普段から転がす気にはなれなかったり・・・。(そもそも人気が高いので中古車もそこそこなお値段がして買えないってことも・・・。)

で、

SUVという選択肢を考えてみると、今度は維持費が頭をもたげてきます。
なにより大径ホイールになることが多く、タイヤの価格が一気に跳ね上がる・・・。


あれ、サイズの話じゃ無くなってますね・・・。(ただのグチみたいに・・・。)


失礼しました。

よっぽどのお金持ちで無い限り、その人の使い方によって、ある部分で妥協しなければならないところは人ぞれぞれある思いますが、



サイズ問題って言うのは消費者は絶対に解決できない問題なので、メーカーにはもう少し日本の道路や住環境の事情を考えて車を作って欲しいと思いますね。

5ナンバーの象徴のようなカローラが、次期モデルでついに3ナンバーになるとの話もありますし・・・。


手ごろな価格で、手頃な大きさ、抜かりの無い受動的安全装備、そこそこの燃費と基本的な走行性能、やり過ぎてないデザイン

この条件が求めすぎとは私は思わないんだけどなあ・・・。



さて、なんか湿っぽくなったので、最後に最近見かけた車たちをどうぞ!



先々代パッソ。



せ、先々代パッソ?



ルーテシア



おっと、アバルト!595?



いいねえかわいい顔して毒がある感じ・・・。


最後は極めつけ!


このトヨタはカッコイイ!



失礼しました~。
Posted at 2017/02/23 12:51:43 | コメント(5) | トラックバック(0) | デザイン考学 | クルマ
2017年02月22日 イイね!


※今日2本目なので、完全にネタ的なブログです。苦笑い希望(笑)


ボルボV90とS90が日本に導入されたようです。

新型ボルボV90とS90速攻試乗。新世代プラットフォーム採用の走りは?


(画像は上の記事より)



この記事を読んでいて、ムクムクとわき上がってきた好奇心・・・。

我慢できない好奇心・・・。

え~い、やっちまえ!



左アテンザ:右S90


左アテンザ:右S90


左アテンザ:右V90


左アテンザ:右V90


左アテンザ:右V90


左アテンザ:右V90(Sかも)

※いずれの写真もネット上の試乗記からお借りしているのでナンバーはそのままにしています。


アテンザワゴンサイズ
全長×全幅×全高=4800mm×1840mm×1480mm

V90サイズ
全長×全幅×全高=4935mm×1890mm×1475mm

アテンザセダンサイズ
全長×全幅×全高=4860mm×1840mm×1450mm

S90サイズ
全長×全幅×全高=4965mm×1890mm×1445mm


価格はボルボがアテンザの2倍以上(へたすりゃ3倍近く)・・・。


いや、比べちゃダメでしょという批判はご遠慮下さい・・・。

ネタですし・・・、

好奇心ですし・・・好奇心(笑)


失礼しました~。
Posted at 2017/02/22 18:33:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | デザイン考学 | クルマ
2017年02月22日 イイね!

※私の個人的感覚で書いてます。



皆様こんにちは。

今日も鼻炎薬のおかげで眠い私です・・・。

さて、トヨタ「C-HR」売れているそうですね。


こちらは先日街で見かけたもの。

なんと一ヶ月で受注48000台だそうです。


絶好調C-HR 「売れなくなる」危機意識は持ってます トヨタC-HR担当エンジニア・インタビュー

で、こんなインタビュー記事がありました。

この記事を読んで、最初の数行で何故か嫌な気分になったのです。

何で嫌な気分になったのかを考えて、やはりエンジニアの方の最初の一言で嫌になったんだと分かりました。(緑字 は記事からの引用)


たぶん、この車はすぐに売れなくなるんですよ。マジメな話



これ、インタビューへの回答の一言目(記事の中ではですが。)の答えなんですね。
まあ、記事に注目を集めようと日経側がインパクトのあるこの回答から記事をスタートさせたということもあると思いますし、日経の記事だからこのような答えをしているというのもあるとは思います。


・・・なんかね、これがマーケティング担当者とかに聞いたインタビューなら良いと思うんですよ。


これに答えているのは『開発をリードした主査の(中略)エンジニア』だから、ちょっと首をひねりたくなるんです。

もちろん売り上げを上げることはとても重要なことでしょうから、開発の主査がそこにこだわっていること自体は自然なことだと思うんですけど、

インタビューを読んでいくと、いかにもマーケティングありきみたいな開発の流れを見るようであまり気分の良いものではありませんでした。

求められているもの

両方を満足させよう

端々に出てくる後発SUVとしてマーケットを強く意識していたことが感じられる言葉の数々。


インタビュアーの例のあの人は、

トヨタのなかじゃ異端

とか言ってるけど、

いやいや、思いっきり「トヨタ的開発の進め方」でしょう。

って思う。結局どうしてもこうしたいと考えて決めたのは奇抜なデザインだけじゃないの?って思ったり・・・。

そのデザインも特に後方視界の問題点はかなりあると思いましたが・・・。
(先日座るだけ座ってみました。)



※あくまで私の個人的感覚です。


失礼しました~。
Posted at 2017/02/22 10:57:32 | コメント(2) | トラックバック(0) | ちょっとどうなの? | クルマ
2017年02月21日 イイね!

皆様こんにちは。

スプラッシュのCVTコントロールバルブボディー交換から一週間が経とうとしています。

以前より状態が良くなった・・・と思うスプラッシュ。
でも、やっぱり気になるその後の様子・・・。
ということで、先日確かめてみようと思い、峠道へ行ってみました。


※私は別に「峠」にこだわっている訳ではありません。したがって、攻めたりもしません(笑)



こんな海沿いの道を、



びゅーんと通り過ぎながら走り、峠に向かっていきます。(イグニスがいますね。)

途中、


夕日に照らされるスプラッシュを眺めたりしました。



菜の花が咲いています。
春だなあ・・・、花粉の季節だなあ・・。



柑橘の木の間に菜の花が咲いていますね。 美しい。




あー・・・あったかい・・・(^^)




おい!峠はどうなった?



おっと、忘れてました。

上っていきますよ!



一気にある程度上へ・・・。

離合に困る所やヘアピンカーブなどがある狭い道を抜けて、上にあがったらちょっと休憩。
さすがに桜はまだですね。



スプラッシュの調子、上りは特に問題を感じません。



早く行こうと言う顔・・・。あんな上に上がるの・・・。



え~・・・さ、桜はまだ無いなあ・・・。



おい、早く行くぞ!byスプラッシュ


はいはい・・・分かりましたってば。


ちょっとアクセルを踏み気味にして昇ってみました。



だいぶ昇ったね・・・。

やっぱり上りは特に問題を感じません。
ひと月前に交換したサスもなじんできている気がします。



ここから下るのね・・・・。


下り、ちょっと気になる点がいくかありました。

エンジンブレーキが強くなったと前に書きましたが、下りの時に以前にはあまり感じられなかったエンジンブレーキの強さがやはりあります。
それに伴って、エンジンがやや唸る。(回転数が高めで固定される感じ。)

これが、正常な状態なのかどうなのかは正直分かりません。コントロールバルブボディーが振動対策をほどこしたものに変わっているそうなので、以前とフィーリングが違って当然なのですが、エンジンが唸り気味になるのはいいとして、下りでシフトアップしていかないのはわざとなのかそうじゃないのか・・・。まあ、エンブレが効いているっていうのはむしろいいんですけどね(笑)
結局素人には分からないですね(笑)

あと、ちょっと気になったのが、60km前後の一定の速度でアクセルを踏まずに下っていく時、副変速機構がシフトアップを迷うのか、微妙に行ったり来たりする感じ。エンブレが強まり~弱まり~でかる~く前後に揺すられます。これも今までには無かった症状ですね。



ま、

結局の所、一週間程度じゃ何も分からないってとで、大事にもうしばらく乗ってみたいと思います。保証もあるし(笑)


最後は、

峠を制覇した勇姿をどうぞ。



いや、かっこつけてるけど、かわいさ出ちゃってますからスプラッシュさん・・・。


失礼しました。
Posted at 2017/02/21 10:51:59 | コメント(1) | トラックバック(0) | スプラッシュ | クルマ
プロフィール
「メーカーの肩を持つ評論家さん達 http://cvw.jp/b/2461037/39366337/
何シテル?   02/24 11:25
susp2です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
お友達
基本的に人見知りですし、付き合いの悪い人間ですので、自分から「お友達になってください。」とは言えません・・・。
コメントはいつでもどなたでも大歓迎です。よろしくお願いします。
44 人のお友達がいます
やんぢやんぢ * m.gotom.goto *
しのとんしのとん * ナインツナインツ *
こうけいみこうけいみ komiragekomirage
ファン
38 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ スプラッシュ スズキ スプラッシュ
スズキ スプラッシュに乗っています。
スズキ ハスラー スズキ ハスラー
そうです。ハスラーです。
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.