• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ふんばるのブログ一覧

2017年09月07日 イイね!

数字が揃いました。

数字が揃いました。



これからも大切に乗っていこうと思います(^-^)

Posted at 2017/09/07 12:32:28 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年08月06日 イイね!

300SRT8 ECUチューニングへの道 最終セッティング編(長文注意)

300SRT8 ECUチューニングへの道 最終セッティング編(長文注意)前回で完結と見せかけて更にまだ続きがあります。申し訳ございませんm(__)m

セッティングの際に社長にはロードテストも十分やって頂いてからの納車でしたので大満足の結果になったのですが店を出る時に社長から「一回まではリセッティング無料でやりますので帰りの高速などで気になる事やまた要望などあれば連絡ください」と言われていました。

納車当日は雨で路面が濡れていた事もあり、あまりアクセルも踏み込む事が出来なかったのでこの後 通勤や普段使いのフィーリングや乾燥路面での高負荷走行などで再度気になる所や煮詰めて欲しい所があればリセッティングをお願いしようと思いました。

シフトスケジュールに関しては完璧なのでここはリセッティングの必要は無いですね(^u^)
通勤街乗りに関してもシフトスケジュールの改善によりストレスなく走れるのですが、交差点を曲がり立ち上がりの加速では以前よりも鋭く吹けあがるのですがあまりにも綺麗に回り過ぎて逆に加速感を感じなくなってしいました、間違いなく速くはなっているのですが少し味付けを変えてもらえれば更に楽しい感じになるな~と。
乾燥路での全開は強烈なトルクで鬼のような加速Gを感じながら頭打ちも無く、捕まれば逮捕レベルの領域まで行く感じなので特に改善の必要はなさそうです・・が、4000回転くらいからの伸び感が更に感じられる様な味付けにしてもらえれば更に気持ち良くなるかな~とも・・・
とにかく全域で綺麗に吹けあがり過ぎるのが私にとっては退屈に感じてしまいました。

あとはアクセルレスポンスが良くなった分、キックダウンのポイントが踏み込みに対して以前よりも早くなってしまい私みたいなラフなアクセル操作だとすぐにキックダウンするようになってしまったのでアクセルのレスポンスとは別にキックダウンのポイントを少し下げてもらえればと思いました。

高速も特に問題無く乗りやすくなり快調に走れたのですが高速走行などの高いギアでの一定速度からのキックダウンしない程度の踏み込み加速ではディアブロをインストールしてる時よりも良くなってるのですが、よりもう少し明確な加速をするようになれば嬉しいな・・・などと思いつつ 燃調はかなり詰めてもらってるのでここは厳しいかも・・・

と言う訳で以上の事を社長に伝えた所 助手席に乗ってログを取りながら色んなパターンでデーターを変更してみましょうとの事でした。
燃調に関してはこれ以上追い込む(マージンを削る)となると実際に空燃費計を付けて確認しながらのギリギリのセッティングをするかノックリタードや補正制御を切るかと言うとこまで煮詰めてあるらしいので、今回はフィーリングをより自分好みに味付けしてもらう事にしました。

高速に乗りアクセル一定から緩い加速やキックダウン寸前までの加速、キックダウンの反応、各回転域でのスロットル開度、バルタイの切り替わるポイントをロギングしてもらい高速のパーキング上で各種設定を5回ほど変更して頂きました。最後は遊び心で一度ノーマルデーターにして頂きチューニング後の違いを乗り比べたりしました。

結果はもう言う事ありません!まさに自分好みのフィーリング乗り味に見事に変わりました。更に速くなってると言う訳ではありませんが体感的な部分で言えば車重が150キロくらい軽くなったかのような感じと言えばよいでしょうか、高回転の伸び感もバルブタイミングのポイントの変更により明確に変化を感じられるようになり、キックダウンのポイントも理想のポイントになりました。社長的にはアクセル開度で誤魔化すのはあまり好きではないようですが・・・
オーナーの希望に近付けるのが最優先との事でした。

結果は かなり乗っていて楽しい車に変わりました!普段は適切なシフトと軽いアクセル操作で街乗りも楽ちん、高速も高ギア巡航からの加速もマッスルカーらしいトルクを感じながらスムーズに加速、低速トルクの底上げ、中速の盛り上がり、高回転の伸びなども含め私の走り方用途に合わせた最終セッティングも無事完了しました。まさに感無量です。
オーナーの希望をある程度聞いてるとはいえ チューナーがセッティングした内容が必ずしもオーナーに合うかと言われれば多少感覚や体感の相違が出るのも事実です、そこを最後までフォローしてくれたのがとても嬉しかったですね。

現車合わせECUチューニングに興味があるけど実際どうなの?壊れないの?チェックランプは?大して変わらないのでは?値段もべらぼうに高いんでしょ?実際チューニングしてもらってもアフターフォローしてもらえないんでしょ?施工後に気に入らなかったら諦めるしかないのでは?
などと思われてる方は多いと思います 自分もその一人でした、しかし不安は見事払拭されました、決して安い金額ではないですがエンジン 特にミッションの制御に手を加えるだけでここまで乗り味が変わるのならば対費用効果は一番良い気がします。特にアメ車の場合ノーマルは燃調や点火時期に余裕を持たせてあるらしいので、それを日本のガソリンに合わせるだけでもかなり良くなるらしいです。実際私のも良くなりました。ちなみに2015年以降のダッジ クライスラー系のPCMロック問題も大丈夫だと言う事です。

長話になってしまいましたが、良いショップさんと良いお付き合いが出来て良かったと言うお話でした(^u^)

最後までお付き合い頂きありがとうございました m(__)m
Posted at 2017/08/09 12:32:15 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月23日 イイね!

300SRT8 ECUチューニングへの道 納車インプレッション編(長文注意)

300SRT8 ECUチューニングへの道 納車インプレッション編(長文注意)*注*現車セッティング以前はディアブロをインストールしてましたのでそれと比べて素人の私がただ感じたままに書いてますので特に気にしないでください。

車を預けて約一週間、社長から連絡が来ました「遅くなりました毎日ロードテストしてようやく納得できる状態に仕上がりました」と。自分が色々と注文を付けたから時間かかってしまい申し訳ないな~なんて思いつつも、利益率を上げる為にある程度で妥協して台数をこなすショップなどが少なからずある中で、当然の事ではありますが時間かけてでもしっかり妥協せずにやってくれた事に感謝です。

自宅からショップまで電車で二時間、移動中にも期待と不安がよぎります。実は大して変ってないんじゃないか?いや変わってないどころか前よりギクシャクして乗りにくくなったりパワーダウンしてたらどうしよう、いやそんな事は無い!(笑)などと考えながらショップに到着しました。

最終チェックと言う事で私が実際に運転して社長が横に乗ってフィーリングやパワー感などをチェックします。天気が生憎の雨でしたので実際控えめな運転となります。

では早速エンジンをかけます。はい当然音は変わってますね若干低めの音になりましたかね、しかし音が変わるだけでは意味無いんだよな~と思いつつクリープ状態から一旦停止、道路を右折で出ます。

明らかにスロコンとは違うレスポンス&トルク感、これはスロコンみたいにアクセル開度も少し調整してるのですか?と聞くと乗りにくくなるだけなので、そこは調整してませんとの事でした。燃調点火時期(その他もろもろ)でここまで自然に力が沸き上がる感じになるならスロコンはいらなし、乗りにくくなったり故障の原因になるくらいなら必要ないな~なんて思ってしまいました。とにかく自然な感じで低速トルクが引き上げられています。

特筆なのが私が要望したシフトスケジュールの改善でした。もともと本国での使用を前提にプログラムされてるのかどうも私には合いませんでした、そんな真逆な道路事情のプログラムが日本みたいにストップ&ゴーの多い国に対応する訳がございません(ディーラー車は不明)しかも私のは前期の5ATですので後期の多段ATの様に細かくギアを状況に応じて変えるなんて事も物理的に出来ない訳です(多段羨ましい涙)
例えば高速道路のETCゲート(出口ではなく浦和や東京などの中継所)を通過するとします。当然速度は80キロくらいは出てますのでギアは5速です、減速すると60キロで4速に落ちます、これはまだ良いですが問題は4速でカバーする範囲が広すぎるのです、4速40キロで1000回転きるのでロックアップが切れます、まだ3速に変わりません、30キロ切るくらいでようやく3速に変わりますが自分はETC通過速度はへ平均35キロ程ですロックアップ切れてる状態でそこから4速のまま再加速すると皆さんならお分かりですね!トルコンが滑りまくって回転数だけ上がりろくに加速せずエンジン唸りながらロックアップの40キロ超まで回転数ばかり上がりマニュアルの半クラ状態が続く訳です・・もちろん高ギア低速度なのでロックアップしても大して加速はしませんが鬼の半クラ状態だけは気分的にも宜しくないし無駄ですしATプログラムの変更で低速域がもっと思い通りにキビキビ走れれば最高なんだけどな~と社長にお願いしたわけです。

そのわがままな要望をセッティングするのに時間がかかったらしく、ただ設定を一つ二つ変えるだけで終わりとか簡単な事ではなくミッション制御はミッション以外の制御もからんでるので様々な制御を様々な角度から考え、時には逆転の発想も取り入れながら少しずつ仕上げていくと言っておられました、この部分はチューナー個々の考えなので机上の計算と導きだしたデーターだけで一発で決めてしまう人も居れば今回の社長の様な考え方などありますので後はオーナーがそのチューナーの考えや、やり方が自分に合うと思ったショップを選べば良いと思います。

で結果は・・見事に改善されロックアップの領域も拡大してくれたらしく低速 低回転でもキビキビ走るシフトスケジュールになりトルコンスリップはほぼ皆無(ギクシャクしない程度に多少はあります)シフトアップ側は手を入れないように頼んだのでのんびり走る時は低回転でトントンシフトアップで快適です。
これだけでも社長に頼んだ甲斐がありました、これだけでお金払う価値があると感動しました約4年のストレスから解放された訳ですから。。

キックダウンの反応も良くなりショックも低減され若干荒々しさは薄れましたが快適になりましたこの部分は車の性格を考えると若干残念な様な気もしますが・・
アクセルレスポンスは以前(ディアブロ&スロコン)とは比べ物にならないくらい格段に良くなりました、本当に電スロ開度無調整なのか疑問に思うくらい・・(笑)

パワー感(あくまでもパワー感です)~2000回転でのトルクは間違いなく上がっています街乗りが更に楽に。

2000~3500回転は息つきもなくスムーズにパワーを感じながらNAらしい吹けあがり少し加速したい場合はこの範囲で3速くらいまでならかなりの加速します。

3500~レブ ここに若干のトルクの谷があるのか過給が掛かったかの様に明らかに体感出来る加速をします、これはチューナーが意図的に味付けしたのかエンジンの特性なのかは不明ですがECUチューンする前よりもハッキリ感じる事が出来ます。以前に比べ明らかに同じ回転数からの加速が良くなってるのでパワーが上がった感を演出してる訳ではなさそうですが自分はこう言うの好きです(笑)

帰りは高速を使って帰ってきましたが4速5速の加速は若干良くなった感じですが劇的な変化は無かったですそこはマージンを残したNAエンジンの限界かと思ってます、でもアクセルレスポンスの改善でアクセルに足を添えてるだけで巡航し、追い越し加速では2㎝も踏めば必要十分、80キロから床までアクセルを踏めば瞬時に滑らかに3速にダウンして一気に危険な領域に行くようになったのでしょうか?3速80キロの状態から加速してホイルスピンするとかは無いです。とにかくフィーリングは別物です。

今回フルオーダーメードのECUセッティングして頂いた社長に感謝すると共に職人と言えるプロの技術と思想には驚きを隠せません。何より自分の車が世界に1台しかない自分好みセッティングになった言うのが一番の喜びです。ここまで徹底して施工して頂いたのでかなりの出費も致し方無いと覚悟していましたが・・・えっ この内容この結果でこの金額ですか??もちろん車種やセッティングの内容で変わりますが自分にとってはとても安く思えました。実際ECUチューニングは言い値みたいな感じしますがこの内容であれば良心的とすら感じました。

皆さんも如何ですか?オーダーメードECUチューニングで自分好みの車に(^-^)



Posted at 2017/07/30 17:45:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月23日 イイね!

300SRT8 ECUチューニングへの道 打ち合わせ編(長文注意)

300SRT8 ECUチューニングへの道 打ち合わせ編(長文注意)そして職人との打ち合わせの日がやってきました。とても大きいとは言えない作業場のガレージには修理でコルベットのc7とc5が入庫されてました。

「こんちは~」と尋ねるとガレージの奥から「初めまして」と名刺を持って社長が出てきました、この方がいわゆる職人です。どうやら一人で全ての作業をこなしているみたいです。

まずは事務所で打ち合わせ、実際自分がSRTをどう言った感じにしたいのかを聞かれ、レスポンスアップして街乗りでストレスを感じない変速制御にして頂き、どこからでも踏めば加速する気持ちの良い車に。このエンジンの持ってるポテンシャルを全て引き出して欲しいと伝えました。
低中速トルクアップや高回転での炸裂感などは伝わったみたいですがAT制御は実際横に乗って感じ取りたいとの事なので社長を助手席に乗せて試乗コースに出ました。

ストップ&ゴーの多いコース、信号のないちょっとしたワインディング道、アップダウンの多い道など言われるままに走りました。大雑把に言うとハーフアクセルからの減速や加速、低速からの変速制御中速からアクセルオフのみでの減速制御、ブレーキングで減速Gをかけた時の制御などを観察してもらいながらその時に、減速時のこの部分をこう調整して欲しい、ここで3速に落ちて欲しい、この領域からロックアップしてアクセルと連動した加速になれば良い、(他にも要望しました笑)社長はエンジン音やギアの変わり目、現状でのシフトスケジュール、ロックアップに入るタイミングでの回転の落ちなどを集中して確認しておられ静かに首を縦に何度か振るだけでした。約30分の試乗を終え社長の表情が落ち着き「ふんばるさんの言っておられた内容は把握出来ました、この内容であれば変更は可能です、この車はATのシフトスケジュールを変更するだけでとても楽しい車になりますね」と初めて笑顔で答えてくれました(笑)

事務所に戻り再度具体的な打ち合わせをしました。一応ノーマルのスロットルとビッグスロットルでのデータを取りたいとの事でノーマルも持って行きました、「ビッグスロットルは相性良くなかったです」と言ったらクライスラー系の電子スロットルは、アクセルペダルの開度に比例しない制御ですのでスロットルのサイズを変えてしまうとある程度は学習しますがそのズレが大きく感じられてしまいそこに更に補正が入るので現車合わせしないならノーマルで良いですねと・・
エアーの吸入と一言で言ってもスロットル口径、吸気温度、気圧、エアクリの性能等々それ以外にも沢山の制御補正関係が複雑に絡み合ってるらしいので私には難し過ぎて何のことやらでした。あと外部からECUに信号を入力すると不具合出る場合があるのでスロコンは取りますね~と言われました(汗)現車合わせすればアクセル開度を騙してレスポンスが上がった感を演出する事は全く無く、クライスラー系は特に適切なスロットル開度調整とトルクの引き上げでレスポンスを上げていきますとの事でした、まあこの時点では私も何だかんだ半信半疑でしたが(笑)

正直NAエンジンのチューニングなんてあまり体感出来ないだろうと思ってました。燃調にしても限界があります点火時期、燃料噴射量、理論空燃費、加速空燃費、O2センサーのフィードバック、ノックリタードいずれも限界はあるはずですからそのなかでチューニングする職人さんの技術と経験とセンスが生きて来る訳ですね、ピークパワーはあまり変わらなくてもそこに至るまでのトルクアップによるパワー感、乗りやすさフィーリングが大事だと私は考えます。もちろんピークパワーも上がるに越したことはないですが
同じ300PSでもトルク30キロの車両と35キロの車両では間違いなく後者の方が力強く確実に加速も良いでしょう。NAの現車セッティングとはそういうものだと思います。しかし調律後はもの凄い事になってました。インプレはまた後日。

社長も試乗中は真剣な眼差しでしたが基本気さくな方で最初は緊張してた私も徐々に打ち解けられキャブチューンの話から複雑すぎて素人の私には到底理解できないECU制御関係の話や現状のECUチューニング業界の実態や今後の職人の育成など様々なお話を伺う事が出来ました。思ったより怖い人じゃなくて良かった~(笑)

まずはデーターを読み取り、書き換えして試乗、それを最も理想とするとこまで繰り返し煮詰めていくのに約3日程時間を下さいとの事でした、その中で更に良くなると思う部分が見つかればそこも良くしていくと言った感じみたいです。私は一週間でも二週間でも構いませんので社長の納得するまでやってくださいと言いました。期待しながらも「結構無理な要望したけど本当に大丈夫かな~」と思いつつショップを後にしたのでありました。納車インプレッション編へ続く
Posted at 2017/07/30 17:44:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月23日 イイね!

300SRT8 ECUチューニングへの道(長文注意)

300SRT8 ECUチューニングへの道(長文注意)今回は私の主観のみでの内容ですので批判や反論、不愉快さを感じてしまう方は途中で観覧をやめてくださいm(__)m

さてチューニング(調律)といえば基本的に音楽などで使われる用語ですが ここでは車の調律(オーナーに合わせ適切な状態に調整すること)についてお話していこうと思います。

車の用途は人それぞれで走れば何でも良いと言う人から家族移動が多いのでミニバンが好き、サーキットで走るなど様々ですが、みんカラの皆様はやはり車が好きで他人とは違う自分だけの車作り(カスタム)が好きで拘りの強い人が多いと思います。自分もその一人で車購入するにあたり考えた理想の車がまず家族もいるので少しでも乗り降りしやすいセダンである事、速い事、カッコ良い事、他人と被らない事(速いとカッコ良いは私の基準)でした。そして選んだ車がクライスラー300SRT8しかも並行車と言う流れです。良い点はやはり人と被らないとこですかね。ディーラー車の現行300cはチラホラ見かけるようになりましたがSRTになると遭遇率は激減、並行車のSRTとはまだ一度も遭遇した事はありません。
最も日本の道路及び税金事情でこんな大きくて不経済な車が売れる訳ありませんので(笑)

で いざ走ってみるとそこは流石に6400ccですから下から溢れんばかりのトルクと高回転でのパワーの伸びなどさぞかし凄いであろと思われますがノーマルの状態ではメーカーが万人向けにセッティングしてあるおかげで出だしのレスポンスやらトランスミッションのシフトスケジュールなどを含めとてもダルいフィーリングになってます。しかし一般の方からすれば充分暴力的な加速ですし怖いとすら感じるでしょう逆にこんなにパワー必要無いくらいでしょうね。私も最初の二カ月はそう感じてました(笑)

人間慣れは怖いものでその状態に慣れてしまったり不満な部分を見つけてしまうとそれ以上を求めてしまうようになります。私の場合はやはりせっかく良いエンジンなんだしレスポンスを良くしてパワーも上げたいし街乗りでもストレス無く走れるようなシフトスケジュールになれば最高なんだけどな~など妄想しておりました。しかし限られた予算ではやる事も限られてきます。ショップに勧められたスロコン&ビッグスロットルは体感的にはアクセルの反応は良くなりますがトルク感パワー感は皆無(涙)そこで色々調べて出てきたのがディアブロと言う有名な簡易ECU書き換えパーツでした。国内で買ってインストール作業までしてもらうと高額になってしまうのでセカイモンで購入しインストールの方法も自分で調べてインストールしました。結果どうなったと言いますと・・・良くはなりました!メーカー公表は15psアップですが(実際そんなに上がって無いでしょう)低中速の明らかなトルクアップは感じられ街乗りも更に楽に走れるようになりました。しかしインストールに失敗したりするとECUが一発でダメになり新品ECUを買うハメになるらしいので信頼性は怪しい部分もありますし自分の場合はビッグスロットルとの相性も良くなっかったのでスロットルをノーマルに戻したりディアブロの設定を色々変更したらとりあえずは納得いくレベルまで調整できたので今までそれで乗って来ました、レスポンスやトルクアップは体感出来たのですがTCM(トランスミッションコントロールモジュール)のセッティングまではディアブロの設定項目には無く変速制御の変更までは出来ませんでした。それでもそこまで不満な状態では無かった為 今までその状態で乗って来ましたが周りのみん友さんなどのお話で「やっぱり現車セッティングすると別物になりますよ~」など聞いてしまったらいずれは現車セッティングやりたいな~などと考えてしまいますがなんせ予算がありません!(涙)
しかし自分にとっての最高の車に仕上げたい、理想通りの走りになるなら少ない小遣いをコツコツ貯金して何とか頑張ろう!と屈折3年かけて少しずつ貯金しながら現車セッティングしてくれる所を探していました。

現車合わせしてくれるショップはたくさんありますがアメ車となると極端に施工してくれるショップが限られてきます、インターネットや雑誌などから情報収集しますが関東でやってくれそうな所は数件しか無く・・しかも現車合わせで私が重要視してるのは日本の道路事情に合わせてシフトスケジュールも自分好みにセッティングしてくれる職人さんを探していました。
候補は数件ありましたが問い合わせしてみるとディアブロを通じて現車セッティングすると言った内容のショップが3件ほどでいずれもトランスミッションまでは介入出来ませんとの事。もう一件はアメ車ECUチューニングではかなり有名な店で全ての制御変更出来るであろう絶賛の声しか聞かないショップさんですが多忙の為、詳しいお話も聞けず仕舞い。もう他に思い当たる節が無い、この車のシフトスケジュールさえ自分好みになれば最高なのに悔しい・・この車のポテンシャルがへなちょこAT制御で殺されてるのが悲しい・・・もう日本にはアメ車ECUチューニングの職人は居ないのか・・いや必ず居る!TVにも雑誌にも載ってないマニアだけが知るレストランと同じように必ず職人は居るはず・・諦めず再度情報収集しました。するとある情報筋から「いるよ職人、30年くらい前キャブの時代からレース車両のセッティングに携わりながら様々な車のECU解析及びECUチューニングのプロとしてやってるよ」・・私はすぐに連絡を取り問い合わせ致しました。
私「2012年式300SRT8の現車セッティングはやって頂けますか?」職人「問題無く詳細なセッティングが可能です」私「セッティングにはディアブロを使うのですか?」職人「使いませんうちは専用のインターフェースを使います」私「例えばATのシフトスケジュールなどの変更も可能ですか?」職人「調整できる範囲は限られますがその程度なら可能です」凄く嬉しくて即お願いしますと言いたかったのですが職人も忙しそうでしたし、まだ聞きたい事がたくさんあったので「それでは一度詳しいお話をさせて頂きたいので一度お伺いします」と言って電話を切りました。それから数日後、職人の所へ御伺いする事になりました。なんか電話だと怖そうな人ぽいな(汗)
「打ち合わせ編に続く」・・・
Posted at 2017/07/30 17:25:28 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

昔と違って、いい年なので馬鹿はできませんが、気持ちだけは20代でやってます!車が好き。それだけで、知り合いや友達になれるみんカラと車のチカラは素晴らしい...

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/11 >>

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リンク・クリップ

ビッグ3のポニーカーを通じたステキな殴り合い 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/21 13:27:03

お友達

自分は小心者なので、お友達に誘って頂けたら幸いです。

車全般好きなので車種ジャンル問いません。

洗車も好きなので洗車マニアの人も宜しくお願い致します!

拒否は致しません m(__)m 
75 人のお友達がいます
SRT-8たぁ-くんSRT-8たぁ-くん * レクサス350レクサス350 *
ぽっつぁんぽっつぁん mariannapapamariannapapa
☆じゅん♪☆じゅん♪ akkun0101akkun0101

ファン

9 人のファンがいます

愛車一覧

クライスラー 300 クライスラー 300
クライスラー 300SRT8に乗っています。燃費も悪く維持費もかかりますが、エンジンをか ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.