• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年09月14日

ビート礼賛記事その12

ビート礼賛記事、その12です。
ビートは軽規格としてつくられたために、賛否両論ありました。ただ、入交副社長は軽の有効性を説き、また軽だからこそ意味がある、と発信する評論家もいました。その一人が福野礼一郎氏でした。

Navi 1992年7月号、連載コラム「一年ひとむかし」第6回より

「一年たって評価にゆるぎのなかった車だってある。ボクにとってホンダビートこそ、それだ。ビートこそどうしようもなく肥大して退廃したいまの日本車のありようを救済する教祖的存在であるに違いないのだという確信にこの1年で至ったのだ。」

このコラム、というか福野氏の文章が装飾が多くなかなか難解なので、タイトルや小見出しをご紹介

第6回タイトル「ホンダ・ビート 何と素晴らしい悪夢」
「ビートこそは、目標を失って漫然と肥大化しつつある日本自動車業界における一つの奇跡である、と福野礼一郎は主張する。どうしてか?それは<軽>だからだ。
「ビートは日本車の救世主だ」
「<軽>だからこそ奇跡だった」
「日本車は挑戦者の悪夢を見よ」

悪夢、と表現したのはメーカーで設計に携わってきた人が透視図をみて、その「水ももれ出るすき間もないほど」ぎっしりと詰まったメカニズムを見て、まるで悪夢のようだ、と漏らしたそう。
軽は普通乗用車に比べスペース効率が重視され、設計も大変なんだとか。
また、ミッドシップも意外にスペース効率の悪いクルマで、例えば「せいぜいカローラの前席並みの居住性とトランク容量しか持っていないテスタロッサ」が全長4.5m、全幅2mになろうかという巨躯になったのも、「12気筒というエンジンばかりが問題ではない」という。

「3.3×1.4mのミッドシップ・カー、ビートとは自動車設計者の悪夢、すなわち自動車設計者の奇跡なのである。ビートが奇跡になれたのは、それが<軽>であったからだ。」

つまり、軽という規格で割り切ったからこそ、トランクルームにはゴルフバッグ2個、コックピットはオーディオやパワーシートをつけたりと肥大化した「マの抜けた」自動車にならずに済んだのだ、と語ります。

「軽という寸法の枠がなければ、ビートに傾注されたような驚くべき技術者の努力は決して日本の車で実現することはなかったと思う。」けだし名言。

福野氏は重ねて、日本人は何かにチャレンジするときに力を発揮する人種なのでは、と分析。逆に自由にやらせても、「とてつもなく無能で怠慢な人種」なのではないかと語ります。
なんですか、夏休みの宿題を終盤追い込まれてやっと力を出す、的なことでしょうか。違うかw

結局、入交副社長も福野氏も、軽であることが決してネガティブな妥協の選択の結果ではない、却って意味のあるものなのだという主張です。うむ。同感。

まとめるのに時間がかかった割には長文のまま終わりました・・・
ブログ一覧 | クルマ
Posted at 2017/09/15 01:42:11

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

ビートのジムニー
PANDA37さん

ビーパラ日本平
じむかにさん

ビートから降りた人の話。
リョウ@流しの三味線弾きさん

とあるビート好きの試乗
うぐうぐ@S660さん

哀愁ユーロビート
Ron_STIさん

東部S660
ユーさん_さん

この記事へのコメント

2017/09/18 17:39:24
こんにちは^_^
いつも楽しんで拝読しています。
一台めのビートのときは「なんてつまらないクルマなんだ⁉️」と思っていました。ネガティヴな部分ばかりが目についてしまっていたのですね。結局のところ開発者の深淵な想いを理解出来るほどでは無かった…ということでした。
二台めを手に入れてようやくビートのスゴさを少しだけ解った気がします。
ビートはS660が出た今でも唯一無二なクルマだと思います( ´ ▽ ` )ノ
コメントへの返答
2017/09/20 10:20:57
私が最初試乗したとき、バイト先の人が偶然見かけたらしく、後で「オープンカーでニヤニヤしてたよ」と言われました。一発でやられたクチです。ただ、振り返るとやはり思い出に残る、で乗ってみたら凄さ再確認、というのもビートの奥深さの証明かも?^^;今だに唯一無二だなと思います。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

カプーショです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

アイドリング不具合の解消が出来るEACV自体の調整方法について 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/26 00:40:08
アーシング5ポイント作業 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/24 07:14:10
4輪アライメント測定・調整作業 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/09/24 07:10:03

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
ホンダ ビートに乗っています。異動を機に一度手を離れ早幾年。それ以降同様の新型を待つこと ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.