• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2017年11月28日

ビート礼賛記事その27

寒さに一直線かと思えばあったかかったり。中々一筋縄ではいきませんね。
ビート礼賛記事その27です。記事はNAVI 1992年4月号、買いと売り より、ビート車評をば。

―「小さなビートの運転席に低く腰を落とし、背後の3気筒の軽いビートに体のリズムを同調させていると、自分の身体能力よりほんの少ししか隔たっていない機械の心地よさに身を委ねる幸福感がひろがってくる。よそよそしくない、人間を疎外しないドライビング・マシンは、思えば、僕らが80年代いっぱいをかけてわざわざ失っていったものなのだった。それゆえビートは、クルマ世界における90年代の価値観を、キチンと提出している断然<買い>のクルマだ、というのが僕の主張である。」


鈴木編集長は別の号でも、ビートが失われていく文化の象徴としてとらえているものもあり、こちらも近日紹介しますが、ビートが80年代の急速なモータリゼーション、あるいは機械化の発展により、得たものもあれば(機械的信頼性や性能など)、クルマの、あるいはクルマとの幸福な関わりが(高性能なクルマが大量に作られ、消費されていくことで一般化するがゆえに)失われてしまったことへのアンチテーゼとなっている、として、90年代的価値観を提出していると。このあと、結局日本のクルマはRVブームを経て、ワゴンRや箱(部屋)が移動するようなクルマばかりになりますから、ビートはある意味マイルストーン的な見方もできるのではないでしょうか。

あ、最後に、5台の中で<売り>といわれてしまったのはクラウンワゴン。メルセデスと比較されてしまったようですが、これは相手が悪かった。なんせ、後に歴代最高といわれるW124シリーズのベンツと比較されたのでは、そりゃあ・・・w
一応、クラウンの名誉のために言っておきますw
買ったことないですけどw
ブログ一覧 | クルマ
Posted at 2017/11/28 01:44:44

イイね!0件



今、あなたにおすすめ

関連記事

HONDA BEAT
@KIR@さん

【ビート】LLC交換
mistbahnさん

最近乗ってないな(^ ^)
hiraりんさん

プジョー1007原状復帰作業
harinashi(はりなし)さん

マイカー比較
悪魔のRとZ(龍剛)さん

とにかく楽しい車
ビートイットさん

この記事へのコメント

コメントはありません。
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 

プロフィール

カプーショです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

ホンダ(純正) リアトレイマットクリップ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/28 00:32:41
ホンダ(純正) グロメット タッピングスクリュー 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/28 00:32:17
S2000プッシュスターター取付 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/10/19 06:37:51

ファン

4 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ ビート ホンダ ビート
ホンダ ビートに乗っています。異動を機に一度手を離れ早幾年。それ以降同様の新型を待つこと ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる