• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

うたまる_3のブログ一覧

2017年06月05日 イイね!

バッテリーチェックをしてみる

バッテリーチェックをしてみる順番としてはバラバラなのですが、バッテリーの健康状態を

『テスター』ではなく、『バッテリーテスター』

で測定してみた。
と言っても、使うのは中華製のバッテリーテスターです。国産の数分の一のお値段で購入できます。
プロが使うならともかく、素人が目安として使うなら、これで十分でしょう。
測定したのは、この間バグ號から取り外したバッテリーとレガシーのバッテリーです。
随分と容量に差がある上、レガシーに関しては車載状態のままの測定ですので多小の誤差は発生しています。

【レガシー】

レガシーのバッテリーは2015年の1月に交換していますので、使用期間は2年半程です。

SOH(劣化状態) 75 [%]
SOC(充電状態) 86 [%]
R=(内部抵抗値) 4.79 [mΩ]
CCA測定値 625 [CCA]
測定電圧 12.52 [V]
CCA既定値 720 [CCA]
バッテリー状況:良好

通勤車としての立場はバグ號に譲られたことからあまり乗れてあげていないせいもありますが、劣化具合としてはこんなものかも知れませんね。
バッテリー上がりさえ気をつけて乗ってあげれば、まだまだいける健康状態です。


【バグ號】(純正バッテリー)

SOH(劣化状態) 100 [%]
SOC(充電状態) 98 [%]
R=(内部抵抗値) 11.15 [mΩ]
CCA測定値 265 [CCA]
測定電圧 12.69 [V]
CCA既定値 135 [CCA]
バッテリー状況:良好

使用期間としては2年弱ですので健康そのものというか、取り替える必要性が欠片もありません。
まぁ今回の交換は、色々と人柱的な意味もあるし、無問題♪

 ………って! なんで測定CCAが規格値を超えてるの?
 しかもなにげに内部抵抗値がレガシーより高めだし(汗
 と思いつつ、レガシーでの測定結果は問題なしだし。
 ……うーん、取りあえずこの件は保留しておこう。
 内部抵抗も高めと言っても、規定値に近いですしね。
 
Posted at 2017/06/05 20:29:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | バーグマン200 | 日記
2017年06月04日 イイね!

バグ號にリチウムバッテリーを

バグ號にリチウムバッテリーをバグ號の始動性をあげるため、いろいろ考えてみる。

●プラグの交換
 ノーマルからノーマルに変えてみたものの、さして変化無し。
 イリジウムは始動性に関しては言うほど効果がないような書き込みをよく見かける上、突然死も在るとのこと。
 なにより、前回、バイク屋さんにイリジウムに交換してねと頼んだのに、普通にノーマルプラグの交換で終わってしまったために、私自身のやる気が失せました。(最初から自分でやれば良かったと反省)

●昇圧回路を付ける。
 これは電圧降下で下がっている電圧も16Vに強制的に上げる回路をCDIコイルの前に取り付けることで、プラグのスパークを強化するSYSTEMです。まぁ評判は良いのですが、デメリットがそれなりにあります。
本来14V前後で設計されている回路に2Vととは言え高い電圧をかけることによる負荷がCDIコイルをはじめとしてイグニッションに負担をかけますし、プラグに関しても電極間を広げることを推奨しているあたり、それ相応の負担が掛かっているとみて良いでしょう、そしてそれは各部品の寿命へと直結いたします。
無論、バイクや車の発電にはそれ相応のノイズがありますので、2Vぐらいのキャパはあると考えています。……が、問題はその回路事態が熱や湿気に強くないため、密閉性の高いスクーターには向かない。
ましてやバイクのような振動が大きいものに長期間耐えられるだけの部品配置やハンダ処理がしてあるのか甚だ疑問。
(やるなら自分で回路作ります。……面倒だけど)


●ホットプラズマ……と言う名のコンデンサーの塊で瞬間最大電流の容量確保
 ………CDIコイル事態にコンデンサーを積んでいるし、最適容量を割り出すのが面倒(容量が少なくても大きくても効果が出ないし、下手をすれば逆に足枷となり高回転が出なくなる可能性がある)

●リチウムバッテリーに交換
 従来の鉛バッテリーより僅かに電圧が高く電圧降下が起きにくい。
 自然放電が少なく、鉛バッテリーよりも小型で軽く、おまけに長寿命
 瞬間最大電流も鉛蓄電池より多く取れる。
 と、良い所づくしのように聞こえますが、リチウムバッテリーにもそれなりにデメリットはあります。
 昔のリチウムバッテリーや携帯のリチウムバッテリーのように燃えたり爆発したりすることはありませんが、充電や放電にはそれ相応に気をつけないといけません。 最近は一部のメーカーのリチウムバッテリーは、その辺りのコントローラーを内蔵しているものが出てきているので、ダイブ安心できます。
 バッテリーの電圧が下がりすぎた場合や、上がった場合は専用の充電器が必要。
 高温・低温等の環境変化に弱いようですので、南国の方や氷点下での使用を前提とする方には不向き。
 制御回路やセルの突然死。膨れあがる奴は膨れあがるみたいですね。一年で死んだとか半年で死んだという声も聞きます。無論、3年使っていて無問題という声も多くあるので、製造時における品質のバラツキか、使用環境によるのものか、どちらとも言えませんね。そう言う意味での安心性は鉛蓄電池に勝るものはありません。ですが一部のメーカーはリチウムを正式採用しだしているので、製品品質が安定してきている時期に入って来ているとも言えます。
 そして最大の欠点は、そのお値段。同容量の鉛式バッテリーの数倍のお値段なんです!
 …………もっとも、クラウンやレガシーなどあのクラスのバッテリー交換していると、その辺りの金銭感覚が麻痺しているので、無問題かな(汗


と問題は色々ありますが、自分の使用環境下ではリチウムバッテリーでも特に問題成さそうかな。
国内で手に入る主立ったメーカーというと
 【AZ】
 【SHORAI】
 【SKYRICH】
 【Antigravity】
 【PERFECT POWER】
こんな所かな、
んー、取りあえず一長一短はあるけど、充電コントローラーの付いているものの中で選ぶとして、
CPの高いと評判の【SKYRICH】も迷ったんですけど、今回は使っているヘルメットのメーカーの【SHOEI】の名に似ている【SHORAI】してみるかな。

そんなわけで、

【純正バッテリー】
 容量:8Ah
 CCA:135A


に対してポチッとしたのは

【リチウムバッテリー】
 容量:14Ah
 CCA:210A


はっきり言って過剰スペックです。
もう一つ小さい容量の製品もあったのですが、
始動性の目安になるCCAが純正と同じ135なので、始動性向上を目的とした自分の目的にはそぐわないので今回は却下して一つ上の容量のものにしました。
値段も全然違うんですけどね(涙 ……6kほども


さて、毎度お馴染みの見た目の比較検証です。

はい、僅かに小さいだけで殆ど変わりません。
本来、リチウムバッテリーはエネルギー密度が高いため、もっと小さくできるのですが、既存のバッテリーとあまり大きさに差があっても、取付に困ることから、 【SHORAI】は敢えて大きく作っているようです。その分、耐衝撃性に強いケースにしているとのこと。
そして、その僅かな大きさの差も

緩衝材としてはこの中に入ってきている粘着付きのクッション材が純正との差を埋めてくれます。
つまり、わざわざ取付のためのサポーターを作ったり、購入したりする必要がないと言うことです。

次は電圧比較です。

リチウムと言っても、そうは高くありません、規格値で1V程、自分の純正と比べても0.5V程です。
ちなみに純正は、エンジンを切ってから12時間程経ってから外したものです。
この数値を見る限りは、まだまだ元気なバッテリと言えますが、バッテリーテスターで測定してみないことには正直分かりませんね。 
それに実際は、此処からスクーターに取り付けた場合、電気回路の内部抵抗により電圧降下が0.3V〜1.0V程おきます。
実際、バグ號に取り付けた電圧計では、始動直前の鉛蓄電池の電圧が11Vを切って、10V代にまで落ちている時もありました。
自分としては、内部抵抗で電圧降下を起こしていても、12V 代を維持できていれば良いかなぁと思っています。


そして、皆さんが結構興味を持ちそうな重さ比較です。

ええ、全然違うんですよ。
重さを量る必要がないくらい重量差があるんです。
これでわざわざ大きく作ってなかったら、もっと軽くなっていたんだろうなと思いつつ。
2キロ以上も軽るくなっています。2輪の世界に置いて、2キロと言ったらかなりの計量ですよね。
自分の場合、背もたれや装備で重くなった分が、これで取り戻せただけですが、これは大きいですね。

だって、2キロ以上ですよ。

2Lのお茶のペットボトルをシート下にずっと入れっぱなしで走っていたのが解放されるのと同じなんですよ。
乗り手が2キロ痩せようと思っても逆に2キロ増えるこの世の中に、2キロ確実に重量が減るというのは大きいことのような気がします。


まぁ冗談はさておき。
取付は至って簡単、バグの右側のステップカバーをペロリと捲って、ドライバー1本で作業ができます。
幸い高さも、高さ調整のスポンジをバッテリーの下に引くだけです。(水抜き穴の部分はカットしておく)

そんなわけで、取り付け終了。
後は、外したものを元に戻すだけです。

おっとっと、バッテリーを外したので、時計がリセットされてしまったので、
IGを入れて、同時押しで、時計設定モードを起動。
時計を設定したら、IGを切って時計の設定し直しの終了♪




EGの始動確認はしましたが、リチウムバッテリーの交換後の感想は後日あらためて報告させていただきます。

 
Posted at 2017/06/04 21:06:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | バーグマン200 | 日記
2017年05月27日 イイね!

バグオフ会で、ヘッドライトの光量比較

バグオフ会で、ヘッドライトの光量比較先日、バーグマンを主体としたオフ会が、静岡県 掛川市で開催されました。
希少車種というか、日本国内では出回っている数の少ない車種と言うこともありますが、
それでも総勢13名と、当初(自分が勝手に)想定していたよりおおくのひとたちがあつまってくれました。
今回のオフ会の企画と手配をして頂いた赤影様をはじめ、かど様、今日はOFF様、この場にて御礼の言葉を言わせて頂きます。

さて、オフ会の細かいレポートはオフ会の参加者の方があげておられるので、この場では割愛させていただきますが、私の備忘録がわりのブログで記載したことと関係する事を、例によって私的な独断と偏見に満ちた感想を記させて頂きます。
と、遠回りに言いましたが、早い話がタイトル通り、バグのヘッドライト明るさ比較です。



まず目立つのがLEDのカットラインの出ていなさとグレアの酷さ。
次に純正ハロゲン球の力なささ。
HIDは写真ですと少し暗く見えますが、これは色温度の差かも知れませんね。実際は一番明るく見えましたし、擁壁の模様も一番見やすいです。なにより違ったのが、明かりの深度ですね。遠くまできちんと見えるのは間違いなくHIDなんですよね。
ただ、LEDのグレアも、対抗車や歩行者側に立って比較しましたが、気になるほど眩しいとは感じないと感じましたし、参加者の方々も同じ意見でした。そう言う意味では車検の無いバーグマンでは、グレアに関しては言われているほど気にしなくても良いかも知れません。
それと、片眼HID車より両眼LEDの方が、奥行きはともかくとして、横に対しては視界が広く感じました。
なにはともあれ、これから購入する方の参考になればと思います。
Posted at 2017/06/04 19:28:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | バーグマン200 | 日記
2017年05月26日 イイね!

ギアオイル交換

ギアオイル交換スクータにはギアボックスなる物があります。
ATなのにと思う人はいるかも知れませんが、此処で言っているのはAT、MTの変速機のギアではなく、純粋な変(減)速機です。
車で言うとデフとかに当たります。
さて、このギアオイルですが、基本、交換しません。
と言うか、されないままスクーターがその命を終えることが多いです。
初回の一年点検以外は、交換目安として3万キロとか4万キロとかが多いですし、何故かオイルの継ぎ足しだけの車両もあります。

更に面白いことに、YAMAHAだけが専用のギアオイルと1万キロの定期交換目安を設けています。
はい、不思議なことを言いましたよね。

【専用ギアオイル】

そうなんですよね。
詳しいことは知りませんが、YAMAHA以外はエンジンオイルの流用です。
無論、バーグマンのギアオイルもエンジンオイルです。
整備マニュアルにもそう記載してあります。
しかもギアオイルとして【10W40】の粘度のエンジンオイルを使用すると。
(普通は80とか90とかで、硬いものだと140です )
更に交換目安時期として【3万キロ】また【4年毎】と言うロングライフで、

此処までくると油が入っていればOKとも捉えれますね(汗

そんな放置ライフが多いスクーターのギアオイルですが、今回、交換してみました。
もともとクラッチ交換の時に変えようと思っていたのですが、すっかり忘れていたのと、この間試しに使ったエンジンオイルへの添加剤の感触が良かったので、せっかくなので使ってみた言うという欲望が湧きました(w


そんなわけで、まいどながら、クラッチハウジングのカバーを外し
クラッチの下ぐらいについている注入口と排出口のM6ボルトを12のメガネかスパナで外して古いオイルを排出。


うわぁ、真っ黒けっけ


まぁ2万3千キロですからね。
それにしても、量が少ない気が(汗
まぁ気にせずに、外したボルトをパーツクリーナで洗浄して、
パッキンは再利用できなくもなさそうですが、高い物でも無いので、交換しちゃいましょう。



ボルトの締め付けトルクは【12N・m】と


肝心な交換するオイルはエンジンオイルではなく
毎度のお世話になっている銘柄【MOTUL】 GEAR 300 LS (化学合成油)75W90 

と添加剤がわりの切削油(w これでも塩素フリーの優れものなんですよ。
それにしてもMOTUALのギアオイルですが、
なんとオイルの色が【緑色】なんです。



バグ號の身体には緑色の血液(油)が流れているんだぜ



と、冗談はさておき、一応ゲージでキチンと測量しました。

……が、これだけ粘度が高いと、どうしても容器に残ったりするのであまり意味が無かったかも。
とにかく注入口が真横に向いていますから、流れ込んでゆくのに時間が掛かること(汗
次回は、今回の反省を踏まえて道具を考えねば(DAISOによさげな調理用のがあったはず)
たかだかオイル交換に、偉い手間と時間を食う作業ですわ。
取りあえず、後は復元するだけと。
…っと、その前に、一応、クラッチ側とプーリー側のナットの締め付けトルクの確認。
ついでに、ハウジングケース内の洗浄。やはり少量のグリスは飛散しているので、ただ、グリスの上に誇りや煤が付着していたので、飛散は初期の余分なグリス分や落とし損ねたグリスだけのようです。
取りあえず、これくらいなら無問題♪
一応、箇所箇所にパーツクリーナーとウェスで簡易清掃。



さて交換後の効果がどうかな?
取りあえずスタンドを立てたまま、近所に迷惑ならない程度の拭かし加減でタイヤを空転。





3分ほどお待ちください





仕事から帰ってきた時の暖まった状態でも、手で回しても手を離せば、1/4回転ぐらいで止まる感じの硬い感じでしたが、

………わぉ。

1回転はするよ。
音も

【ザー】



【サー】

になったし、手間をかけて交換した甲斐があったように思えます。
これなら、1万キロ毎の交換するのも良いかなとも思えちゃいます(しないけど)
それにしても使用したギアオイルの粘度は、純正のエンジンオイルに比べたら、かなり硬いはずなんですけどね(w




Posted at 2017/05/26 17:36:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | バーグマン200 | クルマ
2017年05月21日 イイね!

マフラーの錆び

マフラーの錆び

ちょっと気になってみたので、マフラーを外してみたので記念写真。


ええ、見ての通りです。

たいした事ではありません。

高温に晒され、雨水にも晒されるんです。

ある意味当たり前のことなのでしょう。

それでも、敢えて撮ってみました。

走行距離【2万4千キロ】前後使用したマフラーの裏側を


Posted at 2017/05/21 12:10:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | バーグマン200 | 日記

プロフィール

「バッテリーチェックをしてみる http://cvw.jp/b/247151/39888182/
何シテル?   06/05 20:29
みなさんはじめまして、うたまる と言います。 車いじりとドライブが好きで、内装を色々試したいと思います。 車歴はみんな中古車です(w

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/7 >>

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

お友達

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ バーグマン200 バク號 (スズキ バーグマン200)
通勤用に購入しました。 長い車歴の中で、初めて新車購入だったり♪
スバル レガシィツーリングワゴン スバル レガシィツーリングワゴン
前の車が家族からの売却命令で泣く泣く手放すことに、 オートマのファミリーカーと言う条件の ...
ホンダ シティ ホンダ シティ
初めて運転した車です。むろん親車ですぐに、兄の所に嫁入りされていきました。 キビキビ動い ...
トヨタ スプリンター トヨタ スプリンター
同じく親車で中古車です。 これも出足は良かった記憶が(^o^) 1年ほどで、天寿を全うさ ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2013年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2009年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2007年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2006年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.