車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月21日 イイね!
先日、私のもとに、あるwebページについての情報提供がありました。

当ページを熟読しましたが、その経緯や詳細は、消費者センターや、国土交通省を巻き込んだものとなっているため、信頼性の高いものと考えざるを得ません。

そのwebページのタイトルは、

ホンダの裏の姿 ~ 欠陥隠しの一部始終 ~です。
http://www.geocities.jp/honda_csr/index.html

現在、投稿者本人への確認はとれていませんが、これが事実とすれば、ホンダは今回のアコードの衝突軽減ブレーキ(CMBS)の危険な作動に限らず、ユーザー対応は最悪です。
修理もせず放置し、かなり悪質です。

皆さんも、是非ご一読をお願いします。

ホンダの裏の姿 ~ 欠陥隠しの一部始終 ~


--↓↓--情報提供について--↓↓--

当ブログを通じて、「CMBSの危険な作動で悩んでいるのは自分だけではない」と感じてくださる読者さんからのメッセージがとても多いです。是非是非、お一人で悩まずに、ホンダアコードハイブリッドCMBSの誤作動やホンダの対応に関する情報をご提供ください。

情報提供、問合せなどにつきましては、「みんカラ」会員向けメッセージ、または以下のアドレスでも受け付けています。
accord.gosadou@gmail.com

どうぞよろしくお願いいたします。

--↑↑--情報提供について--↑↑--
Posted at 2016/11/21 08:03:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月18日 イイね!
みなさん、こんばんは!

昨日、アコードハイブリッド衝突軽減ブレーキ(CMBS)の危険な作動についての裁判経過を投稿したところ、マガジンXさんのオフィシャルツイッターにも掲載されて、多くの反響がありました。

そこでホンダを提訴から1年以上経過し、新たな読者様も増えてきたので、改めましてアコードハイブリッド衝突軽減ブレーキ(CMBS)の危険な作動について、今までの経緯を含めまして簡単に説明したいと思います。

私が購入したアコードハイブリッドEX(2014年)には、衝突軽減ブレーキ(CMBS)が搭載されています。
このアコードハイブリッドの衝突軽減ブレーキ(CMBS)とは、その名の通り、自動で衝突回避を支援してくれるブレーキシステムです。

これは、衝突の危険が迫ると自動でブレーキを作動させ、衝突した際の被害を軽減させることを目的とした自動ブレーキシステムです。

私のアコードハイブリッドは、この衝突軽減ブレーキ(CMBS)が衝突の危険が全くない状況下で、頻繁に警報と減速が発生し、時には突然の急ブレーキまで作動してしまうため危険と判断し、ディーラーを通じて改善を求めました。

しかし、メーカーとディーラーには、異常なしと結論付けられました。
ところが、異常なしとされた後も、こうした危険な状況に全く改善がみられなかったため契約解除を申し出たのですが、拒否されたため提訴に踏み切りました。

ブログを通じて届くメッセージの中には、誤解されている方も案外多いので以下を読んでみてください。

最も多く届く誤解メッセージは、
「あくまでもドライバーを補助する装置なのに、機械を過信し過ぎなのでは?」
としたものです。

私の場合は、アコードハイブリッドの衝突軽減ブレーキ(CMBS)が作動すべき状況で、作動しないことを危険としているのではありません。
作動すべきでないところで、頻繁に作動するため危険なのです。

つまり、機械を信じる信じないの問題ではなく、衝突の危険がない状況で、突然警報と同時に急ブレーキが作動するため「危険」を感じています。

恐らく、体験したことのないドライバーには想像できない恐怖だと思います。
青信号の交差点などで突然作動すると、何らかの事故に巻き込まれた感覚となり、自分の車両に何が起こったのか状況を把握するのに数秒必要になります。

私と同じような体験をしているドライバーさんにも協力してもらい、訴状にはそのドライバーさんの証言も添付させてもらいました。もちろん、その証言資料には、実名と捺印がありますのでそのドライバーさんも本気で私を支援してくれています。とても有難い存在です。

道路交通法では、事故を回避するためやむを得ない状況でない限り、急ブレーキは違法とされています。
また、安全運転義務には、ブレーキ装置の適切な使用が義務付けられています。
少なくとも、運行中の私の車両は、こうした法規に、もろに抵触する状況です。

長くなりそうなので、今回はこの辺で終わりにします。

次回は、ホンダの検証は言っていることと、やっていることが全く異なるので、それについて投稿するしますね。

ご意見等、いただけたら幸いです。



--↓↓--情報提供について--↓↓--

当ブログを通じて、「CMBSの危険な作動で悩んでいるのは自分だけではない」と感じてくださる読者さんからのメッセージがとても多いです。是非是非、お一人で悩まずに、ホンダアコードハイブリッドCMBSの誤作動やホンダの対応に関する情報をご提供ください。

情報提供、問合せなどにつきましては、「みんカラ」会員向けメッセージ、または以下のアドレスでも受け付けています。
accord.gosadou@gmail.com

どうぞよろしくお願いいたします。

--↑↑--情報提供について--↑↑--


Posted at 2016/10/18 20:23:05 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月17日 イイね!
みなさん、こんにちは。
アコードハイブリッド衝突軽減ブレーキ(CMBS)の危険な作動についての裁判経過です。

民事裁判なので、殆どが書面でのやり取りになるのですが、ホンダ側の主張に変化はありません。
「衝突軽減ブレーキ(CMBS)は正常に作動している。異常なし。」の繰り返しです。

その主張を要約すると以下のような内容です。

「衝突軽減ブレーキ(CMBS)は、その作動の前後を含め、安全については十分な配慮がなされており、一般の搭乗者が特段の危険や恐怖を感じることはない。」

驚きですね。衝突軽減ブレーキ(CMBS)の誤作動により既に物損事故が起きていて、その危険を解消するためのリコールも行っているにもかかわらず、このような主張をしています。

衝突軽減ブレーキ(CMBS)リコールhttp://www.mlit.go.jp/common/001089467.pdf


ホンダ曰く、何があっても衝突軽減ブレーキ(CMBS)は完璧だそうです。
でも、物損事故やリコールは発生するそうです。


もはや言いたい放題のめちゃくちゃな論理展開です。

「衝突軽減ブレーキ(CMBS)の危険な作動については、発生現場で検証し再現しない限り、誤作動として認定することはできない。このため、誤作動と思われる動画があるのなら提出して欲しい。」

と言われたため、検証に先立ち複数件の動画を提出し場所の説明も行っています。

しかし、検証後に念のため確認したところ、動画の現場では一切検証せずに、数キロ離れた別の場所で検証し、異常なしとしていることが判明しました。

原告側は、この様ないい加減な検証を当初から主張しているのですが、全てスルーです。
これに関しては、未だに一言も説明がありません。

それにしても、1年以上経過しているのに感覚的には1ミリも進んでない状況です。
もう少し、解決に向け企業として、販売したディーラーとして誠意ある対応をお願いしたいものです。
Posted at 2016/10/17 10:32:31 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年08月26日 イイね!
みなさん、こんちちは。

本日発売の「マガジンX 10月号」に、アコードハイブリッド衝突軽減ブレーキ(CMBS)誤作動に伴う所有者とのトラブルに関する記事が載っていたのでご報告します。

なんと、告白してくれているのは某ホンダカーズの社長です!
こちらの社長様は、人柱となってホンダメーカーとユーザーとの間に入り、最後までユーザーの味方をしてくれています。

裁判になっても、未だに訳の分からない説明をしてくる「ホンダカーズ桶川」とは雲泥の差です。

マガジンX オフィシャルサイト
PCサイト:http://mag-x.com/
スマホ対応サイト:https://mag-x.jp/

記事内容は、いくつかあるのでCMBSに関するトラブルの部分のみ紹介します。


【誤作動の車種】
アコードハイブリッド

【誤作動の内容】
見通しの良い直線道路でいきなりブレーキがかかる。

【概要】
某所ホンダカーズにて、アコードハイブリッドの衝突軽減ブレーキ(CMBS)の誤作動に伴い、所有者とのトラブルが発生。
当該ホンダカーズ社長、メーカー担当者、所有者にて3者会談を行ったが、メーカー担当者は「異常とは思わない」と主張。
その場でホンダカーズ社長はメーカー担当者に対し「直線でいきなりブレーキがかかって異常と思わないと言うことこそ異常ではないか」と指摘。
しかし、所有者が帰った後にメーカー担当者は社長に対し「あなたは〇〇だっ!」と言い出す。

【事態の収拾】
ここで、ホンダカーズ社長がユーザーのために行った決断が実に素晴らしいです。
どこのホンダカーズなのかが分かれば、今からでも会いに行きたいくらいです。
ホンダカーズ桶川とは、大違いです。

・「あなたは〇〇だっ!」
・社長さんはどのように事態を収拾したのか
については、是非誌面にてご確認ください。

車情報の媒体でありながら、このような取材をしてくれる「マガジンX」さんに本当に感謝です。


● 衝突軽減ブレーキ(CMBS)の誤作動により、不必要な急ブレーキが突然発生すること。
● 3者会談を行ったが「異常なし」とされたこと。

など、私と全く同じです。

本当に、多くの所有者がアコードハイブリッドの誤作動の現状に危ない思いをし、ホンダメーカーの対応に苦しんでいるようです。

それにしても、ホンダメーカー担当者が、カーズ社長に対して言った言葉「あなたは〇〇だ!」って、有り得ないレベルです。

本当に、どうかしちゃってますねホンダってメーカーは!


今回の号は、その他にもユーザーを客と思っていないとしか考えられないようなホンダの対応記事が盛りだくさんです。

Posted at 2016/08/26 13:40:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年08月25日 イイね!
2016年日本自動車セールス満足度調査(J.D. パワー)

みなさん、こんばんは!

ホンダは、自動車セールス満足度調査で最低評価です!

ホンダアコードハイブリッドの危険な誤作動に伴う裁判は続いておりますが、自動車セールスの満足度調査(2016年日本自動車セールス満足度調査:J.D. パワー)で、ホンダが最低の最下位を獲得したのでご報告いたします。

まあ、危ない車を修理もせずに、異常なしと逆切れするような企業ですから、本来なら最下位どころではないのですが・・・・・・

それを反映してか、その満足度調査の評価は

1 ベスト
2 ベター
3 アベレージ
4 それ以外


の4段階なのですが、ホンダだけが「4 それ以外」の評価です。
他社は全てアベレージ以上の評価です。

つまり、ホンダは平均にも満たないってことです。しかもホンダ一社だけがです。

恐らく、大人の事情があって、「4 それ以外」とした評価になっていますが、要するにホンダのセールス満足度は、他社と比べて最低なだけでなく、平均値にも満たない状態で劣っているとした評価のようです。

私だけが「ホンダの対応は最低最悪!」と感じているのではないことがデータとして明確になったので、ある意味で安心もしました。

是非、こうした評価を参考にして、買って後悔しないメーカー選びをしてください。

ソースは、マガジンXさんのニュースサイトです。
https://mag-x.jp/2016/08/25/674/
Posted at 2016/08/25 20:13:56 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「「ホンダの裏の姿~欠陥隠しの一部始終~」について記されたwebがあります http://cvw.jp/b/2472469/38886918/
何シテル?   11/21 08:03
よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
ファン
85 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ アコードハイブリッド ホンダ アコードハイブリッド
ホンダ アコードハイブリッドは不具合が多いです。特に衝突防止装置が頻繁に作動し、急減速も ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.