• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

4ドアのインテRのブログ一覧

2017年08月10日 イイね!

3年前の8月・・・

3年前の8月・・・梅雨が明けたハズなのに、梅雨のような毎日ですねぇ。

ここ最近は本業の仕事と、
講師業であわただしい毎日を送っておりました。
今年のお盆は休めそうにないな・・・(ToT)

それはさておき、本日のタイトルでございます。
写真は懐かしの仙台ハイランド。

3年前の8月31日、仙台ハイランドでは最後の東北NO.1決定戦が開催されました。
この年は素人負けず嫌い決定戦として、5/11と8/31の2戦のみ開催されましたね。



思い出の多い懐かしいコースですが、この季節になると毎年ハイランドを思い出します。

そして先日、物入整理をしていたら出てきました。この年の車載DVD。もちろん1番機DB8のです。
3年も前の車載映像なんて、イマさら感満載なのですが、せっかく出てきた車載映像ですし。

ハイランドが大好きだった多くの方々も、たまにはハイランドを思い出す・・・ハズだ(笑)

お蔵入りしていたハイランド最後のNO.1ですが、今更ながら1番機はよく走ってくれたなぁ(笑)
この日も途中でメモリーが切れちゃいましたが、ハイランドの8周って長いですよね(^^;)。

それでは、3年の時を越え、2014素人負けず嫌い決定戦最終戦・ラジアル最速NAクラス決勝です。
(DVDからの変換なので、画質の悪さはごカンベンを・・・)


うーん・・・、やっぱり楽しいコースです。出来るコトなら、また走りたいですね・・・。ムリですが(笑)
ちなみに3周目のホームストレート、白煙を上げ離脱していったのは現在の我が戦闘機です。

社長様からの、メンテナンス忠告を軽視していた前オーナーが見事にやらかしました(笑)
その後長い眠りについたEGは、社長様の手で完全復活を果たし、現在に至ります。

思えばこのアクシデントがなければ、今でもEGは自分が乗る事にはならなかったカモ・・・。

EGを見事に復活させて下さった社長様はもちろんのコト、
EGの行く末を考え、快く自分に譲ってくれた前オーナーにも感謝の気持ちで一杯です。

この時は、まさか3年後に自分がこのEGで走っているなんて夢にも思っていませんでしたのでね。
ホントに3年一昔と言ってもイイくらい、時間が経つのは早いものです。



3年でいろんなコトが目まぐるしく変わっていきました。
あれだけハイランドばっかりだったのに、今じゃSUGOの攻略ばっかり考えてます(爆)

ですが、どんなに時代が変わっても確かにソコにあった仙台ハイランド。

記憶は年々薄れて行きますが、アツい映像と思い出はずっと残っています。
自分達が育った難攻不落のサーキット。いつまでも忘れずにいたいものです。


Posted at 2017/08/10 23:10:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年07月17日 イイね!

ガチな8週間

ガチな8週間しばらく放置気味でございました。
毎日アツいですねぇ・・・(汗)

毎年、暑い毎日と一緒にやってくる、ガチな数週間。
今年も8週間後に迫って参りました、2級建築士の設計製図試験です。

本年度のお題はこちらでございます。
相変わらず長いタイトルですな・・・(笑)

要するに、将来可変可能な二世帯住宅を設計しなさいね♪と。

受験に臨めるのは、学科試験を合格した方のみです。
建築の知識がなければ図面は書けませんし、読めませんのでね。

二次試験となる、この実技試験に合格出来れば、晴れて建築士の国家資格者となれるワケです。

で、自分も講師として在籍している資格学校ですが、今年は例年に増してナゼだか大盛況?
例年より、かなり多くの受験者さんを指導するコトになりまして・・・(@o@;)

1シーズンに数十万円もの高い受講料を支払う生徒さん達は、一発合格を目指し真剣そのもの。

そりゃそうです。落ちたらまた来年も同じおカネを使って、同じ苦労をするワケですし、
何よりこんな大金、何年も何回も使ってられません。ローンで入学する方も大勢おりますし。

しかし、そうでもしないと簡単に取得できないのが建築士の資格でありまして・・・。

その生徒さんのほとんどは20代から30代です。
遊びたい盛りに、大金と時間を自分の将来に投資して頑張る姿は、やはり応援したくなります。

過去に自分も通った道であり、努力する若者達に接していると初心を思い出させて貰えます。

もちろんおカネを使わず、独学で合格するツワモノもおりますが、そのような方々のほとんどは、
何年にも渡って不合格の苦渋をさんざん味わっており、ある意味では百戦錬磨の猛者達です。

大金を投下して資格学校に通う最大のメリットは、やはりタイムイズマネーなのです。
それだけにテキトーな指導は出来ませんし、やるからには不合格は味わって欲しくないワケです。

生徒の皆さんともご縁あってのコトですので、今年も一人でも多く合格して頂きましょう(笑)
当然、目指すは全員合格です。でもまあ、世の中そんなに甘くもなく・・・。

資格学校に通っても、ナメてかかってると余程の天才でない限り簡単には合格できません。
でも、真剣に努力した方は、比例して合格の可能性が高まります。まさにガチな真剣勝負です。

去年もちょこっと書きましたが、どことなくコレがレースと似ています。

特に、この試験本番でも、レース本番でも共通するのが、
「練習で出来ないコトは、本番でも出来ない」という事。

これは、いつもお世話になっているショップの社長様から教わった大切な考え方です。
自分は講義の中で、この考え方も生徒さん達に教えています。

実技試験は学科試験と違い、知識を詰め込むだけでは合格できないんですよね。
そのような試験に臨む受験者にとっては、非常に大事な考え方なのであります(笑)

クルマ遊びは基本的に遊びなのですが、そこから学べるコトってたくさんあります。
それがいろんなトコロで応用できたり、教えてあげられるコトもたくさんあるワケです。

さて、予選となる学科試験を通過してきた選ばれし者達の決勝スタートは、
8週間後の9月10日(日)11:00。チェッカーは16:00です。

5時間の耐久レース風味ですが、当然一人で走り切らないとダメです。
アタマだけでなく、結構体力も使います(^^;)

全員が課題図面完成を目指し、最後まであきらめず完走して欲しいものです。
合否の結果は、アトから着いてきますので。

でも、まずは毎週休まず出席して、宿題提出してくれないとダメですケドね(笑)

それにしても、今年の担当人数はちょっと多すぎだぞ・・・。
8月のサーキットゲーム、やっぱりちょっとキビしいカモ・・・(ToT;)
Posted at 2017/07/18 00:41:34 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月18日 イイね!

梅雨が来る前に・・・

梅雨が来る前に・・・本格的な梅雨まであと僅かでございます。

雨ばっかり降る毎日がやってくる前に、
ずっと裏方に徹していた1番機のお掃除を(笑)

いつも思うのですが、このアングルだと
ガラスの反射でどうしても写らないコンビ・・・。


なので、キレイにしたついでに写しとけ、と(笑)

まあ、あまり目立たないのがこのSR-7のいいトコではありますが。

レカロのSR-7にはKK100とSK(GK)100ってのがありまして、KKは全体がカムイ生地、
SK(GK)は一部メッシュ?生地になっております。最初は知りませんでしたケド(汗)

で更に、このKKとSKシリーズでRECAROのロゴ刺繍の色が違うんですよ。
KKはホワイト、SKはシルバーの刺繍糸が使用されているのです。

何の差別化なのか分かりませんが、芸が細かいぞ(笑)

使ってる方は周知の事実ですが、自分は某オクでポチるまで知りませんでした(^^;)
ちなみに1番機のDB8、街乗り仕様のシートはSK100のコンビでございます。

モノは試しで、こどもの日にクルマ遊びに行ったリンクサーキットではこのシートで走りましたが、
やはり所詮はセミバケ。ホールド性はSP-Gの足元にも及びません・・・(当たり前だろ)。

ですが、DB8にこのシートを装着してからは、気持ち年式が新しくなったような気が(笑)
気分だけは2005年式くらい(爆)

でもまあ、シートも含めて室内や内窓もキレイになると、
古いクルマを大事に乗る大義が果たされる気がします。

古い年式のクルマを汚れた状態で乗り続けるのは、単にみすぼらしいだけですので(泣)

特に昭和の車に乗っている方々、見事なまでにぴっかピカの旧車が多いですよね。
平成一桁も、目指すのはアレだな。もうすぐ平成も終わりそうだし・・・。

ココ最近は3番機、CU2アコードのおかげで業務発進の機会は激減したDB8ですが、


お天気と道路事情の良いトコ限定で、今でもたまに業務発進します(笑)

イマまで酷使してきましたのでね、しばらく過保護でもイイかなと。

それでもやっぱり、インテRはサーキットのほうがお似合いだな・・・。


今年も戦闘機が草レースの中心ではありますが、
秋のシーズンには、1番機も激しく全開で走らせてやりたいものです。

今年こそ、ラジアル100秒台を!
(まだ言うか・・・笑)
Posted at 2017/06/18 23:11:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年06月10日 イイね!

今朝の東名高速事故の件

既にニュースでご存知の方も多いことでしょう。

自分は夕方、何気にネットニュースで知りましたが、
大変に衝撃的な事故だと思います・・・。

同時にいろんなコトを考えさせられました。

自分も仕事柄、よく高速道路を走りますので・・・。
本日も、朝から南三陸町へ三陸道を走って行って参りました。

事故の詳細はあちこちのニュースで流れておりますので割愛致しますが、愛知県内の東名高速
下り車線を走行中のコンパクトカーが中央分離帯をジャンプして対向車線走行中のバスに激突。

この事故で、コンパクトカーを運転していた60代の男性がお亡くなりになりました。
バスの運転手、乗客は40人以上の重軽傷者を出しながらも、奇跡的に命に別状はないとのコト。

バス側に死亡者が出なかったのは、不幸中の幸いかも知れませんが、本当に間一髪です。
ネットニュースには、バスのドラレコによる衝突時の記録映像も紹介されておりました。

なんというか、本当に痛ましい事故であります。
そして、ニュースや動画のコメント欄に投稿された数多くのコメントをみて気分が悪くなりました。

そのほとんどが、コンパクトカーを運転してお亡くなりになった男性への誹謗中傷や、
ナゼ対向車線側の乗用車が飛んでくるのか分からない、理解できない、スピード出し過ぎ・・・等々。

中にはザマぁみろ等の心無いコメントもあり、まともなコメントはほとんど見受けられませんでした。

クルマを運転する行為は、まぎれもなくドライビングなんですよね。
スピードの程度は関係なく、クルマが動き出した時点からドライビングには危険が伴うワケです。

それは一般公道であってもサーキットであっても同様であり、
重量1tを超える物体が、物理の法則にのみ従って動いているワケです。

そして、結果には必ず原因があるワケです。

数多くのコメントを投稿していた人々は「何キロ出してたんだよ」、「飛ばすからだ」、「ヘタクソ」、
等々、それはもう罵詈雑言を雨あられの如く浴びせかけております・・・。

確かに中央分離帯を飛び越えて、空中を飛んでくるのは尋常ではありません。

既に乗用車の運転手がお亡くなりなので真相は分かりませんが、
ニュースの現場映像を見た限りでは、単なるスピードの出し過ぎだけではないと思われるのです。

コンパクトカー側から見た現場は、右に緩いRのついた、PAの合流車線を過ぎた片側2車線。
それでも、恐らく110~120km/h以上、もしかしたらそれ以上の速度が出ていたのかも・・・。

高速道路の緩い右のRは、長い旋回時間ゆえに車両左側に横の加重が溜まってきますよね。
中央分離帯には対向車線側との約700~800mm程の高低差を処理する法面(傾斜)があります。

さらに法面と本線舗装部分の境界線上には、断面が台形の縁石が地先ブロック式に施工され、
まさにジャンプ台になるような断面の中央分離帯になっています。(ストリートビューで見れます)

ココに運悪くジャンプする速度と角度で乗り上げた結果、中央分離帯を飛び越して対向車線側にジャンプ、ソコに運悪くバスが追い越し車線側を走ってきた形になって起きた事故と推察致しました。

運悪くジャンプする速度と角度になった原因は、緩い右のRが続く道を走行中のコンパクトカーが、
左側に荷重を溜め続けた状態での、前方の大型車両を追い抜くための車線変更ではないかなと。

事故直前のバスのドラレコには、
コンパクトカーが飛んでくる直前に、対向車線を走り去る大型車が確認できます。

要するに、高速度域でのコンパクトカーのイン巻きなのでしょう・・・。ホイールベース短いし・・・。
もしかすると、追越車線への車線変更のタイミングでアクセルをOFFった可能性もあるかなと。

左側に横荷重が溜まった状態で、さらに右に舵を増してアクセルをOFFったら・・・、
ホイールベースの短いFFは特にですが、タックインからのスピン挙動が簡単に誘発されます。

カウンターを当てる間もなく、ノーズを中央分離帯に向けて激突。その分離帯の断面形状が運悪くジャンプ台のような断面形状だった。さらに飛び越えた対向地点をバスが走行中だった・・・、と。

また事故を起こしたコンパクトカーは代車だったらしく、男性は普段FFに乗っていない可能性もあり、タックインという概念自体を知らなかった可能性も否めません。あくまで憶測ですケド・・・。

ニュース映像を見ると、大破した事故車両も映っておりますが、
純正の鉄チンホイールにエコタイヤのような感じです。

車両やタイヤの状態はよく分かりませんケド、間違いない点は普段この方が乗っていないクルマ。
普段乗っていないクルマで、その車両状態を十分に把握して走行していない状況は想像できます。

グリップレベルの低い、年式の古い劣化したタイヤだったのかも知れません。
足回りもヘタリのある代車だったのかも知れません。それは誰にも分かりません・・・。

ただ一つ言いたいコトは、クルマを知らない人ほど、クルマとドライビングをバカにするな、と。
これはかつてビデオの中で、ガンさんこと黒澤元治氏が語っていた名言です。

今回の事故の被害者は、紛れもなくバスに乗っていた皆さんです。
加害者はお亡くなりになった男性というコトになりますが、彼も故意にやったワケではないでしょう。

死者に鞭打つコメントの数々に、ネット社会のコワさをも感じます。
死人に口無しの諺通り、謝罪も釈明も出来ない男性には、ドコか同情してしまう部分もあります。

逆に、スピードの出し過ぎガーとか、飛ばし過ぎガーとか、心無いコメントを投稿する烏合の衆。
あの方々は、クルマやドライビングの本当の恐ろしさを知っているのでしょうか・・・。

クルマなんて条件が整えば、簡単に空中を舞いもするし、簡単に横転もするんですケドね。
ふざけたコメントを投稿する人達一人一人に聞いてみたいものです。

アナタ方は、法定速度を超えて走行してしまった事は、一度もないのですか・・・?
アナタ方のクルマは、十分にメンテナンスされ、車両の状態を十分に把握して乗ってますか・・・?

その辺のトコ、どうなんでしょうかねぇ・・・。
確かに、公道でのスピード出し過ぎは当然ながら危険です。

ですが今朝のような事故は、バカみたいなスピードでなくても起こり得る事故のように思えます。
それは、たまたま運悪く偶然が重なって起きた事故だと思うからです。

そもそも事故とは、そのような性質のものかとも思いますが。

ともあれ、クルマがジャンプする原因すら分析、理解できないような輩が、
クルマの運転やスピードの出し過ぎだけを強調して面白半分にいい加減なコトを書くのはどうかと。

そういった観点からも、日本は自動車の生産大国でありながら、自動車後進国と言われるんだなと。

ドライビングを人生最大の歓びの一つに・・・云々と、かつてのインテRのカタログにありました。
ドライビングは奥深く楽しいものですが、同時に危険も伴う大変恐ろしいものでもあります。

自分がこよなく愛するサーキットでのドライビングと公道での自動車運転は似て非なるものですが、
冒頭にも書いた通り危険が伴う点だけは、永久に共通事項なワケです。

場合によっては、むしろ公道こそ遥かに多くの危険が存在し、サーキットでの限界走行の経験が、
公道での危険回避に役立ったコトや、命拾いしたなんて体験をしている方もいるかも知れません。

逆説的に、セーフティーゾーンのない公道だからこそ、
サーキットで行うような走り方をすべきではない事も、サーキットを走ることによって学べるワケです。

本日のブログは、内容が内容だけにテキストのみでございます。

あらためてお亡くなりになった男性のご冥福と、
バスの乗員乗客皆様の一日も早いご回復をお祈り致します。

世の中にクルマが存在する以上、事故がなくなるコトはないかも知れません。

しかしながら、今日のような事故をきっかけに、ナゼ事故が起きるのか。
ナゼそうなるのか、そうならないためにはどうするのか。

スピードを出さない一点張りでは事故は防げないですし、また回避する事も難しいと思います。
今回のバスに至っては、どれほど安全に走行していても回避は難しいとは思いますが・・・。

運転免許を保持する国民全員が、“本来の安全運転≒ドライビングの本質”と考えれば、
それは結果的に護身の技であり、他人を守る術でもあると気付けると思うのですが。


ニュースへの投稿コメントを見る限りでは、それにはまだまだ長い年月が掛かりそうです・・・。
Posted at 2017/06/11 00:49:29 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月20日 イイね!

2017SUGOサーキットゲーム2nd

2017SUGOサーキットゲーム2nd5月17日水曜日、快晴のSUGO。
サーキットゲームの第2戦に参加して参りました。

戦闘機では今年3度目の草レースです。
隣のPITには、EKで2度目の走行になる友人のしゅうさん。

今回も、ラジアルRE71RでMAX-NAクラスに参加です(^^)

さて、9:35からのフリー走行1回目です。

しゅうさんEK号と連なってPITロードへ。
なんだかEK号は中古の販売車両みたいになってますが、決して販売車両ではありません(爆)

先月の東北NO.1決定戦から約1ヶ月ぶりの走行ですので、感覚を思い出しながら9LAP。
今回もNAクラスは大盛況でしたが、それでもクリアラップが2~3周位は取れました(^^)

とりあえずタイムチェックの走行枠ですが、7周目に1’37.757が出ました。
ベストのコンマ3秒落ちなので、続く8週目、37秒台前半を狙ってもう一周連続アタック。

そのアタック中に馬の背のポストから出された黄旗をナゼか赤旗と見間違えてしまい、
ココでアタック終了・・・(汗)。ちょっと勿体無いラップでした・・・。

気を取り直して2時間後、予選のフリー走行が始りました。今度は先頭でコースインします(笑)

しゅうさんもフリー走行1本目でサクッと100秒を切って参りました(^^)b。

2本目はお互い更にタイムアップと行きたいトコです。でも、結構暑くなってきましたよ(汗)


そんな予選動画です。今回は試験的に86氏からの借物ニューカメラを装着。かなりキレイです!

hiro@ae86氏、今回も写真やら車載カメラやら有難うございました(^^)

でタイムですが、路面温度も上がり、他の参加者さんも含め全体的に1本目より落ちています。
EGも若干タイムが落ち、1’37.933と1’37.940・・・。うーん、やっぱりダメか・・・(笑)

今日はこれ以上のタイムはムリっぽいので切り上げました。

とココでどうやらフロントタイヤがボーズになっているのに気付き、
急遽予備で持ってきていた旧年式のRE71Rに交換です。決勝は若干ペース落ちるかな・・・。

でも、ホイールはコッチのTE37ブロンズのほうがカッコいいな(笑)


そんなワケで、10LAPファイナルは予備タイヤで走るコトになりました。
次のニュータイヤ投入は、秋のお楽しみですね。残念ながら、36秒台は秋までお預けです。

ちなみに予選の結果はポールでしたが、自分、何気に人生初ポールだったのです(笑)

さて、午後からの10LAPファイナルです。
グリッドは前回のポールと2位が入れ替わり、オレンジ86のSさんが2位につけました。

すぐ後ろの3位にはBMWのM3。ストレートで抜かれると厄介なコトになりそうですよ。

それでは、10LAPファイナルのスタートです。今回は絡みがないので退屈な動画かも・・・(汗)


なんとか後続の皆さんから逃げ切りまして、無事トップチェッカーを頂きました。
コレも初めてですが、何気にポールtoウィンてやつでした(^^)v

今回も社長様と86氏には朝からサポートして頂き、いつもながらに大変有難うございました。
そして、しゅうさんも慣れないEKでの完走、お疲れ様でした。お互い、これからも精進しましょう(^^)

さて、今年前半の走行予定はひとまずこれにて一休みです。
来月はもう梅雨に入りますし、7月からは走りとは異なる分野でのガチな2ヶ月に入ります(笑)

戦闘機での挑戦はまた秋からになりますが、前半の走りをよく分析したいトコです。
次回の参戦まで仕事も試験も頑張って、また新たな気持ちで秋のシーズンを迎えたいと思います。

そして、秋の東北NO.1ではナンとか・・・。うーん、ナンとか出来るレベルになればなぁ・・・。
まあ、やはり目標は高くイキたいトコですよね(笑)

今後も頑張ります(^^;)
Posted at 2017/05/20 22:34:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「@しゅう racing_frontman さん 確かにドンピシャなコピーではあります(笑)」
何シテル?   07/27 00:58
4ドアのインテRです。生来、日記の類は苦手な性分ですが、少しづつ書いていきます。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お友達

基本的に、お会いしたことのある方でお願い致します。
お会いしたことのない方も以下の方はお気軽にどうぞ。
①サーキット本気組の方
②DB8・DC2乗りの方
③建築士の方(笑)又は目指している方
大変申し訳ありませんが、コメントのやりとりナシでのお友達申請はご遠慮頂きますようお願い致します。
12 人のお友達がいます
ドリグリN2ドリグリN2 けい@K.D.NstyleDC5けい@K.D.NstyleDC5
まさ親方まさ親方 しゅう racing_frontmanしゅう racing_frontman
szoopy@G.D.Rszoopy@G.D.R miura#54miura#54

ファン

7 人のファンがいます

愛車一覧

ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
1番機、平成9年式のDB8・96SPECです。 20代後半に所有してから十数年経過しまし ...
ホンダ シビック ホンダ シビック
戦闘機、EGシビックです。 自分の望む全てを兼ね備えたレース専用車。 タイムアタックマ ...
ホンダ アコード ホンダ アコード
2番機、平成14年式のファミリーカー、CF4アコードです。 その当時の限定車ですが、現在 ...
ホンダ アコード ホンダ アコード
3番機、業務専用車のCU2アコードです。 仕事用に平成28年10月に購入。 平成21年 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.