車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月25日 イイね!
Showa Landscape - 国鉄特急電車編YM-66のアルバムからの『昭和の風景』も第4弾の国鉄時代の特急電車編でそろそろネタ切れか?

今更ながらお断りしますが、ドレもコレも東日本、それも新潟、長野に偏っているのは御容赦願いたい。

なにせ中高生の私の行動範囲はチャリンコや原チャリで行ける程度でして(笑)

この頃は旧型(ボンネット型)と新型、ヘッドマークも文字だけと絵入りのモノとが混在していた時代でした。

先ずは新潟を代表する特急列車『とき』



うろ覚えであるが直流の『181系』だったかなぁ?なんて。

そして『とき』は後に新幹線に格上げされました。

次に…





直流『181系』の『とき』と交直流『485系』の『雷鳥』の新旧ツーショット。

新潟~秋田間を走る『485系』の『いなほ』



米どころの新潟~山形~秋田を走ることから『いなほ』(稲穂)と名付けたとか…

現在はこんな電車になってます。



昭和の写真と比べると、まるで未来ですなぁ(笑)

そして新潟~金沢間を走った『485系』の『北越』



ある日の新潟駅で見掛けた面白ショット。

『北越』が入線してきました。…



何やら作業員さんが構えてます。



さっさとヘッドマーク外して…



『雷鳥』に変身!

『特急あるある』の話なんでしょうが、子供の頃の私にとって『えっ!?』の一瞬でした(笑)

パチンパチンとフックで留めて。
『TAKIGEN』かな?(笑)

あと、大阪~青森間を走った『白鳥』



一度、食堂車に乗ってみたくて中1の私は新潟~長岡間を1人で乗って帰ってきた事がありました。

食堂車に入ってドキドキしながら紅茶を1杯飲んで(笑)

今でもその時の日本食堂のグラニュー糖の袋なんかとってあります(爆)

次に長野で撮った特急電車。

一時住んでいた長野市郊外の『三才駅』



今では『三才児』の名所みたいですね。



住んでいた当時の私の年齢は『十三才』でした(笑)

そんな小さな駅にも単線ならではの『行き違い(列車交換)』がありまして、時々こんなシーンが見れました。



普通しか停らない小さな駅に特急が居るってのは新鮮でした…

コレって『189系』だったかなぁ…?サッパリ思い出されません(笑)

コレは『489系』…?の『白山』



上野~(長野経由)金沢間を走っていた。かな?

そして『あさま』



上野~長野間でした。

新潟の直江津まで来てたっけかな?

長野と言えば、山間をスムーズに走る為の『振り子電車』と言う変わった電車『381系』の特急『しなの』が居ました。



名古屋~長野間を走っていました。

数回乗りましたがカーブになるとバンクの角度に合わせるかのように車体が傾くんですよね。バイクみたいに。

乗り物酔いする方には向かないのかな?

そして最後、番外編として旧新潟鐵工所で造られたディーゼルエンジンで走る『気動車』



新車の『キハ183系』



北海道で特急『おおぞら』とかに使われた車両みたいです。

そんなこんなで私のアルバムからの写真で『昭和の風景』をご覧頂きありがとうございました。

また『昭和の思い出』が出てきたらご紹介します。

いつもながら駄文長文失礼致しました!
Posted at 2017/02/25 15:42:35 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月21日 イイね!
Showa Landscape - 国鉄ディーゼル機関車&客車編昨年だか一昨年にコンビニで見つけたオマケ。



こういうの付いてると衝動買いしてしまう悪い癖…

結局やり場が無くてそのまま放置。

今回のアルバムからの蔵出しは国鉄時代のディーゼル機関車や客車+αかな。

中1の頃に鉄道写真と共にハマったNゲージ。

変なリアリティを求めて『架線も無いのに電気機関車や電車はなぁ…』ってことで、持っていたのはSLの『C62』と…



特急つばめの展望車『マイテ49』が好きで集めたつばめ編成。



中1の私にとってNゲージは高価なオモチャ。

SLはコノC62とスハ44のつばめ編成7両。

国内最大級のSLの次に買ったのが当時国内最大級のディーゼル機関車だった『DD51』でした。



コイツに牽かせたのは貨車だったかなぁ…

実物見た時は『でっけぇ!』の一言でした。

V型12気筒インタークーラーターボのディーゼルエンジンを前後に2基載せる巨体。

一番身近で近所の引き込み線にもいつも走ってたのが『DD13』



写真は『DD13』ベースに除雪用にした改良した『DD15』

最近までやってた『ポケモンGO』

アレってウォーキングする時に励みになったんですよね。

最近はどうした事かウォーキングよりジョギングするようになってきてポケモンGOどころじゃなくなってやめました(笑)

で、『DD13』に似たようなヤツが居たんですわ。

名前は忘れましたが…



このキャラクター見た時、昔何処かで見たような?

なんて思ったらコノ機関車でした(笑)

あくまでも私のイメージの世界ですけどね。

そして4軸のディーゼル機関車の『DD』に対して5軸の『DE10』



DD13やDD51の凸型ではなく左右非対称のカタチ。

エンジンはDD51のエンジンの1基積み。だったかな?

次に客車の写真。

何故か好きな『20系』客車



ホントは最後尾のコレが撮りたかったけど、なかなか縁が無くて撮れず終いでした。



なんかコノ感じが好きなのかな?



今更ですがコレって『エアストリーム トレーラー』って言うんですねぇ。

カッコイイなぁ…

そしてブルートレインと言えば『24系』



コレは大阪~新潟間を走っていた『寝台特急つるぎ』

そして写真は恐らく青地に白ラインからステンレスラインに変わった『24系25型』かな。

最後尾の電源車です。

そして『14系』を改造したのかなぁ?

『お座敷列車』



マークの背景には佐渡ヶ島の絵が…

最後に番外編で鉄人28号(古っ!)みたいな昭和のロボット風のコレ(笑)



『キ100』という名の除雪車

機関車に押されて雪を跳ね除け除雪するタイプの旧い除雪車。

調べたら昭和3年から昭和31年にかけて製造されたとか…

コレは長野の篠ノ井で撮ったんだっけなぁ。

私的には何気に後ろに写っている茶色い客車も気になりますが…

ここまで昭和のトラックから始まり『YM-66車駄話』番外編として昭和の国鉄を振り返って来ましたが、最後は国鉄時代の特急列車で締めくくりたいと思います。
Posted at 2017/02/21 09:07:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月19日 イイね!
Showa Landscape - 国鉄電気機関車編やっとお目に掛かれました…『KOIKEYA PRIDE POTATO』…

なんだか『魅惑の炙り和牛』味が一時生産中止とか?

世の中何が当たるやら分かりません(笑)

ところで『昭和の風景』の続編として今回は国鉄時代の機関車。

私のアルバムから、それも電気機関車に絞ってお届けします。

全て昭和56年(1981年)頃かと思います。

幼い頃からクルマ好きの私が中1の頃に汽車やNゲージに興味を持った時期がありまして、その頃に撮り回ってた写真から数枚アップしてみます。

先ずは…



鉄道好きな方なら御存知かと思いますが『EF15』から…

昭和61年(1986年)に引退したとか…

って事は、この写真を撮ってから5年後には引退した訳ねぇ…

で、次が『EF58』





見た感じ全く異なる『EF15』と『EF58』

実は兄弟車両なのだとか…

わかり易く言えばセリカとカレン?

次は一時期長野に住んでた頃に撮った長野ならではの機関車。



長野と群馬の県境『碓氷峠』の急勾配を登る為の電気機関車『EF62』

それもたまたま2重連で停まってたところを撮れたんで当時も喜んでたような覚えが微かにありますねぇ。

そして…



急勾配用の『EF62』と中勾配用の『EF64』のツーショット。

鉄道に興味が無い方には何がどう萌えるのかサッパリかと存じますが(笑)

そしてその後、新潟で撮影したおろしたての『EF64 1000番台』



コレは先ほどの『EF64』の改良型になります。



やっぱ何でも新しいモノはイイもんですなぁ。

時にはこんな天候でも撮りに行ったもんです(爆)



画像検索してみたら最初の『EF64 1024』は…



そして2番目の『EF64 1026』は…



昭和56年(1981年)に新車だった2台の電気機関車が35年以上経った今、カラーリングこそ変わったものの現役で違う土地で頑張っているとは…何か人生にも似たような思いがします。

そして東海道本線やブルートレインなんかではお馴染みでも新潟ではあまり見た覚えがない『EF65』



でもコレは重連する為の貫通扉がついた『EF65 1000番台』

上越線用に持って来たのかなぁ?

そして数々の昭和の電気機関車が引退し姿を消す中、今でもなんとか現役で頑張っているのが交直流式で長距離もこなす『EF81』



コノ電気機関車は交直流式という事もありでオールラウンダー。

貨車も引っ張れば寝台特急も引く。

カラーリング変えて『トワイライトエクスプレス』を引いていたのもコノ型の機関車。

JRになって久しいですが私にはあまりにデザインもカタチも多種多様になった現在の車両は馴染めませんなぁ…

オッサンの頭には国鉄車両がシックリきますわ(笑)

次回も『鉄道駄話』かな?

あっ!そうそう。

何気に写真見てて思いましたが昔は大らかな時代だったのか車両基地と言うか引き込み線と言うかそんなところでヘルメット姿のおじさんに『スミマセン!写真撮らせて下さい!』なんて言って子供の私は写真撮らせてもらいましたが今ならアウトだろうなぁ…なんて。
Posted at 2017/02/19 22:13:02 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月15日 イイね!
Showa Landscape - トラック編

日付けを見れば89年10月

昭和64年から平成元年へと変わった年…

古いアルバム見てたら出てきた写真。

中には懐かしい昭和の魚屋さんのトラックも数枚。

昔昔取り上げた事もありましたが再度アップします。

写真は私が高1の頃に原チャリ乗って昼夜問わずトラックを見に行った魚市場。



夜9時を過ぎる頃からトラックが集まって来る。

派手なトラックは主に北陸地方からが多かった。



0時を過ぎる辺りからピークになり…



午前3時近くには新潟ではお目に掛かれない様な架装のトラックも。



昼間は魚市場近くの冷蔵庫に北海道からのトラックも。



なにせ古~いバカチョンカメラしかない16歳の私の私、写真の出来は御容赦願いたい(笑)

そして自暴自棄になり掛けた私の人生を方向づけた『師匠』との出逢いがあったのもこの頃。



そして番外編のダンプ(笑)



国道49号線を走るこのブラックマスクは当時としてはシンプル且つ斬新な飾りつけのダンプでした。

そして昨日コンビニで見つけた一冊。



『第2弾出たのね?』ってな感じで衝動買い。



『TRUCKS』だの昭和のデコトラ特集的なヤツ何冊買ってんだろ

やはり今回は先日亡くなった『湘南の歌麿』さんの追悼記事が多数載ってました。





そう言や昔『トラックグランプリ』だか『ダンプカーグランプリ』だかやってたね(笑)

段々と昭和のデコトラ創生期時代の方々が亡くなられてます…

寂しい事です。

風前の灯になり掛けたデコトラ文化を活性化させ今尚牽引し続けている全国歌麿会 田島会長にはもっともっと頑張って貰いたいと願うばかりです。



それでは次は昭和の『国鉄編』行きましょうか…
Posted at 2017/02/16 01:26:40 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月06日 イイね!
Revival - 昔を懐かしむ心とは…先日、30カロバン乗りのT氏が数枚の写真を送ってきました。

表題のコノ写真もその1枚。

115系かな?

『旧新潟色』復活の1枚。

昔、国鉄時代に真っ白な雪の上でも映えるようにとコノ色彩にしたとか…

現在の『新潟色』と呼ばれるものは全く違う色彩になってますが…

そしてもう1枚。



手前が現行型の新潟交通のバス。

屋根が紅くなってから久しいです。

昔、私が学生だった頃は…



シルバーに濃紺のラインのシンプルなデザイン。

地元新潟市では通称『銀バス』と呼んでいました。

いつからか…私が結婚した頃か?ステップ乗ってた頃?

日本海の夕日をイメージしたとかどうとかで紅い屋根に塗り替えられたんです。

新潟交通の迷走はこの頃から始まったんですなぁ。

で、今でも賛否両論と言うより『否』の方が多いくらいの『連接バス』投入。



太平洋側ならまだしも雪国新潟では…

利用者数が激減した今、小型バスの増便で高齢者に利用しやすいダイヤにするなら分かるが大型化してどうする?

で、本題は現行型の奥に居るオレンジと深緑のバス。

コレは昔、新潟交通が走らせていた路面電車のカラーリング。



このデザインから通称『カボチャ電車』と呼ばれていました。

最後の運行の頃に子供達連れて乗った覚えがあります。

私は東新潟、コレは西新潟で乗る機会は無かったですけどね。

で、先日遊びに行った富山。

アノ街は素晴らしい!

旧き善き交通機関を守りつつ進化させている。



今でも路面電車は市民の足となり…



その軌道を活かし車両を進化させ富山市街の足だけでなくシンボルマークにまでなった。

それに引き換え旧いモノを捨て新しいモノばかり追う無策故の愚行…

カラーリングだけ変えてノスタルジーに浸る企業や市政。

『柳都新潟』なんて必死にアピールしているが柳の木も無けりゃ街を流れた堀も無い…

私にゃ何がやりたいやらサッパリ分かりまへん!

『進化』と言えば…ビジホ(笑)

富山旅行で泊まったのもビジホ。



これで何度目だろ?ココ(笑)



ドーミーインを利用した方なら分かって貰えると思いますが、とにかくビジホ侮るべからずですな。

正直イマイチかなぁ…なんてドーミーインもありましたよ。

今のところのベスト3は富山、秋田、新潟です。

朝食バイキングも地方の名物料理を取り入れたりしてます。



話は変わって、私は80年代後半に義兄から教えてもらってから聴き続けているアーティストが居ます。

恐らく『永ちゃん』以上に聴いている(笑)

ソレは『角松敏生』であります。

『ファンです!』なんておこがましくて言えませんけど、とにかく大好きなアーティストで聴いている。

東京FM 毎週土曜日21:00~の『ODAKYU SOUND EXPRESS』も毎週必ず聴いている。

で、この度’87リリースのインストゥルメンタルアルバム『SEA IS A LADY』を30年振りにリニューアルして今春リリースすると言う。



それに伴い全国15ヶ所のツアーもする。

思い起こせばカミさんと初めて行ったコンサートも角松敏生の2ndインストゥルメンタルアルバムの『LEGACY OF YOU』のツアーだった。

是が非でも行かない訳にはいかない!

早速、一般発売前にチケットゲット。



1階7列目…充分である。

お次はエッセネタ。

真冬に昼夜問わず露天駐車の私のエッセ。

私も軽度の白内障だがエッセ君も紫外線やら何やらで目が真っ黄色…

来月車検だし11年目だし思い切って新品のヘッドライトに交換か?

ダイハツ部品センターに聞いたら『バルブ無しで左右で税込み¥53000くらいになりますかねぇ…』との事。

ムリムリ(笑)

セッセと磨きましたわ(爆)



あと、最近特に1速が入りにくくなったミッション。

どうやらそういうクルマみたいですね。

エッセのマニュアル乗りの方なら賛同して頂けるかな?

マニュアルと言えば…



ステップバンからの相棒のMOONEYESウッドシフトノブ。

クリアーも薄れて生木の触感(笑)

春になったらやる事いっぱいら!

今回は少し過積載だった車駄話、駄文長文失礼致しました。
Posted at 2017/02/06 09:29:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
機械オンチのオッサンが難しい事は工業高校時代の仲間任せでやってます!(笑) 他車と被らないKustom… 気ままに自由にノンビリと…With MOON...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
ファン
15 人のファンがいます
愛車一覧
ダイハツ エッセ Ye66ow MOON (ダイハツ エッセ)
エッセ初期型のポリバケツ色の『シーブルー』に少~し青を混ぜた白いレーシングストライプが目 ...
ホンダ ステップバン ホンダ ステップバン
私が20~21歳くらいの頃か… MOONEYESとの出会い…って言うかTシャツ『IN』し ...
三菱 ミラージュ 三菱 ミラージュ
免許取って初めて買った愛車。 横浜ナンバー付いて¥43万だったかなぁ… 当時、信販会社の ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.