車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年12月03日 イイね!
香椎宮❗️福岡市東区❗️福岡市東区にある「香椎宮」に参拝させて頂きました。




此処は、神功皇后が夫仲哀天皇の御神霊を熊襲征討時の行宮、橿日宮(かしひのみや)の地に祀ったことが起源とされ、神功皇后の新羅征討の議をなした所としても有名であり、神功皇后の御神霊は御自身の御神託によって聖武天皇724年(神亀元年)に香椎廟(びょう)として祀られた所でもあるとの事です。また社殿は香椎造といわれ、現在の本殿は、1801年(享和元年)福岡藩主黒田長順(ながより)が造替したもので、国の重要文化財にも指定されています。





鳥居をくぐり歩を進めていくと楼門が見えてきます。





~香椎宮HP 巫女日誌 開運スポットのご紹介〜 によると・・・
① まずは狛犬に触れます・・口が閉じている吽形(うんぎょう)の方の狛犬に触れます。『運が開ける』ようにと言う意味からです。
②次に手水舎の横の石畳から楼門を覗きます。すると、楼門の門のなかに石段の下にある鳥居が見えます。すると【開】と言う字になります。




此の楼門を潜ると空気感が大きく変わります。





今まで多くの御神木に「聖」を感じてきましたが、此方の「綾杉」には他とは異なるモノを感じました。
由緒によると、神功皇后が三韓征伐から帰国した際に三種の宝を埋め、「永遠に本朝を鎮護すべし」と誓いをたて、鎧の袖の杉枝をその上に挿したものが現在の大木となったとされ、普通の杉と葉の形状が異なり、綾状になっていることからこの名が付いたとの事でした。

御本殿へとつづく楼門です。此処の前に立つと、一層の空気感の違いを感じます。「龍の通り道」で、もの凄い気が御本殿に向かって流れているとの事です。

そう言われると先ほど撮った写真の中に・・

「龍神さま」が写ってくれているのではと思える写真が・・・。
----------




拝殿に立つと、言葉では言い表す事の出来ない「心安らぐ不思議な想い」が溢れ出す様な・・・。

奏楽殿です。


本殿左手にある大臣武内宿祢命(おおおみたけうちのすくねのみこと)を祀る摂社の武内神社です。


本殿右手にある中臣烏賊津大連(なかとみのいかつおおむらじ)を祀る摂社の巻尾神社です。






此処に来るまでに、多くの「気」を感じ驚きさえ覚えていましたが、更に感情を揺さぶる「気」が・・・




由緒によると、仲哀天皇が熊襲平定のために当地へ下向された時の行宮「橿日宮」の地、また仲哀天王の御神霊を祀った廟が建てられていた当宮起源の地との事で、現在社殿はなく、そのため古宮と呼ばれているとの事でした。


古宮跡を後にして・・・。









不老水を頂ける場所です。
此処は、「日本の名水百選」に選ばれた御神水との事です。
不老水と言われるのは、神宮皇后に仕えた武内宿袮(たけのうちのすくね)がこの水で炊飯や神前に供える酒を作り、300歳余りまで長生きしたと伝えられるためとの事です。

他にも


稲荷神社です。

鶏石神社です。


亀の池です。

武内宿禰の像です。

早辻神社です。

勅使館です。





弁財天社にもお伺いしました。


御朱印を頂き、清々しい想いで帰路に着きました。
Posted at 2016/12/04 06:43:38 | コメント(2) | トラックバック(0)
2016年11月26日 イイね!
光の王国 in ハウステンボス❗️長崎県佐世保市❗️全国イルミネーションランキング第1位❗️世界最大1300万球の光に彩られたハウステンボスの『光の王国』へ行って来ました。







本物の火を噴く全長13m高さ6.5mの『光のドラゴンロボット』






高さ66mから流れ落ちるダイナミックな『光の滝』



頭上にたくさんの傘が飾られた『光のアンブレラ』






船が通ると始まる光と音楽と噴水のショーが楽しめる『光と噴水の運河』



水上ショーとパレードをダブルで楽しめる『光のパレード』





広大なガーデン一面に広がるブルーのイルミネーションが楽しめる『光のアートガーデン』




動きに合わせて光の映像が変わる『リンクファンタジア』




イルミネーションに彩られた『光の動物園』





きらめく風車と虹色の花畑を楽しめる『レインボーフラワーガーデン』


光の海へ飛び込む事が出来る『光のバンジージャンプ』


ロマンチックな『光の観覧車』





イルミネーションが非日常の空間に誘ってくれた1日となりました。

https://youtu.be/rH7rIuyqH1k
https://youtu.be/TSRAeidIn6I
https://youtu.be/XoauzwqolyU
Posted at 2016/11/27 00:31:57 | コメント(10) | トラックバック(0)
2016年11月23日 イイね!
紅葉狩り❗️秋月城跡(福岡県朝倉市)❗️「筑前の小京都」と言われている福岡県朝倉市にある『秋月城跡』へ紅葉狩りに出掛けてきました。

秋月城は、1623(元和9)年 黒田長政の遺言により秋月藩が成立し、翌年に初代藩主長興(長政3男)が築城したものです。






特にオススメのスポットは、県の重要文化財にもなっている黒門周辺で、約20本のモミジが鮮やかに紅葉し、黒門を一層引き立ててくれます。











多くの人で賑わっていました。
Posted at 2016/11/23 18:59:39 | コメント(5) | トラックバック(0)
2016年11月19日 イイね!
九年庵 & 仁比山神社❗️佐賀県神埼市❗️佐賀県神埼市にある紅葉の名所『九年庵』へ行ってきました。

此方は、佐賀の大実業家、伊丹弥太郎が明治25年に造った別荘と明治33年から9年の歳月と巨費をかけて築いた6,800㎡の庭園で平成7年に「国の名勝」指定を受けています。








別荘は入母屋葦葺の屋根に杉腰張りの土壁、竹格子の連小窓や真竹を用いた周りの濡縁など、野趣に富む外観を持ち、材質、色感、意匠、構造などのすべてに、細心かつ充分な吟味が加えられ、茶室と書院の様式を折衷した近世和風の数奇屋建築となっています。












庭園は、多くのツツジやモミジ類などが植栽されており、四季を通して美しい景色が楽しめる様になっています。






また、庭一面に広がるコケはまるでじゅうたんを敷き詰めたかのようです。


但し一般公開は、毎年春の新緑の時期と秋の紅葉の時期だけとなっています。

今年の秋の紅葉時期の一般公開は、11月15日(火)~11月23日(水・祝)の9日間となっています。

9年の歳月をかけて築かれた息を呑むような別邸と庭園、9日間だけ公開の九年庵。訪ねる価値は十分すぎるほどにある名勝だと思います。

------------------
『九年庵』見学後は隣接する『仁比山神社』を参拝させて頂きました。









此方の神社は天平元年(729年)に、僧行基が京都松尾明神の分霊を安置したことに始まると言われ、 古くから農業の神・山の神として崇敬され、 「山王さん」の名で親しまれているとの事です。






本殿の裏には、神水(金剛水)が湧き出ています。


境内には「山王さん」のお使いといわれる多くのお猿さん達が・・・。



此方の紅葉も、とても綺麗でした。








------------------
で、帰りに・・・。






全てのストレスを吹き飛ばせた気のする一日でした。
2016年11月14日 イイね!
雷山千如寺大悲王院❗️福岡県糸島市❗️
福岡県糸島市のパワースポットであり、紅葉の名所でもある真言宗大覚寺派の寺院「千如寺大悲王院」に行ってきました。




拝観料は400円ですが、紅葉を楽しませて頂く入山料は100円です。






樹齢400年の大カエデは圧巻でした。








また、室町時代に造られた心字庭園は200本以上のカエデに彩られていました。





また、こんなものも・・・。




神社やお寺といった日本らしい風景に、紅葉は良く似合いますね。







本日は終日雨の予報でしたが、此方の「水火雷電神」様のお陰で、雨に遭う事なく紅葉狩りを楽しませて頂きました。
プロフィール
50歳を過ぎても大好きな車弄りを止められないBlue_skyです f^_^; 「シエンタHV」と「COLT RALLIART Version-R」、2台の愛車...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
エアコン吹き出し口切り替え不良修理 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/02 19:47:45
三菱自動車 ノーマルコルト“ウォーム内装仕様”用ウォームシルバー色エアコンダイヤル(セミオートエアコン対応版) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/01 05:52:48
永井電子機器 / ULTRA シフトインジケーター No.4500 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/24 16:02:56
ファン
251 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ シエンタハイブリッド トヨタ シエンタハイブリッド
2015年10月3日納車 『ユーロメイク(ユーロスタイル)』を基本コンセプトとして、「 ...
三菱 コルトラリーアートバージョンR 三菱 コルトラリーアートバージョンR
現在のメイン車(シエンタHV)の対極にあると思える『COLT RALLIART Vers ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.