車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月21日 イイね!
生月サンセットウェイ & 平戸❗️長崎県平戸市❗️

安土桃山時代から江戸時代にかけて日蘭貿易の港として栄えた『平戸』を経由し、自動車メーカー各社のCMロケ地として有名な『生月サンセットウェイ』へ行って来ました。

先ずは本土と平戸を結ぶ平戸大橋です。橋を渡った先に平戸大橋を一望できる平戸公園があります。




平戸は南蛮文化を色濃く残し、異国情緒に溢れています。

鋭角なシルエットが美しい尖塔の『平戸ザビエル記念教会』





平戸で最も古い歴史を持ち白い漆喰とレンガ色のコントラストが美しい『宝亀教会(ほうききょうかい)』






ロマネスク様式の美しい『紐差教会(ひもさしきょうかい)』





続いて平戸から生月島へ・・・
生月大橋です。






生月の最北端にあり断崖絶壁にそびえ立つ白亜の『大バエ灯台』と其処からの絶景







玄界灘の荒波と風によって作り出された六角形の岩の柱が、海岸線からせり上がる様に並ぶダイナミックな自然の造形美と思える『塩俵の断崖』




また、此の生月島の西海岸道路は『生月サンセットウェイ』と言い、多くの車のCMロケ地にもなっているだけあって交通量が少ない上に絶景で、最高のドライブロードとなっています。


















【生月サンセットウェイ】
自動車メーカー各社のCM動画
http://ikitsuki-sunsetway.com
Posted at 2017/01/21 20:32:41 | コメント(8) | トラックバック(0) | ドライブ
2017年01月14日 イイね!
如意輪寺(かえる寺)❗️福岡県小郡市❗️福岡県小郡市にある如意輪寺に行って来ました。


如意輪寺は「かえる寺」という別名でも有名で、住職が中国から翡翠でできたかえるを持ち帰ってきたのをきっかけに、このお寺には現在5,000もの “かえる” が並んでいます。かえるは腰が低く、常に前へと飛び跳ね、目的を達成するといわれており、古くより中国では仙人の使いとされていたとの事です。



金剛力士像のように門を守るカエルの石像が出迎えてくれた。



七福神と七福かえるたち



此方のかえるの口をくぐると御利益があるとの事です。









本堂から更に奥へ歩を進めると


















奥へ進むと「かえる部屋」があり、かえるグッズが沢山置いてありました。






















表情豊かな “かえる” に出迎えられ、何だかホッコリと幸せな気持ちにさせて頂きました。


御朱印にも “かえる” を描いて頂きました。
Posted at 2017/01/14 14:54:22 | コメント(3) | トラックバック(0)
2017年01月08日 イイね!
南蔵院(世界最大の涅槃像)❗️福岡県糟屋郡篠栗町❗️福岡県糟屋郡篠栗町にある『南蔵院』さんに御参りに行ってきました。



此方は、日本三大新四国霊場のひとつに数えられる篠栗四国霊場の総本寺で、高野山真言宗の別格本山でもあり、年間120万人もの方々がお参りされるほど広く信仰されています。

また世界最大の釈迦涅槃像(全長41m、高さ11m、重さ300トン、ブロンズ製)があり、平成7年の完成を祝う落慶法要では、「千僧供養」がいとなまれ、日本国内をはじめ、東南アジア各地から約1,300人の僧侶の方々が参列されたとの事です。





そして此方のお寺でもう一つ有名なこととして、なんと住職がジャンボ宝くじの一等を当てた話があり、 その幸せを多くの人にお裾分けしたいということで建立された大黒堂があり、その当選した宝くじと一緒にしておいた「大黒天様のお札」を買っていく人も多いそうです。



本堂までの道程には・・・。





















本堂から涅槃像までの道程には・・・
















可愛い “わらべじぞう”さま も・・・。











そして、いよいよ涅槃像です。
左手からは、お釈迦様が悟りを開いたときに現れた5色の光にあやかった5色の紐が下がっていて、参拝の際にはこの紐を握ってお参りすると良いとの事でした。






巨大な足の裏には仏足が刻まれています。こちらも礼拝の対象で、それぞれの紋様にも意味があり、お釈迦様の尊い教えと慈悲の心が込められているとの事です。




涅槃像の中に入っての参拝(胎内参拝)もできます。(※写真撮影は禁止です。)

他にも・・・。




--------
昼食は、近くの『地蔵とうふ』さんで、「新春ゆば膳」を美味しくいただきました。



お土産には、

定番のざるとうふ

厚揚げ

豆乳プリン
の3点を買って帰りました。
--------





心の洗濯をさせて頂いた1日でした。
2016年12月31日 イイね!
若八幡宮(厄八幡)❗️福岡市博多区❗️

“厄災除の神社”として有名で「厄八幡」の愛称で親しまれている『若八幡宮』へ厄災除け祈願に行って来ました。





毎年12月31日(大晦日)の「年越厄災除大祭」には多くの方が祈願に訪れられます。





此方の御祭神は、大鷦鷯命(おおさぎのみこと:仁徳天皇)、大乙貴命(おおなむちのみこと : 大国主命)、少彦名命(すくなひこなのみこと)となっています。









2時間並んで、拝殿の中でお祓いを受けました。




お祓いが終わると拝殿を出て、祈願章と撤供を受け取って終わりです。「撤供」の中には、お菓子とお箸が入っています。


大晦日にお祓い祈願を終え、気分を新たに新年を迎える事が出来そうです。

皆様におかれましても、来たる2017年がより良き一年となります事を祈念いたします。
良いお年をお迎えください。
2016年12月25日 イイね!
天開稲荷社❗️福岡県太宰府市(太宰府天満宮境内)❗️

福岡県太宰府市にある『天開稲荷社』へお参りに行って来ました。
此方は、太宰府天満宮の境内にある『 “超” が付く程の隠れパワースポット』とも言われており、人によっては “福岡随一”とも・・・。
その名の通り「天に道が開け運気がどんどん上昇する」と伝わる有難いお稲荷さんです。
--------


先ずは太宰府天満宮にてお詣りを済ませ・・・。


天開稲荷神社へ歩を進めます。


由緒としては、鎌倉時代に稲荷神社の総本社「伏見稲荷大社」から分祀された歴史ある神社で、「宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)」をお祀りする九州最古のお稲荷さんとの事でした。




太宰府天満宮本殿の後方に広がる梅園を抜けた先にある小高い山の頂に「天開稲荷社」は祀られています。


神社へと続く朱塗りの鳥居が、天へ誘う道しるべの様に思えます。


此方で手と口を清めます。



5分程、歩を進めると神の眷属(お使い)である白狐が出迎えてくれます。
此方での白狐は「巻き物」と「玉」を咥え眼光が鋭く、神聖なパワーを感じます。




鈴は全部で13本あり、此処での参拝の仕方は、先ず手前の12本の鈴の中から自分の干支の鈴を見つけて鳴らし、その後、奥の大きな鈴を鳴らしてお参りする様になっています。




絵馬掛けの右奥を進むと、さらに山上へ続く石段があり、細道を上った突き当たりに「奥の院」があります。




此の “石室「奥の院」” こそが此方で一番のパワースポット❗️です。
静かな狭い空間の中で、神様と一対一でお話が出来るような空間となっています。


大人2人が入れるか否か程度の狭い空間で、外界と切り離されたかの様な静かな祠となっています。


まわりには白狐たちがびっしり並び、真ん中の一対が捧げ丸鏡を持っており、この鏡を通して「宇迦之御魂大神」へ願いを届けてくれているとか・・・。


御朱印は太宰府天満宮の社務所で頂く事が出来ます。

「天に道が開け、運気がどんどん上昇する」パワーを感じられるオススメのスポットです。「太宰府天満宮」へお越しの際には、是非とも此方の「天開稲荷社」へも・・・。

--------
帰路へ着く前に・・・



“お石茶屋” で、「梅ヶ枝餅と抹茶のセット」を美味しく頂きました。
また、「よもぎ入り梅ヶ枝餅」も美味しそうでした。
プロフィール
50歳を過ぎても大好きな車弄りを止められないBlue_skyです f^_^; 「シエンタHV」と「COLT RALLIART Version-R」、2台の愛車...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
ドア内張りツートン仕様 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/27 08:38:33
布百選 簡単! 貼るレザー 合皮生地 PROFORM 広幅 オフ白 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/27 08:37:35
YR-Advance ブローオフパイプ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/27 07:47:01
ファン
249 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ シエンタハイブリッド トヨタ シエンタハイブリッド
2015年10月3日納車 『ユーロメイク(ユーロスタイル)』を基本コンセプトとして、「 ...
三菱 コルトラリーアートバージョンR 三菱 コルトラリーアートバージョンR
現在のメイン車(シエンタHV)の対極にあると思える『COLT RALLIART Vers ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.