車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月25日 イイね!
腕試し今の実力を測るためにIT資格に挑戦です。試験の雰囲気掴んだらぶっつけ本番です。

英検2級と間違えて3級申込んじゃう失敗を乗り越え、今回は科目とバージョンもちゃんと確認したよ٩( ᐛ )و

しかし受験料が高っけぇなぁ( ̄▽ ̄;)
Posted at 2017/04/25 23:26:44 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年03月26日 イイね!
コペン(LA400K)ローブのプラグを交換起きたら雨がパラパラ。カミさんも既にお出掛け。
庭いじりは断念し、コペンのプラグを交換。
"自分でやってみたい。ケド何からやったら?"って方の参考になってくれるといいな〜って思い、最初から順を追っていきます。

①工具が必要



うえから、
マイナスドライバー(百均のセットのやつ)
16mmのプラグレンチ(ホムセンで900円くらいかな)
10mmのソケット(ホムセンで数百円)
トルクレンチ(ホムセンで4000円くらい)

プラグレンチはマグネット付き推奨です。
トルクレンチは、ラチェットレンチでもいいけど(安いし)、トルクレンチの方がコスパがいいです。

②ボンネットを開けます

まずは助手席から入って目の前のクローブボックスを開けます。




書類とか入ってるとこです。




開けると右上にレバーがあるので"手前に軽く引きます。"
ガコッて音が聞こえます。





降りて車の前に回ると、ボンネットが少し開いてるので完全に開けます。










ボンネットは開けたら固定です

③古いプラグを取ります


プラグは三箇所あります。




左から、灰色、黄土色、灰色のカプラーが付いてます。作業するのはこの3つです。

カプラーを外します。ここでマイナスドライバーが役に立ちます。カプラーはプラッチックなので、ドライバーは無理に力を入れるとたぶん爪が折れます。




ドライバーは補助的に使うのです。




3つとも外しました。

次にプラグにアクセスするため、蓋みたいな筒状のもの(名前を調べたらダイレクトイグニッションというみたいです)を取ります。まずボルトを取ります。ここで、トルクレンチに10mmソケットを差して使います。




これです。




反時計回りです。
ここで慎重にやらないと、抜いたボルトがエンジンルームに落ちて焦る事があります。(旧コペンの時やらかして探すのが大変でした)
コツは、工具で手応えがなくなるまで回してから、工具も持ってない方の手を添えてソッと抜く事です。




3つともボルトを取りました。

そしてダイレクトイグニッションを"手"で抜き取ります。




手袋は装着必須です。愛車に手の脂が付くのと、何よりも怪我するのを防ぐためです。




3つともスポスポ取りました。

古いプラグを抜く作業です。




16mmのプラグレンチを、スポッて抜けた後の穴にソッと落とし入れます。
で、プラグレンチが古いプラグにしっかり噛むように左右に少し込みながら、適当に押し込みます。




噛んだら、反時計回りに回しますが、かなり固いです。手で回せないときは、プラグレンチのハンドル両端に鉄パイプを嵌めたりして、"持ち手を長く"すると楽に回せます。




抜けました。これをあとの二箇所にもやります。この時、プラグレンチにマグネットが付いてると、抜いたプラグの脱落防止になります。




抜いたプラグと新品との比較。抜いたのは焼け方にバラツキがありました。


④新しいプラグを付けます

まずは、16mmのプラグレンチに新しいプラグを手で差し込みます。




真っ直ぐさし、"力を入れずにクルクル時計回り"で回し続けます。




力を抜いた状態で、"これ以上回らない"というところまで回します。




三箇所に新しいプラグを差しました。

ここから力作業です。プラグの箱を見ると、裏面に二分の一回転回すように書いてあります。




ボヤけて見づらいですね。

もう一回プラグレンチを差し入れます。この時、ハンドルの位置が12時と6時になるようにすると二分の一回転が分かりやすいです。(遊びの分があることに留意)




ここから、ハンドルの両端が半回転(二分の一回転)するように、力を入れて回します。
凄〜く力が要ります。

三箇所全部回したら、ダイレクトイグニッションを手で差し込み、カプラーをぱちっと嵌め、ボルトで固定して終了です。




ボルトで固定する前の状態。

最後にエンジンかけて、異音がしないか確認です。

以上になります。プラグは締め付けすぎると故障しますし緩くてもダメです。作業は自己責任で!


Posted at 2017/03/26 13:04:53 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年03月23日 イイね!
l880kの時はポテンシャルを引き出してやろうと結構手を加えて遊べました。
比べると、いぢる楽しみ方はないかなぁ。
後継ですが、似て非なるものという感じもしています。
ただ、かわいいことに変わりはありません。

旧型もまだまだ現役として楽しめると思いますよ?

共通してリアブレーキもディスクだったらいいなー。
Posted at 2017/03/23 23:22:50 | コメント(0) | クルマレビュー
2017年03月19日 イイね!
初のオイル交換(コペン LA400K)昨年末にCOPEN Robeが納車されほぼ3か月。オイル交換です。

3か月or3000kmで交換します。

LA400Kのオイル交換方法をちゃんと探せず、模索しながら自力交換で実行。


まずは、ドレンボルトの位置を確認。14mmっぽいです。


工具でボルトを緩め、廃オイル受皿を置いてから、手でボルトを緩め取りました。
結構黒いです。

ドレンボルトに新しいパッキンをはめ、トルクレンチで締めました。25Nに設定しましたが、それよりも少し弱めです。


エレメントの位置が旧型(L880K)と違ってアクセスし易い位置にあります。旧型はかなり手こずりましたが、今回は楽勝です。ただ、カップレンチを捨ててしまっていたことに気づき交換を断念。


廃オイルはオイルパックに入れます。うちの自治体では市販のパックにいれて燃えるゴミで捨てられると役所に確認しました。少量だったらカー用品店でも引き受けてくれるそうですが、店舗によりけりだと思うので事前に確認は必要です。

まとめると、ジャッキやウマも使わず旧型よりもだいぶ作業が楽でした。
また、「コウバの味方〇〇タロウ♪」の消耗品は安いので、頻繁に交換してもサイフに優しいです。

オイル4Lで1700円くらい。今回2.5L注入。
ドレンパッキンは3つ入りで250円くらい。21×12×1.6mm。
廃オイルパックは200円くらい。バイク用に買った在庫で間に合いました。
総距離は6402km。次回は6月の梅雨時期に、エレメント交換を含めて実施します。





Posted at 2017/03/19 15:59:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | 備忘録 | 日記
プロフィール
コペン(400k)をメンテするのが好きです。 乗るのは二の次かもしれません。 旧型(880K)のオーナーでもありました。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
ブログカテゴリー
お友達
愛車のメンテナンスが好きな方とお近づきになれたら…写真を撮るのが上手い方ともお知り合いになって勉強させてもらえたら嬉しいです。
2 人のお友達がいます
kazu311kazu311 * けたけたんけたけたん
愛車一覧
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
バイクでたびたび地球とケンカして怪我もするので、カミさんから「あなたはバイクの適性がない ...
ダイハツ コペン ダイハツ コペン
社会人なりたての頃、凄く欲しかった一台。 昇進したら買ってもいいとカミさんの許可を貰って ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.