• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

より3のブログ一覧

2017年06月10日 イイね!

神社シリーズその8 須佐神社

神社シリーズその8 須佐神社神社シリーズ今回は、みん友「ぽぽろん231」さん、おすすめの須佐神社です。
実はこの神社シリーズの記念すべき最初の神社がこの須佐神社だったんです!!
   ブログはこちら

しかし、この時は、まさか御朱印にはまるとは思ってもいなかったので、今回、あらためてお参りと御朱印をいただきに出発しました。

千代田ICで降りてR54に向かいます。ここはいつもの土師ダムの休憩場所。



R54で三次に向かい道の駅布野で再び休憩です。この道は前回、空比古さんと疾風した時の道を逆に走っています。やはり松江道よりもR54のほうが車が少なくいいペースで走れますね。
下道はバイクのほうが多いんじゃないでしょうか?

チャレンジストレートのあるお気に入りのコースを通って三瓶山方面に、そこから
R184で須佐神社に向かいます。

このR184もサイコーのワインディングですね。思わず疾風してしまいます。
路面状態の良い2車線の道で、フェイントのないコーナー(奥で急激にRがきつくなってない)。しかもRがきついところは丁寧に「急カーブ」の文字が路面にかいてあるんですよ。
どうしてこう、島根県は気持ちの良いワインディングに当たるんでしょうか?
お導きでしょうか?とはいってもセーフティ&ファーストですよ。

さて、須佐神社に到着です。

橋を渡って左側が須佐神社、右側が天照社です。

清流ですね。川床が岩盤です。これも立地に関係あるんでしょうか?

手水舎です。屋根がなく素朴なもの。周りを綱で囲って清めていますね。

拝殿を背に振り返りますと、実にすがすがしい境内です。
社務所で御朱印を頂き、参拝します。

神文は亀甲に・・・柏?由緒書きをもらっていないのでわかりませんでした。

いやーいつ来ても良い佇まいですね。
私は大社造りが一番好きですね。古代から続いている感があってね。
だって原型は米蔵ですよ!日本人といえば米!ですから。

境内に神馬の像がありました。伊勢神宮では本物の白馬がいますね。

今回は向いの天照社をよく見てみようと思っています。
過去のブログで神社のすぐそばに違う神社を立てるのは祭神を見張るため(妄想ですよ)と書きましたが、あらためて天照社に向かうと・・・


なんとも、暗い雰囲気です。掃除は行き届いているのに。

しかも鳥居がないんです!!
これってものすごく珍しいんじゃないでしょうか?
そのさき、直線上に須佐神社の鳥居があります。
これって・・・

またまた素人の妄想ですが・・・
須佐神社から出ようとしたスサノウノミコトはまっすぐこの天照社に向かうんじゃないでしょうか?だって神社の入口の鳥居がないんですから、出口だと思って・・・
でも目の前に天照社が塞いでいます。したがって出られない・・・

なんて巧妙な・・・

そんなことを考えながら、ふと横を見ると

脇道が・・・
なんだろうと入っていくと

あの川に降りれるんですね。
つまり手水舎の代わりにお清めをする場所なんでしょうかね?
そして、拝殿の横を見ると・・・

龍というか蛇!?
天照大御神と蛇が繋がりません・・・確かに蛇は眷属ですけど・・・
これを見た時からなんだか急にこの場所が怖くなってきました。
須佐神社とは全く対照的な暗い雰囲気。

本殿は確かに女神仕様となっております。
とりあえず、失礼にならないようにお参りをして、引き返します。
なんだか寒気までしてきました。今日は夏日で暑いはずなのに・・
こりゃヤバイということで須佐神社の中に避難です。
いやーやはりこちら側はなごみます。 ほんと両極端な神社です。
本格的に調べてみたくなりました。

気を取り直して、近くの須佐温泉ゆかり館に行きます。
お目当てはゆかり館ではなく、敷地に建っている地元の野菜なんかを売っている
お店の「やぎアイス」です。前回も食べておいしかったので、また食べたくなりました。

なんとも優しい味なんですねー。これが。
昼を過ぎてしまいましたが、昼ご飯は我慢してR54に出て帰ります。

お昼はもちろん「道の駅赤来高原」の近くにある「ステーキハウス萌美野」でスタミナ丼です!

相変わらずウマい!! 満足です!。
そして、今日の成果

おしまい!!
Posted at 2017/06/10 22:15:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | 神社 | 日記
2017年06月02日 イイね!

愛車と出会って4年!

愛車と出会って4年!6月1日で愛車と出会って4年になります!
この1年の愛車との思い出を振り返ります!

■この1年でこんなパーツを付けました!

ビンボーなので何も

■この1年でこんな整備をしました!
しっかりと消耗品だけは
オイル
タイヤ
バッテリー

■愛車のイイね!数(2017年06月02日時点)
23イイね!

■これからいじりたいところは・・・
うーん
どうしよう

■愛車に一言
まだ2万キロだから
頼むよ

>>愛車プロフィールはこちら

Posted at 2017/06/02 17:39:46 | コメント(0) | トラックバック(0)
2017年05月28日 イイね!

神社シリーズその7 八重垣神社編

神社シリーズその7 八重垣神社編 さて、次の神社。八重垣神社です。
ご存知の方も多いと思います。全国的に有名な縁結びの神社ですね。

日曜日ということで相当な参拝客を覚悟してきましたが、到着してみると、びっくりするくらい人がいません!。

時間はお昼時。みんな食事中なのでしょうか?

これは、ゆっくり参拝できるのでうれしいですね。早速、入口に。


先の六所神社、この八重垣神社ともに参道から拝殿までの配置などに結界の仕組みはないですね。こちらの八重垣神社も明るい境内で良い雰囲気があります。

御祭神は言うまでもなくスサノウノミコトと奥さんのクシナダヒメです。
縁結びの強力なパワースポットとなっていて若い女の子がうじゃうじゃいるはずですが・・・

今日は静かですねー。




本殿は大社造りで千木が女性仕様であることから、クシナダヒメが主祭神?
さすが女性に人気の神社です。



摂社にはクシナダヒメのご両親も祭られています。(アシナヅチ、テナヅチ)


さらに、この神社は縁結びだけでなく、子宝が授かったり、夫婦円満のご利益もあります。
そのせいでしょうか境内のあちこちに


まあ・・あれだな・・なんとも立派な〇〇〇が・・

ここって若い女の子がいっぱい来るんですよね・・なんとも思わないんですかね・・・
さっきもその〇〇〇の前で手を合わしていましたけど。結構シュールな画です。
見て見ぬふりでしょうね。

まあ、気にしないで御朱印をもらいましょうか。
社務所に行くと、
おおっ!!なんとも可憐な巫女さんが対応に出てこられました!! かっ可愛い!!
横を見ると、かなりレベルの高い美少女巫女が数人。

年甲斐もなくドギマギしながら御朱印帳を差し出します。
巫女さんの衣装を着ているだけでなんだか清楚で凛とした美人に見えるから不思議です。いや、実際に可愛い。島根県は美人が多いので納得です。

おそらくアルバイトさんでしょうけど、神社でのお仕事なのでお金のやり取りもコンビニのレジとは違い、ほんとに優しい言葉遣い。御朱印は300円ですが一万円しかなかったのでヤバいと思ったのですが、困ったそぶりを微塵も出さずに優しく対応してくれました。
おおっまさに神対応!! 巫女だけに・・・

御朱印を押していただくまでの間、境内を見て回ります。

これは狛犬なんですがかなり風化が進んでいます。なんでも神社界で最古の狛犬だそうです。


神社の入口の楼門の随身の像の台に何やら絵が描かれています。

可愛いっ。
猫ですか? いや冗談じゃろ。まさかね。
左右対になっています。
いったい・・・謎です。

そうこうしているうちに御朱印が出来上がったので取りに行くと、拝殿からなにやら雅楽の音色が・・

気になって見に行くと、一般の方に神事が執り行われています。

ふと隅に目をやると、巫女さんがスタンバイしていらっしゃいます。
おおっナイスタイミング!!
巫女舞があるようです!!
巫女さんの衣装が豪華になっています。千早と花かんざし。

しかも可愛い!目の保養です。


ああっ!なんて俗なことを
神聖な場所なのに。

反省して帰ることにします。
ここではご利益がないかもしれません。 とほほ


Posted at 2017/05/29 20:22:14 | コメント(1) | トラックバック(0) | 神社 | 日記
2017年05月28日 イイね!

神社シリーズその7 六所神社編

神社シリーズその7 六所神社編 早いもので、神社シリーズも7回目を迎えました。
前回、御朱印帳を買ってから、神社巡りが加速し、その楽しさにはまっている、きょうこの頃です。

さて、今回は六所神社と八重垣神社になります。
神社の宝庫である島根県松江市周辺を巡っていますが、私が訪問している神社の大部分が、意宇六社巡りの神社になっていることを初めて知りました。すべてを回ってコンプリートするとさらなるご利益があるとか・・・

いやいや スタンプラリーではありませんから、不純な気持ちで神社を廻っているわけではありません!
古い神社の成り立ちや、ご祭神から古代に思いをはせるのがスキなだけですから。

と、いうことで早速今日も庄原ICから奥出雲への大好きなルートで出発です。

日曜日ということで微妙に車が多いですが、ほとんどの方が道を譲ってくださるので、気持ちよく走れます。

R432へ入り松江市が近くなってきてからナビを始動!六所神社はどこに?

なんと、田んぼが広がる川土手の一角にいきなり鎮座しています。

すごく古いけど、きちんと手入れがされてあり、明るい雰囲気のたたずまいです。


手水舎のひしゃくが変わっていて、茶道のお湯を注ぐものに似ていました。
手作りっぽくいい感じです。



さて、拝殿です。
ご祭神はイザナギ、イザナミ、アマテラス、スサノオ、ツクヨミ、オオナムチと、ファミリーが勢ぞろい!
なかなか格が高いですね。由緒書きによると古くは(878年ごろ)出雲国の総社として重要な神社だったそうです。



さて、お参りを済ませて御朱印をいただこうと社務所に向かいましたが、窓から中をのぞいても誰もいません。声をかけても返事もなし。
しかし、入口には草履が1足そろえておいてあるし、おみくじなどが置いてある窓のそばには、帳面とペンが今、まさにお仕事をしていたという感じで転がっています。

・・・こっこれは!マリーセレステ号事件と同じじゃないか!!!
(この事件を聞いたことがない方はググってくださいね)

あまりに突然のミステリーに遭遇して固まっておりますと、後ろから「誰もいらっしゃらないんですか?」と声が。振り返ると、女性の方が一人やってきます。30代半ばくらいの方でしょうか?

今起きているミステリーを説明すると、あっさり、宮司さんのご自宅のほうに行ってみましょうか?とのご提案。まあ、マリーセレステ号事件を知っていたらこっちがびっくりですね。ミステリーを妄想していた私が恥ずかしいです。

なんでも車で六社巡りをしておられてここが最後の神社だそうです。非常に気さくな方でテキパキと
神社の隣のご自宅に。小心者の私は後からついていきます。

すると、ちょうど宮司の奥さんらしき方が、洗濯物を干している途中に出会い、(彼女が)事情を話すと快く社務所に戻って準備をしてくださいました。

聞くと宮司さんは今日、出雲大社に出張だそうで。
えっ出張? 神職さんってよその神社のお手伝いもするんですね。貴重なお話を聞けました。



御朱印をいただいた後、少し彼女と神社について話をしました。私が次の神社は眞名井神社か八重垣神社のどっちがいいかお聞きすると、「自分は静かな眞名井神社の雰囲気が好きだけど、宮司さんがいらっしゃらないから御朱印はもらえないですよ」と。

ならば八重垣神社ですね。(おいおい神社巡りはスタンプラリーじゃないんだぞ!!)

ありがたいご提案を受けたので、お返しに、ぜひ須我神社に行ってください!。とおすすめしてあげました。彼女も須我神社は非常に気になっていたらしく、ぜひ行ってみますとのこと。

では 八重垣神社にGO!です。そういえば、彼女の雰囲気は学校の先生みたいでしたね。おそらく教育関係の方に違いありません。思わず先生!と言いたくなるような聡明な方でした。



Posted at 2017/05/29 20:20:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | 神社 | 日記
2017年05月04日 イイね!

神社シリーズその6 神魂(かもす)神社

神社シリーズその6 神魂(かもす)神社 さて、お次は神魂神社です。
かもす神社と読むのですが、最初は全然読めませんでした。カミタマ?とか。銀魂みたいです。(失礼)
名前からして相当神聖な感じがする神社です。

熊野大社からほんの数十分で到着します。




参道の入口はこんな感じで相当古い神社のようです。

鳥居のわきに謎めいた道があり、行ってみたかったのですが、なんか躊躇して進めません。

なんなんでしょう?別のお宮でもあるのか・・・? 後で調べてみます。


さて参道を上がっていくと右手にいきなり手水舎らしき石の鉢がありそこから上に石段が続いています。



ん? この正面の石段はどこに続いているの? 右手の石段の上が本宮?
かなり変わっています。

参道の正面に拝殿の入口がないとすると、やはり結界ですね。

いったいどんな神社と御祭神なのか?
期待に胸ふくらまし石段を・・・

って、なにこの石段。やたら一段一段が高いんです。
思いっきり足を上げないと進めません!

バイク用の皮パンでは、あっ足が上がらん!

ひいひい言いながら上に上がると

「おおっ」目の前に迫るように巨大な拝殿が! 後ろの本殿もこの境内のスペースに対して
超巨大です。

残念なことに撮影が禁止されており写真が撮れません。

しかし見るからに古い建物です。
本殿は出雲大社と同じ「大社造り」で見た感じそっくりです。しかも結構でかい。
本殿を支える柱が出雲大社くらいありそう。
かなり力のある神様が祭られているのではと由緒書きを見ると「イザナミノミコト」とあります。

なるほど。
日本の神々の原点ですか。
最後は悲劇でしたけどね。
納得です。

巫女さんに御朱印をもらうときに1枚だけ写真を撮らせてくださいとお願いしたら「記念のためになら一枚だけいいですよ」とおっしゃってくださったので、ありがたく撮らせていただきました。


実物を見るとその大きさに圧倒されます。
屋根の千木や内部の造りもすべて女性仕様なのだそうです。(千木→屋根の上で交差している角のようなもの」

ちょっと今までの神社とは格が違うというか、少し怖い感じがしました。
参道から拝殿までの妙な道順などがそう感じさせているのかもしれませんね。

ちなみに皇族の方々とも縁が深いそうです。(子宝に恵まれるようにとか安産祈願とか)

まだまだ、この付近には神社が沢山あるのですが、楽しみは後にとっときましょう。


Posted at 2017/05/04 22:58:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | ツーリング | 趣味

プロフィール

「[パーツ] #スイフト シリコンスマートフォンホルダー http://minkara.carview.co.jp/userid/2488205/car/2039835/8505269/parts.aspx
何シテル?   06/04 19:18
より3です。よろしくお願いします。 SSに乗っていますがサーキットを走るテクはないのでもっぱらスポーツツーリングにいそしんでいます。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/6 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

出雲と鳥取のお参りツアー 山の中の神社のやばい件 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/12 12:54:00
クーラント交換(車両購入後初) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/09 09:45:29
ワックスかコーティングか?両方試してみましたよ!「シュアラスターマンハッタンゴールド」と「ゼロプレミアム」を試す!【PR】 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/04/01 08:54:29

お友達

色々と参考にさせて下さい。
どうぞよろしくお願いします。
8 人のお友達がいます
ぽぽろん231ぽぽろん231 shun!shun!
空比古空比古 菜の花菜の花
きくりんですきくりんです 慈光明院大寛和尊慈光明院大寛和尊

ファン

5 人のファンがいます

愛車一覧

スズキ GSX-R1000 スズキ GSX-R1000
2008年に中古で購入して以来コツコツとカスタマイズを楽しんでいます。 K5〜K6のR1 ...
スズキ アドレスV125 太郎丸 (スズキ アドレスV125)
通勤のために購入。 最初はボックス無しだったけど誕生日に納車したのでタダで付けてもらいま ...
スズキ スイフト すいちゃん (スズキ スイフト)
以前乗っていたインプ(1500cc)がATの故障のためやむなく中古屋さんを紹介してもら ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.