• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

329MRのブログ一覧

2017年09月23日 イイね!

通算16年半の付き合いに

通算16年半の付き合いに9MRの5回目の車検が完了しました。

クラッチの状態始め、気になっていた箇所もありましたが、結果としてミニマムな整備で終了。

気分だけは心機一転、ランエボライフの継続です。

この車で11年が経過、そして考えてみれば2001年3月にエボⅦを乗り始めてから通算16年半。

CT9A型ランサーとは途切れなく、そこそこ長い付き合いになります。

WRCのレギュレーション変更の過渡期、このモデルでは中途半端な参戦結果しか残せず、巷では評価の分かれるところかと思いますけれど、一ユーザーとしては満足できるクルマ。
他から乗り換えると、あらゆる点に於いて完成度の高さを体感できます。

CZ9Aでファイナルエディションは出たものの、自分の中では終焉は迎えていません。

同様に今も尚、再び表舞台に現れる日を信じて疑わないファンも多いかと。

せめて三菱から新型エボリューションが発表されるまでは、いつ何時でも前線に立てるパリッとしたコンディションを維持することが当面の目標です。

Posted at 2017/09/23 20:30:12 | コメント(3) | トラックバック(0) | 9MR | クルマ
2017年09月10日 イイね!

晴天、90's車三昧の日

晴天、90's車三昧の日目が覚めると同時に、身支度を整えて駐車場へ。

馴染んだドライバーズシートに座り、エンジンをかけるその瞬間は、ほんの数週間ぶりでもニンマリしてしまいます。

はっきりしない空模様が多かった夏も既に去り、そよぐ風は涼しさを感じられるようになりました。

そして今日は晴天、気持ち良く過ごせそうです。

いつもより少々早い時間、珍しくGT-Rとよくすれ違うなぁと思っていたら、富士でのビッグイベントの当日だったようで。
小さく手を振ってお見送りしつつ、逆進となる毎度の東へ向かうコースを32でひた走りました。
調子は上々、イメージ通りです。


帰るや否や、もう一台の90年代車に乗り換えて同乗出動。
某ラーメン屋を目指して西方面へと走らせましたが、復路は自らの運転であちこち寄り道した結果、すっかり日焼けすることになりました。


まるで20数年前にタイムスリップしたかのようなクルマとのドライブ。
ちょっとハードに攻めた際の軋み音、エキゾーストノートとその場の風景しか記憶に残りません。


そんなこんなで夕暮れ間近か、、、されど、とっても幸せな時間に思えます。
Posted at 2017/09/10 21:04:39 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日常その他 | クルマ
2017年08月26日 イイね!

今でも惹かれるあの一台

今でも惹かれるあの一台気に入ったクルマと巡り合い、乗り換えについて考えることは少なくなったものの、誰しも些細なきっかけで長い間記憶に留まっている車って存在するのではないでしょうか。

脳裏には浮かびながら、ご縁に恵まれていない対象。

自分の場合、今でも惹かれるモデルは複数ありますけれどその一台にST165セリカGT-FOURが挙がります。

広島転勤時代の借り上げ社宅の駐車場に停まっていた記憶。
遥か30年近く前、自分より年上の、お洒落な若いご夫婦がオーナーだったと思います。
品川ナンバーでホワイトのボディカラー、いつも眩しいくらいピッカピカな状態で静かに佇んでいる姿にそこはかとないインパクトがありました。

どちらかと言えば、武骨に見えるDR30に乗っていた頃のこと。
初めての愛車に、ただ速さだけを追い求めていた毎日。


対して、流面形のスタイルはエレガントながら、同時に軽量コンパクトでハイポテンシャルな四駆のパワートレインを生かし、WRCへのエントリーを果たした戦うマシンのイメージ。
その一種アンバランスな個性に、強く魅力を感じました。

先日、都心を走るST185に遭遇し思い出しましたが、悲しいかなセリカそのものも、街ではめっきり見掛けなくなりました。

冷静に考えれば、チャンスはかなり限られる年齢ですから、想いの残る車達を一度だけでも存分に走らせる機会が到来しないだろうかと妄想する、言わば夏の夜の夢の時間です。
Posted at 2017/08/26 20:52:28 | コメント(7) | トラックバック(0) | Excellent car | クルマ
2017年08月15日 イイね!

オートクルーズな旅

オートクルーズな旅夏休み、恒例となりつつある東北地方でのドライブに行ってきました。

往復は飛行機、現地3日間での実走行約1,000km。
毎度この時期活躍してくれるインプレッサG4が相棒です。

今年は全国的に空模様が今一つですけど、幸い各目的地では雨に降られることもなく、観光することができました。


初日は秋田県男鹿。
言わずと知れた「なまはげ」の故郷で、半島を見下ろせる寒風山へ。
標高は低いものの、適度なワインディンクが楽しめます。


2日目は田沢湖のやや北にある乳頭温泉。
何か所かに点在するうちの「黒湯」に入浴しましたが、所謂秘湯系で冬場は閉鎖しているそうです。


そして3日目は山形の銀山。
想像していた以上にとても小さい温泉郷でしたけれど、風情を感じられる街並みでした。


何となく温泉地巡りが多かった今回。
実は6月に負った怪我の影響なのか右足の具合が想定外に今一歩な状態であることも、本能的な行先の選定動機になっていたのかも知れません。

そんな状況で長距離ドライブには若干の不安が残る中、アイサイトによるツーリングサポートは実際とても重宝しました。
今更ながら、一般道も含め巡航速度での追従型クルーズコントロールは随分アクセルワークの負担を軽減してもらった実感があります。

さすがのマニュアル頑固オヤジも、A・Iにちょっぴり救われた気がした旅でした。
Posted at 2017/08/15 21:46:18 | コメント(9) | トラックバック(0) | Travel | クルマ
2017年07月22日 イイね!

M/T車乗りの矜持

M/T車乗りの矜持冷たいビールが特に美味しいシーズンになりました。

性懲りもなく、連夜お誘いにのっています。

勤め先で趣味の話をする機会はほとんどなくなりましたが、他社の方々との宴席では、クルマがネタになることもたまにあります。

その際によく驚かれるのが、3ペダル車に乗っていること。

その場にいる大多数はかつてM/Tで運転免許を取得し、少なからずワクワクする時を過ごしてきた筈なのに、今も乗っているだけでびっくりされるのは、正直こっちの方がサプライズです。

皆、あの楽しさを忘れてしまったのだろうか、クラッチを踏みつつのシフト操作は、もはやマイノリティなのか、と考えさせられることしばしばです。


そんな感じですから、現在我が家で活躍しているカーラインナップについては詳細を語らずに終えることが多くなりました。

確かに世に溢れているA/T車乗りはスマートなイメージだし、きっと何よりイージードライブ。
同スペックなら、速さでも勝る時代であることは間違いないでしょう。

それでも尚、「つまらない大人になっていないだろうか」とか、「今だからマニュアルに乗る」みたいな自動車メーカーのCMコピーは変わらず琴線に触れますし、M/T車に乗り続けていることは自分の密かな矜持になっています。
Posted at 2017/07/22 21:28:12 | コメント(9) | トラックバック(0) | 車内外環境 | クルマ

プロフィール

振り返ると、車は過給機付ばかり乗ってます。 パワーが至上の時を経て、近年は速さ以上に気持ち良さを重視したカーライフです。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

コンペティティブな香りのする車が好きなおじさんです。
どうぞ、よろしく!
47 人のお友達がいます
固形ワックス命固形ワックス命 * aranao_R32aranao_R32 *
Nジャン(N-JUNKIE)Nジャン(N-JUNKIE) * マリサポ@ER34マリサポ@ER34 *
P.N.「32乗り」P.N.「32乗り」 * ニャンダバーRニャンダバーR

ファン

18 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションIX_MR 三菱 ランサーエボリューションIX_MR
平成18年9月末登録、10月納車。 動力性能はもとより、実用性が気に入ってます。 CT系 ...
日産 スカイラインGT‐R 日産 スカイラインGT‐R
平成3年3月登録、同月納車。 新車にて購入以来、苦楽を共にしています。 最近は走っている ...
マツダ RX-7 マツダ RX-7
平成元年3月~3年3月 広島転勤時代、マイナー直後に購入。 大排気量ターボ車が出始めてま ...
日産 スカイライン 日産 スカイライン
昭和61年8月~64年1月 初めての愛車。 弄る楽しさを教えてくれたと同時に、維持するこ ...

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.