• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ベルツのブログ一覧

2018年02月11日 イイね!

三宝ら-めんbyプレゼント☆

ら-めん食べて名物を地で行く鬼太郎に出てくる砂かけ婆を見るとその場でラッキ-チャレンジ賞をGETしよう☆

展示車の中からお気に入りのくるまに入札権利…例え入札権利から外れても今食べて居るら-めんが

タダになるかも…お楽しみは様々お客様を飽きさせない創意工夫の店を目指す☆



私はあの砂かけばあを見ると体が凍り付くほど醜く見えるが、子泣きじじい(砂かけ婆の下僕)が

作戦を立て私が座っていた電車の座席の向かい側にちゃっかり座ったとたん体が凍り付いて身動き

すらできず目的駅に着いたとたん電車から飛び降り一目散に逃げてきた。冗談でも遣って欲しくは無い

行動だった。そのうちあの下僕を捕まえ掘るふざけは辞めろと言わなくちゃ…人間、無理強いは体に毒

ってこと…

さて今週の展示車は…














名物 砂かけ婆









Posted at 2018/02/11 21:46:18 | トラックバック(0) | 日記
2018年02月01日 イイね!

sanpo by プレゼント

2/14までにまず-いら-めん我慢して食べてレジで一回くじ引きして当てよう。








10000分の100の確率(笑)
Posted at 2018/02/01 00:17:35 | トラックバック(0) | 日記
2017年12月18日 イイね!

カッコ悪い…

ブルドックを座らせた様なデザインで荷物も

積めないしトヨタは?日産のジュ-クに対抗してこんなデザインにしたのか…プリウスだって丸い形状になったかと思ったら次の年には上から岩石を投げつけ上から押しつぶした様なカッコ悪い…プジョ-の方が何倍もカッコイイじゃん…












新型3008の内装には次世代インテリアテーマの「i-Cockpit(アイ・コクピット)」を導入しており、照明の明るさ変更機能やイコライザーの設定変更機能、シートのマッサージ機能、フレグランス・ディフューザーといった様々な機能が盛り込まれています。
8.0インチのタッチスクリーンディスプレイと12.3インチの高画質デジタルディスプレイも搭載しており、5種類のディスプレイモードをステアリングのボタンから変更することができます。


新型3008のエンジンには1.2Lと1.6Lのガソリンエンジンと、1.6Lと2.0Lのディーゼルエンジンが設定されており、トランスミッションは6速MTと6速ATから選択することができます。
SUVとしての走行性能も高く、5種類の走行モードを路面に合わせて選択できる「アドバンスド グリップコントロール」や、急な下り坂を3km/hの超低速に抑えて下ることができる「ヒル アシスト ディセント コントロール(HADC)」も搭載しています。また、安全装備には先進運転支援システム(ADAS)として、自動ブレーキ「アクティブ・セーフティ・ブレーキ」や、車線逸脱警報装置「アクティブ・レーン・デパーチャー・ウォーニング」、自動走行機能「アダプティブクルーズコントロール」といった機能を搭載しており、万全の安全性能を誇ります。






Posted at 2017/12/18 19:46:32 | トラックバック(0) | 日記
2017年11月16日 イイね!

すごいね日産リ-フの航続距離が400kmと言っている時代で

その倍の800kmを申請中とは、非常に興味が沸いてきた。

航続距離800kmで充電時間わずか1分! フィスカーが全固体電池の特許を申請フィスカーの新型電気自動車「EMotion」の全貌が明らかに わずか9分で急速充電&航続距離640km以上!


フィスカーの新型電気自動車(EV)「EMotion」の全貌がようやく公式に発表された。実にスリークなスタイルで、フィスカー自身のレンジエクステンダー付き「カルマ」(現在は、カルマ「レヴェーロ」として知られる)や、テスラの「モデルS」、新しい「モデル3」など、明らかに過去や現在のEVと似た雰囲気を感じさせる。他のEVと共通しているのはエアロダイナミクスを意識した形状で、しかし、EMotionが他の多くのEVと異なるのは、バタフライ・ドアを採用していることだ。



ヘンリック・フィスカー氏は、このEMotionをTwitterで披露し、同車の航続距離が400マイル(約640km)以上であること、そしてわずか9分で急速充電が可能であること(もちろん、どのような設備で充電するかに寄るはずだが)を明言している。さらにフィスカー氏によれば、EMotionは鼻先のクロームの部分に組み込まれたLiDAR(レーザーによって物体の位置、距離、形状を特定するシステム)センサーによって、自動運転も実現するという。ただし、それがどのレベルの自動運転であるかは明らかにされていない。


この際、自動運転なんかどうでも良い気がするが…


フィスカー、CES 2018で新型電気自動車「EMotion」を公開すると予告 低価格モデルも準備中
是非庶民も手が届く価格で設定して貰いたいものだ。裕福な家庭が夢を見られる時代ではなく…

アストンマーティン DB9、BMW Z8を手がけたHenrik Fiskerが設立したEVメーカー、Fisker Incが、2018年1月のCES 2018でスポーツセダンタイプの高級EV「EMotion」を公開すると発表しました。さらに3万4,000ドル(約370万円)という低価格車の計画も明らかにしています。



フィスカーといえば、2011年スポーツPHVのKarmaを発売し、環境保全活動に熱心なセレブたちが購入したことでも話題となった自動車メーカー。しかしトラブルの多発や水害の際の炎上不具合が顧客離れを招き、経営破綻に追い込まれました。しかしデザインに優れるKarmaは中国のパーツメーカー万向集団が権利を買収してKarma Automotiveを設立、新生Karma Reveoは2017年5月に出荷を開始しています。

一方、Karmaの生みの親Henrik Fiskerは、今度はEVメーカーとしてFisker Incを設立、その新会社の第1弾製品となるのが、4枚の跳ね上げ式ドアを持つスポーツセダンFisker EMotionです。価格は12万9,000ドル(約1,410万円)で、すでに2017年6月より予約受付を開始しています。

すでにわかっている性能・機能で特徴的なのは、わずか9分で充電でき、航続距離は400マイル(約640km)という驚異的なバッテリーシステム。もしこれが本当なら、長旅の前に充電ステーションの情報を検索する必要もなくなるかもしれません。

また、自動運転を担うLIDARなど電子センサー類も搭載しており、デザイン的には"普通"なテスラに比べ、スタイリッシュかつ実用にも優れるEVスポーツセダンとして期待が高まります。


370万円位で販売可能ならちょっと贅沢してフィルダ-辺りからプジョ-を目指せば…










Posted at 2017/11/16 07:21:36 | トラックバック(0) | 日記
2017年10月19日 イイね!

Posted at 2017/10/19 18:04:10 | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「三宝ら-めんbyプレゼント☆ http://cvw.jp/b/2498892/41087187/
何シテル?   02/11 21:46
frettu
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/2 >>

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   

お友達

150文字

愛車一覧

AMG Gクラス ベルツのG63 (AMG Gクラス)
やはりAMGと言ったらこの車は外せないGクラス赤井さんも乗っていた芸能人に好まれるくるま ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.