車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月23日 イイね!
届きましたッ❗️実際は、昨日届いていたのですが……
本日、出張から帰宅して、はやる気持ちを抑えて梱包をといて、ご対面(^。^)








WRCルーフベンチレーターカバーです。
第一印は…STI製をはじめ、いろいろなとこのレプリカカバーを見ている目からは…う、薄っ!てな感じ(^ ^)

でも、これが求めていた形で、今のグループAタイプベンチレーターからの交換を決意しました。
さて、この一品なんですが……オクにて落札したのですが……なんと、なんと、今月になって、お友達の一員に加えもらった、trentaさんの所有していたスペアパーツでした。
trentaさんのことは、皆さんご存知だと思いますが、プロドライブ インプレッサWRC98
の元ワークスカーをナンバーを取得して公道走行できるようにして楽しんでおられる方です。
そんな、trentaさんの所有されているスペアパーツを結果的に譲って頂いた形になりました。
話しによると、プロドライブ製ではないそうですが、イギリスから入れたWRCマシン用のスペアパーツであることは間違いないそうです。さすがイギリスですね、まだまだ現役で走るWRカーがいるからこそスペアパーツがあるんですね。
ただ…本家のプロドライブ製の物は、今ではまず市場に出てこない一品となってしまっているそうです。

それでも、WRCマシンのパーツを我がGC8に装着できるのは、嬉しいかぎりです。(^-^)
スペアパーツを放出してくれた、trentaさんには、ホント感謝です。(≧∀≦)


さて……実物を詳しく見てみましょう。


カバー裏は、側壁がありスムーズにエアが流れるようにしてあります。


正面幅は、約300㎜


前後長さは、約420㎜


後部は、約280㎜


一番広いとこで、約330㎜。
エアが通るとこの幅が、約240㎜。


高さは、約85㎜〜90㎜。

といった感じです、STI製などのレプリカ カバーを採寸したことがないのですが、ひと回り小さい感じになるのでしょうかね。

これを、我が変態GC8に装着するのですが、ただルーフに載せてハイ終わり!では、なんかおもしろくないなぁ…と、そこで…お得意のハッタリなんちゃって仕様化をしていこうと思っていて、すでにハッタリ用パーツを集めはじめています。(^◇^;)

まずは、カーボン地を生かしていくべく、2液性ウレタンクリアー3層吹きから開始です。

カーボンは、紫外線に長くさらされると、黄ばんでくるので、ウレタンクリアー塗装しておくと、黄ばみの防止に有効です。

構想通り、うまくいくかわからないんですが(^^;…ハッタリなんちゃって装着ができたら、また紹介させてもらいます。

以上です。m(__)m
Posted at 2017/02/23 21:57:51 | コメント(4) | トラックバック(0)
2017年02月19日 イイね!
ホントに、今日は穏やかな天気でした。

本来ならば、仕事をしているはずでしたが、同僚、部下みんなの頑張りで1日早く現場を終わらせることができて、休みが取れました。

てなわけで、、予定していなかった休み……何しよう?と思っていろいろ見ていたら、大三島にスーパーカーが集まるとの情報をキャッチ!!
ちょうど、我がGC8を走りに出したかったしで、よし!見に行こう!てことで行ってきました。


大三島に到着、見ての通りの穏やかな天気!





自分は、AM10:00ごろ、現地到着だったのですが、すでにスーパーな車たちがいっぱい!
(⌒▽⌒)


四国ナンバーの車でしたが、フェラーリ エンツォが普通に居てビックリ!!
この車は、何回か見たことありましたが、いずれも周りに柵がしてある状態での展示車しか見たことなくて、こんな感じに駐車してあることに感動。(^ ^)






他には、羽を広げて休んでいるスーパーカーや(^_^;)


渋〜い佇まいの、ナローポルシェ……やら、フェラーリもたくさんきてましたねぇ。
しかし、中四国地方にもこんなにスーパーカーが生息しているんですね〜。

いい、目の保養?いや目の毒?になりましたぁ。( ̄▽ ̄;)


のんびり見学をして、帰路につきました。

なんでも、このスーパーカーの集まりは定期的に開催しているとのことなので、また覗きに行こうと思いました。

以上です。m(__)m
Posted at 2017/02/19 19:27:01 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年02月18日 イイね!
先日、ヤフオクにて面白いものを発見。

骨…あ、いや、リア周りの補強バーです。(^^;)


出品者さんは、メーカー等を言っていなかったのですが……この補強バーは自分も見たことなく、、検索してもヒットせず…ただ、別にフロントナックル周りの補強バーの出品を見て…アクティブさんとこのスーパーゴッズ棒ではないかと思いました。
しかし、現在検索しても出てこなかったので…廃盤か、オプションで請け負っていたワンオフ品なのかもしれませんね。(・・?)

物は、長い方がリアホイールハウス補強バー、短い方がリアナックル補強バーになります。

さて、まずは塗装から手をつけました、なぜなら…このメタリックブルーは自分の中では、クスコの補強バーだけ!と変なな拘りがありまして、ホイールハウス補強バーをシルバーにナックル補強バーをブラックに塗装しました。
タイヤハウス補強バーのシルバーは、フロントタイヤハウスに装着している、アライモータースポーツ製の補強バーに合わせる意味もあるのですが…

ま、見えにくい場所なんで、色なんて大した問題ではないのですが…気持ち的に…てやつです。(≧∇≦)

シルバーは、ホイール用のやつを使い、ナックル用はシャシーブラックにて塗装しました。

ストーブの前で乾燥です。(^.^)


塗装完了です。(^ ^)

取り付けに際して、説明書等がなかったのですが、形状からなんとなく想像はつきました。
まず、リアホイールハウス補強バーです。

下は、ブレーキパイプのブラケットに共締め、ストラットタワー側は新規に穴あけが必要でした……

ただ、この位置に普通に穴あけしようとすると、サスペンションを外す必要があります。
そうなると、サスペンション脱着、その後のアラメント調整と、かなりの手間がかかってしまいます…(>_<)

で、考えて…横着しました。

ホイールハウス側から、細いドリルで下穴を開けて

(スペース的に、ギリギリ写真のポイントに斜めになりますがあけれました。)

それをガイドにトランクルーム側から、本チャンの穴あけをしました。(^^;

(ホントにギリギリのスペースで、上手くいくかヒヤヒヤものでしたよ。)

さて、仮に補強バーを当てがった時に、下側はサスメンバーも固定されるフレーム部への共締めなんでわかりましたが、ストラットタワー側が、最初はこんな鉄板1枚のようなところにボルト留めして効果あるんかいな?

と、思いましたが作業を進めてみたら納得でした。

トランクルーム側から見ると、左右ストラットタワーを繋ぐ部材の根元の1番強くなっているであろう部分にボルト留めする位置になってました。

後はボルトを通して固定するだけなんですが、この部分、鉄板が2枚重なるようになっていて隙間が若干ですが開いてます(2㎜ぐらい)ボルトで密着度を確保しきれなかったら…と思い念のために接着パテを隙間に充填してから、ボルトを締めあげました。
更に水が進入しないように、コーキング剤でナット周りを処理して納めました。

さて、次にリアナックル補強バーですが、これは…
ブレーキキャリパー取り付け部を補強するものになりますね。





この、ボルトと共締めして固定するだけです。

これは、スバル純正でもGDB-E型に採用されている、フロントブレーキキャリパー部の補強のタイバーと同じ考え方の補強ですね。

自分も、ブレンボ流用時にこのタイバーの存在を知って装着してます。
メーカーが剛性アップの為に採用しているのですから効果はあるものだと思います。






装着は至って簡単、完了です。(^ ^)

これで、ブレーキ周り、タイヤハウス周りの補強は、フロントだけだったのがリアも同じような効果を狙った補強バーを装備することができたと思います。

これで、コーナーでの挙動の安定とか、トラクションのかかり方がどうとか、もうサーキット走行もさせてないので、そういうことではなく、少しでも我が御老体GC8Aの老化の進行を遅らせれたらなぁと思っています。(⌒-⌒; )


以上です。m(__)m

Posted at 2017/02/18 11:36:58 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年02月11日 イイね!
さて、さて、前回は以前から装備していた油圧ハンドブレーキにダミー配管をして、ハッタリ度合いUPをしたことを、紹介させてもらいましたが……
今回は、プロポーショニングバルブ、通称Pバルブと言われているブレーキバランサーを追加して、ハッタリ度合いを更にUPしてみました。(^◇^;)

使用したのは、JUDINGというとこから出ている、Pバルブです。
amazonにて、半額で売りに出てました、多分そんなに売れるものではないのでしょうねぇ、在庫処分的な半額販売なのではないかと。
全く知らないメーカーですが、レバー部がアルマイト処理されたアルミ製だったりして、質感は高いものです。
ダミーでの装備なんで、見た目重視の性能は二の次で問題なしです。(^.^)


さて、これをどこにつけるか……
できるだけ、ハンドブレーキのダミー配管の側に取り付けて、辻褄が合う位置に設置したいと思いました。
あれこれ考えた末に、この位置に決めました。

半分埋め込み式で設置を決定、決まれば早速、穴あけ〜。

開口したら、試しに置いて確認…うん、うん、イメージ通りです。

切り口を隠すのに、縁ゴムで目隠しです。

こいつにもダミー配管をします。
配管は、ハンドブレーキ用に使ったステンメッシュホースの切れっ端を有効活用。

ただ今回は、イメージしている配管ルートにする為には、かなりの曲げが必要……ステンメッシュブレーキホースは、普通には曲がりません。

というこで、ホースの中にアルミ棒を入れて曲がりを維持できるようにします。

そうすると、90°曲げても維持できます。
あ、これはダミー配管だからこそ出来ることですが……σ(^_^;)

あとは、イメージしたルートへ配管して完成となります。





それっぽく収まりました。


今回も、誰の参考にもならないレポートですが、自分的には大満足です。\(^o^)/


以上です。m(__)m
Posted at 2017/02/11 19:27:49 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年02月05日 イイね!
ハッタリ度合いを上げてみました。え〜と…昨日のブログで、なんちゃってバーをロールケージ風化の様子を紹介しましたが、それに伴い細かいとこも弄ってみたので、今日はそちらを紹介してみます。

まぁ…タイトル通りで機能向上には、なんら貢献しない、ハッタリ度合いUPの弄りなんで、そこはご理解の程を…(^_^;)

先ずは、ロールバーパッドです。



リアのなんちゃってロールケージ風化は流用、自作の本当なんちゃってなんですが、そこに一つぐらい本物のアイテムを使ってみようと導入しました。
物は、イギリス製?のFIA公認のロールバーパッドです。

直径38㎜パイプ用で…

FIAホモロゲナンバーが刻印してある本物です。
パッドと言うぐらいですから、ある程度の弾力があるのかな?と思っていましたが…硬い硬い(・・;)
まずは、必要なサイズに切断しました、切断はカッターでと説明があったのですが、カッターナイフでは難しいと判断、パイプソーで切り出しました。



切断面して初めてわかったのですが、硬質発泡ウレタンのような物で成形して、それをゴムにて表面をコーティングしているようです。

レースでのクラッシュ時に、ヘルメットとかが当たった時、このパッドが潰れることによって衝撃を吸収するようになっているんですね〜っ。

て……物なんですが……自分は、ちょっと?だいぶ?違う目的で使用を(^。^)

では、何に使うのか?
愛用している、レカロSR-3シートが…だいぶお疲れの様子で…背もたれの無段階調整部のヘタリから座っていると背もたれが2〜3㎝ぐらい下がってしまうようになってきていて、それのストッパーとして使用です。

今までは、シートの後付の腰パッドを利用して、中身にホームセンターに売っている硬めのスポンジゴムを入れ使用していました。
それを…本物のロールバーパッドに(^。^)



ちょっと硬いので、シートへのあたりが柔らかくなるように、間にスポンジゴムを挟んで使用です。

FIAホモロゲナンバーも見えるように装置できましたが……こんなの誰も気がつかないですよね〜……はい、自己満足弄りです。σ(^_^;)

続いては、これのハッタリ度合いUPを。


WRCマシンみたいに、油圧ハンドブレーキをステアリング横に装備したい一心で導入したハンドブレーキレバーです。
見ての通り、雰囲気出しの為だけに取り付けましたから、油圧配管はしてませんでした。

これに、ダミー配管をしてハッタリ度合いをUP!!

安〜いパーツを集めました、ステンメッシュブレーキホース、バンジョー、セパレートホースクランプです。全部で5000円程で揃えることができました。
ステンメッシュブレーキホースは、それこそアールズ製とかだと10000円以上しますが、これは、1980円!安いですね〜信頼性、シール性に大きな疑問をいだくような製品ですね〜、しかし本来の使用はしないので問題なしです。

長さを決めて、ダミーなんで躊躇することなくカット。

センターコンソールに穴空けて、グロムメットを使って納めて。
ホースをセパレートホースクランプでまとめて完成!




本物ぽくなったと思います。(^。^)
因みに、バンジョーボルトは機能させるわけではないので、普通のM10ボルトで代用してあります。

これも…誰も気がつかないでしょうね〜σ(^_^;)

それでも、ハッタリ度合いは上がったと思います。

乗り手の気分上げチューニング全開ですね〜。

自己満足万歳 ヽ(´▽`)/




以上です。m(__)m
Posted at 2017/02/05 09:25:24 | コメント(2) | トラックバック(0)
プロフィール
「@aki.gc8
ありがとうございます。
すいません、勢いで落札しちゃいました。
(^^;)

え〜と、え〜と、、そしたら〜遠征に出た時に……型取りの準備して待っていてください。

ヽ(´o`;」
何シテル?   02/20 12:49
555swrtです。よろしくお願いします。 今年で25年目に入った、GC8Aインプレッサに乗り続けているオッサンです。笑 GC8は少なくなりましたが、30年...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
ルーフスクープ取り付け① 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/22 23:04:49
パワステ ベルト取替 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/22 12:59:19
M16x1.5のタップ切った 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/19 06:25:18
ファン
25 人のファンがいます
愛車一覧
スバル インプレッサWRX スバル インプレッサWRX
スバル インプレッサWRXに乗っています。 外装 WRタイプ フルエアロ 内装 レ ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.