車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月17日 イイね!

最高27度 最低13度

おっさんアルト

エンジンノーマル

3AT

マフラーノーマル

サスペンション ダウンサス キャンバーは2度。

タイヤ ネオバ




ベストタイムは1分22秒163
えっ?前回より0.79秒遅い!!なんで?
まぁ前回のタイムは人が計ったもので
サーキットの公式タイムではないので
この22秒163が公式となります。

荷物をすべて降ろして走行するとすこしオーバーになり
積むと弱アンダー。
車高調が付いてればリアの車高を下げたりショックの減衰を緩めたり
フロントを上げたりショックの減衰を上げたりして調整できますが
なーーーーんにも付いてないので調整のしようがありません。

荷物を積むとコーナーは速いが直線が遅い
降ろすと直線は速いがコ-ナーがオーバー
どないせいっちゅーねん!!!と言う感じです(^^)/
最終コーナーの立ち上がりもモタモタモタ・・・・・・遅い・・・・
ここで何秒もロスしてるのがわかります。
スタンド前の上りもモタモタモタ・・・・・蠅がとまりそうだ・・・・・
3ATだから・・・・・仕方ないのか・・・・それにしても・・・遅い・・・・
完全にパワー不足です。レーシングスピードになってない。

友人のビートに同乗させてもらったんですが
最終コーナーを2速で立ち上がりでアクセルを入れると
「クォーン」と加速するGが3ATアルトの比ではありません。
「こりゃ勝てんわ・・・・」


パワー不足はコ-ナーで補えと
全開で走行してピットに帰ってきたら友人が
「1コ-ナーで右側のタイヤが前後とも浮いてるで!!!」と言われました。
それくらい攻めてました。
なのに直線で抜かれるのは悔しいです(-_-;)



画像は削られた左フロントタイヤを見て
お金の計算をしてる私です((笑))


走行してたらオイルの焼ける匂いがします。
ピットに帰って点検したらなんと先日交換したタペットカバーパッキンの
隙間からオイルが漏れてる!!! なんでだ?????

すぐにタペットカバーを開けてみたら
パッキンがずれてました・・・あちゃ・・・・完全な私の作業ミスです(-_-;)
液体パッキンで対処し再度走行。
帰宅してからすぐに注文入れました。

オーバーヒートを恐れて体感外気温度30度の中での
ヒ-ター全開は・・・まるで鈴鹿8耐です。

本日の感想

もう・・・・ダウンサスと3ATの限界です・・・・
パワー不足は仕方ないにしろ・・・・限界です。
これ以上はタイムは伸びないでしょうね 伸びてもコンマ数秒だと思います。
車高調を視野に入れて考え中です(^^)/


Posted at 2017/04/17 05:59:02 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月12日 イイね!
先日、うちの半分壊れかけのテレビ(20分くらいで電源が勝手に落ちる)である番組を
見てたらオバサンが腰痛に何年も悩まされていて医者も原因がわからず困っていたそうです

そんなときにオバサンが犬を飼い始めたそうです。
毎日世話し可愛がっていたそうです。
そして・・・ある日気が付くと・・・腰痛が治ってる!!!
まったく改善したとは言いませんがあきらかに良くなっていたそうです。

えらい先生がこれは犬に集中することで痛みが緩和されたんだと。。。。

え?・・・・え?・・・・えぇ?

我々みんカラ族は車が好きですよね。
休みの日は何かしら車触ってますしヤフオクともニラメッコしてます。
車に集中してますよね

腰・・・痛いですけど・・・・・・(大爆)

この記事を読んでる皆さんは
「犬を飼い始めて散歩に連れて行くから足腰が鍛えられて腰痛が良くなっただろ」って
思うでしょ?残念でしたオバサンは腰痛がひどいので散歩は旦那さんが行くのですよ

Posted at 2017/03/12 07:28:12 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月05日 イイね!


2017年3日5日

晴れ 最高気温15度 最低3度

岡山県中山サーキットでの練習走行です。

前回の走行からタイヤはアドバン ネオバ AD07

トレーリングアームバー追加 

ドアスタビライザー追加

フロントキャンバー3度 

触媒ストレート 

マフラー60パイ改

レビィテック添加

・・・・・と改造を重ねた我がATアルト・・・

さてどんな走りをするのでしょうか?

中山サーキットは練習走行で同乗が許されているので

まず友人を隣に乗せてテスト走行です。

タイヤが温まった頃合いを見て全開・・・

あれ?・・・・・あらら・・・・

オーバーステアになってる・・・・いかん・・ケツが・・・・出る・・・・

おぉ!!!!やばい これはヤバイ・・・・・

最終コーナーでスピンしそうになって友達は真っ青。

これはいかん!!!  なにが悪いのか????????

フロントキャンバーが3度の上にリア回りのボディ強化が裏目にでたのか?

すぐさまピットに帰りキャンバーを1度に戻し再度走行。

だいぶオーバーが収まったもののまだケツが出て踏めない・・・・

またまたピットへ・・・・あれ?

はーーーーーーー? 左フロントがスローパンクチャーーーー!!!!

ダメだ・・・・練習開始から30分で本日の走行は・・・断念・・・・

仕方ないのではずしていたシートを元通りにし降ろしていた荷物を再度積込み

マフラーをもとに戻し・・・・レーシングスーツをツナギに着替えて

友達のタイム計測のお手伝いすることに・・・・

いや・・待て・・・このままじゃ帰れないのでタイヤに空気を入れておかなければと

タイヤに空気を充填。

しばらく経ってからタイヤを見たらまったく空気が減ってないみたいなので

スロー走行で走ってみることに・・・・なんとも・・・ない・・・あれ?

まったく空気が減らない・・・訳わからん

ドアスタビライザーもはずしトレーリングアームバーもはずして

リアの剛性を落としてみたら・・・まったくオーバーが出ないどころか

踏める踏める!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! これはいいぞ!!!!!!

おそらくベストタイムが出てたであろう走りだったのですが

私が「軽く走って見る」と言って走行にでたので誰もタイムは測ってませんでした(+_+)


しかし帰り支度してる荷物満載のマシンがこれほど踏めるとは思ってもいませんでした。

60パイのサーキット用マフラーまで積んでました。

この時は当然、装着マフラーはノーマルです。

ちなみに全開走行で水温80度 油温90度 ATF70度

これはもうベストですね(^^♪


ホントに車は奥が深いですね

公道ではオンザレールで走る車でサーキットでは大オーバー

リアの剛性を上げ過ぎたのかと思いきや荷物満載でベストタイム。

やはり公道とサーキットでは違いが出ると感じた1日でした。



総評です。

公道で速いと思っても路面が違うサーキットでは通用しない。

剛性を上げ過ぎるとマシンがピーキーになり過ぎる 逃がしを作れ

重量バランスを考慮しろ


公道ではトレーリングバーも抜群の威力を発揮し

3度のキャンバーでは恐ろしいほどのコーナーリングします。

なので公道とサーキットを分けてセットアップしていきます。















Posted at 2017/03/05 21:01:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月14日 イイね!
油温油温計を付けたのは整備手帳にアップしました。
最初オイルクーラーを予定してましたが
油温計をまず付けてからにしようと思い
テスト走行の結果が画像です。

2月14日 朝6:00 気温2.8度 距離30km

回転3000 平均速度60km

なんと・・・・63度です。

水温はと見たら・・・78度・・・サーモ開いてないし。。。

K6Aはアルミブロックなので放熱性能がすぐれてるので
温度が上がらない・・・・
油温80度くらいかなとは思ってましたがあまい・・・

オーバークールかも・・・
どうしようもないのでこのまま。

油温は120度を超えると分子同士の手が離れてしまい
シリンダーの壁に油膜切れを起こすのは定説です。
良いオイルほど高温でも油膜切れを起こさないように
油圧も確保します。
ベースからまたは添加剤で調整してありますので
価格はそれなりに高いです。

ラーメンを作るときに鍋でお湯を沸かしますが
鍋のお湯がグツグツと沸騰するのが100度
そう考えると120度ってすざまじい温度ですよね。

通常120度まであがる場合、
オイルクーラーをつけると110度まで落ちます。
サーキットでは必要かも。
オイルクーラーを付けてると熱ダレし難いのも事実です。

夏まで待って再度確認しまた報告したい思います。









Posted at 2017/02/14 21:15:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月05日 イイね!
おっさんはやります(^^)/2017年 あけましておめでとうございます(^^)/

さて、昨年は4月 10月 12月の計3回岡山県の
中山サーキットを走りまして回数を重ねる度に
モデファイを行ってきました。

マフラーを直管にしたりノーマルに戻したり
エアークリーナーを取ったり付けたり
タイヤの空気圧を上げたり下げたり
キャンバーボルトをつけたり
ピラーバーを追加したり
ストラットバーを製作したり・・・・etc

2016年12月4日の走行では

1分22秒084・・・・・

車高調も入れてないダウンサス。

しかも3AT

フロントタイヤ「ファイヤーストン」 
リアタイヤ「ダンロップ エネセーブ」では
もう限界に近いです。

2017年の走行に向けて年末にアドバン AD07に履き替えましたが
変更後はサーキットを走行していません。

更なるタイムアップを目指して今年もやります(^^)/

全国のHA23 3ATファンの皆様

孫がいるおっさんでもここまでできますよ~(^^)/








Posted at 2017/01/05 07:50:21 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「中山サーキット走行会 http://cvw.jp/b/2499259/39624478/
何シテル?   04/17 05:59
おっさんアルトです。よろしくお願いします。 面白い事大好きです。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
リンク・クリップ
清吉おじさんさんのスズキ アルト 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/29 08:48:31
シン(^^)vさんのスズキ エブリイバン 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/05/29 08:46:20
お友達
2 人のお友達がいます
清吉おじさん清吉おじさん kuwa100kuwa100
ファン
4 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ アルト スズキ アルト
2015年8月中旬に購入。 平成14年式 走行がなんと18800km! 軽四は今回 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.