車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年10月10日 イイね!
だいぶ間が空きましたが、デフ修理が終わりました。

久々にマーク2ワゴンの写真を。よく見るとリアの方の板金ベコベコだなぁ。
よく仕事で羽田空港の駐車場を使うのですが、今まで3回ぐらい右リアに当て逃げされて、できるだけ空いているフロアに駐めるようにしているのですが・・・。みんな焦ってるんで空港パーキングは特にご注意を。

だいぶ前、リアのハブベアリングを交換しようとしたとき、自分で交換しようとスライディングハンマーでガッキンガッキン叩いたものの、固着してて丸一日かけてもまったく抜けず、流石に近所迷惑かと結局工場に泣きついた経験から、もう二度と自分でやるまいと誓った箇所、それがデフ。

工場でも全然抜けなくて、仕上がり予定日に電話があって「まだ抜けてないんです」と言われた鬼門でもあります。

今回、工場に相談する前に、とりあえずどんなもんかとデフオイルを抜いてみたところ、大きめの金属粉と、明らかにベアリングらしき固まりが少しばかり出てきたので、ベアリングだけ交換出来ないか相談したら
「トランスアクスル組み直すよりキャリア丸ごと交換するほうが工賃的に安いんで」と。
なるほど納得。道理でみんな自分でやっているわけですね。

「トルセンにするならファイナルを純正の4.1から4.556にすればトルクは1割上がるんでノーマルの1G-FEでもケツ出したりも・・・あ、ATでしたっけ」
なんていうやり取りを経て、仕事に使っている車なので時間の余裕もなく、結局リビルトのノーマル玉入りのキャリアを融通してもらえることも分かり、外注しました。工賃65k+パーツ代。あの手間を思うと金で解決していい箇所だと思います。

ベアリングはピニオン側が割れてギアが全体的に偏摩耗しており、音が出たら時間の問題という意味がよく分りました。再利用できるのはキャリアとフランジのみという状態でしたが、リビルトの常で、業者に引き取られていきました。

そうそう、O2センサーを交換しましたが、結局、燃費はリッター7km行きません。渋滞ばかり走ってるのでまあ仕方ないのですが。
Posted at 2016/10/11 00:00:58 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年07月13日 イイね!
リアからヒューとかヒ―とか言うようになってきてしまいました。
特にバックで動かすと異音が顕著です。

リアのハブベアリングは交換してから4万キロも走っていないので、玉かペラシャかなーと思って、仕事が早く終わったのでディーラーに寄ってチェックして貰ったところ「玉ですね―」とのこと。デフオイルの様子は見ていないのでわかりませんが、思い当たるふしはアリ。最近レジアスのサスに交換して、関越道で120キロぐらいで段差に突っ込んでリアだけ宙を舞った覚えが。アレか。


意外にも部品が出ると言われたものの、流石に玉で20万(!)でディーラーさんも苦笑い。どなたか状態のいいデフ玉お持ちじゃないでしょうか。
Posted at 2016/07/13 15:18:39 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年05月23日 イイね!


マーク2のエアロ類は案外安くありません。

状態のいい中古車を安く買ったとして、さてカスタム、
まずはリップスポイラーだよね、と探すと
純正の中古リップが1-2万円、ショップオリジナルで2万円から。
+塗装費と考えると、う~ん? と、車体価格と比べると、
ちょっとな~というお値段だったりします。

一昨年、付けていたリップを盗まれてしまい、
新たに付け替えようとネットを探したときのこと。

じゃあ海外は? と見ると、
中古市場は玉数が少なくてどうにもなりません。
なぜかヒットするのは南アフリカ、.zaアドレスのショップばかり。

ものすごく安いし、幾つものショップに問い合わせてみるものの、
ナシのつぶてからのSPAMの嵐。

いやぁSPAM美味しいです! なんだかにゃーと思っている時に、オーストラリアから
「俺、南アから買えるよ?」と天の声。
よっしゃ! とお願いしたものの、新品本体価格1,000円(笑)が、
経由送料含めて7,000円。

まあ良いか、と取り付けた訳ですが、
まあ精度は値段なりに、いまひとつバランスが悪いかな~、ってなもんで、
ネタにもなりませんでした。

で、本題。

何で南アでクレシーダのリップが売ってんの? というところ。

実は南アフリカではトヨタ車を生産しています。トヨタの販売が開始されたのは1961年。最初は日本から持ち込んだ10台のピックアップ車から。そしてカローラ。トヨタの工場ができたのは68年。3年後には10万台達成という爆発的な売り上げを見せる底なしの市場でした。もちろん、買うのは白人の中産階級。

でもって、アパルトヘイト政策が欧米の非難の的になった80年代、欧米企業が経済制裁のため南ア市場を撤退する中、国連の非常任理事国になるための大票田・アフリカ諸国へのODAをドッカンドッカン注ぎこむ日本。有色人種への配慮?が仇になったか、南アの自動車業界ではトヨタだけがぶっとい気を吐くという、まさにトヨタ天国の市場が形成されました。

アパルトヘイト政策を支持する原動力ということでさすがに吊し上げを喰らい、日本も一応建前上は国交断絶して輸出入を自粛しますが、民主化のエネルギーはすでに爆発寸前に満ちており、たったの2年でネルソン・マンデラ解放→国交回復という、もう天才的なエコノミック・アニマルぶりを発揮していました。

そのマンデラ解放の1990年のこと。

「刑務所から出てくる彼を乗せる車、何にしたらいい?」
という奇妙な相談があったそうです。

後世に残るアパルトヘイト政策という負の歴史の終焉。このエポックの象徴として残る写真には、瑕疵があってはならない、と。
メーカーにとっては、のちに重大な悪影響を与えてしまうんでは? ということです。

メルセデスのような高級車で刑務所から送り出すのは政府にしてみれば一番不本意な形。解放されたマンデラが向かうであろう黒人居住区を走るBMW? あり得ない光景です。
ちなみに、終身刑を言い渡された彼が拘束された時、最後に乗っていたのはオースチン・ウェストミンスター。旧支配者の車、という意味でも解放時にイギリス車には乗せられません。また、解放に反対する勢力からの襲撃の可能性も残っています。折しもフォード車が襲撃されたばかりでした。
時として車は、乗せる人を英雄にも反骨の闘士にも、尊大な人物にも庶民にも見せる効果があります。さて、どうするか。

そうして選ばれたのがトヨタ・クレシーダでした。



「日常」というシンボルとしてのトヨタ車。この絵は映画から。

薄汚れた車に乗せるわけにはいかないので、トヨタのショールームから借りてきたらしい、シルバーのクレシーダ。向こうではハイヤー・タクシーとか社用車のカラーらしいです。アンテナとかヘッドライトの仕様が日本のクレスタとはちょい違います。マーク2ワゴンのヘッドライトにコーナーはクリア、クレスタ後期のグリル、前期のフォグなしバンパー。そして黒いリップスポイラー。今のうちの車の顔が、ほぼこんな感じです。これが実際の写真。



ちなみにこのクレシーダ、パレードでけっこう傷だらけになったようです。板金修理して普通に(笑)販売されたそうですが、のちに、世界中の富豪が「買いたい」と申し出たにも関わらず、現金で買われたため、その行方はまったく知れず。「あのクレシーダの行方」というドキュメンタリーがあるほどです。

出典:Sunday Times
/IOLなど


※追記
このクレシーダを売ったカーン氏という方は特定されているそうです。本人も家族も「あの」クレシーダとは知らず定価で販売し、その先は本当に不明だとか。前日まではメルセデスが用意されていましたが、ANC(アフリカ民族会議)から横ヤリが入り急遽トヨタ車になったとのこと。

ちなみにマンデラ氏は大のクルマ好きで、黒人として初代の大統領になったときには真っ赤なメルセデスSクラスを贈られました。本人は7シリーズのBMWを好んでいたそうですが。
Posted at 2016/05/23 20:18:43 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2016年04月16日 イイね!


ちょっと欲しくなった!

クレシーダは時計に誕生日を設定しておくと、キーを回したときに・・・
こんな機能あったんかぁ
Posted at 2016/04/16 23:03:53 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年04月01日 イイね!

カートリッジなのであまり選択肢が無いと思っていましたが、意外とありました。

純正はストラットにガスが封入されてるので、リングナットを緩めるとストラットからガスが漏れます。そう、それが20年前に閉じ込められたバブルの香り。

そして普通に使っている限り、10年20年は余裕でガスは抜けなかったりします。
もちろんガスが抜けてないからといってもヘタっていないわけではないですが。
かなり油が滲んでいたショックでも、開けてみるとガスがブシュ!っと抜けてきたりしてビビります。
それは熟年夫婦の愛にも似て。
というわけで以下より一覧。KYB NEW SRとかは調べるまでもないので省きました。

互換対象はSAAB 900 (バブル期にめっちゃ流行りましたね)及びその後継9-3、日産280Z、三代目フェアレディ300ZX、そしてご存知トヨタMR2AE86カローラ周辺です。

今後もシェルを加工しない方向なので、ストロークの短いAE86-AE101-ST202あたりのカートリッジは参考程度に載せています。そのあたりの詳しい数値はTRDYZ Sportsのサイトをご参照下さい。備忘録っつうか。内容には間違い・勘違いも多いので随時更新しています。



★純正互換品 カートリッジボディ397mm前後・ストローク189mm

KYB 365076 Excel-G

Extended Length     23.9
Compressed Length     16.46
Body Length   15.63

Monroe 73214 OESpectrum™

Extended Length     23.5
Compressed Length     16.25
Body Length 15.625
Stroke  7.25


Tokico HZ3062

データ不明ですがいわゆるトキコブルー。ダルマセリカと共通。
米国での純正互換品として一番有名で一番評判が悪い。
トキコアメリカのやる気の無さか、どの型番で検索しても、
すべて同じストラットの写真しか出てきません。
HZ/BZで始まる型番はカートリッジです。
HTS102Fとの比較写真でようやく見つけました。

以下、ショートカートリッジ

KYB 363046 Excel-G

for MR2 rear

Extended Length    21.38
Compressed Length    14.61
Body Length    14.13

KYB 366010 Excel-G

for SAAB 900 (1994-1998) front

Extended Length     20.79
Compressed Length     13.94
Body Length     13.54




KYB AGX 765016 

SW20リア用 減衰調整式

Extended Length    21.73
Compressed Length    14.92
Body Length    14.17
Travel 6.81

KYB AGX 765015 

SW20フロント用 減衰調整式

Extended Length     20.35
Compressed Length     14.02
Body Length     13.3
外径43.8mm
AE86/70系カローラ用フロントとして国内でもまれに売られてます。
カートリッジ長は92ショートと似たような寸法ですがストロークが16cmあります。
前述のリア用より固めです。

カートリッジに60mm弱のゲタを履かせると純正ストラットに減衰調整付きって塩梅ですが、アチラのクレシーダ乗りはだいたいストラットをこのカートリッジに合わせて切って車高調化するのが定番のようです。

Monroe 73264 OESpectrum™

for SAAB 900 (1994-1998) front

Extended Length     20.5
Compressed Length     14.75
Body Length 13.75
Stroke  5.75
diameter T4( 1 3/4インチ)

80年代欧州車の知識がまるで無いので、買ったとしてリングナットは合うのか?と心配になりましたが、datsun240ZやBMWのe21/323iがM48x1.5らしいのでナットは問題なく存在するみたいですね。
ちなみにスウェーデンではVOLVO240のストラットをカットしてSAAB900のカートリッジを流用してショート化してたりします。世界中同じようなことしてますね。

Monroe 73453 OESpectrum™

for SAAB 9-3 front

Extended Length     20.75
Compressed Length     13.75
Body Length 13.25
Stroke  7.00
diameter T4( 1 3/4インチ)

↓↓これらのデータから逆引きで↓↓



Bilstein-b6 34-030936

for Saab 900 (1994-1998) Front
φ36 monotube

詳細不明ですが上記KYB366010・monroe73264と互換です
カートリッジ直径も分かりません
B6はモノチューブ倒立なのでリングナットに注意
M48x1.5 リングナットの型番はB4-B30-U232A1(要確認)


Bilstein-b6 34-002643

for nissan 300ZX  Front
φ30 monotube

同等のmonroe73229のサイズは以下
Extended Length     20.63
Compressed Length     14.50
Body Length 14
Stroke  6.13


Bilstein-b8 34-031056

for Saab 9-3 (1999)  Front
φ36 monotube

同等のmonroe73453のサイズは以下
Extended Length     20.75
Compressed Length     13.75
Body Length 13.25
Stroke  7.00
diameter T4( 1 3/4インチ)


KONI 8611-1259/8610-1437 race

レースショック。汎用ですがHTS102F亡き後のAE86用として知られています。
トキコのD-Specに同じ型番がありますが、まあ亡き後と言っていいと思います。

伸圧減衰力各無段階調整(8611)伸側のみ調整(8610)
Extended Length     21.26
Compressed Length     15.24
Body Length 13.07
Stroke  6.02
diamater 1.71
8611を買ってストラット底面に穴を開けて、圧側調整のたびにナックル外して、となるとレース走る人ぐらいしか使わないですよね。

というわけで

koni 8641-1305 sport

これがmonroe 73264 相当。無段階調整でお求めやすい価格。 Saab 900 front用。
同様にSaab 9-3用フロントが

koni 8641-1389 sport


なお、コレ↓が奇跡的にほぼマーク2純正サイズですが、
車高を下げずにスリック履いてレースするわけもないのでネタとしてご紹介。

KONI 8611-1258 race
Extended Length     24.21
Compressed Length     17.99
Body Length 15.39
Stroke  6.22
diamater 1.71

KONIの番号は86で始まるのはカートリッジ、87で始まるのがストラットハウジング込み、あとはそれ以外です。あまり流通していないので画像が割と適当です。


YZショック 48511-YZ115

2352/1176N
Extended Length    453mm
Compressed Length    333mm
Body Length    325mm
直径43mm

現在も入手可能な、カートリッジ長333mmのいわゆる92ショート
48511-AE941
(固定)48511-AE031(5段調整)の互換

亀有ニードルショック  Z31F-AJ

40段調整・3550-1160~880-710N 
Body Length    362mm
Stroke 145mm

ケース長337mmストローク135mmの92ショートというかS30/S130用のAE92F-AJと二種類出してます。
亀有エンジンワークスはアメリカ人から教えてもらいました。L型エンジンの部品など供給されている所ですが、オリジナルのショックも供給されているご様子。まさかの新製品。
新製品といえば、亀有さんからトスコ(TRD)のホイールの復刻コピー品を13→14インチにして8J9J限定150セット出すらしいですが、ホイール業界って伝統的に意匠権とか無いんですかね。ほんと日本も昔から酷かったし何社もトスコのコピーを出してました。そういや「海賊版」って最近言いませんね。でもまあ、そりゃ欲しいわな。ちなみにナットはテーパーだそうです。って買う気か俺。コーリンのコピー品14インチですらセットでうん十万とか、現状のプレミアム価格と比べるとかなり安価なので、外国のみなさまも「*本物のRotaか!」と大騒ぎ中。相当数が海外に流れそうです。

★★★以下入手困難廃盤品

TRD 純正フロントカートリッジ 48511-MX792
1597/421N 
Extended Length 602.0(23.7) 
Compressed Length  412.0(16.2)
Stroke  190(7.48)  
ロッド径 22
diamater  45.0(1.77)
Body Length 385.5(15.17)

TRD 86純正フロントカートリッジ 48511-TA001
Extended Length 511mm
カートリッジ長  378mm

TOKICO HTS102F 減衰無段階調整式
Extended Length 476mm
Body Length  332mm

YZショック 48511-YZ226 減衰調整式
Extended Length 396mm
Body Length  270mm

GAB GSZ1080A 4段調整
適用車種=61、71マークⅡ、A63カリーナ、セリカ
全長=約65センチ
ケース長=39.7センチ

GAB GCZ1150A 4段調整
適用車種=AE86
全長=約64.5センチ
ケース長=40.0センチ

GAB GPZ1150A 4段調整
適用車種=AE86
全長=約53.5センチ
ケース長=35.0センチ


Tokico Illumina  BZ3125(90-95) BZ1085(85-89)
MR2 front 5段調整
Body Length 12 7/8

Tokico Illumina BZ3126(90-95) BZ1086(85-89) BZ3099
MR2 rear 5段調整
Body Length 13 5/16

日立との兼ね合いでか一時市場から消えましたが、またちゃんとebayで出回っているようです。まだあったのかと言うなかれ。前期と後期で型番が違いますが、前期はカローラベース、後期はセリカ・カリーナベースということです(よくわかってない)。色々情報交換したところ、クレシーダで使われているのはだいたい後期とのこと。まあ(コロナ)マーク2ですし、そういうものかもしれません。昭和のド定番「イルミナ+タナベのサス」のイルミナです。

青トキコはたまに新品がヤフオクに出てますが、白はまず見ません。そして上記の番号が合ってるかも怪しいです。

というかトキコアメリカのウェブサイト、一年ほど前に立ち上げたはずですが、自社製品なのに正確な写真を載せてませんし、こんな時にこそ頼りになるcaridですら正しい写真がありません。ebayの業者が一番頼りになるかと思います。

業者が「イルミナは日本製です!」と連呼しているあたり、トキコアメリカの評判の悪さが伺い知れます。


Tokico Illumina BZ3012(前期) BZ3038(280Z後期)
1983 Datsun 280ZX (front)
Body length: 14.75"
Compressed length: 17.250"
Extended length: 24.000"
Travel length: 7.250"
BZ3013はBZ3012のボトムにゲタが着いたものでリア用。
240Z/260Z前期用が BZ3015(front) BZ3016(rear)
260Z後期/280Zが BZ3012(front) BZ3013(rear)

ていうか今、フロントはそのタナベのサス使ってます。バネが純正色のH150。
バネ変更だけで強度計算書を付けて構造変更を届けなきゃいけなかった時代、バネが黒ならバレないとかありましたから。まあバレてたんでしょうけど。

 


Bilstein 34-000984
for AE86 front
Bilstein P30-0348/ P36-0349 TEMS(旧型番)
Bilstein 34-003480/34-003497 TEMS(現型番)
for GX81

*Rota
コピー品・ニセモノ品で有名なフィリピンのホイールメーカー・ROTAというところが、更にそれをパクって更に安価に売る中華製に対して警告声明を発するという香ばしい一件が数年前にありました。

下の関連リンクはリア編です↓

Posted at 2016/04/08 10:59:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「デフ玉逝ったご様子 http://cvw.jp/b/2507764/38211289/
何シテル?   07/13 15:18
I'm dudly. Nice to meet you.
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
マーク2ワゴンのショック(純正~ショート)選択肢/リア編 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/03/17 04:11:09
旧車セリカ純正のパウダーコート&ダイヤモンドカットによるリフレッシュ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/10/11 07:29:00
お友達
2 人のお友達がいます
just-awayjust-away ヤンカリヤンカリ
ファン
2 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ マークIIワゴン トヨタ マークIIワゴン
Driving a TOYOTA MARK_II_WAGON since New. 新 ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.