車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月21日 イイね!
磐梯吾妻スカイライン - 一切経山 ~ 東吾妻山天気のいい土日はなかなかじっとしていられません。(山行きたい・・・)

20日土曜、超絶激務の最中、仕事が終わってから、磐梯吾妻スカイラインを目指しました!

23:00頃、浄土平に到着。星空観賞をしました。

最初はうわー、すごいいっぱいの星だな~、こないだの八ヶ岳よりすごいな~。

5分後・・・

天の川!!すごいーー!!!
w( ▼o▼ )w オオォォ!!



暗い所に目が慣れるまで、5分は光源を見ないようにします。
スマホの画面、カメラの液晶、カーナビなどは見ないようにします。
(けど、最後の方はカメラの液晶見ても天の川が消えないくらい目が慣れてました)

南東の方角(吾妻小富士の南)


次が北東の方角。(吾妻小富士の北)


東の方角(吾妻小富士方面)


西の方角(一切経山方面)
天の川はありませんが、空いっぱいの満天の星空でした。


あと、流れ星がビュンビュン飛んでました。
目視で見れただけで20個以上。。。なんかの流星群が極大を迎えていたわけではありません。。。

浄土平にいたみんなが、「天の川すごい~」
「流れ星また流れた!」 と星空観賞を楽しんでいました。

自分も永遠にこの空間に居たい、と感じました。。。(w´ω`w)ポッ

しかし、星達は姿を消し、東の空が明るくなってきます。

頂上でご来光を見ようと、吾妻小富士を登ります。

朝焼けの磐梯吾妻スカイライン


吾妻小富士頂上でご来光!


そのままお鉢巡りをし、浄土平へ。

6:00 今まで噴火警戒レベル2による火口周辺規制で通れなかった一切経山登山ルートの規制が解除されたため、一切経山・東吾妻山トレッキングを開始します!


野鳥達の歌声が心地よい湿原散策
ちょっと大き目の野鳥が撮れました。


調べてみますと、ホシガラスという高山に住むカラスだそうです。。

一切経山登山コースに突入!


酸ケ平避難小屋を越えてちょっと登った辺り。振りかえると鎌沼


残雪は2か所のみ。あとはガレ場が続きます。


あとちょっとで頂上。


一切経山頂上到着!


西吾妻山方面を展望。(*´∇`*)


魔女の瞳(五色沼)も開眼!!

山ガール1「わ~!!すごい綺麗~!!」
山ガール2「ほんとすごい綺麗ー!!!」
山ガール3「うん!すごい綺麗だよ~」


おじさん「こんなに綺麗綺麗って言われて五色沼は幸せもんだな!」


山頂で他の登山客さんの写真を撮ったりしてあげました。

一切経山はこれにて下山。
朝、山頂でご来光を見た吾妻小富士(フジツボ)の姿も見えました。


鎌沼では鏡のような綺麗さ。


次に目指すは東吾妻山


雪解けの水が登山道を流れて沢のようになっています。


山の下の方は中途半端に雪解け。
雪を踏み抜かないよう、気を付けて進みます。


途中からは雪道。登山道は前の登山者の足跡のトレースです。


雪道を越えると、あとちょっとで頂上。


東吾妻山頂に到着。(*´∇`*) 磐梯山、秋元湖、桧原湖方面の展望。


西吾妻方面を展望 (*´∇`*)


浄土平に戻ります。下山途中で見えるフジツボと桶沼。


フジツボアップ。


12:00 浄土平に到着。トータル6時間でした。
下山カードをポストに投函。一切経山よ、またいつか!


駐車場に戻ると、多くの観光客で賑わっていました。


フジツボ、鎌沼、魔女の瞳などなど、見所満載のトレッキングでした。

今度は星座とか、夏の大三角形とかにも興味が出てきました。。。

次はどこの山に行こうか、、、今から楽しみです。
Posted at 2017/05/24 22:42:17 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月03日 イイね!
三ツ峠 ~ 富士芝桜 ~ 高ボッチ ~ 北八ヶ岳GW突中です。

そろそろ単独行の森君やるのも寂しくなってきたので、心当たりのある人に一緒に山に行こうと誘うもことごとく断られ。。。>< 

三歩さん「みんな、山に来ればいいのに。」

そういえば三歩さんは山にゴミと命以外全部捨てても怒られないって言ってましたけど、まさかサイフまで捨ててしまうだなんて思ってもみませんでした。(後述)

4月30日 聖地巡礼!?三ツ峠に行ってきました!

但し、あおいやひなた達と同じグリーンセンタールートではなく、太宰治ルート。
ちょっとルートを外れてクライミングのメッカ屏風岩まで見てきました。

何組ものクライマーの人達があちこちで登ってました!


す、すごい。。。生で見たの初めてです。

さすがに、両足が不自由な自分には無理です。。。

ちょっと登ったところから見た屏風岩


あとちょっとで頂上のところ。
雲ひとつない晴天!いい富士見せてもらった!!(*´∇`*)


三ツ峠頂上。こんなに最高なのに、登山シーズンじゃないからなのか、ほとんど登山客がいませんでした。


頂上から南アルプス方面を展望 (*´∇`*)


三ツ峠、また来るよ!


そのまま富士芝桜まつり2017に寄ってきました。
大勢の観光客で賑わってました。

アネモネと富士山


芝桜と富士山





5月2日 仕事帰りに高ボッチ山に行ってきました。(聖地巡礼!?)

高ボッチスカイラインという名前のかなり狭い林道を抜け、高ボッチ高原駐車場に車を停めます。そこから徒歩5分の高ボッチ山頂へ。

EOS-5D、EOS-7Dといったカメラと三脚を構えた写真家達がちらほら。
八ヶ岳 - 富士山 - 諏訪湖 - 南アルプスの写真


富士山アップ


帰り際、アルプス連峰展望台で夕日が沈みます。


アップ。写真左から険しい稜線の奥穂高岳、北穂高岳、真ん中の凹が大キレット、右の方に行くと南岳、中岳、ツンと飛び出たのが槍ケ岳です。


帰り際に展望夜景撮影。
朝焼けのタイミングで撮れれば、超キレイだろうな~O(*・ω・*)O


そのまま八ヶ岳ホテルで一泊。

ちょうど星空観賞会やってました。




なかなかうまく撮れない><

周囲に光源が無くて良いのですが、月明かりが明るすぎでした。
ISO2000以上だと粗すぎ、ISO1000以下だと暗すぎ、EOS-80D標準レンズの限界を感じました(´;ω;`)

翌朝、北八ヶ岳方面を目指しました。

道中、道の駅南きよさとで長沢鯉のぼり祭り。
500匹の鯉のぼりがいるそうです。



11:30 白駒池駐車場に車を停め、行ける所まで雪山にトライ。


白駒の池方面には観光客・登山客がちらほら。アイゼン無しっていう人が結構いました。


白駒の池


高見石に向かうところ。キツい登りです。


高見石まであとちょっとの所。


登り切ったところで360°展望。右下はさっき行った白駒の池です。


高見石からさらに登ったところに丸山頂上。


そこから急な下りを降り、麦草ヒュッテへ。
道を渡って茶臼山へ向かいます。この辺りから登山客が全く居なくなります。

茶臼山へ向かう登り。


ちょっと展望ポイントの中小場に着きます。
ここから茶臼山山頂まで、かなり強烈な急勾配の登りが待ち受けています。



無事、茶臼山頂展望台に到着!
曇りでも素晴らしい見晴らしでした! (*´∇`*)




同じルートを下ります。山頂付近の急勾配の下りでは、足の膝辺りまで雪を踏み抜くわ、18本爪のアイゼンを付けているのに滑るわ、かなり神経使いましたが、無傷で麦草ヒュッテへ帰還。白駒池駐車場まで歩いて戻り、3:30頃下山、帰路へ。。。

と思った矢先、サイフが無いことに気付きました。

まさか、茶臼の山頂付近で落とした?

麦草ヒュッテの人にサイフの落し物の話をし、もう一度、茶臼の山頂に向かいます。

「一日に、2回はないよな~」

と思いつつ、誰一人とすれ違っていないことから、山頂付近に絶対落ちてると確信し、急勾配を登ります。

予想通り、山頂付近で落ちてた自分のサイフを発見。6時に麦草ヒュッテに戻りました。往復2時間。疲れた~。
麦草ヒュッテさんお世話になりました。

山に夢中になっていると、サイフを落としても気付かない
次からは気を付けますm(;∇;)m

帰りのメルヘン街道では野生の鹿が3匹見れました。かわいい。。。

雪が溶けたらまた来ます!
Posted at 2017/05/04 18:33:20 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年04月23日 イイね!
山の神千本桜(散り始め) ~ 新倉山浅間公園久々に登山日記のブログ更新です><

ここ数カ月で引っ越しやら何やらいろいろ大変でしたが、今はただ

森 文太郎「俺、何も考えられないくらい、山をやりたいんです。」

・・・山は嫌な思い出全部を忘れさせてくれます。


島崎三歩「山に捨てても怒られないものなーんだ。」
「答えゴミと命以外ぜーんぶ」


・・・・嫌な思い出全部を捨てに山に行ってきます!


4月23日 山の神千本桜 (たいら山) 登りました!

千本桜の山バージョンがあるなら行かずにはいられないと張り切って行ったところ、山麓の桜は新緑、高所の桜も散り始め。。。
桜は残念でしたが、きちんとした登山コースで登り応えありでした。しかも登山客がほとんど居なく、穴場スポットです。

これからアタックする山の神千本桜

麓から山の神神社まで登る参道に1000本の桜が植えられています。
写真上の方のピンク色の所が展望所のあたりです。

山に来るのは谷川岳以来なので、楽しみです。


展望所で絶景!(*´∇`*)
北岳、鳳凰山、右端に八ヶ岳




八ヶ岳、金峰山、甲武伸ヶ岳、方面


展望所から少し登った所にある山の神神社でお参り。
そのままたいら山山頂を目指します。

道中、林道では絶景ポイントが!(*´∇`*)




林道の行き止まりから、たいら山への登山コース突入


登山道としてあんま整備されていない感じです。
木の所々に印が巻きつけられているため、印を目指して進みます。

もし印が無ければ簡単に遭難しそうです。

視界は開けていませんが、たいら山山頂に到着。
林道から頂上、帰りの林道まで、人っ子一人いませんでした。
単独行の森 文太郎になった気分です。


山の神駐車場からたいら山山頂まで登り1時間30分、下り1時間という感じでした。

山の神千本桜は満開の時にもう一度来たいですね。

帰りに寄った富士五湖では富士五湖ウルトラマラソンやってました。
みんながんばれ~q(*・ω・*)p

写真は西湖


帰り際に新倉山浅間公園で撮影した一枚。


嫌な思い出ぜーんぶ捨ててリフレッシュしました。

たまには仕事から離れてリフレッシュしないと、精神的に持たないですよね~
Posted at 2017/04/29 21:38:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月19日 イイね!
鬼押出し園~谷川岳登頂!!久々にブログ更新です。

天気の良い土日という条件になると、いきあたりばったりドライブに行きたくなります。



3月11日
富士山のような円錐型成層火山の雪景色を見たいな~と思い、いきあたりばったりドライブで鬼押出し園に行ってきました!

期待通りの晴天!浅間山と黒斑山(くろふやま)です。


カメラズームで千トン岩が写ります。




浅間山観音堂より、四阿山(あずまやさん)、本白根山方面を遠望します。


一番長い、奥の院参道コースをぐるーっと一周しました。
松が多く植えられていました。


鬼押出し園を展望。


雪の溶岩ウォッチング最高に綺麗でした!


3月12日
初の雪山登山挑戦に谷川岳に行ってきました!

道中、湯檜曽公園にはアンパンマンなどの雪像が。。。


ちょっと先のドライブインには関東一 大かまくら


登山者カードに記入。
スノーシューとアイゼンを用意して、いざロープウェイへ。

しかし結果としてスノーシューは不要でした。無駄に体力消費した~
雪が多くの登山客に踏み固められているので、アイゼンで大丈夫です。

ロープウェイ天神平駅を出てすぐの谷川岳の写真です。
登山コースは多くの登山客で賑わってました。


最初の急勾配の登りを越えた所です。
絶景が広がっています。


木の横の崖を通る危険箇所になります。

ちなみに、登山ルートマップにある熊穴沢避難小屋は雪に埋まってどこにあるのか分かりませんでした><

熊穴沢避難小屋(どこか分からない)を過ぎて森林限界を越えたあたり。

注:これはスキーではありません。登山です。

ルートマップにある、天狗のトマリ場、天神のザンゲ岩もどこか分かりませんでした><

注:これは登山です。

ここが最後の急勾配の登りです。

注:登山です。

でも、スキー板を担いで登って、急勾配をスキーする人もいました。
す、すごい・・・

肩の小屋に到着。雪が固まってます。。。


看板も固まってます。


肩の小屋で絶景を見ながら、昼食!!
ご褒美!!(*´∇`*)


肩の小屋からちょっと登った所にトマノ耳。


自分は今回ここで満腹になっちゃいました。。(*´∇`*)

オキノ耳まで行く登山客もいました。



GPS登山様のサイト(リンクフリー)で、展望図を合わせてみました。
http://55walking.sakura.ne.jp/index.html

東 至仏山 日光白根山 方面





南西 浅間山 四阿山 本白根山 方面





南東 袈裟丸山 赤城山 方面





南 子持山方面 右端に見えるのが肩の小屋




下山途中の下り急勾配。
景色を見ていて足元を見てないと滑って危険です。


15:30頃、無事ロープウェイで帰路へ。。
滑落しないで良かった~

谷川岳には一度も来たことが無かったので、雪が無い時期にも来たいと思いました。

春になれば、雪で通行止めだった道の開通、
桜の撮影など、いろいろ楽しみです (*´∇`*)
Posted at 2017/03/19 18:20:31 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年03月05日 イイね!
筑波山梅まつり~筑波山登頂久々にブログ更新です。

急遽、広いマンションに引っ越すことになり、大忙し。。。

引っ越し先は大地主がたくさんいる住宅街です。

つい最近、森のような大きな土地を持っている大地主が亡くなり、あっという間に巨大マンションが立ちました。
観光地は写真に残していてもほとんど変わらないですが、街並みはあっという間に変わっていくので、古い街並みの写真は貴重です。

さっそく引っ越した先の街並みを撮ってみました。屋敷林となっています。


ちょうど梅が見頃を迎えています。


日曜の朝は、鳥たちの鳴き声で目を覚まします。
今度ゆっくり街を散歩してみたいですね!

3月4日 筑波山梅まつりに行ってきました!

筑波山の標高250m付近に1000本の梅が植えられています。

満開まであとちょっとという感じでした。
たぶん来週行けば最高の満開ですよ。

巨岩と、梅の枝をくぐり登って行きます。


目指すは一番高い展望台 展望四阿(あずまや)


展望四阿からの眺め。ちょっと雲が多いかしら。


あとちょっとで満開の梅の花達。


アップ










野鳥と一緒に撮りたかったのですが、野鳥はほとんど居ませんでした。。。

筑波山神社でお参り。
せっかくここまで来たのだから、山の上まで行こうかなぁ、と。
ケーブルカーかロープウェイ、どっちで行こうかなぁ、と。

しかし、足が勝手に登山道に向かって歩きはじめます。
筑波山神社から女体山頂まで110分の白雲橋コースに突入します。


あ、足が勝手に~足が勝手に~ (o*´∇`)oウキウキ


現地に来るまで徒歩で登るつもりはなかったので、かなり軽装でした。


道中の巨岩達に名前が付けられています。

弁慶七戻り


母の胎内くぐり


陰陽石


国割り石


出船入船


北斗岩


大仏岩


女体山頂に到着!ご褒美! (*´∇`*)








女体山頂から男体山頂へ向かう道で、ガマ石


ケーブルカー山頂駅のある御幸ヶ原。
女体山頂付近から男体山頂付近まで人で賑わっていました。


男体山頂から展望。


男体山頂から女体山頂を眺める。


帰りはケーブルカーで筑波山神社まで戻りました。

筑波山は標高877mですが、梅林が250mなので、標高差620mを一気に登るので、本格的な登山になると思います。

女体山頂からの眺めは良かったです~(*´∇`*)
但し岩場の先の方は風が強いと危険かも。。。

筑波山は縁結びの山でもあるので、いつかパートナーと一緒に来たいですね。
Posted at 2017/03/05 23:11:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記

プロフィール

「富士川口湖紅葉まつり~JIMTOF~手乗りインコ http://cvw.jp/b/2508431/38976206/
何シテル?   12/08 22:11
はじめまして。いつも皆さんのブログ・フォトアルバムを見てワクワクしています。自分も皆さんに憧れてデジタル一眼レフを買いました。見る世界が変わりました。。。。 ...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/5 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

お友達

人見知りな性格ですが、お友達になってください。。
7 人のお友達がいます
kou-nahakou-naha recomrecom
パルディーニパルディーニ みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム
BLUE_SUGIBLUE_SUGI みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認

ファン

2 人のファンがいます

愛車一覧

スバル WRX S4 スバル WRX S4
スバル WRX S4に乗っています。

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.