車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年01月09日 イイね!
エボ10で初めて出場するチャレンジクラブグランプリ。
エンジンパワーはなく(実測約280PS)、最高速度がFD2と変わらない車両でクラス5のモンスタークラスです。クラス5で20台くらい出走した場合は、10位くらいに入れば御の字。タイム的には30秒が切れれば良いなと思っていました。これまで練習時のベスト区間タイムを繋げると2分30秒542になるんです。
今回も土曜日開催のチャレグラに出走のため、金曜の定時で仕事を切り上げて自宅にダッシュで帰って夕食をかき込んで18:10頃に高松を出発。
途中、クリりんから電話で遅めに向かっているとの事。
22:00過ぎに鈴鹿のシェルで翌日1本目用のガソリンを給油。ガソリン容量は先導ありの25分走行なので45Lとした。
22:30にはコンフォートホテル鈴鹿で会社の福利厚生を活用して2800円でのチェックイン。
酒も飲まずに0:00頃には素直に就寝。
翌朝、5:40にホテルを出発。今回は朝食にありつけなかった。
途中のコンビニでおにぎり2つと飲み物を購入して朝食。
5:50頃にゲートに行くと予定通りOPEN済み。
パドックは、劇混み。クリりんが5:40にゲートインしてようやく9台分(3箇所)を押さえていてくれた。今回は数年ぶりの満員御礼です。
来年は、5:30には行かんといかんね。
ピットを押さえていてくれたクリりんのZが見当たらず、何故か軽自動車があったので「???」。クリりん、ご都合により不出走との事。残念ですが、不出走なのにピット取りしてくれてありがとうございます。恐縮です。
荷物を降ろして軽く準備して、7:00には受付開始。
今回は、申告タイムで走行枠を割り振ったようです。結果的にこれが一番走りやすかったと思います。4枠目でも良かった感じだけど。
走行枠は5枠のうち3枠目。30秒から35秒で走ると申告した車両が多かった感じ。
車両的には、シビックとRX-8が最も多かった。
滋賀のマーチ乗りのS氏は1枠目。マナティさんとさかな5さんは2枠目。京都のKi氏は僕と同じ3枠目。豊橋のM氏は4枠目。
8時からブリーフィング。
今回のゲストドライバーは松田次生選手と野尻智紀選手。
そういえば今回のブリーフィングでは旗の説明がさらっとしてコンパクトだったな。
あまりよく聞いていなかったのは、ブリーフィング後にっフォーミュラーエンジョイの無料走行体験申し込みがあったから。
「どうも、早いもん勝ちの気配。」
「ブリーフィング後には、すぐにその列に並ばなきゃ。」
「18人しか乗れないみたいやぞ!」
「それと同時に同乗走行の抽選もあるから、みんなそれに並ぶので結構ラッキーがあるかも?」
なんて考えていた。
案の定、18人の枠に余裕で入って体験走行券獲得。13:00からの走行となりました。
ピットに戻って、準備・準備。
やっぱり内圧が肝心だよな。
路面温度も気温も23日に走行したときと同じような感じだったので、F:165、R:175に決定。
タイヤはフロントが新品でリアが7部山くらい。

気温:8度(9:55)
湿度:50%(9:55)
路面温度:11.6度(9:55)
天候:晴れ
路面:DRY
ASC:ALL OFF
ACD:GRAVEL
SST:S-SPORTS(AUTO)

1本目(10:15)
3枠目はそれほど「我先に」的ではなく、2枠目チェッカーでピットロードになだれ込む感じはない。4枠目以降は、そんな感じだったかな?
スタート前10分前で4台目に並べた。
クリりんより前方車両の感じを報告。ハイパワー車はいないとの事。
飛ばしすぎず抜かれずにいく事にする。
先導走行
ピットアウト
ピットイン
コースイン
前の3台を抜かずに軽くウェイビングさせながら走行。
直前のS2000が右コーナーで強烈な白煙を上げながら走行をしている。オイル上がりかな。
煙を避けて走行。
スプーンで後からはまったく車が来ない事を確認。
西ストレートまで前に詰めて走って、130R手前からウェイビングさせながら前方と距離を作る。
なかなかいい感じ。
シケイン二つ目から全開加速。
1周目02'30.359最高速度217.88km/k
水温82度。油温94度。ベストです。
タイヤの温まりは9割。
1コーナーはそれでも結構無理して入る。
S字は、フロントNEWのグリップを感じる。
ダンロップを立ち上がると前方車両が見えてきた。
コントロールラインまでに追いついてしまうのか?
130R手前で車間は50m。
シケインで追いついちゃった。
最終コーナーでアウトからパス。
結局この1周目がこの日のベスト。
区間タイムを見ると、過去の区間タイムのそれぞれベストを出している。
うまくまとめたって感じですね。結果的にこの日のベスト。

2周目02'30.616最高速度219.99km/k
お次の前走車は、CL7。こりゃあ抜けるでしょう。
S字区間は、ほぼ同等。ダンロップ立ち上がりで追いつくでしょう。
ありゃ?全然追いつかんよ。俺が遅いのか向こうが速いのか。
デグナーで大分追いついたが、110Rまでも追いつかん。
ヘアピンで1車身差になって、立ち上がりでパスか?と思ったら、全然抜けない。
200Rでようやくインに付けてパスできた。
お次はEG6。東コースじゃあ抜けんよな。西ストレートで抜いとかなきゃいかんぞ。
何とか余裕でパス。

3周目02'31.439最高速度218.31km/k
う~、最後尾が見えてきた。
デグ2でアンダー。

4周目02'56.567最高速度220.17km/k
1コーナーでスピンアウト~。
逆バンクでもハーフスピン。
タイヤが垂れてきた感じ。

5周目02'31.615最高速度219.36km/k
なぜか1コーナーをレイトブレーキしてまたコースオフしそうになる。

6周目02'32.033最高速度218.47km/k
チェッカー前に走行終了。
タイヤも垂れてるし、タイムもまあまあ出たし。
3Gr.内での順位は27台中4位。
でもクラス5Rの中では、16台中11位です。

最高水温:88度
最高油温:109度
冬は良いですな~。
ガソリン補給。46L。

昼食をとってから、12:30にクリりんに載せてもらってCパドックへ。
フォーミュラーエンジョイの体験走行です。
ジムカーナのパイロンコースを3周です。
そういえばクラッチペダル踏むの久しぶりなんですけど。
ヒールアンドトーはしなくてもいいコースなので安心。
でも一番手乗車なので車両全体(タイヤとブレーキ)が冷え切っています。
車両は、Hパターンのギアで、パワステなし。クラッチの半クラはほとんどない。
ペダルはもちろんオルガンペダル。
スターターが付いていてエンストしても大丈夫。
フィットのエンジンなのに車重500kg以下はなかなかです。ホイルスピンするし。
あ~、楽しかった。
お金出してでもまた乗ってみようかな。

2本目(14:20)
気温:10.5度(13:51)
1本目より気温がちょっと上がった。
湿度:42%(13:51)
路面温度:7.6度(13:51) 日陰計測
天候:曇り
路面:DRY
ASC:ALL OFF
ACD:GRAVEL
SST:S-SPORTS(AUTO)
前グループの上位者での2本目の走行では、タイムが上がっていない様子。気温が上がってしまった(たった2.5度)せいなのか、路面が悪くなったのか。
クリりんからは、30秒切りを通達されている。

先導走行無しです。
今回も10分前並びで5台目。前4台は全部RX-8。
ピットアウト。
タイヤを温めるべくゆっくり走っていると、130R先で後からバンバン来るので仕方なく右に避けて5台ほどに先に行ってもらう。

1周目02'39.428最高速度216.30km/k
タイヤは冷えているが全開走行開始。
200RでRX-8に詰まったため抜かずに後ろについて走る。
残念ながら抜かさせてくれちゃった。
シケイン手前で後ろを見ながら前方と車間を空ける。

2周目02'43.031最高速度217.89km/k
逆バンクでまたまたハーフスピン。停車。何でこの現象が起きるんだろう。

3周目02'31.459最高速度218.96km/k
4周目02'32.624最高速度219.48km/k
1コーナーでリアが安定しない。
デグ1で複数台にドンずまり。
デグ2立ち上がりですべてパス。

5周目02'32.029最高速度218.29km/k
S2000をパスするためにS字一つ目をイン進入。
S字区間でタイヤのグリップ感が落ちてきた。

6周目02'31.935最高速度218.35km/k
7周目02'31.722最高速度219.38km/k
8周目02'32.232最高速度218.37km/k
スプ1で半車幅コースアウト。

9周目02'32.295最高速度218.41km/k
チェッカー。
やっぱりタイムは短縮できなかった。

3Gr.内での順位は25台中4位。
クラス5Rの中では、16台中10位です。

最高水温:89度
最高油温:112度

総合結果では、クラス5Rで17台中11位。こんなに下位なのは初めてです。
クラス5Rは、GTRとランエボしかいなかった。
インプレッサはどこに行ったのでしょう?
Posted at 2017/01/09 08:16:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2015年12月26日 イイね!
前回の走行後、ピットでフロントパッドを交換した。今回もプロμのHC+。このパッド、岡国でも何とか持ったので安くてよいです。
前回走行時にマイエボがストレートであまりに遅いと皆さんに指摘されていましたので更にEVCを再調整(自分で)してきました。
今回は、04と06の走行です。
忘年会にも参加される皆さんは、02と04での走行。
9:45到着を目指して5:45に高松を出発。予定通りの時間でピット到着。今回はガソリンを43L注入です。
内圧はF:171のR:175
1本目(11:45)
天候:晴れ
路面:DRY
気温11.5度(11:22)
湿度40%(11:22)
路面温度:18.2度
ASC ALL OFF
ACD:GRAVEL
先導走行
先頭を勝ち取ったクリりんの後4台目でコースイン。
ピットイン
ピットアウト
西ストレートでクリりんパス。
1周目02'31.834最高速度218.02km/h
1コーナーはゆっくり目で進入。
そのあとは全開走行。

2周目02'32.435最高速度218.97km/h
シケインでアルファ164に詰まる。

3周目02'33.118最高速度216.88km/h
2コーナー立ち上がりでポルシェに先に行ってもらう。
スプ2でDC5をパスするためにインへライン変更。

4周目02'32.110最高速度218.13km/h
2コーナー立ち上がりで、タイヤ1本外に出る。
デグナー立ち上がりでスロー走行のポルシェがアウト側ライン上にいたので減速しながらインからパス。

5周目02'32.249最高速度220.62km/h
1コーナーのブレーキングポイントをちょっと奥に取ったらリアが出て不安定。
S字進入もリアが不安定。リアタイヤがグリップダウンしているようだ。
6周目02'32.427最高速度220.71km/h
FC3Sのスリップが前半使えてトップスピードが伸びたかな?
110RでFT86に詰まる。
130Rでも別のFT86に詰まる。

7周目02'33.741最高速度221.47km/h
1コーナーでR32に詰まる。

8周目02'33.810最高速度215.66km/h
過吸気付きロードスターに譲るためデグ2出口直線部で減速。
130Rで失敗。

9周目02'32.487最高速度219.78km/h
130Rでインプレッサに詰まる。
最終コーナーでガス欠。あと3秒。
チェッカー。
最高水温:88度
最高油温:114度
トップスピードは4km/hほど伸びたが、タイムは変わらない・・・。
内圧が、F:250と高め。路面温度が高いと上がり気味になることを忘れていた。
2本目用にF内圧を10落とす。
ガソリン注入量を45Lに変更。
昼食を皆で摂る。

2本目(14:45)
ASC ALL OFF・・・のはずだった。
ACD:GRAVEL
気温11.5度
先導走行
ピットイン
ピットアウト

1周目02'34.589最高速度217.49km/h
S字でトラクションの掛かりに違和感を覚える。
デグ2でも加速が緩いのでASCのスイッチを見るとONのまま。
走行中でもALL OFFに出来た(スイッチ長押し)。

2周目02'32.942最高速度218.06km/h
シケインでポルシェに詰まる。

3周目02'32.691最高速度215.47km/h
S字でインプレッサに詰まる。

4周目02'33.762最高速度216.64km/h
110RからヘアピンまでAE86に詰まる。

5周目02'31.935最高速度218.71km/h

6周目02'31.988最高速度217.99km/h

7周目02'32.488最高速度218.18km/h
スプ2でZ34に詰まる。

8周目02'32.951最高速度218.02km/h
1コーナーでインプレッサに詰まる。
スプ1でR32に詰まる。
最終コーナーでガス欠。あと2秒。結局、満タン(RSの50Lタンク)の方がいいんじゃないことがわかり始めた。
チェッカー。
今回は結構一人で走れたので、コーナー出口でもう少し早めにアクセルオンが出来る場所がある事がわかった。
もう少しブーストコントローラーを煮詰めて、走り方も検討の余地がある。
タラレバタイムで2分30秒684。
23日の区間タイムも加えると、2分30秒542。
条件揃えば、30秒切りも不可能ではなくなってきた。
最高水温:89度
最高油温:116度
水温油温は気温と比例している。

走行後、京都で忘年会。
この歳になって仕事以外の友人で忘年会が出来るなんて幸せです。楽しかった。

チャレグラまでにフラットスポットのあるリアタイヤを新品に替えて、前後ローテーションする。
ブーストコントローラーも再設定じゃ!
Posted at 2016/12/28 19:24:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2015年12月23日 イイね!
この日は翌日が平日であり翌日が休日の26日にもCC枠があったので当初走るつもりではなかったが、クリリンからのお誘い等もあり予約だけはしていた。
予約をしていると、精神的に走る用意をし始めてしまい結局1週間前くらいには走ってしまう気持ちになっていた。12月に2回のサーキット走行をすれば、2015年は月1回ペースでサーキット走行をした事になる。
前泊せずに日帰りで走行をする予定なので11:45の04と14:45の06を走る予定だったが、天気予報が午後から雨模様との事だったので、4:15出発しなければならない10:15の02を走る事にした。
いつもの走行メンバーも皆さん02、04らしい。
3:45に起床して4:15高松出発。
今回は四輪ともフラットスポットがあったタイヤのうち、フラットスポットが酷いフロントだけ新品タイヤ(ZⅡ☆ノーマルサイズ)に交換しての走行です。でも、リアのフラットスポットも結構な感じで一般路走行で不快。
ほぼ予定通りに8:15鈴鹿着。
GSでガソリン給油をしたが、1枠走行用に必要なガソリン量は41L(ガス欠にならない範囲)と計算していたが、間違えて38Lとしてしまっていた。
ブーストコントローラーのセッティングも熟成度を高めてきたので、ちょっとは速くなっているかな。
今日の走行メンバーは名古屋のFD2のI氏とクリリンとマナティさん。I氏が一番乗りでピットを押さえておいてくれた。サンキュー。
今日はポルシェと35Rのオンパレード。某ショップ軍団がいるんで後ろを見とかなきゃ。でもチャレグラの時には同じクラスなんだよね。ノーマルで2倍近くもの馬力の車と同じクラスなんておかしいよね。エボやインプはクラス4に格下げしてくれないかな。500PSのエボもいるから無理なのでしょうね。

タイヤ内圧は、冷え切っていなかったのでF:171、R:175とした。
1本目10:15
天候:うす曇
路面:DRY
気温:6度
路面温度:6.4度
ASC:ALL OFF
ACD:GRAVEL途中からSNOW(AYCの動作を嫌って)
今日は皆さん早目の並びで、10分前にピットロードに並んでも10台目くらい。
先導走行スタート
ピットイン
ピットアウト
すぐにコースアウトしている車両はいるは、後からはどんどん来るはで、ハチャメチャ。
後から来る車両を先に行かせながらタイヤを温める。
タイヤが温まらないほどゆっくり走っている車はパスをする。

1周目02'41.829(デジスパイス)最高速:211.56km/h
1コーナーはゆっくり目。
SSTクーラーオン。
デグ1手前からスプーンまでポルシェと35Rに詰まるが、タイヤが温まりきっていないので抜かずに後ろに付く。
130Rで外側にアウト。タイヤがやはりまだ温まっていない。無事コースへ戻る。

2周目02'32.152最高速:214.63km/h
シケイン立ち上がりで低速車に絡んでアクセル全開できず。
130Rでようやくタイヤが温まった感じがした。
水温82度の油温109度。オイルクーラー効いてます!

3周目02'31.165最高速:214.50km/h
本日のベストタイムラップ。
スプ2でリアが出てちょっとたこ踊り。

4周目02'32.891最高速:217.47km/h
本日の最高速。冬場のFD2の最高速と同じ!もうちょっとスピード出てくれないと勝負にならんじゃないの(悲)。
1コーナーでオーバースピードの上ブレーキを踏みながらステアーしたのでリアが出てたこ踊り。
逆バンクで抜かさせてくれたポルシェをアウトから減速気味にパス。
スプ1でインに付けず。

5周目02'34.779最高速:216.90km/h
1コーナーが安定しない。
S字3つ目で低速走行の35Rをアウトからゆっくり目にパス。
デグ1でポルシェに詰まる。
そのポルシェがデグ2進入で抜かさせてくれたのでインからパス。
ヘアピンで止まりが悪い。その上、出口でスロー走行の35Rにラインを塞がれ減速。

6周目02'35.874最高速:215.11km/h
水温84度、油温:111度。
2コーナー出口で1車幅アウト。
200RでM3とポルシェに先に行ってもらうために減速。

7周目02'48.050最高速:213.99km/h
1コーナー出口で縁石にリアが出てスピン。
130Rでポルシェに詰まる。
最終コーナーでガス欠。
ピットイン。
終了。
ガソリン残6L。
内圧
FL:210 FR:227
RL:210 RR:213
スタート内圧は、調度良かった感じ。
最高水温:88度
最高油温:113度
ガソリン補給で41Lとした。

2本目(前枠赤旗のため12:00)
今回も11台目でピットに並ぶ。
先導走行
ピットイン
ピットアウト
1周目02'35.680(デジスパイス)最高速:211.51km/h
1コーナーはNSXに詰まってスロー。タイヤが温まっていないので抜けない。
ダンロップ立ち上がりでインからパス。

2周目02'34.901最高速:215.91km/h
西ストレートで抜かれたインプに130Rで詰まる。

3周目02'34.732(デジスパイス)最高速:214.38km/h
前を走っているのはクリリンかな?
S字でエボ6を抜きあぐんでいる。
ダンロップ立ち上がりでクリリンとインプと僕の3台がエボ6をごぼう抜き。
ビデオのメモリー切れで録画終了。
4周目02’37.059(デジスパイス)最高速:216.21km/h
5周目02'33.261最高速:216.87km/h
6周目02'33.585(デジスパイス)最高速:215.13km/h
7周目02’32.406(デジスパイス)最高速:213.43km/h
8周目02’35.602(デジスパイス)最高速:215.16km/h
9周目02’32.882(デジスパイス)最高速:215.12km/h
最終ラップのコントロールライン直前でガス欠。41Lでも足りないみたい。ブーストを上げるとどんどん燃費が悪くなってくる。

最高水温:91度
最高油温:115度

クリアー&ノーミスラップはなかったけど、FD2と同じスピードは出るようになって、タイムもエボ10でのベスト更新となった。

タラレバタイム(区間計測のいいとこ取り)は、2分30秒975。
FD2のベストタイムから0.5秒ほど遅いわけだが、データで調べると、
2コーナーからデグ2出口までで1秒離されて(車重+200kg)、その後で0.5秒詰めている。1コーナーはイーブン。
前半区間は十分がんばっているので、今後はデグ2までは今を維持して、エンジンパワーを上げてデグ2から先で5秒ほど詰めないといけない感じです。
計測装置として付けているタッチブレイン(ブリッツ)という機械は、エンジンパワーを計算してくれる機能が付いている。それによると現在285PSだそうです。

2015年のリザルトからだとこのタイムではクラス5ラジアルの中段(14台中8位)。クラス4でも中段か~。今のクラス組みがおかしいのかな。

帰りの15:00頃には予報どおり雨が降り始めた。02、04走行に変えて正解だった。
Posted at 2016/12/23 11:04:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2015年12月09日 イイね!
今回は、ほとんど何にもいじらずに車検を通した。
車検を通すために一箇所だけ触ってもらいましたけどね。
96,000円と今までに経験した事がないほどの低価格。
何にもいじらないとこんなに車検って安いんですね
Posted at 2016/12/09 19:32:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | 整備 | 日記
2015年12月05日 イイね!
エンジンオイルをOMEGA G1 15W-50で4.5L交換。
FD2のK20Aエンジンの時は、ラジエターを交換していたのでよく冷えていて冬場は10W-40にしていたけど、ターボ車だしノーマルラジエターなので追加エンジンオイルクーラーを付けていても15W-50で行くことにした。
追加オイルクーラーがあるので300ccほどノーマル時よりオイルが多く入った。
オイルレベルゲージ上限に合わせてもらいました。

リアデフオイルをOS技研のOS-250Rで交換。
サーキットを6本くらいしか走っていないのに結構汚れがあった。
このくらいの頻度での交換がベストであろう。

トランスファーオイルは、まだ汚れていないであろうと想像して交換を見送った。

車両総走行距離:73,144km
Posted at 2016/12/05 18:30:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | 整備 | 日記
プロフィール
「2016年1月9日第17回鈴鹿チャレンジクラブグランプリ http://cvw.jp/b/250873/39149395/
何シテル?   01/09 08:16
サーキットを走るオヤジです。 大雑把な記載をみんカラブログへ記載しています。 最新情報はMixiでのみ公開中です・・・。 あしからず。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
リンク・クリップ
サーキットを走れるように(その2) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/06/26 19:53:57
ファン
3 人のファンがいます
愛車一覧
三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
パワーが出にくいといわれるSST車両です。 ハーネスアンカー オイルクーラーローテンプ ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
ECU:社外品 排気系:プチ変更 プラグ:社外品 オイルパン:社外製 エンジンマウント: ...
三菱 ランサーエボリューションVI 三菱 ランサーエボリューションVI
ノーマルタービンででしたが、Sタイヤでのもてぎベストが11秒台でした。 軽い事がサーキッ ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
サーキットデビュー車両。 セダンにならなくてはならなくなって手放しました。
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.