• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

セレーノのブログ一覧

2016年09月23日 イイね!

2016年9月23日鈴鹿チャレンジクラブ

9月に急遽追加となったチャレンジクラブ。
祝日の合間の日であるため私の勤めている会社は「有給休暇取得推進日」であり、元々休む予定だった。
事前の天気予報ではどんどん悪くなって、前日にはほぼ全日雨模様。チャレクラの予約もすべてキャンセルし、当日の雨の感じを見て走ることにした。
今日はクリリンが早朝からピット取りしていてくれいる。4:45に高松を出発。途中平日のため京都辺りで混んだし、甲南PAでSOHOのお仕事を20分ほどするために停車したため9:05にシェル到着。WET予想だったので満タンにする必要も無いかと思ったが、ガス欠よりはましと思って満タン(ノズルを突っ込んで後継ぎなしの満タン)に。
クリリンは朝一から走る予定だったが、雨が止まず私と同じ11:00からの走行にすることにしたようだ。


前回の8月走行から違う点は、
①エンジンオイルを新品交換(当然のごとく、何も変化はない)
②SSTオイルを新品交換(一般道では新品の威力を感じていたが、サーキットでは何の変化もない)
③剥がれていたアンダーカバーを取り付け(前回の無しの時とドライバーとしては感触変化なし)
④カーボンパドルシフトカバー取り付け(これは良かった。シフトチェンジの時にハンドルを持ち帰る作業がほとんどなくなった)
⑤EVC調整(4000rpm以下を下げて6000-7000rpmをちょっと上げ)⇒微妙すぎて変化なし
⑥レギュレーターのホースが抜けていたのを接続。(いつから外れていたかは不明なのだが、その間、結構薄い燃料で走っていたはず。それでも壊れなかったのはよっぽど濃かったのか?)⇒案の定、濃い濃い燃料になってDRYでは満タンでガス欠。

エアスクープの内蓋は悪天候で気温も低かったため取ろうかどうか迷ったが、テストを兼ねて通常通り取り外して走行した。
リアタイヤのアウト側が0部山なのでそれが気がかりだが・・・。DRYならば何とか大丈夫かな?と思っていた。

1本目(11:00)
内圧はWET用でF:2.03、R:1.96
EDFCはいつもの通り(WETセッティングを出していない)
ブースト:C
ASC:ALL OFF
ACD:SNOW
SST:S-SPORTSにするのを忘れてSPORTS(MANUAL)
   ※走り出したらS-SPORTSに変更できない(NORMALには戻せるが)
天候:曇り
路面:WET⇒ダンプ
気温:24.1℃(10:35)
湿度:86%(10:35)
路面温度:25℃
WET路面のため走行台数は少なく10台くらい。
先導走行
ダンロップ下に川がうっすらと残っている。
西コースは乾き傾向だが、東コースは、水しぶきを上げる程度。
前走車がいなければ、ワイパーはいらない感じ。
SSTをS-SPORTSにするのを忘れた。停車しないと変更できないんだよな~。
ピットイン
残念ながら停車しなかったためにSPORTSモードでの出走。止まろうかとも思ったけどWETだから別に良いかな?と思って。
ピットアウト
ちょっとスピード上げるとグリップしない。前に着いて行けない感じ。リアが特に安定しないな。
SSTもSPORTSはちょっとだるいんだな。
スプーン辺りで多少熱が入り始めたんでグリップ間が上がってきた。
西ストレートでクリリン号がウィンカーを出したのでパス。まだ、タイヤが暖まっていないんで前に出たくは無かったが。
前はビッツレースカーの2台のみ。
1周目03'01.407最高速度193.95km/h
ホームストレート前半で1台に追いついちゃったのでパスするしかない。
1コーナーまだ不安なんですけど。。。
GT4がすごい勢いで後ろから来たのでアクセルオフして抜いてもらって1コーナーへ侵入。
GT4は前のビッツまで抜いてヨロヨロと2コーナーへ。
私は、このビッツをS字区間で抜けません。リアがユラユラしてこわーい。早くタイヤよ暖まれ。
デグ1手前も滑る滑る。アクセル踏めない。
でもなぜかデグ1とデグ2は最初からグリップしていたな(後半気づいた)。
110Rもアクセルオフで進入。
ヘアピン立ち上がりでビッツを抜くしかないが、アウトから抜くのが怖いよ。
200Rも4速半開で通過。
130Rも120km/hで通過。

2周目02'58.971最高速度201.91km/h
1コーナーは200m看板からアクセルオフの弱気。
各コーナースローインファーストアウトで探りながらの走行。

3周目02'55.529最高速度202.55km/h
タイヤが暖まってきた感じなので少しずつペースを上げてみる。
130Rは123km/h。

4周目02'52.740最高速度205.66km/h
F1用のJ席がもう組み上がっていたりする。

5周目02'50.071最高速度207.44km/h
6周目02'48.632最高速度206.72km/h
最終コーナーがようやくほぼ全開でいけるようになって来た。

7周目02'46.452最高速度205.51km/h
なぜかテープ切れ
この周辺りで至る所でタイヤが鳴るようになってきた。
8周目02'45.729最高速度209.78km/h
チェッカー。

最高水温:100℃
最高油温:132℃
内圧はF:2.55、R:2.30と特にフロントが上がりすぎ。
4時間も間が空くのでレストランに行ったりしていたらなんとなく走行時間となった。
その間、雨は降らず、ほとんどDRYでの走行となった。
晴れ男二人の日頃の行いが良かったのだろうか。

2本目(16:05)
ガソリンを満タン(ノズルを突っ込んで後継ぎなしの満タン)に。
内圧は、F:1.71、R:1.71とほぼDRY時の設定。
EDFCはいつもの通り。
ブースト:C
ASC:ALL OFF
ACD:GRAVEL
SST:S-SPORTS(MANUAL)
天候:薄日
路面:ほぼDRY
気温:25.8℃
湿度:72%
路面温度:29.2℃
台数も多くなってきたので先頭に並ぶ。
前枠のクラッシュ処理で5分ディレート。
先導走行
なんか先導走行(CR-Z)のペースがいつになく速い。
ビッツなんか着いてこられないんじゃないの?
シケインで大減速して後ろを寄せていた。
ピットイン
ピットアウト
クリリン後追い走行開始です。
200Rで35Rにウィンカーを出して抜いてもらう。

1周目02'32.957最高速度214.95km/h
1コーナーでちょっとたこ踊り。
セクター2この日ベスト。(25.791)
スプ1進入でクリリンに詰まって減速。
130Rでクリリンに詰まって減速。

2周目02'34.085最高速度209.93km/h
ホームストレートでクリリンに詰まって減速(だからトップスピードが遅い)
リアタイヤのアウト側0部山はやっぱりDRYの方がいけるかな?
ダンロップではクリリンに離される。ここのライン取りは迷うところ。ダンロップ先のスピードを優先するかダンロップ侵入のスピードを進入するか。
110Rで一気に差を詰める。
ヘアピン立ち上がりでは真後ろ。
もうちょっと後追いするかな?ということでショートシフト。
この時、水温100℃突破。水温が100度を突破するのは200Rから130Rまで。
セクター4この日ベスト。(28.356)

3周目02'33.603最高速度215.15km/h
クリリン1~2コーナーでミス。一気に真後ろへ。
S字区間もいつもの切れがありません。
おーっと、デグ1進入でアウト側にタイヤを落として「目くらまし攻撃」。
前面芝生と水しぶきでワイパー必須。ワイパーとフロントガラスの間に芝生が挟まってうまくふき取れません。

4周目02'33.119最高速度216.24km/h
デグ1からクリリンに詰まる。
この感じだとヘアピン立ち上がりでパスかな?
パワーも若干こっちの方があるし、四駆である点もあるようだけど立ち上がりの差はシフトの空走時間の差のような気がする。
200R手前でインからクリリンをパス。

5周目02'32.542最高速度214.99km/h
セクター1この日ベスト。(42.824)
クリリンをパスすると風が当たるからか水温が100度を超えにくくなった。
100度を超えるのは200Rからスプ2までかな。

6周目02'33.153最高速度214.23km/h
ビッツをパスするためにS字一つ目で減速。

7周目02'33.039最高速度214.43km/h

8周目02'34.608最高速度215.32km/h
2コーナーで45度スピン。リアタイヤが駄目みたい。
逆バンクでもドリドリ状態。
デグ2でもリアが安定しなくてアンダーが出ちゃった。
左リアが駄目みたい。
セクター3この日ベスト。(54.854)

9周目02'33.495最高速度214.88km/h
10周目02'33.618最高速度214.89km/h
ゴールライン前でガス欠。
満タンで30分走りきれなかったが、今回は先頭で出て10周も走ったからガス欠になったんだと思う。

区間ベスト繋ぎで2分31秒828

最高水温:104℃
最高油温:126℃
内圧は、F:2.31、R:2.17とほぼ予定通り。

そそくさと片付けて、平田ナイトへ突入。
寿司⇒スナック⇒ラーメン
のゴールデンコース。どの店も良かったでやんす。

家に帰ってから、タイヤが届いていないことを確認してから
①100円の機械洗車
②EDFCの音が気になるのを取説見ながら無音に設定変更。
③エアモニの高温状態の警告音がうるさいのを取説見ながら81℃から85℃に設定変更。
④Touch-Brainのブースト表示上限が1.54になっていたのを取説みながら1.85まで設定変更。
平野タイヤは、20日に入金したのに24日発送だってさ。忙しいんだね。
25日の夕方に届いたので10月1日にいつものGSでリアタイヤを交換しよう。

11月に岡国REVがあれば走れるし、それが無かったら次回は12月の鈴鹿CCかな。
岡国OIRC取得は今年は諦めました。
Posted at 2017/09/23 18:56:44 | コメント(0) | トラックバック(0) | サーキット | 日記
2016年09月11日 イイね!

エンジンオイル交換&不具合発見修理

オメガG1(15W-50)4.4Lで定期交換。8500円なり。23日のCCに向けて着々と準備です。
タイヤの溝はリアのアウト側がギリギリだけど、まあなんとかもちそうであることを確認。

エンジンオイル容量チェックするためにゲージを掴もうとすると、奥の方に金属パイプが見える。
何かのホースが抜けている。
インマニの圧力を計測するホースです。
最近、アイドリングでハンチングしていたのはこのせいだったのね。
これでは燃圧も1以上出ていなかったはず。

ホースを繋いだだけでエンジン快調になりました。
Posted at 2017/09/11 19:14:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 整備 | 日記
2016年09月03日 イイね!

カーボンパドルシフター装着

フォーミュラーカーやポルシェや最新のGT-R等のパドルシフターはステアリングに固定されているタイプのものですが、ラリーカー等のステアリングを180度以上廻すことを考慮した車両のパドルシフターはステアリングコラムに固定されているタイプです。
街乗りを基本として設計されているエボⅩのパドルシフターもステアリングコラムに固定されているタイプ。
サーキットを走っているときは、結構ステアしながらシフトします。
各種のスイッチが付いているノーマルステアリングを変えたくない場合は、パドルシフターを長細くすれば多少は持ち変えなくてもシフト出来るかな?と思ってYR-アドバンスのを装着。
クリアーを吹いて付属の両面テープで装着。
1コーナーやダンロップ立ち上がりなど軽くステアした状態でのシフトダウンアップ時に役立つと良いな !
カーボンのせいか16000円もしたのがたまにキズ。
Posted at 2017/09/06 09:01:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | 整備 | 日記
2016年08月20日 イイね!

アンダーカバー交換

先日のSCC1本目の時に吹き飛んでしまったアンダーカバーの中心部と左側をディーラーで発注して本日取り付け。
部品代は、7000円ほどで工賃は2000円ほど。自分で取り付けられるがディーラーに付けてもらった。
燃費やタイムに影響するのか?
Posted at 2017/09/02 10:54:01 | コメント(0) | トラックバック(0) | 整備 | 日記
2016年08月16日 イイね!

SSTオイル交換

SSTオイルは、三菱純正のオイルではなくHKSのDCTF-Ⅱを使用しています。
純正オイルは無交換が原則ですが、どこかのHPでは最低20,000㎞では交換するように書いてありました。
今日まで交換せずにいましたが、HKSのHPには5,000㎞が交換目安となっていることに気付きました。前回交換から17,000㎞走行。(サーキット走行月約1回)
最近、街乗りでのギアの切り替わりがしっくりこなかったこともあり、本日交換。
抜いたオイルはそれほど汚れているようには見えなかったが、溜まったオイルは結構黒ずんでいた。
5.5L交換で22,600円也。(ちょっと少ないような気がするが)
通常のショップでは3万以上取られると思う。
交換後はギアの切り替わりがスムーズでぎくしゃくしない。
やっぱりもっと早く交換すべきだった。
Posted at 2017/08/26 11:00:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | 整備 | 日記

プロフィール

「2016年9月23日鈴鹿チャレンジクラブ http://cvw.jp/b/250873/40459938/
何シテル?   09/23 18:56
サーキットを走るオヤジです。 大雑把な記載をみんカラブログへ記載しています。 最新情報はMixiでのみ公開中です・・・。 あしからず。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

三菱 ランサーエボリューションX  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/03/18 19:15:01

ファン

3 人のファンがいます

愛車一覧

三菱 ランサーエボリューションX 三菱 ランサーエボリューションX
パワーが出にくいといわれるSST車両です。 ハーネスアンカー オイルクーラーローテンプ ...
ホンダ シビックタイプR ホンダ シビックタイプR
ECU:社外品 排気系:プチ変更 プラグ:社外品 オイルパン:社外製 エンジンマウント: ...
三菱 ランサーエボリューションVI 三菱 ランサーエボリューションVI
ノーマルタービンででしたが、Sタイヤでのもてぎベストが11秒台でした。 軽い事がサーキッ ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
サーキットデビュー車両。 セダンにならなくてはならなくなって手放しました。

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.