車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月24日 イイね!
みんカラに感謝&嘆き 今春、スタッドレスからノーマルタイヤに履き替えて後、走行中に発生する回転異音に悩まされていました。そこで、みんカラのQ&Aに投稿したところ、silverarrowさんより「段減り」ではないかとのご教示をいただきました。(詳細はQ&Aを参照)タイヤ表面を手でなぞってみましたが、はっきりとは分かりませんでした。
 しかし、昔、回転方向が決められていたタイヤを履いていた時の習性で、ローテーションはずっと前後を入れ替えるだけでした。つまり、タイヤの回転方向はいつも同じため微妙な「段減り」が生じたのではないかと考えました。
 そのため、タイヤが今までとは逆回転するように左右を総入れ替えをしました。再び、スタッドレスの季節を迎えるまで様子を見ました。異音は徐々に小さくなり、ほとんど気にならない程度になりました。そして、スタッドレスに履き替えたところ、異音は全くなく、silverarrowさんのご教示で大正解だったことがはっきりしました。これぞ、みんカラのおかげと感謝しています。
 silverarrowさんは、ディーラーの指摘で「段減り」が判明したそうですが、我ディーラーは、ハブの摩耗と決めつけ、交換はしてくれましたが、正確な診断で治療して完治させることはできませんでした。(というより、なんだかお茶を濁してそのままという感じでした。)ディーラーの整備士の中にプロと呼べる人が少なくなったのでしょうか。淋しいかぎりと思うのは、私だけなのでしょうか。
 追伸  ゆずの果汁にお湯をそそぎ、香りと酸っぱさを味わっています。
Posted at 2016/11/24 20:27:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月06日 イイね!
心にゆとりを 名も知らないつる草の実です。よく見ると一粒ずつ色づき具合が異なっています。こんな些細なことに気付くことができるときは、心にゆとりがあるときだけです。
 久しぶりに星を観にでかけました。ほんの数十分ですが、堪能できました。アンドロメダ座が天頂付近に上り、その足元にペルセウス座が続きます。ペルセウス座α星周辺には明るい星が密集しています。双眼鏡で見ると、様々な色の星があって、まるで豪華な宝石箱のようです。
 遠い昔、白鳥座から秋の天の川をたどって見つけた宝石箱が、この星たちだったのだということが遠い記憶から蘇ってきました。この美しさを分かち合うことができる人が傍らにいてくれるなら、喜びは何倍にもなるだろうに。
Posted at 2016/11/06 22:07:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年11月03日 イイね!
柿が苦手な方へ 果物は好きだけれども柿はどうも…という方へ。甘みが強くて酸味がほとんどないところに原因があると常々思っていました。実際、ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、薄く切った柿にマヨネーズをかけたり、ヨーグルトに入れたりするとで断然食べやすくなります。
 そこで、今回はゆずの果汁をかけてみることにしました。個人的には大満足でした。柿好きの方にとっては、まさに外道このうえないと思いますが、お許しください。
Posted at 2016/11/03 11:59:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月15日 イイね!
久しぶりでした 思いがけず、天然の鮎をいただきました。天然ものは何年振りでしょうか。養殖に比べると、体が細く、精悍な顔つきです。通の方によれば、獲れた川ごとに味が違うということですが、食べ比べる機会にはめくぐまれていないので本当のところはわかりません。
 本日は、天然鮎に敬意を表して炭をおこして塩焼きにしました。天然ものは脂が少なく、身が「ふあふあ」しているのが特徴です。また、この時期の鮎は、メスは卵を腹に持ち、オスは精巣が大きくなっています。産卵のために川を下るため、この地方では「落ち鮎」と呼んでいます。
 身近にあるはずの川が生活と切り離されてしまって長い年月が過ぎてしまいました。川にもぐり、水中眼鏡で鮎が泳ぐ姿を見ていたことが今ではまるで夢のようです。
Posted at 2016/10/15 21:20:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月14日 イイね!
十三夜 今宵は十三夜(じゅうさんや)の月です。別名は豆名月もしくは栗名月。仲秋の十五夜に次ぐ名月であるという。昔、満月のことを望月(もちづき)、次の日の月を十六夜(いざよい)と呼びました。満月よりも、少し遅れた時刻に出るために「いざよう」=進もうとして進まない(じれったい)月という名前が付けられていました。そのあとは、どんどん月の出が遅くなっていくので、立待の月(立って待つ)、居待の月(座って待つ)、寝待の月(寝て待つ)といいます。でも、本当に待っていたのは月ではなくて、闇が訪れ、月明かりを頼りにして、もしかすると自分のところにやってくるかもしれない(たぶんやって来ないであろう)人だったのではないかと。そんなことを考えながら月見をしました。
Posted at 2016/10/14 21:56:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「大切な人だから…」
何シテル?   12/02 19:22
IBI仙人です。よろしくお願いします。スバル歴20年になります。基本性能を重視した質実剛健なスバルの車が好きです。目下、あることを契機に、自分にできることとして...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
マルチシェード作成1 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/13 19:14:31
お友達
1 人のお友達がいます
みんカラスタッフチームみんカラスタッフチームみんカラ公認
愛車一覧
スバル エクシーガ スバル エクシーガ
スバル FBエクシーガに乗っています。実車は、写真のように頭が黒く、ガラスになっています ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.