車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年11月30日 イイね!
風邪とおっぱい!?

11月30日夜
風邪による高熱で寝込んだero86gt
その時、擬人化娘達は・・・









『姉上様! 何故体調の悪いご主人様を昼間連れ回したのです!!』






『うるさいわね~~! こっちの勝手でしょ!!』






『お姉ちゃんがメイドちょーの新しい本体見て、お兄ちゃんに足回り強化しろって駄々こねたの』






『まったく・・・ 確かに私のサスはスポーツタイプですがそんな事に嫉妬しないで下さい!』







『少しは悪かったと思っているわよ・・・ まさかこんなに具合が悪くなるなんて・・・ 』






『今、ご主人様は寝入ったところです。後の事は私に任せて・・・ 』







う・・・ お、おっぱい・・・












『おっぱい!?』
おっぱい!?』
『おっぱい!?』







『フフッ、おっぱいかぁ~♪ もう、この弟はおっぱい好きなんだから☆』

『よし! お姉さんが子守唄でも聴かせながら添い寝しちゃうぞ☆』


『人を温めるのは人肌が良いっていうし♪ お姉ちゃんのおっぱいで温めてあげるぅ~~♪♪♪』







『な、何を言っているのです! 添い寝なら私も出来ます!!』







『でもさ・・・ メイドちょーの場合はおっぱいってよりもちっぱいだよね?』







『そ、そんな事ありません。それに私の声はご主人様がお気に入りの声優の手塚りょうこ似です! きっとご主人様は癒されるはずです!』







『それだったら私の声はアイツが好きな声優の榊木春乃似だけど?』







『え~と・・・ 某サイトのお兄ちゃんのお気に入り声優さんrankだと・・・ 』






『手塚りょうこrank4、榊木春乃rank1。 胸も声もお姉ちゃんの勝ちだね』







『そ、そんな・・・ 』







『メイドちょー。ここはお姉ちゃんにお任せしてみたら?』






『ここはご主人様の専属メイドとして引く訳にはまいりません!!』







『姉上様のあの表情・・・ 何か企んでいるはずです。ご主人様の危機なのです!!』







『くっ、こうなったら・・・ メイドの乳力ぁぁぁぁ~~っ!!







『な、何っ!?』
『メイドちょーが変身した!?』













『ふう・・・ 』






『お、お姉ちゃん・・・ アレ見て・・・ 』











『凄いおっぱい!!』







『お願いで御座います。ご主人様が苦しんでおられます。ご主人様のお世話は私にお任せ下さいませ。この通りで御座います』







『大人の対応だ・・・ 声も艶っぽいし・・・ 声優のももぞの薫に似てる声してる』







『ももぞの薫って・・・ まさか!?』






『お兄ちゃんが最も好きな声優さん。もちろんrank1! 有名な声優さんだと・・・ 鶴ひろみをすっごく艶々にした感じの声かな?』






『鶴ひろみって、どんなキャラの声だったっけ?』











『カメレオン星座のジュネ』

『いや・・・ 流石に分からん・・・ 』








『マーメイドのティティス』

『あの・・・ もうちょっと有名なやつを・・・ 』







『もう! 超有名なキャラなのに~~! ちゃんと小宇宙を燃焼しないとダメなんだよ!!』






『意味不明なんですけど・・・ 』








『翔野ナツコ』

『古いわね~~ 』








『鹿島みゆき』

『何で下着姿?』









『当時はお色気シーンが流行ったんだよ! しっかりしないとダメなんだよ!!』







『あの・・・ しっかりしろって言われても・・・ 』











『鮎川まどか』

『ようやく有名なの来たか・・・ 』








『ドキンちゃん』

『キャラの属性違くない?』










『久遠寺右京』

『ああっ! これもそうか!』












『ブルマ』

『最初からこのキャラだけで良くね?』








『じゃあ、ももぞの薫のお声を聴いてみよ~! 動画の最後に長原杏子と一緒にお声が入ってるよ!!』












『どう? 艶っぽいお声でしょ。エロゲー声優の艶技派の中でも双璧を成す二人なんだよ!!』






『もう、けしからん動画ですタイ♪♪』








『ご主人様ぁ~~ん♪』







『ああ! メイドちょーずるい! メイ子も!!』







『動画のおかげで気分が高揚しちゃったじゃないの~~♪』

『弟に責任とってもらうわよ~~♪♪♪』
















こうして次の日、会社を欠勤して病院に逝く事になったero86gtでした・・・



Posted at 2016/12/02 23:38:24 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月31日 イイね!
戦争時の戦艦娘たち・・・ 5 ~大和特攻~



前回のつづきからです











『フィリピンを失った大日本帝国は南方資源地帯との連絡が閉ざされ、慢性的な資源不足に陥っていく・・・ 』

『敵の本土空襲は激しさを増し、都市部を狙った無差別爆撃に移行しようとしていたの。敵は硫黄島、そして沖縄を狙って大部隊を派遣しつつあったの』

『日本本土に迫る連合国軍。このままでは南方方面にいる艦は戦うことも出来ずに遊んでいるだけになってしまう』


『そこで帝国海軍は大型艦に物資を満載して日本本土へ脱出させる北号作戦を発令させたの』







『中核は小沢艦隊の生き残りの航空戦艦・・・ 伊勢と日向。その広大な格納庫に物資を満載、そして参加艦艇は甲板上にも物資を搭載したの』






『そんなことして危なくないの?』







『とても危険よ。敵弾を受ければ物資に引火してただでは済まないわ! そして彼女たちは1945年2月10日・・・ 在伯艦艇に見送られてシンガポールを出港したの』






『敵はこの動きを察知しました。二隻の戦艦がシンガポールを出港した事を・・・ 敵は硫黄島と沖縄方面に部隊を集結しつつありましたからフィリピンは手薄な状態でした』

『もしも、この二隻の戦艦がフィリピンに襲いかかって来たら米軍は太刀打ち出来ません・・・ 米軍は防備を固めます』






『敵の裏をかき日本へ向かう彼女たち・・・ しかし、その航海はとても危険なものだったわ』

『敵の空襲をスコールで回避し、潜水艦の雷撃を対空砲で迎撃したりもしたの・・・ 何度も敵の襲撃をくぐり抜けた艦隊は一隻も欠ける事なく日本に到着したの』







『さすが伊勢に日向ししょーなんだよ!!』






『そうね! 伊勢と日向は幸運艦・・・ いえ、強運艦よ! レイテ沖海戦では取舵と面舵だけで敵の攻撃を回避し、この危険な作戦も完璧に成功させたわ!!』





『しかし、彼女たちが持ち帰った物資は中型貨物船一隻分程度の物量でした・・・ それでも資源が不足していた帝国海軍は狂喜乱舞しました』






『そして敵は硫黄島を陥落させ、帝都東京も大空襲を受け各大都市、地方都市へと空襲は広がっていく・・・ 』

『とうとう敵は沖縄に対して攻撃を開始、上陸を開始したの』



『そして・・・・ 菊水一号作戦が発令される。陸海の航空機の特攻に呼応して大和以下の第二艦隊を沖縄に水上特攻させるという作戦が・・・』


『大和は沖縄特攻後、乗組員を揚陸し陸上戦へ、大和は浅瀬に乗り上げて浮砲台となるという無謀な作戦よ』







『ダメだよそんなの! 大和は秘匿決戦兵器なんだよね?』





『その通りよ! 大和は帝国海軍の最後の切り札・・・ 海軍内部からも反対意見が続出したわ』






『レイテ沖海戦で瑞鶴達が囮となってその身を犠牲にしましたが、それは大和達の戦果が期待出来たからです。この作戦にはほとんど成功の確率はありません・・・ 』






『第二艦隊司令長官の伊藤中将も首を縦には振らない。しかし、ある言葉が出撃を決意させる』




『一億総特攻の魁となって頂きたい』





『第二艦隊は最後の連合艦隊を編成。その陣容は・・・ 』

戦艦・・・ 大和

軽巡洋艦・・・ 矢矧

駆逐艦・・・ 雪風 浜風 磯風 初霜 霞 朝霜 涼月 冬月









『連合艦隊とは名ばかりな艦隊・・・ 大和の次の大型艦は軽巡の矢矧。戦艦どころか重巡洋艦すらいない艦隊よ・・・ 』






『何で他の戦艦さんたちは出撃しないの? 榛名は? 伊勢と日向ししょーは? 帝国海軍の象徴の長門は?』






『他の戦艦を動かす燃料が無いのです。燃料があるなら燃費の悪い戦艦や大型艦に使用するよりも航空機などに使用した方が効果的だからと判断したのでしょう』

『そして、長門は所属の横須賀にいます。長門が出撃したとしても日本近海は敵の潜水艦だらけです。大和達に合流する前に撃沈される可能性も否定出来ない状況です』






『出撃準備に入る大和たち・・・ よく片道切符の燃料で出撃したって言う話があるけど、実際は呉と沖縄を何往復も出来る量の燃料を艦隊は補給したの』

『伊勢や日向からも大和に燃料の補給がされたのよ』








『でも何で片道切符の燃料なんて言われる様になっちゃったんだろ?』






『その方が悲壮感が出るからでしょう。少し考えれば大和が片道の燃料での出撃はありえないのですけど・・・ 』

『戦艦の主砲は電力によって動きます。電力を生み出すのは機関(エンジン)です。機関を動かすには燃料が必要です。いくら主砲が無事でも機関を動かす事が出来なければ主砲は使用不能です』






『それに主砲は水平でないと発射出来ないから簡単に浅瀬に乗り上げる事は考え難いわね・・・ 大和は出来る限り水上で戦うはずよ。要するに燃料は必要って事ね』

『そして・・・ 大和最後の出撃の時がやって来たの』







『今回は特別なBGMを用意しました。ここからは聴きながらお楽しみ下さい』














『1945年4月6日16時・・・ 大和以下、第二艦隊出撃』

『航空機の護衛も他の大型艦も無いたった10隻の連合艦隊が沖縄を目指し徳山湾沖を出撃をしたの』








『そして出撃後、乗組員が甲板上に集められて、初めて今回の作戦が特攻である事が伝えられたの・・・ 乗組員たちは顔が真っ青になったそうよ』

武蔵の仇を討とう! 士気は上がったそうだけど・・・ 妻や子供もいる人もいれば、まだ十代の人もいたそうよ・・・ そう言わなければ特攻なんて行けなかったのでしょうね・・・ 』






『ただ、伝えられたのが出撃後ではなく前日という説もありますので、ここはハッキリとしないところですね』





『艦隊は豊後水道を通過。しかし、敵潜水艦に発見されて大和たちが出撃した事を知られてしまうの』


『そして翌日・・・ 』


『味方の戦闘機が少数ながら大和たちの護衛をしてくれたの・・・』

『しかし、大和たちは敵偵察機により位置を発見されてしまったの』

『敵空母部隊10隻以上の艦載機が大和を撃沈するため発艦したわ。 その数は300機以上、400機近い大編隊が大和目がけて飛び立っていく』
  

『爆撃機や雷撃機だけではなく、戦闘機まで爆弾かロケット弾を搭載し大和を確実に沈めようとしていたの』






『お昼頃、大和を護衛していた戦闘機たちが引き上げて行く・・・ それと入れ替わる様に敵の偵察機が大和に貼り付いたわ』






『機関の故障により艦隊から落伍してしまった朝霜は敵機発見の報告を艦隊に通信。その後、通信が途絶えてしまうの』

『そう、朝霜は敵攻撃機により撃沈されてしまったの』






『大和でも対空レーダーが敵の大編隊を捉えたわ。しかし、主砲とは違い光学射撃・・・ 要するに目測による射撃に頼る対空火器は最悪の条件で戦う事になってしまうの』

『高角砲24門、機銃150門という対空火器も雨雲が上空1000mという低い位置にあり、敵機が雲の下に出てこないと射撃が難しい状況だったの』










『すごい対空砲の数! これなら敵機を撃ち落としちゃうんじゃない?』






『確かに大和は二次大戦に登場する戦艦の中でも対空火力は最高峰です。しかし、間違わないで頂きたいのは対空砲火とは敵機を撃墜するのではなく、敵機の攻撃をその砲火によって妨害し、攻撃をさせない、或いは攻撃を外させるものです』

『もし、敵機が20~30機程度ならば砲火が集中して撃ち落とす数も多いでしょうが、襲ってきた敵機は100機を軽く超える大編隊です。弾幕を張って妨害するのも難儀な事です』





『敵機は大和の上空の雲の上で、大和を包囲する様に攻撃態勢を整える・・・ そして・・・』










『1945年4月7日12時32分 米空母攻撃隊の第一波が大和に対し攻撃を開始! ここに戦艦大和最後の戦いである坊ノ岬沖海戦の幕が切って落とされたの!!』






『敵機は銃撃、爆撃、雷撃を同時に大和に対して仕掛ける!』

『戦闘開始早々に雷撃を受けた大和が回避行動をした為に艦隊の輪陣形は脆くも崩ずれさってしまったの』







『その回避行動の為に先頭にいた矢矧は大和から引き離されてしまう』

『さらに雷撃隊が矢矧に襲いかかり、魚雷が命中。矢矧は機関室が全滅してしまい航行不能に追い込まれてしまったの』








『一方、駆逐艦の浜風には爆弾が命中! 浜風は航行不能になってしまうの。さらに魚雷が浜風に命中し、浜風は艦体を分断されて轟沈してしまったの』








『大和は雲の中から突然襲い掛かってくる敵機に大苦戦を強いられる』

『それでも、ところ狭しと搭載された多数の対空火器で応戦し、その優秀な運動性能を活かして敵機の攻撃を避け続けていたの』


『空前絶後の巨大戦艦である大和が、100機以上の敵機からの攻撃をいつまでも避け続けるのは無理だったの・・・ とうとう敵の爆弾が命中してしまう』








『大和に数発の爆弾が命中。レーダーと後部艦橋を破壊され、さらに後部副砲にも命中! 外見は何ともない様に見えたのだけれど、後部副砲は内部を破壊されていたの』

『さらに前部艦橋も攻撃受け被害を出す。中甲板では火災が発生してしまったの』

『そしてついに・・・ 左舷に敵雷撃隊の放った数発の魚雷を被雷してしまったの』


『左に少し傾斜する大和・・・ しかし、ここで注排水システムが作動して大和の傾斜を水平に戻してしまったの』

『敵の第一波の攻撃隊が帰投していく・・・ あの大編隊の猛烈な攻撃を耐え抜いた第二艦隊・・・ 』

『何事も無かったかの様に航行を続ける大和・・・ 大和は不沈艦! これなら沖縄に行けるかも知れない!! 』

『少しの希望が芽生えた瞬間、それは絶望へと変わってゆく・・・ 』



『敵は大和に休ませる時間を与えずに次の第二波、第三波の攻撃隊が次々と大和に襲いかかって来たの!』






『大和を護衛していた涼月に爆弾が命中して1、2番砲塔は大破。火災も発生して大きな被害を出してしまうの。涼月は主砲が高角砲の防空駆逐艦・・・ 同艦型の冬月と大和の直属の親衛隊として戦っていたのだけれど・・・ この被害により大和を守る対空火力は低下していったの』






『駆逐艦の霞は大和の右舷に位置して大和を護衛していたわ。しかし、敵機の爆撃にさらされて直撃弾や至近弾を受けた霞は機関室に浸水を許してしまい航行不能となってしまうの』





『駆逐艦の磯風は矢矧を救う為に横付けしたところを敵機に狙われて機関室が浸水してしまい彼女もまた航行不能になり漂流してしまったの』

『この霞と磯風の二隻の駆逐艦は後に雷撃処分になってしまったわ・・・ 』








『戦艦大和艦上では地獄絵図の様な光景が展開されていたわ』

『敵機の機銃が甲板上の乗組員やシールドのない機銃員達を次々と撃ち倒し、ロケット弾が火の海へと辺りを変化させて焼き殺し、そして何発もの爆弾が大和の対空火器もろとも人々を吹き飛ばしたの・・・ 』


『敵は大和の左舷に攻撃を集中した為に左舷の対空砲群のあった場所は焦土と化して死傷者が続出したの・・・ まさに地獄よ・・・ 』





『敵の攻撃により対空火力を奪われ、さらに火災による煙で敵機の認識が困難になった大和は敵雷撃隊に雷撃のチャンスを与えてしまうの』






『対空火力の低下により雷撃のしやすくなった大和の左舷に魚雷が一本、また一本と命中していく・・・ その度に右舷への海水の注水により水平を保つ大和だったのだけれど・・・ その右舷への注水システムも限界が迫っていたの』

『副舵を損傷した大和は大損害を受けた涼月とあわや激突しそうになる。戦闘能力の残っていなかった涼月は単艦で離脱を開始する事になったの』






『マストも倒され、通信機能を損失した大和は初霜に通信代行を依頼。これ以降、初霜は大和に寄り添う様になるわ』






『卑怯だよ! 何で大和の左側ばかり攻撃するの?』





『意図的に狙った訳ではないという証言もありますが、姉妹艦の武蔵を沈めるのにかなりの時間を費やしたのが原因でしょう』

『武蔵は両側に攻撃を受け続けた為になかなか沈みませんでした。ですから他の戦艦と比較にならないほどの耐久力と防御力をもっている大和型戦艦を撃沈するのには片側集中攻撃が有効と判断したのではないでしょうか・・・ 』






『左舷に魚雷を受け続けた大和は注排水システムの限界に達して傾きを修正出来ずに左に傾いて旋回する様になってしまったの』







『航行不能になり今まで耐えていた矢矧も敵機の猛烈な攻撃により撃沈されてしまう』







『この時点で戦闘可能な駆逐艦は 雪風 初霜 冬月 の三隻のみ・・・ 初霜は通信代行で大和から離れる訳にはいかないので事実上は雪風と冬月のみで大編隊の敵機から大和を守らなければならない!』





大和と共に沖縄へ・・・ 必至にその小さな艦体を盾にして自分よりも何倍も大きい大和を守ろうとする彼女たち・・・ 』

『しかし、海水を大量に飲み込み速度の低下と左旋回を開始した大和に敵雷撃隊が魚雷を命中させるのは難しい事ではなかったの・・・ 』








『敵の雷撃ポイントにその小さな艦体を滑り込ませて大和を守ろうとする冬月・・・ 』

『でも多勢に無勢・・・ そんな彼女たちを嘲笑うかの様に敵機が大和を襲い何本もの魚雷が大和の左舷に命中していく・・・ 』






『急速に左へと傾いていく大和・・・ 右舷の艦底が露わになる。そして、その現れた右舷艦底を狙って敵雷撃隊が大和右舷後方より雷撃を敢行! これが大和の止めになったの・・・』

『急速に沈み始める大和・・・ 総員最上甲板が発令されたのだけれど取り残された人達も大勢いたそうよ』



『そして・・・ 1945年4月7日14時23分・・・ 』














『横転した大和は大爆発を起こして沈んでいったの・・・ その爆発により大和の破片が脱出した乗組員を襲い多くの犠牲者をだす事になってしまっの・・・ 』








『戦艦として最高の技術で建造され驚異的な力を持って誕生してきた大和・・・ 航空戦力の台頭と艦隊決戦に固執した帝国海軍によってその力を存分に発揮させる事なく暗い海の底へと沈んでいったの・・・ 』

『最後の大爆発は彼女の無念の叫びだったのかも知れないわね・・・ 』







『お姉ちゃん・・・ 大和が沈んじゃったよ・・・ ぐすっ・・・ 』






『大和は悲しい運命を背負った戦艦だったわね・・・ でも、まだ戦場で散って行った分だけ良かったのかも知れないわ』

『残った四隻の戦艦には過酷な運命が待ち受けていたわ・・・ 特に帝国海軍の象徴とまで言われた彼女には・・・ 』








『それって・・・ 』







『残念ですが時間です・・・ お話はまた今度に致しましょう』

『関連動画を用意致しました。BGMを流している方は止めて次の動画を再生して下さい。 この動画の内容が完全に史実と合致しているとはかぎりませんので御了承の上御覧下さい。 それでは失礼致します』











Posted at 2016/10/31 13:09:24 | コメント(4) | トラックバック(0) | 艦これ 戦艦 戦争 | 日記
2016年10月12日 イイね!
ゲン子はスペシャル!?



2016.10.12
ついにゲン子さんの新しい本体が!?







さあ、ゲン子さん。こっちこっち!






『何ですか? またバイクショップに来たりして・・・ 』




ふふ・・・ ゲン子さん! これを見ろ!!





『っ!!!』






~ero86gt自宅~








『メイ子、何なのよ・・・ みんなを集めたりして』
『そ~ですわ』







『きょ~はね~、メイドちょーがすごいんだよ~♪』






『坊とゲン子が帰って来たようだな』
『・・・・・・・ん、そうみたい・・・ 』



ただ今みんな!!






『おお~! こ、これが・・・ 』















新しいゲン子さんの本体・・・   JOG ZR








『うおぉぉぉぉ~! カッコイイ!! 色はマットブラックだぁ!』





『ホイール金ピカ!! サスもすごそう・・・』






『なんかド派手なマフラーカバー!』





『うお!! ウメダが光ってる!!』





『うわ~~・・・ シートが前のメイドちょーのと全然違う・・・』







『何故なのですご主人様・・・ このお金があれば姉上様の足回りの強化が出来ましたのに・・・ 』



ゲン子さんにはいつも迷惑ばかりかけているし・・・ ゲン子さんはオレにとって大切な人だから・・・






『ああ! ゲン子の事をその様に思って下さっていたなんて・・・ 』






『だからスペシャルなんだね♪』






『何なのよこの雰囲気・・・ 気に入らないわ・・・ アナタもそう思うでしょう? ナナ子!』





『別に・・・ マスターはナナ子が一番好き・・・ ゲン子ごとき貧乳は敵ではない・・・ 』





『あ・・・ そうですか・・・ 』





『お、お姉ちゃん・・・ アレ見て!』









『羽付いてるっ!!』








『あらあら・・・ ゲン子さんは旦那様にとても愛されてますのね♪ それに比べてお姉様は・・・ 』








『お姉ちゃんに羽がない!?』

『お姉様には元々羽が無かったのですわ! お姉様は愛されてませんでしたのね・・・ オカワイソウニ・・・』





『ぐはっ・・・・・・ 』







『ゲン子よ・・・ 名実共にメイド長になったようだな。嬉しく思うぞ』





『ネイ様・・・ 』






『祝いついでに私が一曲披露してやる! メイ子! ナナ子ついて来い!!』





『お~~!』





『わかった・・・ 』











『エロゲー地獄で~ 女を磨け~~』





『坊の~ 坊の 』
『お兄ちゃんの~ お兄ちゃんの 』
『マスターの~ マスターの 』





『竿のもと~~♪ 』







『何だこの歌は・・・ 』
『信じられませんわ・・・ 』









『ああ、皆さん! 私の為にこんな素晴らしい歌を!!』





『喜んでるし・・・ 』
『変態ですわ・・・ 』







『ご主人様・・・ ゲン子の本体も新しくなりましたので・・・ 慣らし運転なさいますか?』





『ご主人様ぁ~~ん♪ もう、ゲン子のココは準備の方は整っておりますぅ~~♪』




うん! しよう! 慣らし運転!!








『お待ちなさい! そんな事は私が許しません!!』






『おお~っと! 嫉妬したお姉ちゃんが変身して二人の間に割り込みました~~っ!!』





『年増の嫉妬とは・・・ 見苦しいですわね・・・ 』







『北都声拳ですか・・・ 運動性が上がった私には通用しませんよ』






『北都声拳は無敵だ!!』









『アナタの拳はすでに見切っています』





『メイドちょーがお姉ちゃんの攻撃をすべて避けた~~!!』





『こ、こんな・・・ 』





『スペシャルエディションとなった私の奥義を見せてあげます』





『ああっ!! この技は!?』













『・・・・・・・ガクッ・・・ 』





『メイドちょーのスペシャルな一撃が決まった~! お姉ちゃんは変身も解けて完全KOです!!』








『さあ、ご主人様。慣らし運転を・・・ 』




・・・・・・・・・・・・・・・・







『ふむ・・・ 坊が失神している。まあ、二人の間にいて奥義の余波を受ければこうなるな』





『ご主人様! 目を覚ましてください!』






『皆さん。お茶の準備が整いましたので・・・ あら? 坊ちゃん・・・?』






『坊やが失神している・・・ 誰ですか? 私の坊やにこんな事をしたのは!!』






『ミィBBA・・・ じゃなかった・・・ ミィお姉ちゃんがヤンデレ化しちゃった』





『あわわわわ・・・ お、お姉様ですわ! お姉様が嫉妬して旦那様がこの様な事に・・・』





『あの年増女でしたか・・・ フフフ・・・ 後でた~っぷり教育してあげます・・・ 』





『お姉ちゃんの教育が決まった事だし、めでたしめでたしだね!』

『今日はここまでだよ。ED用意したから見てってね! バイバ~イ♪』





Posted at 2016/10/16 23:41:04 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月06日 イイね!
ウメダに行こう!





本日はゲン子さんのオイル交換にバイクショップに来ました



















『バイクショップに来たわね~!』
『来たね~~!!』






『何故、私のオイル交換程度でお二人が一緒にくるのですか?』





ゲン子さんの本体を購入した店を見てみたいらしいよ







『ここがメイドちょーの本体を購入した店だね・・・ 』












『ウメダ!!』










『・・・・・・・・・・・・・・・・』


・・・・・・・・・・・・・・








『変な名前の店ね・・・ 確かウメダって大阪の方じゃなかったかしら?』






『オオサカ!?』








『いや・・・ お二人共ユーメディ・・・』







『オオサカって大逆って事だよね? メイ子の必殺技だよ~~♪』






『ちょっ! な、何するのメイ子!?』






『大逆(オオサカ)名物・・・ 』

















『ぐぎゃぁぁぁぁ~~!!』








『やっぱり逆っていったらコレだよね!』








『ぐっ・・・ メイ子さん・・・ 大逆じゃなくて大阪だから・・・ 』








『ええいっ! 大逆だろうが大阪だろうがどうでもよろしいのです!』

『そもそもウメダではなくユーメディアです!!』









『ユーメディア? 変な名前~~・・・ 』
『えぇ~・・・ カッコ悪い・・・ 』







『お黙りなさい!! 私はしっかりとオイル交換されるか見学していますから! アナタ達は騒がずに静かにしているのですよ!!!』








『メイドちょー行っちゃった。 あれ? お兄ちゃんはドコ行くの?』




いや、せっかくだからスクーターでも見ようかと思って・・・






『もしかして・・・ メイドちょーの新しい本体買うのかな?』




ゲン子さんの今の身体も限界に近づいてきたからね








『BBAってやつね!』
『BBAってやつだね!』






・・・・・・まあ、いいや・・・ 行こう・・・









『今のメイドちょーのスポーツバージョン!!』



ゲン子さんがメイド長になって暫く経つし・・・ メイド長の威厳が出る様にスポーツタイプでも良いかな~なんて・・・







『アンタ馬鹿!? コレの値段で私に車高調入れられるじゃないの!』

『ゲン子みたいな無愛想な冷血女は・・・  』












『こっちがお似合いよ!!』

『値段も安いし、可愛らしくてあの冷血女も少しは人気も出るんじゃない?』







『そもそもスポーツタイプってのは私の様なプロポーションに優れた女性が似合うモノなのよ!』

『ははっ、あ~んな貧乳で中身がBBAなロリBBAがスポーツタイプなんてありえないわ!』

『そもそもね~、あ~んな粗末な胸揉んで喜ぶ奴なんていないっつ~の!』









『ほう・・・ どうやら死にたい年増女がいるようですね・・・ 』







『ゲ、ゲン子! 何時の間に・・・ 』







『所詮は原付のオイル交換ですから時間は必要ありません・・・』

『良い機会です。メイ子さんに慎ましやかな胸をもった女性しか会得できない奥義を見せてあげましょう』








『ちょと! 待ちなさいって! 何するのよ!?』








『こ、これは!!』









『貧乳名物・・・ 』

























『うぎゃぁぁぁぁぁぁぁ~~!!!』







『腕をクロスさせることによって技の威力が増している~~!!』







『この奥義は巨乳族では絶対不可能な秘奥義!! 巨乳は胸が邪魔をして腕を交差させる事は不可能!! 』

『さあ、思い知れ・・・ 貧乳の偉大さを!!』


『巨乳撲滅ーーっ!!』







『うげぇ・・・ し、死ぬぅ・・・ 』










これで終了っと・・・






『お兄ちゃん何してるの?』





ゲン子さんの新しい本体の契約









『おおっ! それでどの機体を買ったの?』



まだ秘密。特にゲン子さんには秘密にしてね







『大丈夫だと思うよ。ほら、聞いてないし・・・ 』









『もう、遊びはお終いだ! 姉上様!!』







『乳のツッパリはいらんですよ・・・ 』












『言葉の意味はよく分からんが、とにかく納車日までの秘密だ!!』



Posted at 2016/10/06 18:19:21 | コメント(6) | トラックバック(0) | 日記
2016年10月02日 イイね!
戦争時の戦艦娘たち・・・ 4 ~レイテ沖海戦後編~




前回のつづきです










『さあ、今度は大和たちの栗田艦隊のお話よ! 分からなくなったら見直してね』










『うお~~! 大艦巨砲主義だね!!』






『それではBGMです。ループ再生でお楽しみ下さい』












『悪夢の様な昨日の空襲をくぐり抜けた栗田艦隊・・・ 』

『戦艦武蔵は沈んでしまったものの、彼女が被害担当艦になった事により最低限の被害でレイテ湾に進撃していたわ』


『そして1944年10月25日早朝、電波探信儀(レーダー)が敵機を探知、さらに敵空母と思われるマストを確認。そう、大和の46㎝砲が敵艦に初めて発砲したサマール沖海戦の幕が切って落とされたの!』









『敵は六隻からなる空母部隊。敵艦に照準を定める大和・・・ そして、ついに史上最大最強の46㎝砲が火を噴いたの!!』






『それと同時に長門も世界を震撼させた41㎝砲を敵艦に撃ちこんだの!!』







『大和の砲撃は命中弾こそ無かったものの、至近弾により敵空母の機関室を破壊したの』






『命中してないのに!? でも、砲撃って命中しないんだね・・・ 』






『それだけ大和の46㎝砲の威力が桁外れだったという事でしょう』

『戦艦の砲撃ですが、命中率は1~2%位でしょうか・・・ スリガオ海峡で米艦隊が山城にレーダー射撃を行いましたが命中率は1%に届いてないと言われています』








『命中の危機が迫った敵空母は煙幕を展開、これを大和たちは敵を撃破したと思い込み目標を別の空母に移すの』

『巡洋艦部隊に突撃命令が発令され、高速の金剛と榛名もこれに追従したの』








『開戦以来、幾多の戦場で姉の金剛の背中を追いかけて来た榛名・・・ でも、彼女は先のマリアナ沖海戦で損傷して26ノット以上の速度を出す事が出来ない身体になっていたの・・・ そう、もう榛名に金剛の背中を追いかける力はなかったの・・・』

『金剛は敵空母を単独で追いかけ、榛名は大和たちに追従するかたちになったの』








『敵の駆逐艦が煙幕を展開し、東にあったスコールに逃げ込む敵空母群・・・ 敵空母群は必至に航空機を発艦させて、まだ射程外の巡洋艦部隊を攻撃する』

『大和や長門は攻撃を中断し、敵がスコールから出て来たところを狙い砲撃を再開するのだけれど・・・ 敵の駆逐艦が空母を護る為に突撃を敢行、駆逐艦一隻を撃沈するのだけれど、大和と長門は敵駆逐艦が発射した魚雷に挟まれてこれを回避する為に敵空母と反対方向に方向転換する事になり、敵空母から離されてしまったの』










『この戦いで大活躍したのが金剛よ!』

『敵機により測距儀を損傷したのだけどこれを修理し、敵空母に突撃したの』








『測距儀ってなあに?』






『測距儀とは軍艦などに装備された相手との距離を測る装置の事です。これは画像の方が理解し易いでしょう』










『ありがとーメイドちょー♪』








『空母に接近した金剛は巡洋艦部隊と敵空母を撃沈! さらに他の空母を追撃していたところに出会った敵駆逐艦をこれまた撃沈! ただ、駆逐艦との戦闘によって敵空母からは離されてしまうのだけれど・・・』






『そして、艦隊は敵空母追撃を終了。再度レイテ湾を目指し進撃を開始したの』

『この戦闘により、空母一隻、駆逐艦三隻撃沈。他の空母にも損害を与えたのだけれど・・・ 栗田艦隊も巡洋艦部隊に損害が出てしまったの。鳥海は撃沈されてしまったし、金剛も追撃中止後に猛烈な空襲を受けたの』






『しかも戦った相手は正規空母ではなく、上陸部隊を支援していた護衛空母群だったの・・・ だって、敵空母機動部隊は瑞鶴たちが囮になって引き付けているのだもの』





『そして・・・ 艦隊はレイテ湾直前というところで反転してしまったの』







『ああっ! 分かった~! 今まで対空陣形だったから突撃用とか艦隊戦用の陣形にする為に反転したんだよ! 決戦は目の前だもん!』







『今まで黙っていてごめんなさい・・・・ 栗田艦隊はレイテ湾には突入しなかったの・・・ 北方の敵空母艦隊を攻撃すると言ってウロウロした挙句に敵空母は発見出来ずにブルネイに退却。瑞鶴たちを沈めた敵空母機動部隊の猛追を受ける事になってしまったの』






『嘘だよ・・・ それじゃあ、被害担当艦になった武蔵は!? 突撃を敢行した扶桑たちは!? 命掛けで囮になった瑞鶴たちはどうなるの!?  陸軍の人達も大和たちの事待っているんだよね!? 大和たちは最強の攻撃隊なんだよね!?』







『みんなが命掛けで切り開いてくれたレイテ湾突入のチャンスは無駄になってしまったのよ・・・ 』

『お姉ちゃんだって大和たちに突入して貰いたかった・・・ 大和たちも無事じゃないかも知れないけど、突入して貰いたかったのよ~~! うわぁぁぁぁ~ん!!』






『うわぁぁぁぁぁ~~ん! お姉ちゃ~~~ん!!』











『申し訳ありません。お二人が感情的になっておられる御様子ですので、暫く御待ち下さい』






~しばらくお待ち下さい~


















『落ち着かれましたか?』








『ええ・・・ 』
『うん・・・ ぐすっ・・・』





『それで・・・ その後はどうなったの?』







『フィリピンを奪取された帝国海軍は艦隊の組織的運用が出来なくなって連合艦隊は事実上、壊滅してしまったの』

『そして各艦の分散配置が決定されたの』












『金剛、長門、大和は日本へ・・・ 榛名はブルネイに残りリンガ泊地へ・・・ 開戦以来ペアを組みいつも一緒だった二隻の姉妹に別れの時がやって来たの』


『1944年11月16日。 姉の金剛は妹の榛名を残し大和と長門と共に日本へと向かったの・・・ これが金剛姉妹の永遠の別れとなったの・・・』







『そして11月21日台湾海峡航行中・・・ 』








『金剛たちは敵潜水艦に襲われたの・・・ 長門と大和は雷撃を回避する事が出来たのだけれど、金剛の左舷に2本の魚雷が命中してしまったの』

『戦艦金剛が2本の魚雷程度で沈むはずがないと誰もが思ったわ』

『艦齢30歳以上の金剛は老朽化が進み、開戦以来の激務やレイテ沖海戦の敵機による至近弾が金剛の身体にダメージを与えていたの』









『各箇所、繋ぎ目などからの浸水が止まらない。破損個所が広がっていき徐々に傾斜していく金剛・・・ 』

『転覆し大爆発を起こし彼女は比叡と霧島・・・ 妹たちの待っている海底へと沈んでいく・・・』



『彼女の心配は唯一人残される妹の榛名の事 』

『榛名だけでも日本へ・・・ きっと金剛はそう思って海底へと消えていったのよ・・・』











『榛名はリンガ泊地への移動中に座礁して艦底に大きな損傷を受けてしまうの・・・ 榛名は日本での修理が決定し、日本へ帰れる事になったの』

『でも、日本への帰路は制海権・制空権を失っている帝国海軍の艦には危険なものになっていたの』










『でも、榛名は無事に日本へ帰る事が出来たの。もしかしたら金剛が榛名を日本へ帰す為に護ってくれていたのかも知れないわね・・・ 』






『榛名よかったよ~・・・ きっと金剛が護ってくれたんだよ』






『これで長かったレイテ沖海戦のお話もお姉妹・・・・・ じゃなかった・・・ お終いね』

『次回はさらに過酷な話になるから覚悟するのよ!』






『メイ子は大丈夫だもん!』






『それでは本日はこの辺で・・・ 次回またお会い致しましょう』











次回につづく・・・












Posted at 2016/10/02 16:28:35 | コメント(4) | トラックバック(0) | 艦これ 戦艦 戦争 | 日記
プロフィール
「@しるび ー@四五四五アクティ さん
こんばんは~(。・ω・)ノ」
何シテル?   12/04 00:57
ero86gtです。よろしくお願いします。 2014/9から、RX-7(FD3S Ⅵ型)より乗り換えました。 洗車とか結構趣味のようにやらせて頂...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
リンク・クリップ
modellistaさんのトヨタ 86 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/12/10 10:31:36
TOM'S PRODUCTSさんのトヨタ 86 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/11/11 18:24:48
お友達
お友達になっていただける方、お待ちしております。
48 人のお友達がいます
かむっかむっ * くにやすZC6くにやすZC6 *
なおたん1997なおたん1997 * 森下68森下68 *
やた。やた。 porsanporsan
ファン
61 人のファンがいます
愛車一覧
トヨタ 86 86お姉様 (トヨタ 86)
トヨタ 86に乗っています。 街乗り+αの機体です。 「前車とは違いこの車はノーマルで ...
ヤマハ JOG ZR ゲン子 (ヤマハ JOG ZR)
我が家を取り仕切るメイド長のゲン子さんが、メイド長に相応しくJOGのスポーツバージョンの ...
マツダ RX-7 ナナ子 (マツダ RX-7)
前の愛機のFDのナナ子さんです。 ナナ子さんには本当にお世話になったなぁ~ 最終的に ...
ヤマハ JOG CE50D ゲン子 (ヤマハ JOG CE50D)
ご主人様にお仕えする原付メイドのゲン子と申します。 ご主人様の職場への送迎が主な仕事で ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.