• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

a-m-pのブログ一覧

2018年01月05日 イイね!

温泉探訪⑨(那須湯本)

温泉探訪⑨(那須湯本)今年の一湯目は、群馬の藪塚温泉ホテルふせじま

天皇陛下ご宿泊のホテル
近代的な温泉は、加温加水循環塩素消毒
1,200円也…(´・_・`)

気を取り直して、那須湯本温泉へ
ネットで検索すると、とてもじゃないがノーマルタイヤのロドでは行けない
最寄りの黒磯駅に駐車して、そこから路線バスで向かう
宿は民宿松葉
内湯はないけれど、共同湯滝乃湯の向かいにある絶好のロケーション

1泊2食付き9,500円
ご飯は地元の野菜をいっぱい使ったものでした
大変美味しかったです
ここを拠点に、さあ巡りましょう

①共同湯 滝乃湯

御所の湯源泉の共同湯
ph2.53
○鹿の湯源泉とは異なる源泉。ややマイルドな泉質
○脱衣所含め余裕ある作り
○総木製の浴室は雰囲気良し
●立ち寄り湯不可
●河原の湯に比べ利用客が多い
なんと一湯目でいきなり湯あたり
しばらく動けず…
舐めずにきちんとかぶり湯すればよかった…

②小鹿の湯

鹿の湯・行人の湯混合泉の外湯
ph2.6
○那須湯本温泉のスタンダードである混合湯使用
○湯船は広く、とても清潔
○脱衣所も暖かく快適
○鹿の湯に比べて混雑していない
○立ち寄り湯可
●露天は19時まで
ここは2度目の訪問
1度目と同じく、その清潔さに感心
この泉質と湯づかいで400円

③河原(かわはら)の湯


行人の湯源泉の共同湯
ph不明
○鹿の湯、滝乃湯よりマイルドかつヌルめ
○浴室の設えはこの辺りのスタンダード。床はスノコばりになっていて直接胡座をかいても快適
○いちばん人が少ない
●狭い
●立ち寄り湯不可
総木製の浴室は落ち着く。これを独占できるなんて!来て良かった〜

初日はここまで
温泉を求めて彷徨うオジさん二人
雪の積もった温泉街はなんだかつげ義春の世界


2日め
④鹿の湯


鹿の湯・行人の湯混合泉の共同湯
ph2.6
○関東屈指の名湯
○41度〜48度の異なる温度の湯船あり
○とにかく広い
○とんでもない量をかけ流し
●混んでる
昨年5月にきた時は、駐車場が満車で入浴を断念
8時きっかりに行くと、あら嬉しや一番風呂
掲示されていた作法通り、200回かぶり湯
結構キツイ
そして入浴
有名な48度の湯
常連さんが来ると叱られそうなので、43度から飛び級で48度に挑戦。
安代温泉の先輩直伝のあつ湯入浴法でざぶん
3分は無理!1分で飛び出した!
湯もみもせずにいきなり飛び込むなんてampさんも男になったわね
もうね、すっかり鹿の湯ファン

受付で売ってた「鹿の湯ものがたり」2,000円也を購入

あっ、それと

当分の間休業デス


⑤雲海閣


鹿の湯・行人の湯混合泉の外湯
○長いトンネルと階段は冒険心をくすぐる
○明るい浴室
○人が少ない
●狭い
有名な長いトンネルを降りていく温泉
掛け流しの量もすごい
量が凄いということは温度も凄い
熱湯の方は入れずじまい…

那須湯本の五湯を回る
雪が溶けたら北温泉とか、もう少し山手の方まで行きたいですね



















Posted at 2018/01/05 16:47:50 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年12月24日 イイね!

2017年の温泉五傑

2017年の温泉五傑今年入った151湯のうち、特に記憶に残ったところを挙げていきます。
(名だたる名湯を巡ったので、なかなか決められなかった…)

第5位 塩原新湯 湯荘白樺(栃木県那須塩原市)


おもいのままさんに触発され、寺の湯へ行ったのだが、紅葉シーズンど真ん中で混雑
仕方なく立ち寄った先は湯荘白樺
古ぼけた、しかも風情も全く感じられない佇まい
全く期待していなかったのだが、浴室の扉を開けて悶絶、己の不勉強を恥じる
ええわ、ここ
窓から差し込む陽光に優しくうねる湯面
硫化水素の臭い、白濁りの色、少し刺激のある浴感、これは満貫
露天風呂は流れる雲を見ながら
これも満貫

二度目は職場の同僚と泊まりで行く
おじさん二人旅
共同湯巡りして帰ると布団が敷かれていた
あの…

(ノンケです)

第4位 日光湯元 温泉寺(栃木県日光市)


初めて行ったのはGW明けの日
ここは冬季閉鎖らしく、あなたラッキーね、営業再開したばかりよとお寺のおばさんが言ってた
お寺でラッキーは如何なものかと内心思う
何はともあれ中へ
お布施500円を払い入浴
2m四方の浴槽が一つあるだけ
しかしまあ濃厚な硫化水素臭の白濁り
佇まい、臭い、色、ここも満貫
2回目は晩秋
しまい間際に訪れたため、独占
夕暮れの日光湯元でおじさんひとり
絵にはならない

第三位 庄川湯谷温泉(富山県砺波市)


色んな人のブログを見て、一番気になってた温泉
夏休みにようやく訪問
大きな建物、湯治客で賑わっていた昔日の面影はない
玄関の箱に500円を入れて廊下を先へ
ガラス張りの炊事場を通って階段をおりる
遠くから「どぅおーん」って聞こえてくるのだけど、なんですかね

沈没した風呂
さっきの音は、男湯と女湯の間に設えられた湯口が沈む音
先が陽物のような湯口はシーソーのようになっていて、仰角を付けると大量の湯が放物線を描いてドバドバかけ流される
その音が半地下コンクリート製の浴室に反響する
ぬる湯だけど、逃げ場がないのです
水没した洗い場でトドになっていたのだが、さすがに湯あたりした

第2位 夏山温泉もみじや旅館(和歌山県太地町)

優しいお風呂
佇まい、やさしいゆる湯、大量の湯量、ふんわりたまご臭、大量の泡つき、夏山温泉を語る上で外せないキーワードです、が、

この両端のラウンド、ここのスッポリはまり具合が、とてつもなく優しいのです
まるで母の胎内にいるかのような塩梅
(大げさか)
是非一度お試しあれ

第1位 松の湯温泉松渓館(群馬県東吾妻町)



佇まい、湯量、臭い、泡つき、そして湯温、そして湯の流れる音、そして女将さん
全て満点、役満です
かなり期待して行ったのに、それでも予想をはるかに上回る名湯
あかん、また行きたくなってきた…
背徳さん教えてくださりありがとうございました


今年はここに挙げた五湯の他も、ほぼ外れなしの温泉巡りが楽しめました。ネットの先人たちに感謝
来年もいい出会いがいっぱいありますように!























Posted at 2017/12/25 00:00:47 | コメント(3) | トラックバック(0) | 温泉 | 趣味
2017年12月02日 イイね!

温泉探訪⑧(湯河原、熱海、伊豆山)

温泉探訪⑧(湯河原、熱海、伊豆山)12/1は横浜で忘年会
横浜に宿を取った後、次の日の計画を立てる
湯河原温泉ままねの湯→熱海温泉共同湯巡り
これいいんじゃない?熱海なんて10年以上ぶりだし

というわけで出発
10時過ぎにままねの湯に到着


あつ湯で名高い湯河原の霊泉
脱衣所で先に上がってきた同好の士の体も赤くなってる!これは手強い!
今年入った各地のあつ湯が脳裏をよぎる
下諏訪の旦過の湯よ(入れてないけど)安代の開花の湯よ(地元のセンパイが水で埋めてくれたけど)
草津の白旗の湯よ(ここはなんとか入れた)
我にご加護を
ざぶん!(実際は恐る恐る足先から静かに入りました)ふんっ…あら
たしかに熱いけど、45度あるかないか
これは拍子抜け
先に入ってたセンパイに理由を伺う。
80度以上ある源泉をかけ流しているのだが、そのままだと熱くて入れない。だから流量を絞って温度調節をする。地元の人はこのバルブを全開にするのでとんでもなく熱かったとのこと
最近マナーの悪さから地元の人の入湯を制限しているので、温度も下がった。
共同湯の場合、逆はよく聞く。組合以外の入湯者がかけ湯せず入る、体を拭かず脱衣場に出てビショビショにする、それ故ジモ専と呼ばれる部外者お断りの共同湯が各地にある。草津然り、上諏訪然り
ままねの湯は真逆に舵を切った
面白いなと思うし、個人的には部外者に寛容な方が有難い
あかん、珍しくいっぱい書いた
次は熱海
熱海は10年と少し前、人生で一番大切な人と行ってからご無沙汰
ロドを停め、徒歩で熱海を散策

洋食屋
ここ一階じゃなかったっけ??


で、熱海の一湯目は福島屋旅館


熱海のお湯は貝汁のような少し濁った湯
腐っても鯛とは熱海のためにある言葉か
長湯するとダメね、これはズシリとくる湯だわ
ここで大阪の枚方から来られたセンパイと意気投合
70歳だから私の父の世代か
親孝行の代わりに同行
駅前温泉へ


二人で話しながら熱海駅へ

うおー!本日一番のあつ湯がおった!
私はかろうじて耐えたものの、センパイは足入れた途端タコ踊り
二人で独占してたので、とりあえず水で埋めてしまいました
センパイと再会を約束し、一人でつぎの温泉へ



いいですねえ、このたたずまい
清水共同湯

浴槽が小さいので、今回入った熱海の共同湯の中で一番フレッシュ
はす向かいの雑貨屋さんで湯券を買うのだが、とても気さくなお母さんでした

そして最後
日本三古泉の走り湯

横穴から勢いよく湯が出ていたそうで、伊豆の語源はここだそう(出る湯→いずるゆ→いず)
走り湯源泉の共同湯が浜の湯

番台があった
オババの接客業に従事してるとは思えない態度の悪さも世俗に汚されていないと好意的に捉えることができた私の度量の広さよ!(長いよ!)

左側ゆる湯、右があつ湯、といってもそれほど熱くはなかった

特筆すべきはその塩分濃度
舐めた瞬間うへってなる
これは冬だからいいけど、夏場だと汗引かないだろうなあ…


20分ほどで上がって石段を下る
眼前には夕日に染まる太平洋

日本に生まれて良かったって心の底から思いました























Posted at 2017/12/02 20:52:38 | コメント(2) | トラックバック(0)
2017年11月18日 イイね!

温泉探訪⑦(奥塩原再訪)

温泉探訪⑦(奥塩原再訪)週末天気は下り坂、気温もぐっと下がるとのこと
いよいよ北関東の山沿いは行けなくなるね
(s)さんの言う通り、今週末がラストチャンス?んだんだ
ということで金曜日休みを取り、先週行きそびれた奥塩原へ
まずは…

湯元温泉大出館を再訪
目当ては墨の湯

この先画像なし。だって混浴だもの
黒っぽい細かい湯の花がどっさり
名の通り墨汁のような湯でした



一旦塩原の中心地へ戻り、川沿いの有名露天風呂へ

対岸に見えてきたのが福渡温泉岩の湯

貸切!
週末は混んでるので大変嬉しい。
ウフウフしながら入っていると、湯捨て場に鳩が来て、湯浴み開始
一人一羽のご縁

もう一つの露天風呂、薬師の湯は台風で壊れてしまい休業中。残念

さて、次へ参ろうか

新湯温泉
駐車場は爆裂火口直下
噴煙かかると硫化してメッキが黒くなるとか


温泉は安定のクオリティ
特に共同湯の一つ、中の湯は、今年回った140湯のうち、5指に入るお気に入り
世間的にはむじなの湯が名湯の誉れ高く、含有成分も濃厚なんだそうだけど、中の湯のフレッシュな感じが好みなんです


この日は湯荘白樺に宿泊。ここは中の湯と同じ源泉
夜中まで温泉を堪能
露天風呂から夜空を見上げるが、雲で星は見えず
明日は雪の予報

今度ここに来るのはいつになるのだろう
























Posted at 2017/11/18 15:33:20 | コメント(1) | トラックバック(0)
2017年10月29日 イイね!

温泉探訪⑥(松渓館連泊ほか)

温泉探訪⑥(松渓館連泊ほか)仕事が一区切りついたので、休みをもらって温泉道楽
冬に入る前に群馬の山深いところを巡りましょう
10/26(木)

宝川温泉汪泉閣
平日なのにすごい人。しかし皆さん目当ては露天風呂なの

なので内湯は独占。大量の掛け流しにしばし興奮

10/27(金)

六合赤岩温泉長英の隠れ湯
加温循環塩素消毒
でも3人いた先輩たちののどかな会話と窓外の景色に優しい気持ちになれたのでした
さて、次は

尻焼温泉共同浴場
川沿いの混浴露天
肝心の川湯は、増水のため断念
周りの旅館のお風呂を使わせてもらう

光山荘
川沿いに面した窓から陽光が差し込んで綺麗

星ケ岡山荘
川沿いの野趣あふれる露天


昼は野の屋さんで新蕎麦

そして



また来ちゃった…松渓館
しばらく来れないことを予期して連泊
ふんわりタマゴ臭のアワアワかけ流しぬる湯温泉は、個人的には群馬一だと思います

10/28(土)
草津の共同浴場を巡る
でも、旅行者に開放されてる外湯は3つになったとのこと…

地蔵の湯
草津らしいキリッとしたあつ湯

千代の湯

まさかの独泉
湯畑源泉ってぬるいのね

このあと、チャツボミゴケ公園にあるという温泉目指して行くが、なんと今は開放してないとか…しかも久々に腹こすった

気を取り直して半出来温泉へ

ふふ、ここも独泉
川沿いの混浴露天


このあと、群馬大津駅の裏手でnaoさんと遭遇。写真はストビュー
パッシングして手をいっぱい振った(はず)

10/29(日)
ハイドラでテリトリーになってる道の駅六合へ

道祖神
揉みまくってますな…

今回最後の湯は、月夜野温泉三峰の湯

ここは公営だけど加温なし加水なし循環なし
消毒なしの源泉掛け流し
あつ湯の内風呂とぬる湯の露天があって360円!いいねー

来月以降、ノーマルタイヤでは心配な気温になるだろうから、主戦場を箱根・伊豆辺りに移します








































Posted at 2017/10/29 19:25:38 | コメント(4) | トラックバック(0)

プロフィール

「(s)さんの写真を見てハッとした
よく似た感じの過走行(笑)」
何シテル?   01/08 21:34
a-m-pです。よろしくお願いします。

ハイタッチ!drive

みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

ブログカテゴリー

リンク・クリップ

※追記アリ 友人のR32GT-Rが盗難されました。拡散お願いします。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/08 12:28:57
晩秋の満願寺温泉 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/19 22:56:26
秋ですね。@近況報告? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/11/17 03:28:04

ファン

6 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ ロードスター マツダ ロードスター
SLP アークティックホワイト
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
初めてのマイカーはNB1 新車で買って、ボーナスの度に部品入れて。 思い返すと一番楽しい ...
マツダ RX-8 マツダ RX-8
ロータリー40周年記念車 NB1を売って、ファミリーカーだ!と購入 しゅぃーんって回るレ ...
マツダ ロードスター マツダ ロードスター
NC2 ロードスターへの思いを断ち切れず購入 かっちょええ!!と思ってたのに、諸般の理由 ...

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.