車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月27日 イイね!
発條再び。超厚切り塩タン。 んまかったぁ~♪


さて、画像とは関係ないのですが、以前、ターボのインタークーラーホースに巻き巻きが破裂しちゃった事件というのがありまして・・・・

再補強を検討していたのですが、念願の100均で青色の3mmのアルミ針金(1mmで切れるのであれば2mmにすれば良いという結果(ひっぱり強度は断面積2倍で3倍以上になる)ですが、ソコはやはり切れたという事はそれ以上の断裂を考え、3mmまで100円で販売されているなら、3mmの青色を探しておりました。

本来なら、下地にアルミテープも巻き巻きしてやるべきなのですが、蚊と戦いながら3時間近くの作業は無理と判断し、30分で完了できる方を選択しました(アルミテープが売っておらず準備できなかったともいう)。


作業1

吸気口とレゾネータ(雨水落とし+空気だまり)を取り外し、エアフィルターを取り外し、エアフローセンサーの信号線を外して、ジャバラ部分を外し、エンジンからのEGR吸入部分を外します。

作業2

細かい作業は出来ませんが3mm程度の針金ならば、巻き巻きする程度の空間はありますので、この空間を利用して巻き巻き。

作業3

巻きはじめと、巻き終わりを移動しないように金具に固定したら本作業は出来上がり。

作業4

先ほど外したものを取り付けて、作業完了。


本当なら、インタークーラー後のホースにも同様の巻き巻きをするべきですが、こちらは完全に3時間型(ジャッキアップして、底板を外しての作業)になるため、今回は割愛。


感想

作業の効果が実感できるのは、両方の作業をした後ですが・・・まぁ、それなりに体感は出来ます。
Doなるのか?については、ご想像にお任せします。(微妙な変化があります。)

ただし、燃費に影響は少ない様子です。
Posted at 2017/05/27 23:04:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | エンジン? | 日記
2017年05月27日 イイね!
アルミのチカラ人生、おそらく6回目のチャレンジにて、やぁ~っと・・・・? わんこそば100杯クリアしました。

40代も半ばに来て、20代で課した人生の難題を今頃?クリアしました~★ (^^)b


とゆ~のは、置いといて。(・・)


さて、アルミニウムというモノは、震動を伝えにくい金属の1つです。(表現はこんな感じ?)


と、ゆ~コトで、この素材を用いて簡単に防音ができちゃうんじゃないの?と画策して・・・実践してみました。

道路からのノイズは、大半がタイヤハウス→タイヤハウスカバー(ちょっぴりシンサレート)→足元のボディ鉄板→ちょっと防音フェルト→足マットがあって、耳へと入ってくるパターンが多いように感じます。

もちろん、タイヤ→シャフト→ダンパー→ボディ→耳という経路もあるワケですし、外から入ってくるパターンノイズもあります。

ところが、音の成分的には、最初のダイレクトに車内へ入ってくる音じゃなくて鉄板を通過した音が一番多いのではないか?という部分に今回は着目して防音してみます。

100均で売ってた(10枚だけ残ってた)アルミ板を利用して、コレをタイヤハウスから入ってくるであろう音の侵入経路に貼ってやります。

この部分に てすく の あてざん号 には、すでにシャオンスターが施工してありますので、この間にサンドイッチになるように施工するコトで、動くもの(吸収)、動かないもの(反射)、で層が作られる事により、ここを通過する音は度重なる反射と吸収と通り道の変化等により、周波数帯がズレて熱等になり拡散して、可能な限り音ではなくなってくれる=静かになる。という理屈です。

音で発電するコトも出来るそうですから、この理屈は理にかなっているのでしょう。

吸音層がある上からアルミを10cm四方に切り裂いたものを接着剤を用いて張り付けてやります。
※張り付ける前に、型を金槌でポコポコとたたいてやり、場所に合わせてから接着剤で張り付けます。

この作業を適当に・・・最初、両面テープで行っていたのですが、まぁ・・・なんというか、温度が高くなると剥がれてブレーキの邪魔をしてくれました。
ブレーキの邪魔は=重大な事故になりかねませんので、接着剤へと施工後に再施工したという次第です。


さて、その結果ですが・・・対費用効果は「あった」という感じです。

ゴーという荒れた路面のロードノイズが、板一枚分、遠のいたというのが実情です。


厚さ0,3mmでこの性能だとすると・・・・1mm程度のアルミ板だとかなりの防振効果が出るのかな?と思ったりしますが、費用がすごかったので、しないでしょう(笑)
Posted at 2017/05/27 22:49:55 | コメント(0) | トラックバック(0) | 防音 | 日記
2017年05月24日 イイね!
あれ?また画像はま~ったく関係ないモノです。

さて、この前、エンジンのオイルキャップ1杯分の 添加剤を投入したという記事を書いたのですが・・・走行距離が約3000kmを超えてきまして、さらに静かになったのに加え、燃費が良くなって(安定して)きました。

通勤時における燃費がここ2週間ずっと平均20km/l(ただしDPFを除く)になり、以前の18.3km/L(但しDPF込みだと平均17m/Lだったと思われる)より、かなり良くなっている事に驚いています。

添加率は恐らくは1%未満なので、効果の程は微妙だと思っていたのですが・・・・

経験上、一番効果が出やすい(但し抜いた時のダメ度も解り易い)添加剤なので、遅効性の部分は期待してなかったのですが、これならある程度、さらなる燃費以外の向上が見込めるかもしれません。

対費用効果という面では・・・微妙なのかもしれませんが、他の添加剤のように高額な上に変化が微妙すぎるというコトもないため(但し添加率が今回のように低いとやはり効果もそれなりに低い)、結果的に添加率が低いというコトはコストパフォーマンスが案外良いのかもしれません。

通勤で20kmいけるなら、DPF込みでも満タンで1000km・・・遠出でこれはいけそうな予感?!

まぁ、どちらにしてももう少し様子を見てみようと思います。
(季節が良いのでたまたま・・・という可能性も否定できないため。)
Posted at 2017/05/24 23:40:51 | コメント(0) | トラックバック(0) | エンジン? | 日記
2017年05月13日 イイね!
エンジン音を静かにする方法?! 自分の車のエンジンはディーゼルだから、ウルサイの仕方ないのかなぁ?

 とは、常々思っていたのですが、その昔、ちょっとエンジン音を静かにする方法を思い出して、実践していました。

 方法は簡単。エストレモX1 を キャップ1杯 エンジンに入れるだけ。

 効果は・・・解る人にはワカル程度です。(わからん人にはまぁ~ったくわからんレベル。嫁さんにはわかりませんでした。)

 量が量なので、特に燃費が良くなるワケでもなく、パワーアップするワケでもありません。

 ただ、数回繰り返すと、エンジンがほんの少しづつ静かになります。
※オイル交換の毎にキャップ1杯、おそらく10ccくらいを投入。

 本来の投入量はオイルの10%、つまり500ml程度ですが、諸般の事情によりあてざん号に大量投入はよろしくないと思っています。
 エンジンオイルに入る確率的には、エアフィルターを通過したゴミと同レベルであろう10cc程度なら問題は少ないであろうという判断ですね。

 さて、その結果は・・・・


 エンジンノイズが少しづつ、静かになってきました。ただし、微妙に静かになった程度。(デシベルレベルで下がったとは思ってない。)

 エンジンの振動が・・・ちょっと(微妙に)少なくなったような「気がする」。(プラシーボ効果の可能性も否定できない。)

 エンジンの低温時、加速性能がちょっとだけ良くなったような気がします。(燃費計で見た目の数字は良くなっている。)

 エンジンブレーキの性能がちょっと落ちました。

 信号スタートで60km/hまで加速のI-DM が直線なら1白、2青、3青、4青 でもらえるようになりました。(I-DMの評価が上がりました。)
※投入前は、1白、2青、3緑~青、4緑 

 
 ってことで、まぁ、対費用効果は薄いけれど効果はあるのかな?と。


最近暑くなってきて、暫く前は燃費が非常に良かった(通勤時に21km/l平均)のですが、徐々に落ち始めて(同20.5km/l平均)きました。
冷房の使い過ぎには注意が必要ですね(笑)
Posted at 2017/05/13 11:38:30 | コメント(1) | トラックバック(0) | 防音 | 日記
2017年04月30日 イイね!
燃費向上。。。シカシ。 ぜんぜん関係ない写真です。

 リコール後のECUセットアップにより、燃費が悪化していたのですが、最近燃費がアップしてきました。

 登り、降りの山道通勤路で、満タン計測で従来16km/Lから徐々にアップしてやっと21km/Lを達成。DPF込みで19km/L。(ただ、涙マーク、四色クローバの軽トラが出てくると、やっぱり1回あたりが17km/L前後にダウン。)

 まぁ、自分の中では結構良い方なのかな?と思いますが、神戸に出るとやっぱり燃費は悪化します。

 単発で神戸に行くとこの前は2人乗車、25.5℃設定、外気温18度、ECOモードでエアコンON、晴れ(つまりAWDは2駆モード)だと、15km/L(DPF込み)が通常でしたが、最近は17km/Lまで向上。


 中間加速時の、微細な加速しない領域に、加速準備領域のようなモノをハッケンして、これを可能な限り少なくした+リコール後のお話です。
 この中間加速準備領域のようなモノが以前より広がっているため、燃費悪化をもたらしたと推定。

※リコール施工後、暫くはこれがわからなくて燃費悪化していました。

 って事で・・・GWは遠くへ行けるのかなぁ?
Posted at 2017/04/30 15:40:41 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車のお話 | 日記
プロフィール
「[整備] #アテンザ アイドリングストップ機能のストップ★ http://minkara.carview.co.jp/userid/2527920/car/2072897/3992367/note.aspx
何シテル?   11/19 09:25
てすくです。 アテンザセダン外見ノーマル仕様です。 (中身も、殆どノーマル仕様・・・です、たぶん。) よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
お友達
えっと、お友達、カワリモノですがよかったらお願いします。
41 人のお友達がいます
や な ぎや な ぎ * まじんぶぅまじんぶぅ *
ksjetksjet * JつのJつの *
ぶたなりぶたなり キングジョーブラックキングジョーブラック
ファン
5 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ アテンザ あてざん君 (マツダ アテンザ)
オイラの所有物になったからには、廃車までシッカリと働いてもらいますよ~!(^^)b 目 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.