車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年01月17日 イイね!
アテンザの充電には2種類の充電があるのは、よくご存じかと思います。

1つ:スーパーキャパシタへの充電。

 エンジンブレーキをする際に、スーパーキャパシタへ、オルタネータから充電を行っています。

2つ:通常時のバッテリーへの充電。

 エンジンが回っている際に、一定レベルを下回った場合に、バッテリーへの充電が開始されます。


この2つの充電を制御しているのがオルタネータであれば、その充電は自由に調整できるんじゃないの?

とか、考えてみたのですが・・・・


スーパーキャパシタへの充電は、制御が難しそうです。
※コンデンサ充電になるので、電圧を充電量により変化させる必要があり、これに失敗すると燃える可能性が十分にあると思われる。

バッテリーへの充電は、最終充電電圧に注意すれば、それなりに充電できそうです。
※バッテリーの場合は、電圧を一定に制御してやればOKなので、それなりに簡単。


比較的簡単で、回路も簡単そうな、バッテリーへの充電を少し考えてみたいなと思いました。

太陽光発電を用いて、ほんの少しですが充電してやるコトで燃費が良くならないのかなぁ・・・。
Posted at 2017/01/17 21:33:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車のお話 | 日記
2017年01月14日 イイね!
ぼ~っとしてる人向けです。(内容は微妙なので長文苦手な方はここで退席を。。。)

ヒマな時、ぼ~っと考えて、実験をしてみました。


実験 その1

 軽油は加圧発熱を利用して着火されている。

 と、ゆ~コトは、初熱量が高ければその印加される加圧量が少なくても発火する仕組みであるハズである。

 ならば、液体の熱量をあげてやる事で燃費が良くならないのか?という実験。

 実施:具体的には、燃料ラインを保温してやり、この燃料ラインがターボチャージャー直上を通っているのでここでの熱量を増やしてやればどうなるのか?という事で実施。

 ガラス布とアルミを利用して保温してやり、エンジンのフード内も同様に保温を実施。


 結果:1万キロ程度走行したが、燃費には・・・良い部分と悪い部分がある模様。
     また、この施工後はDPFの期間が短くなる恐れあり。(炭化し易くなる可能性がある。)

 考察:冷間時における効果は確かにあると思われる。但し、温間時においては逆に温度が高くなりすぎている可能性があり、着荷直後に分散しない部分で着火している可能性がある。
 分散前であると液体状況に近い(分散されていると理想着火気体に近くなる)ので、酸素不足が発生して炭化しているような気がする。

 実験中の様子:燃費ライン速度(時速60km/h前後で5速変更指示が出ている状態で4速走行)で、32km/L程度で走行出来ていたが、これが26km/L以上でないコトが多くなった。

  但し、実測では走行全体的な燃費はよくも悪くもならない様子。(つまり、総燃費では同じ程度と考えられる。)

 後日談:軽油の寒冷地仕様になり、各段に去年より調子が良くなった。(着火時はほぼ同じであるが、冷間時の元気の良さは少しいい感じでした。


実験 その2

 DPFの黒煙がエンジンに回ってくるのが問題である・・・DPF以前にEGR回収している部分から黒煙がエンジンへ導入される理屈は理解しているが、クールドEGRによる冷却がなされる。
 但し、DPF焼成中の温度は約600度程度と非常に高温でありこれをクールドEGRとしても恐らくは200度以上の熱量があると推測される。

 であれば、この温度が少しでも下がれば吸入温度を下げれる可能性がある。

 クールドEGRは冷却液を利用しているため、温度的には温間時で約100度近く(80~100度)になると推測される。
 エンジンルームの温度は推定最大60度前後だと思われる(調査時)ので、空冷で少しでも冷やしてやれば充填効率はアップするハズ?

 実施:クールドEGR直後にステンレスホースでエンジンインテークへと延びているラインがあり、ココに放熱のために約2mmのアルミ針金を巻いてやる。(本来は角型が望ましいがこのスペースでの施工が極めて難しいため断念。)


 結果:変化なし。

 考察:このくらいの熱量では変化はないと思われる。


実験 その3

 防音仕様としてドアにシャオンスターを施工した。
 通常時においては静かにはなった・・・のだが、微振動を伴うザワザワ道路だと、従来よりヤカマシイ部分がある。

 考察として、つまり微振動をシャオンスターの固い部分がひろってくる(共鳴現象)→ドア、もしくは内装とアタリ音となっている可能性がある。

 であれば、内部にサンドイッチ構造にして、シャオンスターの両側に「わた」のようなモノを取り付ければこの「ざわざわノイズ」をカットできるハズ?

 実施:そのままです。両面テープでモノタローで購入したホワイトキューオンでサンドイッチ。(ホワイトキューオンは分厚いモノを分割して利用する)

 結果:ザワザワノイズが完全になくなりました。ただ、ホワイトキューオンは純正採用されているシンサレートよりはレベルが落ちます。範囲面積あたりのお値段という感じですね。
※シンサレートの方が目が細かい。どちらも取り扱い時には保護メガネとマスクを着用しておきましょう。



実験 その4

 インタークーラーは温度が入り口が高く、出口では空冷されて低くなっているハズ。
 と、いう事は、インタークーラーの温度を下げてやるコトである程度の充填量増量=効率アップが図れるはずです。

 インタークーラーの構造上、フィンがあって縦面に構造上空気の通る部分が平面にあるワケですが、ここの前は空気があたる部分になるのでこの平面にフィンを増やしてやればさらに冷えるんじゃないの?というイージーなモノ。

 施工:面倒なので(逆につくるのが面倒?)アルミテープを利用してフィンを作成。縦約5mm横100mm程度のフィンを6枚作成して張り付け。テープなのでフィンを寝かした状態で張り付け、その後フィンを起こす・・・という作業を繰り返しました。

 結果:微妙。ごくごくごくわずか。急加速を繰り返すと少しだけ違うような気がする程度。

 考察:フィンで放熱できる部分はチョットだけ。もう少し本格的なフィン、放熱版を取り付けた方が効果があるように思います。


実験 その5

 マフラーの温度は、その熱量による仕事量の無駄使いである=燃費の悪化となります。(熱量は排出量は少ない程、燃料変換効率が良くなる理屈の上では、排出熱は少ない程良い。)

 つまり、これを利用してターボチャージャーの理屈が出来ている(厳密にはちょっと違う)ので、ココを改善して熱量をより積極的に利用してやればターボの効率が上がるのではないか?という実験。

 考察としては、ターボタービンを回す力というのは、気体が熱を持っていれば持っている程力があるという理屈になります。
 つまり、エグゾーストバルブから排出された排気ガスは出来るだけ熱をもった状態でターボチャージャーへと導いてやる程、効率良くタービンを回してコンプレッサーを回してやる事です。
※無駄にチャージされた部分は排出されるのでここでは考えない。

 な~んて考えて、これまたガラス繊維で保温してやったのですが・・・結果は「よくわかりません」。

 使い方が中途半端だと思われます。燃費運転を身上とするワタクシでは、このターボチャージャーを本気で利用していないコトが原因だとは思います。
※小ターボの充填量を増やしても、捨てられている可能性が高い?

 加速そのものを楽しんだりしませんので、燃費には影響がないというあたりで終了です。

 説明:ターボタービンを回す力は、熱量が高い程高速で回すことが出来ます。気体の温度が高く密度が低ければ低い程、みかけ体積が増えるので流速が高速になるという理屈です。 但し、ある危険も伴いますので(保温は排気管クラックの原因になる)実験は短期間が適当でしょう。


実験 その6

 ターボチャージャーの熱を分離する。

 施工:ターボのタービン部分と、コンプレッサ部分の動作温度は違う程良いので熱分離を行ってやれば・・・というコトで、この空間をガラス繊維で遮断してやるというモノ。
 ただし、アクチュエーター(動作部分)が2~3箇所あるのでココは動くようにしないといけません。

 で、ちゃっちゃとガラス繊維で作成しまして、装着。

 結果は・・・微妙に違いを感じます。燃費は良くなる方向に少しだけ。平均燃費が若干向上したように思います。


実験 その7

 スピーカの後ろにバックプレートを付ける。

 スピーカの音というのは、ドアからの音をもろに伝えてくれるという点に着目して、スピーカの後ろにバックプレートを装着してみました。

 オトナシート、シャオンスターと2種類で実験をしました。

 結果としては、ある程度の効果は見込めます。(ザワザワ音が入ってこなくなる感じ。)
 但し、対費用効果は低めなのと、問題があります。

 それは・・・・スピーカの音がショボくなります。(音が如実に小さくなる。)その分、外部に漏れる音も小さくなっていると思いたいですね。次はFRPか、パテでもう少し固くしてみようと思います。

 ソニックデザ〇ンのように、硬くて丁度いい感じのモノが出来ればいいのかなぁ?と思って・・・ちょっと資材が調達できればチャレンジしてみようと思います。



と、いうコトで新年の実験結果報告でした。

残念ながら、どれも期待にはそえませんでした!(^^)>
Posted at 2017/01/14 12:25:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2016年12月07日 イイね!
 今日の窓ガラスは、アイススクリーンで何も見えませんでした。

 なので、暖気運転をしつつ・・・トイレに行こうと思って鍵をかけようとしたら・・・鍵はかかりません。
運転中はロックできない模様です。(暖気装置を使うようにということ?)

 そこで・・・抜け道を考えました。

 運転席の窓を開けたまま鍵を手でロック。
 そのまま、窓を閉める(オートなので閉まる)という方法です。

 これだと、鍵は開くコトが可能になります。
※リモコンは使えないので、仕舞ってあるキーを利用しなければなりません。

 もう少し楽な方法を見つけてみようと思います★
Posted at 2016/12/07 15:15:34 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車のお話 | 日記
2016年11月20日 イイね!
スピーカ部分を保護してみた・・・。
ドアで少し気になっていた部分があります。

それは、スピーカの穴。

外から考えると、ドアの隙間から侵入した音が、雨の通り道を経てドア内部へと侵入。

ドアの内部で下から響いて、ドアの内部から室内へと侵入するという経路を通るワケですが、比較的この侵入が容易なのではないか?と思っていました。

理由は、このドアの雨シールは、1cm以下の穴なのです。そして、ドアにはスピーカという紙ベースの仕切りというにはあまりに貧弱な仕切りがあるだけなのです。

そりゃぁ、音も通過します。

では、このスピーカを防音してしまえばどうなる?という疑問符は当然です。

が、スピーカの防音は二背反の関係があります。スピーカの防音をすればスピーカの音が悪くなるということ。

でも、車に乗ってる時に聞く音楽って、基本は運転中のみ(少なくとも てすく は停止中を前提にしていない)というコトで・・・音が悪くなっても、防音が優先されるという結果になり、施工してみることになりました。

準備したのは、いつものシャオンスター。(20kg5000円くらい。)

20cm×20cm程度の穴なので、30cm×30cmを4枚準備して・・・と思ったのですが、チャレンジなのでいろいろと施工してみました。

まずはシャオンスターに切り込みを入れてスピーカの容量を少しでも確保しつつ、スピーカ取り付けマウントの後ろ側にドア内部へと張り出すブリスター型に無理やり整形して押し込みました。

効果のほどは・・・ちょっと静かになったかな?

折り畳みの方法を変更したりしましたが、あまり変化なし。

2重にしてみようと思ったのですが、分厚いと変形率の問題からうまく仕込めません。
※雨道になって内部に水漏れもイヤなので自分なりのリミットを設けています。


次いで、その辺に転がっていた オトナシート をスピーカ裏に貼り付けました。

が、結果はほとんど同じ。ちょっと静かになる帯域が違うくらいです。(両方を張り付けるコトは物理的に難しいため断念。)

で、問題のオーディオの音の方はといいますと・・・結構違うようです。
もちろん、ダメな方に。

もう少し、色々と遊んでみようと思います。
Posted at 2016/11/20 09:30:04 | コメント(0) | トラックバック(0) | 防音 | 日記
2016年11月19日 イイね!
ガソリンスタンドによる、軽油の違い?的なブログ。ガソリンスタンドによる軽油の差というブログを以前、書いていたのですが、今回は違う場所と、その系列でのスタンドの違いをレポートしてみます。

まず、普通のガソリンスタンドで給油した場合、これを標準と考えます。
系列のガソリンスタンドで給油した場合、標準+と表記します。

さて、標準+の軽油の場合、何が違うのか?という部分ですが、アイドリング時におけるノッキングの率が若干違います。

燃費には影響はない様子。ただし、パワー?登坂時における能力はちょっといい感じがします。
※ノッキング率が低いから上る時も同様の効果がある模様。ただし、ちょっとだけ。

系列のガソリンスタンド・・・ということですが、精製所の問題だけで実際に 「出」 と 「E」 で給油したのですが結果は同じでした。(同じ人が働いているガソリンスタンドなのでちょこっと教えてもらった。)

ただ、同じ 「出」 でも隣のガソリンスタンドは購入元が違うという場合も当然あって、違うガソリンスタンドでは周辺なのに 標準 レベルでした。


その時に気づいたのですが、軽油のお値段が結構違うな?ということ。

一般車両向けのガソリンスタンドでは、軽油は結構高額なことが多いようです。
つまり、トラックなどの車両はお断りというお値段での意思表示なのでしょうか。

逆にトラックステーション、高速IC、港に近いトラック向けのガソリンスタンドでは軽油が安いことが多いようです。

軽油を入れる場合は、その辺りもチェックしてみるといいかもしれません。

新うちの周辺では、下は89円から 上は103円までバラエティに富んだ価格帯なのでした。
Posted at 2016/11/19 08:51:21 | コメント(2) | トラックバック(0) | 車のお話 | 日記
プロフィール
「[整備] #アテンザ アイドリングストップ機能のストップ★ http://minkara.carview.co.jp/userid/2527920/car/2072897/3992367/note.aspx
何シテル?   11/19 09:25
てすくです。 アテンザセダン外見ノーマル仕様です。 (中身も、殆どノーマル仕様・・・です、たぶん。) よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/1 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
お友達
えっと、お友達、カワリモノですがよかったらお願いします。
40 人のお友達がいます
dadamo1dadamo1 * みんカラスマホアプリ開発チームみんカラスマホアプリ開発チーム
0ユウ00ユウ0 JつのJつの
ksjetksjet や な ぎや な ぎ
ファン
6 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ アテンザ あてざん君 (マツダ アテンザ)
オイラの所有物になったからには、廃車までシッカリと働いてもらいますよ~!(^^)b 目 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.