車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年04月01日 イイね!
ハワイ島 旅行記 その1ちょっぴり、ハワイに新婚旅行にいってきました。


=1日目=

ハワイ島への直通便は、羽田空港からしか出てないって事で羽田空港から、ハワイ島へ。

ツアーの場所や、予約確認とかしているウチに4時間くらい過ぎて、そのまま晩御飯へ。



今日でも参加できるルアウショーという、食事しながらフラダンスみたいなのが見れるよ~!って事で、それにしました。

夜は酔って食って、そのままぎりぎりでホテルに帰って、寝ました。

翌朝、AM4:00起床。真っ暗やぁ・・・。

早起きの理由はコレです。

キラウェア火山の噴火口
※富士山も昔はこんなのだったのかなぁ?


溶岩のオーシャンエントリー(どばどばど~ん♪)
※こうやって島ができてきたんですね。


渓谷
※溶岩が雨に削られて植物に浸食されて・・・というのが見れます。
30年経過毎に少しづつ違う土地になるという、島の出来る歴史を見ることができます。


え~っと、すっごく綺麗でした!

って事で、2日目は、また今度。
Posted at 2017/04/01 23:15:46 | コメント(0) | トラックバック(0) | 車じゃないケド | 日記
2017年03月04日 イイね!
エンジンの各部に保温具をつける。

以前、この実験をしてその結果に不満たらたらだったのですが、理屈の上では燃費向上とパワー向上が見込めるハズ?という、再認識のモト、再度施工してみました。

1)エンジンルーム上にある燃料ホースを保温する。
(ターボユニット上であたためられたホースを冷やさない事で、爆発してジュール変換がおこる際の初期変化熱を下げることで爆発そのものが早くなる・・・という理論。)

2)ターボユニットの排気側と吸気側のセパレート保温。
排気側の熱が吸気側に移動すると、加圧してただでさえ熱くなるのにさらに熱を加えても、その結果はよくないコトが多いため、出来るだけ排気熱を伝えないようにその間を保温することでそれぞれの温度をキープしてやる。
これにより、吸気の温度が0.1度でも下がれば御の字かな?と。さらに排気温度が上がればそれはつまりターボパワーの向上につながる可能性があるワケで、さらにDPF再生時はターボユニット後にあるので熱を奪わないコトはDPF再生の時間を短縮するコトにもつながるハズです。
※但し、一定以上の速度で燃焼してもエンジン制御側で無視されるという部分はあります。
DPF短縮=燃料の節約というコトで燃費がアップする可能性があるワケです。さらにターボユニットの保温には排気側のエネルギーを保存することでターボユニットそのものの効率をあげる働きが・・・まぁ、微量ながらあればいいなぁ?と。

結果は・・・最近、18以下だった燃費が19くらい(DPFを含む)に向上しているのはこのせい?なのか、他の要素なのかは微妙です。

ただ、加速時には一定以上の問題が発生するようになっているので、これが原因なのかどうなのか?も不明な部分があります。

※低速からの加速時に、息つきをするようになった・・・。
Posted at 2017/03/04 14:19:12 | コメント(0) | トラックバック(0) | エンジン? | 日記
2017年03月04日 イイね!
 アテンザの防音ですが、新しい(?)アプローチで防音してみることに。

床下には、カタログ上では遮音効果のある純正フロアマットと、その下にべったりと吸音部があるのですが、これは普通のニードルフェルト並の防音しかもたらしていないコトに気づきました。

なので、反射・吸音・反射とすることで、防音率はアップするワケですから・・・鉄板・吸音と来ているので、その上には反射があれば良いワケです。

なので、余ってるシャオンスターを床下に張り付けられる部分全部に施工してみました。

従来はこのフェルト部分の上にはマットがあるので効果はないと思っていたのですが、マットの効果が・・・宣伝文句程には効果がない事を確認してしまったため、改めてその必要性を感じてみたという感じです。

さて、その効果のほどは・・・施工する効果はある。しかしごくわずか。というのが施工結果です。
ただ、タイヤのロードノイズは各段に減っているので効果そのものはありますし、対費用効果としては十分だと思います。

ただ、重量が・・・床面で約10kgの増量になっている計算で、ドアに7kg、残りが3kgとなっていますから、結構な重量増です。

次はエンジンルームと、運転席をまたいでいる部分(ここには形状の問題でシャオンスターは対応できなかった)に、アルミとPVAシートで対策してみようと思います。

注意点は、i-ELOOP搭載車では助手席の下に電圧変換ユニットがあるのでこれに直接触れないような施工が必要になります。
※変換時には結構高温になっている感じなので、出来るだけ邪魔はしない方が身のためかと。
Posted at 2017/03/04 14:10:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | 防音 | 日記
2017年02月02日 イイね!
燃費トライアル 第一幕えっと、某氏の1タンク1000kmというお話の出てるのですが・・・アテンザAWDでチャレンジ1000kmというのは以前から狙ってます。

しかしながら、AWDのタンクは他のものより小さく、しかも燃費が悪いというデメリットがあります。

実質的に20km/Lで走行できれば、54Lタンクというコトで1000kmは余裕で走行できるハズなんです。

ところが、ディーゼルエンジンにはDPFという燃費が読めない装置がついてたりするワケで、この燃費を加味すると平均25km/L程度でなければ、DPFに入って焼成が終了したあたりで燃費の悪化が発生しますから、そのまま平均が20km/Lなんて事はあり得るワケです。

そこで、時速100kmで高速を走り続ける事に対して燃費の良い走行条件は?という部分で、今回某スキー場まで行く事になりましたので、下記条件にて燃費チャレンジを行いました。

1)高速での平均走行速度は100km/h固定で可能な限り走行する。(実走行100km/h)
2)スリップストリームは疲れるのでしない。
3)DPFは関係ないレベルで終了させる。(1000km達成は目標にしない)
4)エアコンはECOモードで常時ON。(一年中、エアコンはON)
5)通勤で120km程度走行してる(平均燃費17km/L)けど気にしない。
6)スタッドレスで燃費は若干悪く、山道もあるけど、気にしない。
7)実際の燃費は8%程度悪いと考えられる。

って事でぇ~・・・岐阜の山で遊んで帰ってくると、なんと・・・前よりちょっといい燃費が出てるじゃないですか!

残り走行可能距離が150kmというコトで、若干足りないのですが、0kmになってもしばらくは走行できる事は実証済みです。(他の車での保証はできません。)

東京方面へ、東海道で行くレベルなら同じ感じの燃費が出そうな予感がします。
つまり、1タンク1000kmは走行可能であるという結論を得ました。

燃費が一番よくなるのは、3月周辺なので3月周辺で・・・燃費チャレンジができればしてみるつもりです。

さて、満タン方法も工夫を考えており総合的に1000km走行ができるか、どうか?チャレンジしていきたいと思います。

※予備の軽油をもって、燃料タンクモニタ(純正じゃなく、現在何%消費しているか?の方。)とにらめっこしながら、走行したいと思います。
Posted at 2017/02/03 17:50:36 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月27日 イイね!
最近ちょっといい燃費?ちょっといい燃費が出ました~★

この後、DPFに入って通勤で徐々に悪化し、最終的には19.7km/Lまで落ちるのですが。

※この写真は運転中に、ドライバーが撮った写真ではありませんのでご安心を。
助手席からにょきにょきカメラで撮影。40枚くらいの中からまともに映った2枚の1枚です。
Posted at 2017/01/27 09:55:55 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「[整備] #アテンザ アイドリングストップ機能のストップ★ http://minkara.carview.co.jp/userid/2527920/car/2072897/3992367/note.aspx
何シテル?   11/19 09:25
てすくです。 アテンザセダン外見ノーマル仕様です。 (中身も、殆どノーマル仕様・・・です、たぶん。) よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/4 >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
お友達
えっと、お友達、カワリモノですがよかったらお願いします。
40 人のお友達がいます
や な ぎや な ぎ * キングジョーブラックキングジョーブラック *
ksjetksjet * 山爺@Around60山爺@Around60 *
315やまけん315やまけん 0ユウ00ユウ0
ファン
5 人のファンがいます
愛車一覧
マツダ アテンザ あてざん君 (マツダ アテンザ)
オイラの所有物になったからには、廃車までシッカリと働いてもらいますよ~!(^^)b 目 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.