• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

てすくのブログ一覧

2017年09月19日 イイね!

アンドロイドセンサーを調べてみた

アンドロイドセンサーを調べてみたこの前食べた、納豆揚げ・・・ん~、奥様は好きらしい。
オイラはふつ~のお蕎麦で結構でやんす。

今回は、車のお話しではありません。
意味不明な方は読まないようにお願いします。

さてさて、G-BowlというiPhoneアプリがあるのですが、このアプリでG加速と速度計測(最高速、平均速度、最低速度)を取得できるとすれば、アンドロイドにも同じセンサーは内臓されているので、計測そのものは可能だと思うワケです。

んで、アンドロイドはSocだし、グーグル標準だからホビー用開発は無料、そしてプログラムも簡単だとゆ~コトですし、ちょこちょこっと調べてみました。

疑問は、iPhoneでは「なぜ出来て」アンドロイドでは「できないコトがある」のか?

理由:百花繚乱のアンドロイドでは、センサーも百花繚乱であり、メーカの数だけセンサーがあるような状況で、その反応速度や数値が違っている。
つまり、同じGセンサーを使っていないため、同じ精度が出せない。というコトは理解できました。

が、しかし。

百花繚乱でも、ちゃんとセンサーとして値をフィードバックさせて来るなら、基準を作って補正させてしまえばいいのでは?というのと、機種毎に違いを奪取して保存するフィールドをWEB上で持って、さらに自分の数値を自分の機種で自己保存してしまえば、センサーとしては理屈の上では同じモノとして扱えるハズ。

ならば、その収差をするモノが作れれば・・・と思ったのですが、実はiPhoneなるモノのソフト開発には、やっぱりMACが必要で、ワタクシMACは持ち合わせておりません。

ただ、Yahooの道案内(ヤフーナビ)で速度フィードバックをしているところから見ても、断続的にはスピード計測もできますし、Gセンサーそのものは存在するので、G加速フィードバックも可能なハズ。

加速度センサーは、直接値を取り出すと、地球のGを拾ってくるので当然場所で違ってくる(と、思う)。そして、当然ですがノイズが入りますので値そのものを直出しでは使えません。
フィルターにかけてある程度平滑化させて利用すれば、良いのかな?というイメージは受けました。


次に、スピード。

コレをセンサーから拾ってくるのを考えるとG-Bowlは、GPSから拾ってきています。
実際にGセンサーから拾う事を考えると今の場所からの移動距離となり、さらにコレに補正が入ってノイズフィルターをかませて、位置修正を行っていくと考えると、機種毎のセンサー収差が追いつかなくなるコトが容易に理解できます。(結果的に修正によりバラつきが大きくなる。)

であれば、GPSセンサーを利用して前回の位置と今回の位置との差を移動した時間と距離で速度は出せるワケですから、こちらの方が収差は小さいと考えられます。
※スペック上に違いがあっても、最大1秒1パスと考えても、まぁ・・・実際の利用に差し支えはないハズです。(1秒で時速10km/h以上増減することは通常の運転においては考えられない。(レースや急ブレーキの世界ではあり得るとして、自分が利用する通常の運転においては1秒1パス制度でも十分という意味。)

拾ってくるセンサーによる誤差は少ないのでこちらは、パスあたりの時間さえ出れば、通常の10分の1秒程度で十分な精度が出ますし、先の1秒1パスでも実用に耐える程度の速度計測が可能と考えられます。

・・・と、ココまではよかった。(加速センサーだけの問題だったら順調に使い物になる算段が?)

GPSセンサーを拾ってくる機種そのものではなく、GPS信号をソフトウェアで拾ってくるタイミングが・・・バラバラじゃん!(拾ってこれるえらいチップと、同じプログラムだと反応しないチップがあるだと?)

調べれば、調べるほど、アンドロイドでは統一感がなく、GPS信号を拾ってくるのがWi-Fiモードだったり、GPS信号モードだったり、問題も山積みじゃないか・・・。

結論として、Andoroidで、統一させたGPS信号取得と、G加速センサーのタイミングのずれは致命的であるとゆ~コトが理解できました。

まぁ、でも自分の専用なら作れそうですね。

気が向いたら、作ろうかな・・・。
Posted at 2017/09/19 22:39:11 | コメント(1) | トラックバック(0) | 車じゃないケド | 日記
2017年09月09日 イイね!

i-DMを上達させるためには?

i-DMを上達させるためには?※長文駄文です。

昨日、 某所でi-DMのOff会がありまして、参加してきました。

★この記事は、【終了報告】Be a driver.なオフミ2017 第3戦について書いています★

とりあえず、目指すのは最下位なので安心して参加です。

G-Bowlが必須アイテム?っぽいので、奥様にi-Patを借りました。

インストールして、2回目の使用なので・・・どこまでアプリを使えるのか?という不安はありますが、まぁ~狙ってる位置は定位置(最下位)なので大丈夫でしょう!

主催者さんが来て、皆さんが集まって、自己紹介、その他が始まったのですが、足元・・・ドライビングシューズの装着率が高い!≒意志が高いってコトですね~★

さて、いざ走行が始まると・・・皆さんの得点が高い、高い。

前日にとりあえず、ざっと内容を読んだだけなので、今一つ理解してなかったのですが、内容的には下記のようなイメージでした。

#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#

 基本的には、オープン公道ラリーっぽい要領で、制限速度は60km/h(道路の制限速度)、中央車線をはみ出さない、峠道の下りと上りで1セットをG-Bowl得点を競うもの。

 スタートは独自タイミングでOK(地点を通過スタート、通過ゴールなのでタイミングの必要なし)。

 G-Bowlを利用してスタート~ゴールまでを計測(0.3Gリミット制限)。

 スピードオーバーと、Gオーバー等をこのソフトで管理する。→報告資料(1)

 走行の下りと走行終了で、i-DMのスコアを写真記録する。→報告資料(2)

#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#=#

 この報告資料により順位(得点)を決めるというイメージです。

 G-Bowl計測でのスピードオーバー、Gオーバー、i-DMの点数は、得点に加味され、減算されていくとのコトでした。

 ここで重要なのは、まず如何に総得点を高く走れるか?得点を高くするためには、「しなやか」な運転が重要で、この「しなやか」な運転のためには色々と苦労します。

 なので、コースを熟知している方が有利です。

※どのカーブをどの程度のスピードで走るか?がGになりますから、コースを知っている=G管理が簡単とうコトで、G-Bowlで失点が少なくなります。また、i-DMの得点も高くできますから、有利です。

 で、走ってみると・・・高得点が目的なのに、i-DMを意識すると総得点が低くなります。G管理をするとさらに得点が低くなってしまうというジレンマが発生します。

ってコトで、厳しい、厳しい!(><)

 そのうえで、G-Bowlを初めて使う上で、Wi-Fiモデルだったが故に色々問題もあって、動作したり、しなかったり。

 動作するようになったが、今度はボールが0.3Gで落ちた音がしない・・・?とかw

 調整してもらうと音が出るようになったのですが、今度はコーナーほぼ全部で球が落ちる(笑)

 仕方がないので最初はスピードをそこまで落として・・・と思ったのですが、速度がトンでもなく落ちる。
 G-Bowlを考慮しないと中間的なスピード感かな?だそうです。
 でi-DM4.7、ただしスピードオーバー2回、Gオーバー24回、つまり+2秒×26回=48秒追加+α

 Gオーバー、スピードオーバー ZERO が標準なので各オーバーにより得点が減点されていきます。減点されると確実に予定位置になるワケですが、予定位置は点数が少しでも多い方がイイですよね?!

 スピード感を落とさず球も落とさず・・・と考えると、Gっていうのは、確か単位時間当たりの3次元移動に伴う法線ベクトルの総和になるハズなので、加減速、曲がる(本当はプラス上る下る)のそれぞれを同時に同じだけ立ち上げると、積算Gオーバーになる理屈。

 ってコトで、直線においてスピードを殺しておいて、徐々に曲がるにバトンタッチ、半分が見えたあたりから曲がるから加速して徐々に加速へバトンタッチとすることで解決するハズなんだけど、ここは記憶によると確か計測Gが感覚よりさらに遅れて来るはずなのでその分を早めに減速→ハンドル操作→加速へと移るイメージ?

 と、考えると簡単そぅ~に思えるのですが、実際はそうなると今度は全部曲がるスピードが一定になり、コースによっては速度が不足してきます。コースの熟知度がココで効いてくる。(ココでは車の性能は考慮しない。)

 どのカーブをどのスピードで曲がるのか?という部分が必要になってきます。(実はあとで主催者とお話しした内容と、本当に全く同じ。)

 が、正直。コースを多少なりとも覚えたのは、5ヒート辺りから。

 全部で8回走行してますから、まとも(?)にコースとして走行できたのは3回くらいですかねぇ。

 最終的にG-BowlでのGオーバーも30回くらいから、なんとか2回まで減少。i-DMのスコアもぎりぎりを維持(4.7前後)。不思議とi-DMのスコアは変動しない様子。

 しかしながら・・・・この得点は、かなり厳しい。昔(約20年くらい前w)は、1~2回走行するとコースは覚えたモノですが、ん~・・・全部がまったくダメですねぇ(笑)
 駄目な部分的な所は上達できるとしても、・・・総合得点アップはケッコウシンドイ。

 あくまでイメージ的なモノでいけば・・・こーんなグラフから


 最終回だとこのくらいのグラフになりました。


 まぁ、何がどう変化したか?は山が低くなって平滑化したってコトではありますが・・・ぶっちゃけまだまだ練習不足以外の何物でもありません。

 得点アタックとは関係ないですが、最後のあたりでエンジンからの音がウルサイなぁ・・・と思ったら、オイルがダメになってたようです。

※繰り返しますが、このOff会(走行会?)での標準は「Gオーバー、スピードオーバー なし のしなやかな運転が身上。」 i-DMは高得点がアタリマエ。その上での総合得点が順位になりますから、まぁ、参加する人のレベルが高いこと、高いこと(笑)

 Off会の途中で、主催者さんの車や、某勝負谷wマイスターさんの車に同乗させてもらったのですが、二人とも運転の解釈に違いがあって、面白かったです。
※Off会に参加すると、上手な運転とは何か?を少しだけ理解できる「可能性」があります。


ってコトで、時間があればi-Padを借りて少しだけ練習してみようと思います。(借りれるといいなぁw)

そういえば、左右の曲がりツナギで青と白の違いを実感できたのは大きいかな?(ちょっとi-DM前進?)
Posted at 2017/09/10 12:33:18 | コメント(6) | トラックバック(0) | OFF会 | 日記
2017年09月07日 イイね!

大雨の日は燃費がDPFと同じになる?!

大雨の日は燃費がDPFと同じになる?!某京都は蕎麦所「まつばら」のそばがきゼンザイ(小)。

これが・・・ん~まいんです!

ま、最近は有名になってきて待ち時間がネックですが、甘党、もしくは奥様に・・・食べてみる価値はあると思います。

え?(大)? トシですかね、もう食べきれなくなったので(小)を二人で楽しんでます、ハイ。


さて、燃費のお話しですが、アテンザのAWDは、実際問題 4駆としての燃費はす~っごくイイと思います。
但し、4駆そのものの燃費は良くもなく、悪くもない、という所なのです。

で、時々ず~っと4駆モードに入ってそのまま。という時があります。

例えば、路面の片面(主に左側)が水の皮をかぶっている(つやつやに見える)時、左右のμが違うために4駆に入るようですがこれが「じんわり4駆」ではなく、「完全4駆」のようなつながり方をしているのでしょう。

台風の時でも、4駆に対して10~14km/L程度なのですが・・・片面の水の皮は、10km/L固定モード。

つまり、50:50で・・・という感じなのかな?

信号でも、待ってる時はちょっぴり2駆で、発進と同時に4駆になる模様でハンドルにも影響があります。
※アンダーステアが発生する。

DPFも同じくらいの燃費の悪さですから、(実際には平地走行だけならDPFの方がちょっと燃費は良い)燃費だけを見ると、まだ300kmも走ってないのにDPFに入ったのか?!となるのですが、ちょっとマテ。
ニュートラル燃費(空想走行燃費:エンジンはアイドリング状態の燃費)が60km/Lが出ます。
DPFが発生している場合は、2~30km/LなのでDPFではない様子が見て取れます。

 燃費トライアルを9月~10月に・・・と思ったのですが、AWDは実は天候にも左右されそうな予感というコトでブログをアップしてみました。

 1タンク1000kmの夢は到達できるのか?!(ど~なんでしょうね。)

AWDで、無給油1000km達成した人がいたら、教えてくださいね★(^^)b
Posted at 2017/09/07 23:37:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | 整備関連? | 日記
2017年08月12日 イイね!

お盆でお暇。

お盆でお暇。画像・・・取り込めなくなったので、古い写真です(笑)

さて、お盆になりました。

お盆は・・・色々と考えていたのですが、相方さんが出勤というコトで・・・。
少し車を静かにしてみる事にしました。


メニューは、下記のような少しだけ改善タイプ。

1:タイヤハウス運転席にアルミふわもこ仕様施工。
4分の1ですが、荒れた路面でおおよそ2Db程度静かになる予定。

2:時間があれば、助手席のフロア。助手席に乗った時の荒れた路面ノイズが1Db程度下がる予定。
ー>不足資材の買い出しと暑さ対策で時間がなかったので割愛。

3:夕方に運転席フロア。これは一部施工済みですから効果は微小。
ー>不足資材の買い出しと暑さ対策で時間がなかったので割愛。

気分が載れば・・・・というより、少し涼しくなれば、もう少し本格的にやるかもですが、ま~・・・この暑い中ではこのくらい出来れば十分でしょう。

いやぁ・・・暑い中での作業はやはり無理がありますね。
蚊の対策も十分にしましたが、2箇所くらいかまれました。(--;

やはり、車の吸音材としては複合素材が対費用効果が一番の様子。

今回は3層構造(厳密には粘着剤も吸音なので4層)で、アルミで反射+シンサレートで熱変化+ゴム系と粘着剤で減衰というコトで対応しています。

従来の構造よりもかなり効果があります。

ただ・・・根本的に100均シリーズはすべて破棄する方向になりそうです・・・。(xx)
Posted at 2017/08/12 11:24:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | 防音 | 日記
2017年07月04日 イイね!

ATで2駆で新車なのに?!

ATで2駆で新車なのに?!和歌山ラーメン、んまかったっス!

いやいや。

本日、ただ今、代車を今借りております。

このアテンザが、ATではありますが、新車で2駆なのに、通勤路を走ってみれば16km/L前後しか出ません。

確かATのカタログ値は19.6km/Lくらいなので「どないなっとるの?」という感じです。

てすく の あてざん号は、購入当初のみですが、燃費は約20km/L前後は出ましたよ?(カタログ値21kmくらい)距離と共に、徐々に悪化していきましたが、初めての燃費が悪いというのはどうも納得がいきません。

前のリコールで燃費が悪化しているのでしょうか。


スカイアクティブD 2.2Lで、燃費計算している方がいましたら、教えてくださいませ。
※駆動方式、ミッション、グレード問いません。
Posted at 2017/07/04 19:05:36 | コメント(2) | トラックバック(0) | 車のお話 | 日記

プロフィール

てすくです。 アテンザセダン外見ノーマル仕様です。 (中身も、殆どノーマル仕様・・・です、たぶん。) よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お友達

えっと、お友達、カワリモノですがよかったらお願いします。
44 人のお友達がいます
JつのJつの * おっきーおっきー *
ksjetksjet か~なみか~なみ
タッチ_@i-DMsタッチ_@i-DMs ツーパットツーパット

ファン

12 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ アテンザ あてざん君 (マツダ アテンザ)
オイラの所有物になったからには、廃車までシッカリと働いてもらいますよ~!(^^)b 目 ...

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.