車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年10月24日 イイね!

2017GT-Rを眺めていたら、プロトに回帰したのかもという妄想がわきました。

2017GT-Rの開発責任者の田村CPS(チーフプロジェクトスペシャリスト)は、
2001年に発表されたGT-Rコンセプトを手掛けています。
2000年にGT-Rの開発がスタートした先行開発チームの責任者だった方のようです。
wikiによると、2003年11月に水野氏が開発の全権を任されます。
その後は水野GT-Rで世に出ることになるわけです。

で、2017GT-Rは、田村さんのもとに再び帰ってきて、
田村テイストが盛り込まれたのかなと思います。

GT-Rプロトと2017GT-Rの表面的な比較。
(性能的にあーだこーだとは語れないっす。。。)




2017GT-Rのライトとダミーグリルをつなげると、あら不思議!
プロトに似てなくはないでしょうか??

GT-Rの開発経過にはいろいろあったと思います。
2017GT-Rは、田村回帰の車になったのだという認識になりました。

Posted at 2016/10/24 17:46:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | 私的カーデザイン論 | クルマ
2016年10月18日 イイね!
黒の中期V35 250GTが新作映画に登場するようです。
いうまでもなくセダンです。
DEATH NOTE Light up the NEW World (10/29公開)の予告編をテレビで見ましたが、
チラッと2か所に写っていました。

いやあ、かっこいいですねえ!
クラウン?と並んで走ってましたが、
35の方がアップでした!

予算の関係で35になったか?と邪推も働きますが、
ここはスタッフのこだわりで使用されたと思いたい。

35ファンの方は是非チェックしてみてください!






Posted at 2016/10/18 01:31:21 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース | ニュース
2016年03月06日 イイね!
v35スカイラインは、日本では低迷した感じですが、
北米ではinfinitiを再建してしまうほど貢献した車でした。
かの地で広く受け入れられたのは、
マシンの性能とデザインが良かったからでしょう。
どちらか一方だけでは、あれほどヒットしなかったはずです。

当初、XVLをかっこいいとは思いませんでしたが、
なんか把握できない、胸騒ぎがする、得体のしれないオーラを放ち、
なぜか気になる車だなと思っておりました。
もう10年以上の前の車ですが、まだその感覚は残っていて、
悩んだ挙句購入させていただきました。

国内では一般受けしなかったスカイラインですが、
その影響は、実は車業界では大きかったのではないかと思います。
水野さんの自慢通りにパッケージがFR車のスタンダードになった。
でもポルシェの影響を受けた、あの縦目はもうちょっとやりようがあったのでは?
と思うこともあります。

ここから普段想像している、自分なりの車のデザイン的位置づけです。
本人以外、???って感じになると思います。すいません。


v35が出てから、結構縦目の車が増えたようにも思います。
スイフトやWISHなど上にグンと伸びるライトは、
35やK12マーチの影響ではないかと。。。

そして最近アルファロメオのジュリエッタをみると、
v35の可能性として、こういう処理もあったのではないかと思います。
ジュリエッタは、ポルシェ、v35の系譜。デザイン的にです。
ジュリエッタはFFなので、性能的にはv35なんですが、
ライトの処理は断然官能的で見とれちゃうほどです。
ここまでv35が進化していればよかったのにと思います。






Posted at 2016/03/06 17:04:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | 私的カーデザイン論 | 日記
2016年02月18日 イイね!
雑誌ベストカーで楽しみにしていたのが、デザイン水掛け論。
前澤さんは埼玉の1Kで孤独死されました・・・
好き勝手に思いを述べた本など書いてほしかった。残念です。
で、個人的に勝手にカーデザインについて書いておこうと思います。
異論反論あるかと思いますが。

まず愛車のv35はライトや周りの造形がポルシェの影響大だなと思っておりました。
v35の方向性で開発されていれば、後継車はスカイラインクロスオーバーのような
顔つきになっていたと予想します。
ベストカーの別冊水野和敏で、水野さん自身が「ポルシェに似てるでしょ」と言ってまして
V35水野スカイラインはやっぱりポルシェの系譜なんですね。
ただこの車のシルエットはほんとに美しい。
悔しいですが、セダンよりもクーペが断然SEXYっすね!

v36からは方向転換してBMW路線だと思っております。
v36をjapanese BMWと紹介している外国のWEB記事を見て、
外国人はこう見ているのかと思いました。
国内のセールス的に路線変更は正解だったと思います。
v37も同じ流れだと思いますが、断然かっこよくなりましたよね。
世界最速のハイブリットになり、性能的にはもうすごいことになっておりますが、
デザイン的にはどうなんでしょう?
「豚鼻つければBM」という2chの名も知れぬ方の意見にうなずいてしまう自分がいます。
でももしかしたら今のBMより質感は上なんじゃないでしょうか?
夜走行中にすれ違うと、陰影のある造形に見とれます。
ただアテンザと似ていることが不満でしょうか。真似すんなよって感じです。

Vシリーズに関しては上記のようなことを感じているのですが、
それ以前のR系特に第二世代に関していうと、これももう奇跡だと思っています。
街でも峠でもサーキットでも大活躍し、スカイライン中のスカイラインだと思います。
この世代の成功がなかったらスカイラインは終焉を迎えていたでしょう。

特にR32。しなやかで強靭な筋肉のみでできたような車。
若い方はイメージできないと思いますが、七人の侍でいうところの宮口精二だと思います。
デザイン的にもBMでもなければポルシェでもない、切れ長の目がいいですよねえ。
スカイラインジャパンからの系譜は、その名の通り
ほんとにオリジナリティの高いスカイラインだったのかもしれません。

その後R33で少し丸みを帯びましたが、R34で再び角ばって登場。
この角ばったボディがいいんでしょうね。これもこれで美しい。
外国の街で走っている34の映像見ましたが、非常にかっこいいです!
この角ばった車体はやはり独特ですね。
この角に日本男児は熱いものを感じるんだと思います。
たとえスペックが劣っていても、気合いでBMやポルシェをぶち抜けるんじゃないか??
と思わせてくれる車です。
多少粗削りな部分がV系にも必要なんじゃないかと思いますけど、
もうR系とは違う客層をターゲットにしていますからね。無理っすね。

あと箱スカやケンメリとかありますが、あの時代はアメリカを向いてましたよね。
アメリカンな系譜が第一世代だと思っております。


あとスカイラインの代名詞だったお尻の◎テールは、外車の影響大ですよね。
ただ「伝統」に弱いですからね。自分も「伝統」にやられます。

最後に、やはりこの車は、
男の熱くほとばしるものを受けとめてくれる女(車)であってほしいということですね。





Posted at 2016/02/18 19:00:14 | コメント(0) | トラックバック(0) | 私的カーデザイン論 | クルマ
2015年11月28日 イイね!
v35に対しては、R系、V系の方々にも否定的な意見をお持ちの方がいます。
実際、後期型2500ccのセダンに乗っている自分の感想ですが、それが正解だなと思いますね。
スポーティにもラグジュアリーな感じにも特化できなかった車。中途半端です。
もう孤立した存在。スカイラインじゃないと先にも後からも言われてますねえ。
正解だと思います。「今までの」スカイラインではありません。

が、自分は外装内装ともOKなんです。
V36ではピンときません!V35じゃなきゃだめな変態なんです!
内装もシンプルにまとめられ、あの縦目も個性的。
独特な車、それがv35。
v35でいいんです。v35がいいんです!


純正ホイールをシュナイダー製に変えてみました。










Posted at 2016/02/02 06:17:53 | コメント(0) | トラックバック(0) | V35 | 日記
プロフィール
「GT-Rプロトに回帰? http://cvw.jp/b/2529469/38748307/
何シテル?   10/24 17:46
おにぎり山です。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
お友達
ファン
1 人のファンがいます
愛車一覧
日産 スカイライン 日産 スカイライン
日産 V35スカイラインに乗っています。
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.