車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2016年10月10日 イイね!
以前、アクセルペダルの底上げを行いましたが、こちらの効果を300キロほど乗ってみて、報告します。
効果の程ですが、非常にヒールアンドトゥがやりやすくなりました。
ヴィヴィオ程じゃないにしても、通常乗っていて違和感なくH&Tが行えます。
アクセルの踏み込みすぎによる燃費の悪化が懸念されますが、今のところは大丈夫です(気をつけて運転しているということもあります)。

……それにしても、ヴィヴィオはキャブ車でかつアクセルがワイヤーでバルブにつながっていたので非常にレスポンスが良く、ヒールアンドトゥがかなりやりやすかったです。
RX-8は電子制御だからか、アクセルを踏み込んでから一泊遅れて回転数が上がるという特性上、ヒールアンドトゥの感覚が違います。個人的にはすぐにレスポンスが来る方がいいなあ……。
Posted at 2016/10/10 00:32:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2016年10月02日 イイね!
アクセルペダル底上げRX-8のアクセルペダルって、ブレーキペダルよりかなり奥まったところにあるので、ヒールアンドトゥがやりづらくてしょうがないです。
なので、ホームセンターでM5のボルトを購入して、アクセルペダルの底上げを行いました。
Posted at 2016/10/02 23:09:02 | コメント(0) | トラックバック(0)
2016年09月30日 イイね!
ワイパー交換 表題の通り、ワイパーを交換しました。
 中古で購入したRX-8ですが、ワイパーのブレードも大分痛んでいたようで、雨の日も見づらい状態でした。
 そこで、オートバックスに行ってNWB製のワイパーを指名買い。
 PIAA等も使いましたが、どうも自分に合わなかったので、NWBのワイパーを使用するようにしています(BOSCHは試したことありませんが)。
 今回はAQブランド(オートバックスのPB)がNWB製のワイパーなので、そちらを購入しました。
 AQブランドは他に、ルームミラーも使用していますが、物としても確りしていますし、ちゃんと製造元を記載している点が好感です。
 とりあえず覚え書きまでに。一年くらいで再度交換する予定です。
Posted at 2016/09/30 22:34:11 | コメント(0) | トラックバック(0) | | 日記
2016年09月24日 イイね!
 愛車のRX-8前期モデルにリアビューカメラを取り付けました。

 まずは購入したものです。

①カーナビにリアビューカメラを取り付けるためのケーブル(パナソニック純正)


②今回の主役であるリアビューカメラ(三菱電機製)


以下、手順です。

1. トランクの内装(一番手前のジャッキを回す工具が付いているやつと、左側)を取り外す。


2. めくら蓋になっている箇所があるので(1の写真では既にカメラの配線を通しています)、ナンバープレートの上の隙間からカメラのコードを入れて、頑張ってトランク内に引きずり込む。
 このとき、細い針金などを使用した方がやりやすいかも。

3. トランクにコード&端子が入ってきたら、左側の壁を、他のコード類と一緒に引いていく。

4. リアシートを取り外す。シートの尻の部分は、えいっと上に持ち上げるだけでOK、すんなりとれます。背もたれの部分は、ボルトで二ヶ所固定されているため、M12のレンチでボルトを取ってから、背もたれ全体を上に持ち上げるととれる。
 このボルトが非常に固い。手持ちの工具じゃトルク不足でびくともしなかったので、ちゃんとしたレンチをわざわざ買いに行きました。



4. シートがとれたら、隙間からトランク内が見えるため、他のコードと同じようにカメラのコードも車内に引きずり込む。
 この段階で、カメラのコードと、電源・アース・RCA端子の付いたコードの長さを調整した方がいいです。どうせいすの下にコードが隠れるため、ちょっとぐらいコードの束があっても見栄えに影響しません。

5. サイドシルの中にコードを這わせ、好きなところでリバース信号を、エレクトロタップで横取りする。
 注意: リバース信号は赤と黄色の縞々の線ですが、この線が二つありました。どっちがどっちかを見分けることができなかったため、両方にエレクトロタップを一回ずつ噛ませてしまいました。片方が正解で、もう片方に付けても反応してくれません。
 写真中の赤いエレクトロタップから延びている線が、カメラの電源(リバース信号)になります。


5. アースをつないだら、カメラのセットアップはここで終了です。

6. カーナビ(Gorilla)にPBCX2Dを装着して、カメラからのRCA端子と接続。キーをACCまで回して、バックギアに入れた時にちゃんとカメラからの映像が映ることを確かめます。ここで移らなかったら、今までの手順で断線したとか、リバース信号を違うケーブルから取っていたとか、エレクトロタップが上手く通電していないとかが考えられます。

7. 本来はPBCX2Dをパーキングブレーキの信号に接続しなければいけないみたいですが、そうするとパーキングブレーキを引いている時にしかカーナビが操作できなくなってしまいます。それは面倒臭いので、ちょっと反則気味ではありますが、パーキングブレーキの端子をショートさせてしまいましょう。
 写真では端子にクリップを加工したものを突っ込んで、ショートさせています。このあと、念のためにビニールテープでぐるぐる巻きにしました。


7. あとは裏配線をして完了です。裏配線の方法等は、他の人がカーナビやらレーダ探知機やらドライブレコーダーやらで記事にしておられるので、ここでは割愛します。


 最終的に、ちゃんとリアビューカメラとして活躍してくれそうな感じになりました。ただ、取り付けの時に意識していなかったためか、カメラが少し斜めになってしまいました。そのため、画像も真っ直ぐではなくやや斜めに……。
 時間を見つけてこっそり直していきます。
Posted at 2016/09/24 23:18:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | | クルマ
2016年09月24日 イイね!
 突然ですが、私のエイトには純正カーナビがついていないため、エアコンの通気口にパナソニックのGORILLA CN-GP755VDを取り付けています。
 この755VDという機種は、パナソニックのポータブルナビでは珍しく、リアビューカメラがオプションで用意されているカーナビなんです。
 ときに、RX-8って、全長が4.4Mもあるんですよね。これだけ全長があると、ストッパーのない駐車場での駐車が怖い時があります。
 そこで、以下の二点を購入してリアビューカメラを取り付けることにしました。
・CA-PBCX2D(パナソニックカーナビ端子 - RCA 変換ケーブル)
・BC-100(三菱電機製リアビューカメラ)
 私自身――どこの製作所かは伏せますが――三菱電機と非常に深い関わりがあり、三菱電機製品の品質を信頼しているので、多数あるメーカーからBC-100を選択しました。
 ヨドバシカメラで注文して、翌日到着の予定ですので、到着次第取り付け・動作確認を行います。
 その様子を写真でレビューしますので、お待ちください。
Posted at 2016/09/24 01:38:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | チラ裏 | 日記
プロフィール
「[パーツ] #RX-8 レザーノブR 240 ブルーステッチ / RA128BL http://minkara.carview.co.jp/userid/2534243/car/2080807/8015822/parts.aspx
何シテル?   10/10 20:24
H.Fumyです。よろしくお願いします。
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログカテゴリー
お友達
愛車一覧
マツダ RX-8 マツダ RX-8
十余年来の憧れの車であるRX-8を遂に購入しました。だいぶ距離は走っている中古だけど、機 ...
過去のブログ
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.