車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月15日 イイね!
梅公園へドライブ梅公園というのは、たまに行く道の駅「御津」の近くにある公園です。色々な梅が植えられていて、景色がきれいなので、A4の愛車紹介の写真もそこで撮影しました。

今回は梅の時期だったので向かったわけですが、咲き具合は一分ほど・・・。なのに料金はきっちりとられるというちょっと残念なことに。姫路のバラ園ですと、咲き具合が微妙な時期であれば、次回無料券というのをいただけるのに・・・とケチくさいことを言っていますが、景色がきれいなので良しとしましょう!私のメインはA4の撮影とドライブなので(笑)



①途中の坂で横から





②途中にいくつか展望台があります。

姫路方面が見渡せます。綺麗な道も建設中で、良いドライブコースになりそうな道路です。



③展望台から駐車しているアウディを眺めるの図


ローアングルから見ることがほとんどないうえに、周りが木々に囲まれているなかのアウディ。
意外にも日本庭園にもマッチするのでは?と感心しました。


④頂上です。瀬戸内に臨みます。





携帯でお任せモードで撮影しているのですが、なかなかいい感じ♪


⑤頂上から徒歩数分の塔。








⑥帰り道に途中の坂で。



斜め後ろからのアングルはボディが伸びやかに見えていいですね~!定番、王道ですね^〇^



⑦リアスタイル





あまり後ろから見ないのですが・・・なんてかっこいいんだろう・・・素晴らしい・・・


⑧おまけ










出張後、久々にA4を運転したくなり運転しましたがAMG GTやS8と比較するとA4の特徴がよく分かった気がします。本来、比較というのは他者との繋がりの中で自己を定義するものなので、場合によっては自己撞着に陥りろくなことにならないものですが、工業製品の車であれば、色々と比較して楽しむのもありかなと感じました。
比較後、劣っている面や優っている面など感じましたが、A4は自分のライフスタイルにフィットしていると改めて思いました。適度な大きさと、少し背伸びした高級感、押し出し感のなさなど。

梅を見るはずが、ほとんど車を見ていました。みんカラ的にはよくある現象でしょうか。まさに花より車!ですね♪
Posted at 2017/02/15 22:56:49 | コメント(5) | トラックバック(0) | アウディA4 | 日記
2017年02月11日 イイね!
アウディS8で首都圏クルーズ。仕事は終わりましたが、東京に延泊し、oniqさんに東京をご案内頂きました♪

リアルでは初めてお会いするoniqさんでしたが、パワフルな紳士という印象通りの方でした。


東京駅付近でお会いし、早速S8に乗せていただくことに!



ん~巨艦ここに極まれり!といった感じです。この頃のアウディデザイン、つまり
B8のA4
C7のA6、
8JのTT
8VのA3
D4のA8


あたりですが、全体的に丸みを帯びている特徴があります。というか、それ以降のアウディが明らかにエッジをきかせた鋭いデザインを採用しているで反動でそう後付け解釈してしまっています。

それが、このS8になると、まるで箱舟。さすがにクーペのような鋭さではなく古典的な王道を外さないデザインに感じます。こういう空力処理デザインが各所にちりばめられているので王道でありながら先進性が見える、アウディデザインお得意のさり気ない努力が粋です。




まずは助手席に座りS8の世界を堪能させていただきました。




この赤いインテリアライトになつかしさを覚えて、車格は違いますがB5A4を思い出します。最近のアウディは、ぼんやりとしたこの赤い光ではなく白い光に変えてきています。ただ、夜はこの赤い光に囲まれていると落ち着くと思います。
いつか、B5A4をショップにみせて「廃車を考える時期です」と言われ、夜に一人でB5を走らせていた日々を思い出しました。


フットライト系は三色変えられる点などは流石S8です。この時点でシートマッサージ機能発動で夢心地です(笑)


そして首都高へ。説明を頂くも、なかなか頭に地図が入りませんでしたが有名どころを回っていただきました!


まずレインボーブリッジ!(ですよねw)


お台場のフジテレビ!


辰巳パーキング!



辰巳パーキングは、みんからを見ている関西人の私からすると、いつもマクラーレンやポルシェ、フェラーリがいるものと思っていましたが、実際はこじんまりとしたパーキングでしたね。一台マクラーレンらしき車はいましたが!


そして、また有名な大黒パーキング!



ここに来るまで、oniqさんの運転でしたが、結構飛ばす派だったので軟弱な私の体力回復を兼ねてお昼休憩を・・・。ごちそうになってしまいましたが、ばっちり回復できました♪

大黒パーキングにいると、フェラーリ488、アベンタドール、ポルシェGT4等スーパーカーがいましたが、普通にいすぎて普通に感じてしまいます(笑)不感症になるので私には若干田舎住まいが性に合っていそうです^〇^


ここまで助手席だった、その感想を新幹線で打ち込んでいたのでまとめ直して列挙してみようと思います。

①S8の助手席から

車幅があるので、どっかりと座り込んで181センチの私が四肢を放り出しても余裕があります。解放感がたまりません。

また、見渡す限りレザーです。ドアの一部と天面、Aピラーはアルカンターラ。シートマッサージ機能付きは仕事で疲れた腰に効くぅ!

アウディスポーツマットを装着されていました、が、靴を履いている限り実感は難しいです。手で触ると毛先は、私のA4のオプションのベロアマットの2倍ほど(適当です)ありましたが、毛が固いものなので多少のゴワゴワ感が残ります。それでも、たわしみたいなA4の初期マットとは雲泥の差です。


ドアの上部にエアコン吹き出し口がありました。車内が広いため吹き出し口がここにも必要なのでしょうね♪


シルバー部jは若干のデザイン処理、ブラッシュドしているので妙なテカリがなく、これはアウディは敢えて選択しているんだなと確信しました。



おすすめコースを一周周り、大黒パーキングで乗り換え、とうとう運転席へ・・・。太っ腹なoniqさんに感謝。(実際はスリムなおしゃれ紳士です)



②S8の運転席へ

シート編
シートは適度に柔らかく硬く丁度良いです。AMG GTはまるで鉄の筐体のような硬さでした。30分ほど運転させて頂きましたが座り直しはしなかったです。今日、久々にA4を運転するとシートの出来の差を痛感しました。20分程度の間に、座りなおすこと数回。良いものを知ってしまうのも考え物です。
シートのタイトさはないので多少ロールすると少し体が逃げます。

ロール編
ロールというと、アウディの特徴、四駆の特徴として「ロールが出たら逆にアクセルを踏んでフロントタイヤに仕事をさせてあげるとロールが消える+スピードがでる」というものがあります。
ですので、ロールをけすためにコーナー途中で加速してみましたが、トルクがモリモリですので余裕で回れます。
また、シフトダウンしてコーナーリングしても横Gが消えますし、8速もあるので過度な失速もないので非常に快適です。つまり、何をしようが車が良く出来すぎていて全てうまくいきます。

トルク編
トルクの話は運転中も話題にしたのですが、常時どの回転数からでもシフトダウンせずとも+10㎞程度の加速が可能。この微妙な速度調整ができることでジェントル具合が大きく変わると思うのです。
それもエンジンの微妙な唸り音なしで可能なのが重要です。

私のA4だと例えば55km/hから60km/hにのせようとしたら、一旦5速に落として回転数を2000回転近くまで上げて65km/hまでいけるトルクがでます。そうではなくて、ささっと速度を微調整したいんだけど、というとそう上手くいかないのが2Lの限界なのかと考えたりしました。




さて、おすすめの場所で、少し踏ませてもらうとA4でだした速度感とは明らかに別物で安定感があります。小型ボートとフェリーといった感覚の違いです。新幹線のようだなーと新幹線の中で覚書を書いていました(笑)



エンジン編

エンジン振動は大きく抑えられていて、室内の調度品がびびることはありません。エンジン音もノイズキャンセルのおかげで、実際より遠いところでうなっている感じがします。3000、3500を超えるとゴゴゴ・・・!という唸るようなエンジン音が聞こえます。が、このあたりで公道限界を迎えます。




③S8の自分流ドライブ
このあたりでS8は、おそらくスポーツも出来るしコンフォートも出来る車だと確信したので、超極楽コンフォートを体験しようと思い、コンフォートモードへ。90~110km/hでまったりクルージングし、ロールも減らすようにパドルシフトでコーナーを回ります。
こうなると、まるで車内だけ流れている時間が違う雰囲気になります。これはラージセダンしか出せない味ではないかと思います。




そして、大黒パーキングに戻ってきました。首都高の面白いところはグルグル回り続けることが可能なことですね。最終的に、一日でかかった金額は170km走って400円弱といったところでした。兵庫県でこういう場所ってあるのでしょうか(笑)


その後、東京駅までお送りいただき、お土産まで頂戴いたしました。


早速、家族で食しました^〇^今はほぼなくなりかけですw





東京駅で固い握手を交わし、去りゆくS8を撮らせていただきました!






東京の中心で溌剌と動くS8とoniqさんのエネルギーを受け、いつもと違った疲れとともに帰路へ。
今回の出張はとても思い出に残るものとなりました。oniqさん、どうもありがとうございました!

Posted at 2017/02/13 22:09:10 | コメント(7) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月10日 イイね!
AMG GTはメルセデスライドだった東京出張は前日入りしたため、初日がフリーでした。その時間を活用し、メルセデスコネクション東京に行ってまいりました。お目当てはAMG GT
なかなかお目にかかることもない、と言いますか一度も見たことがない車両です。都内にいると初見の車ばかりでした。


六本木駅から歩いていくと、途中に

グラウンド〇〇?といった建物がありました。このグラウンド〇〇というのは銀座でもありましたが、ネーミングとして流行っているんでしょうか。

そういえば六本木駅から歩いていくと、と書きましたが、地下鉄六本木駅から地上に出ると、どちらにいくかわからなくなってしまい暫し立ち往生でスマホとにらめっこ。そこへ白いAMG GTが通りかかりました!そして交差点を左折・・・。間違いない。こっちが目的地だと確信し、歩いて行ったというわけです。

そして、案の定、メルセデスコネクションへ到着♪




店内にはC180カブリオレ(赤)、C43クーペ(黒)、店外にはC63(白)、マイバッハなどなど・・・。








ちなみにC63のみがサイドエアグリル部分がダミーではなく導風口として空いていました。C180,C43ともにダミーといいますか、正面からの風を左右に散らす意味でだと思いますが閉まっていました。


また、Sクラス・マイバッハでは違いますがCクラスはアウディA4同様に


クラムシェルといいますか、ボンネットがライトの上に多い被さる形です。マイバッハは


このように伝統的な?きれいな面を形成しています。水野和敏氏が言うには、「前方から来た空気がノンネットを押し上げる抵抗として働くので、Sクラスでは敢えて若干ボンネット側を下げて連結しているのです」、と仰っていましたがCクラスはそうではなさそうですね。



さて、本題のAMG GTです!





以下。65km/h程度しか出せていない15分程度の試乗ですが感想を。

①インテリア編
シートが固い、がタイトでよし。スポーツカー観がでていて良いですね!
メタル部が多いのですが、垢がついてしまっているのか艶がでていないため魅力半減・・・。こういう部分です。



テカリが気になってしまいましたがこれは手入れの問題かと思います。ただ、この部分のアルミのようにブラッシュド?処理


をしてあるほうが個人的には好みです!てかりも気にならないですし光の反射もうまく使えるんじゃないかと。

また、アクセルペダルとブレーキペダルの隙間が小さいので、足が幅広な自分だとブレーキペダルに左側が触れているかいないかくらいのところでアクセル操作をしなければならなかったです、


②走行性能編


まず、アイドリングストップが付いているのですが、エンジン始動時とストップ時のキレのよさが秀逸です。クランキングがほぼないので、「キュルキュルキュル~ボン!」という、まーた1からエンジンかけているのかと、というがっかり感というかやり直し感がないので好印象です。

走っていて常に感じたのは、リアの剛性感が半端ではないこと。どこかに応力を逃がす感じがなく、シャシーの剛性ですべてを受けきっているように感じました。サスペンションは硬いと思うのですが、シャシー剛性のおかげで硬さは感じませんでした。
また、エンジンの振動で車内が震えることも一切ありませんでした、。シートはほぼ無振動です。エンジンマウント構造が特殊な構造をしているそうなので、それらの相乗効果なのでしょうね。

以下、水野和敏のAMG GTの解説です。(無料公開部分より抜粋)
「ボディーのフロント部にはさまざまなメンバーが通され、サブフレームと言ってもいいくらいの、車体の補剛(ほごう)構造まで作ってボディーのねじり剛性を確保しています。サポート用のバーが多用され、言うなれば3次元的に剛性を向上させています。もちろん、左右ストラットの間には、途中の変形をきちんと防止したクロスメンバーが渡され、V8エンジンはまるでその間を“縫う”かのように搭載されています。メルセデスはAMG GTのボディーを「スペースフレーム構造」と称していますが、なるほど、納得です。少し付け加えて説明すると、スペースフレーム構造とは、アルミや鋼管で造った3次元のフレーム構造体のパイプ部分にボディーパネルを張って造り上げた車体構造で、カーボンコンポジット製のモノコックが出てくる以前に、レーシングカーなどに使われていました。これを造り上げるには「パイプ溶接などにより、パイプ本体や継ぎ手部分に生じる、熱変形をうまく分散させながら製造する」などの特殊な、そして高度な製造技術が要求されます。エンジンルームの例でいうと、通常のモノコックボディーなら、ストラットの荷重は、車体下部に設けられるサイドメンバーとストラット上部に配置されるアッパーメンバーで支えられるのですが、AMG GTにはアッパーメンバーはなく、精密に造られた3次元のフレーム構造により、ストラットから入るフロントタイヤの荷重を支えています。高額なクルマだからこそ許される贅沢(ぜいたく)な作りです。モノコックボディーが当たり前の時代に、本当に興味深いことをしますね!」
http://www.webcg.net/articles/-/32964
他にも
「AMG GTでは液封のマウントをエンジンとトランスミッションに採用し、この液体に磁性体(主に金属粉)を混ぜてコンピュータ制御による電磁石で硬さを瞬時にコントロールしている。」
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/impression/703371.html


リアの安定感も抜群で、まるで金庫がついているかのよう、というポルシェを形容するような誉め言葉を思いつきました。リアが暴れるなんてことはなく、BMW M4のときに感じた暴れ馬感はありませんでした。



③ステアリング編

ステアリングのセンターはアウディほどでていません。が、指5本程度ステアリングを切ったところからの重み付けがコーナリングをしやすくしています。これがアウディだとかなり強烈で、まっすぐ走ることを強調されていますが、AMG GTは指5本程度までは自由自在に動かして車を動かしてね、という感じです。レクサスですと、この重みづけのセッティングが上手くマッチングしていないところが前回のIS試乗で感じたところでした。




また。車線変更をたった数メートルで行うタイミングがありました。信号手前の減速しているときに左レーンにうつラなくならなくなった時です。丁度、駐車車両があり、左折レーンに入るタイミングが取りにくかった状況ですね。
ここで、少し強めに(指10本分、10時10分から6時ちょうどくらいまで)ステアリングをきって車線変更すると、今まで感じたことのない鼻先の切れ味を感じました。これがノーズの入りかと。重たいエンジンが前に積んであるとは思えなかったです。
本当に、スパッと入り込んで車両がぴたっとくっついてくるのです。左後ろ、右後ろが遅れて付いてくるような感覚は一切ありませんでした。これはびっくりしました。ようやくサーキットインプレッションの意味がわかりました。


④細かいこと

視界は見やすいです。前後左右も問題なし!排気音はさすがに格好良いのですが、大きな敷地が必要になるでしょう・・・。ステアリングの重さはコンフォートやスポーツでも差は感じなかったです。同乗したインストラクター?は変わると言うけれど。

⑤総評
総じて普通に乗れるスーパーカー。刺激的なのは排気音だけかもしれないほどです。ステアリングのだるさなんかは町乗りユーザーをきちんと考えていると思いました。多少のだるさがなければ疲れてしまいます。
降りてみて感じたのですが、あまり疲れていませんでした。これは乗りやすかった証拠だと思いま。シートの振動も皆無ですし、見切りも良い。細かいところがメルセデスベンツらしいと思いました。逆にスポーツカーらしさがないと言われるのかもしれませんね。
他のスポーツカーを体験したことがないので、何とも言えませんが、今後スーパーカーに乗るときはAMG GTをベンチマークにして考えていこうと思います。







おまけ
帰り道に、こんな車に遭遇しました。写真撮影の許可も快諾頂きました。

アラブやインド系の顔立ちの方が運転していましたが、都内は色んな方が仕事をしているなぁとしみじみ感じました。首都圏ランキング№1ですもんね。考えてみると凄いものです。

Posted at 2017/02/11 23:34:59 | コメント(9) | トラックバック(0) | メルセデス・ベンツ | 日記
2017年02月06日 イイね!
アウディS4とマイナーチェンジしたばかりのA3,S3に対応したコンフィグレーターが発表されているようです。

さっそくいじってみました。


アウディS4セダン
総排気量   2,994 cc
燃費        12.7 km/ℓ (JC08モード)
CO2 排出量   183 g-CO2/km
最⾼出⼒     260 kW (354 PS)


車両本体価格: 8,390,000 円

ボディカラー: グレイシアホワイトM 85,000 円
マトリクスLEDヘッドライトパッケージ 100,000 円
Sスポーツシート (フロント) 370,000 円
バーチャルコックピット 70,000 円
Bang & Olufsen 3D アドバンストサウンドシステム 170,000 円セーフティパッケージ 130,000 円
リヤスポーツディファレンシャル 190,000 円

オプション価格: 1,115,000 円

合計価格: 9,505,000 円

ということで、当然ではありますが、ほぼ手作業で行った計算と一致しました。


B8型S4のコンフィグを同様に行ったところ、合計価格: 8,870,000 円であったところから前回は検討しました。その時に教えて頂いた情報をまとめて、B8とB9の比較をしておこうと思います。

まずパワーや燃費、シャシーなど正常進化部分は考慮外とします。素人では比較不能な上に、商品として向上して然るべき部分だからです。

まずは、コンフィグレーターやジャーナリスト資料には載っていないがミンカラ内などで教えて頂いたこと。

B8とB9比較
①シートにマッサージ機能あり
②フロントブレーキが対向6ポッド
③安全装備がほぼ標準装備(時世的に当然か・・・)
④7速DSGから8速ATへ


ということで、およそ前回まとめたことに追加する内容はなさそうではあります。ただやはりこのカラーはないようです。







続いて
S3セダン
総排気量    1,984 cc
燃費       14.7 km/ℓ (JC08モード)
CO2 排出量  158 g-CO2/km
最⾼出⼒    213 kW (290 PS)

車両本体価格: 6,240,000 円
ボディカラー: グレイシアホワイトM 70,000 円
マトリクスLEDヘッドライト 110,000 円
アウディデザインセレクション エクスプレスレッド 240,000 円
Bang & Olufsen サウンドシステム 80,000 円
アウディマグネティックライド 130,000 円
オプション価格: 630,000 円

合計価格: 6,870,000 円




S3はマグネティックライドがオプション扱いのようです。また、アウディの常套手段である「マイナーチェンジでは2トーンカラーシート、フルモデルチェンジでは1トーンシート」が見受けられます。

ただ、S3ではエクスプレスレッドという赤と黒の2トーンしか設定されていないようです。個人的には白が好きなので白×黒が設定されていたらうれしかったです。


アウディはA3シリーズに相当力をいれているように感じますね。マイナーチェンジしてすぐにコンフィグをアップデートしたことや、マイナーチェンジ前のS3との価格差も精査していませんが大きく変わっていないように感じます。おそらく、30万円ほどアップでしょうか。

アウディの勢いは良くなりそうですね^〇^



Posted at 2017/02/06 17:38:36 | コメント(5) | トラックバック(0) | アウディS4 | 日記
2017年02月05日 イイね!
アウディカレンダーをめくる二月に入り、仕事が立て込んできております。今月は出張三回。土日も仕事で体がくたびれてきましたが、父の病状の回復もあり、精神的には充実したものに変わりつつあります。


そんな中、来週は東京出張があります。「来月の出張にかこつけて」で、メルコネに行きたいなどと妄想していると、oniqさんよりお誘いを受け、心晴れやかな気分に!まさにこんな感じでしょうか。





これは、仕事先の駐車場で撮影したものです。非常に良い天気でしたので、屋上がいいかなということで3F、4F、5Fと誰もとめていないさらに上、屋上に止めました。


これは天気にかかわらずですが、やはり周りに車が多いところには駐車することをためらいます。駐車監視機能があるとはいえ、やはり大事な愛車に何かあってはと、精神衛生上のために人気のないところを好んで止めます。

同じ思考回路の方がいらっしゃるようで


Aクラスも屋上に♪わかりますよ~気持ちは。お会いしていませんが、知り合えた気分です。


ちなみに矢印で書いたところに、ドライブレコーダー「YUPITERU DRY-S100d 」がついています。

全くわからないですね(笑)広報車両への威嚇にもなるかも、と思っていましたが点滅機能などもないので、威嚇には使えません。実際、煽られる頻度は変わっていないと感じます。

ちなみに、かっこいい車に会うと眺めてしまいますが、視力が弱いため近くで見てしまいがちです。ですので、ドラレコに映らないか最初にチェックしてしまいます。が、視力が弱いためドラレコ探しのためにドラレコに近寄るというなんともヘンテコなことになり、それ以来、遠目に見る日々が続いています。


東京までA4で自走していければいいのですが、大事な仕事の前にリスクを負うわけにもいかず、新幹線で向かう予定です。ただ、新幹線でも乗り物酔いする性質故、酔い止めと耳栓を用意しています。

酔い止めを飲まないと、大体は新横浜で完全に酔いがきます。そして品川で降りるか否かの決断を迫られ、半死半生で東京につくという流れです(笑)

こういう性質ですので、今の車通勤という生活は恵まれています。しかも愛車がA4ときたら文句のつけようがありません♪ということで、愛車を褒めたところで明日からまた頑張ろうと思います^〇^

Posted at 2017/02/05 22:26:19 | コメント(4) | トラックバック(0) | アウディ | 日記
プロフィール
「@ほえほえ★ トラフィックジャムアシスト大活躍ですね!」
何シテル?   02/11 15:29
himajin14です。 みんから自体は数年前からずっと見てました~。積極的にブログアップするほうでも、社交性があるわけでもないので自車の情報収集と好きな...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
Audi イルミネーション 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/12/18 01:31:18
天空リゾートのラグジュアリーカフェ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/01 21:20:52
M4でお買い物 秋のおいしいもん 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/09/25 21:21:58
お友達
車のことを話せる方なら大歓迎です。好みの差はあれど、同じ車好き同士。他メーカー、他ブランドを敵視するような方は苦手です。車以外のことを頻繁に更新する方も苦手です・・・。カーライフをお互いにエンジョイできるように、上記のことを自分自身にも戒めています。よろしくお願いします♪
57 人のお友達がいます
イーグルS4イーグルS4 * よっしぃXIよっしぃXI *
shina_chishina_chi * ウルズ7ウルズ7 *
ワンコとニャンコワンコとニャンコ * kotono7kotono7 *
ファン
38 人のファンがいます
愛車一覧
スズキ SX4 スズキ SX4
SX4です。展示車でセール中だったので購入したものです。家族で移動するのに便利です。特に ...
アウディ A4 (セダン) アウディ A4 (セダン)
7月31日納車が終了しました。 グレイシアホワイト+マトリックスLEDヘッドライトパッ ...
アウディ A4 アウディ A4
アウディ A4(B5) &スズキSX4に乗っています。両車とも家族兼用で気分で使いわけて ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.