車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!
2016年10月14日
ON THE ROAD 2016 “Journey of a Songwriter”since 1976
ON THE ROAD 2016 “Journey of a Songwriter”since 1976  Show Me Your Way J.Boy!




かすれ声&ナチュラルハイで仕事してたオレがこんばんは

昨日の浜田省吾さんのライブで「萌え」尽きてきました♪

「燃え」尽きるのは命の炎が消えるときですから、あえて、「萌え」尽きると表現してます。

なんなんでしょう、あのライブ中の感覚、感動を越した新たな領域に達したかもしれません。


今日のブログは「ON THE ROAD 2016 “Journey of a Songwriter”since 1976 」の演出・MC・セットリスト等のネタバレ含みます。

今回のライブツアーに参加されてない方で「事前に知らない派」はスルーして下さい。

「事前に知る派」の方は、予習としてお読みください。

浜田省吾繋がり以外の方で、「おまえのライブレポに最後まで付き合ってやるぜ!」って方がおられたら嬉しいですv



ON THE ROAD 2016 “Journey of a Songwriter”since 1976  2016年10月13日ライブレポ


ライブ前夜の興奮からか、酒飲んで酔ってるはずなのになかなか寝付けませんでした。

早朝4時に目覚めてしまって、二度寝もできませんでした。

仕方がないので、「線通信」覗いてみると、もう一人寝られないお方がおられました。

埼玉県からk-iロードさんが来て下さったのが6時ごろでした。


おそらく、当家の駐車場にプリウス、いや、トヨタ車が停まったのは、この日が初めてでしょう。


とりあえず、記念撮影♪

遠路はるばる我が街にいらしたので、このまま高速乗るのは勿体無いです。

琵琶湖絶景ポイント・彦根城をご案内させて頂きました。


このポイントは隠れ名所、地元民でも知られてません。伊吹山・彦根城、琵琶湖に浮かぶ3島(厳密のは4島)が一望できるんです。

彦根城内を一周して高速に乗りました。



「ON THE ROAD」を聴きながらON THE ROAD、この道の彼方に約束された場所があると信じて二時間弱、たどり着いたのはココ↓


神戸ワールド記念ホール!!

駐車場にDAYZを停めるまえに撮っておきたかったアングル↓


「1976」にして良かったと自己満足笑いvv



平日10時前、ファンが集まってなくて撮り放題のツアートラックでした。

ツアトラのネタはまた後日アップします。

ほどなくして、ROYさんも合流!↓


浜田省吾っぽいナンバー二台並べたけど、満車になっても浜田省吾っぽい番号は僕らだけでしたね(爆

野郎三人で入り待ちポイントに向かうと、すでに、こんな状態↓


いったい、この方々は何時から待ってるねん!←って、人のこと言えんわ!

はい!今回も男性オーディエンスとしては一番乗り~vv


省吾さん目線で見ると、こんな感じで見えるのでしょう、近いでしょう~

先に待っておられた女性二人組みと「省吾談話」や過去の体験した「省吾自慢」の数々を語り合いながら待つこと3時間、嬉しいサプライズがありました!

このネタもまた後日、アップします。

待つこと4時間、僕らの周囲はこんな状態に↓



スタッフの動きが慌しくなってきて、省吾さんが近くまで来られてるのが分かります。

左側から紺色ハイエースジャンボタクシーゆっくりと近づいてきます!

省吾さんが降りてこられて、道路を挟んだ僕らに手を振ってくださってました。

そして、明らかに僕らのほうに向かってサムズアップしてくれました!!!←とてつもない勘違いかもしれませんが(笑


省吾さんが乗ってたタクシーの後ろを走行してきたヨシ坊さん、ご友人と参戦なじぇたろうさんと5年ぶりの再会!!

ロードさんの長男君とふっさん親子は来れなかったので、「さいたま組」の再結集としてはお預けですね。


開場まで、グッズ購入とかしながら時間つぶしです。

平日なのでお仕事休んで参戦されてる方が多いのでしょう。そこら中でお仕事電話されてる方がおられました。かく申す僕も仕事電話かかってきてました。

「はじめまして!」「よ~久しぶり~」的な会話や、明日のチケット取れたのでしょう、歓喜で喜んでる方・・・ライブ前の人間観察は気持ちが落ち着きます。

ひとつ気付いたのは、某反社会的組織の方々は見なくなったことです。


そして、いよいよ、開場です。省吾さんのライブは入場するまで席順がわからないシステムなんです。

チケット代わりの会員証をかざして出てきたチケットには・・・・・・↓


アリーナ26列目、76番!

アリーナ席中間よりやや前、右側通路から二番目の席でした。

一番通路側の席の方は途中で帰られたので、広々と楽しむことができました!


ステージ上のスクリーンには、ギター入りのソフトケースとバックパックを背負った省吾さんが4つのアングルで映ってます。

BGMは、毎回と同じ感じで、70~80年代の洋楽が流れてるのですが、洋楽に詳しくない僕は誰のなんの曲かわかりません♪

時々、スタッフによるギターチェックがあったりして興奮度が高まりました。

BGMのボリュームが徐々に大きくなって開演です!!

スクリーンには世界中の絶景、世界遺産クラスの遺産が絵画のパーツとなって映し出せされてます。

それらを旅する省吾さんも映ってます。

そして、

オープニング曲は、デビュー40周年にふさわしいこの曲。

♪真夜中の校舎の白い壁に 別れの詩 刻み込んだ~♪

スクリーンには「路地裏の少年」のジャケット画像が映ってました。

どのタイミングかは忘れましたが、ライブ中のMCでこんな感じで語られました↓

「みんなにお願いがあって、オレ、デビューして40年になるのだけど、他言しないでほしい」
「だって、15周年なら、『浜田、まだ若いな~』って感じになるけど、40年も経てば歳聞かれるのがイヤなのね」

って。。。。。「since 1976 」って公言されてるので冗談で言っておられるのはわかりました♪


2曲目からはフルメーンバーでの「Hello Rock & Roll City」、バンドメンバーは去年のホールメンバーと全く同じでした。

神戸なので、2曲目には「恋は魔法さ」持ってくると予想してたけど、「Hello Rock & Roll City」が聴けてよかったです。

3曲目の「モダンガール」では女性コーラスが「友達と一緒なの、今夜は会えないわ」を歌ったりしてました。


ここで、スクリーンでの映像について書いておきます。

スクリーンではレンガ壁は映ってるのですが、このレンガ壁、最初はセットとおもってました。

ところが、レンガ壁の映像だったのです。

プロジェクションマッピングなるものを初めて見ました!

今までは、LED画面だったりしたのですが、これは新しい演出でしたね。


第一部は40周年(他言しちゃってますv)ってこともあって、懐かしい曲ばかりだったのです。

その懐かしい曲ひとつ「土曜の夜と日曜の朝」、僕、まさか、この曲で泣いてしまうとは思ってませんでした。

♪闘いとは 生き残ることなんだと気付いた♪

ここ数ヶ月、公私ともブログに書けない辛いことばかりだったので、このフレーズに救われる気持ちになったのでしょう。

そして、次の曲、「終わりなき疾走」でもう号泣です。

この曲は、泣ける曲ではないんですよね。

でも、「生き残ることなんだと気付いた」に自分を励まされ、「貧しさも、恋の辛さも受け入れた、まっすぐに」で吹っ切れました。

♪ヒットチャートはナンバーワン!をオーディエンスに振ってこられてさらに感動しました。

♪闇と光の狭間にゆれる時の流れを乗り越えて♪

このとき、溢れる涙を止められませんでした。

さらに、それに追い討ちをかける演出が待ってました。

コーラスの女性と、町支さん、浜田さんとの寸劇が始まりました。

雨振る駅のホームなんでしょう、傘を差した女性ファンが、次の街に向かおうとしてる町支さん、浜田さんに花束を渡す寸劇でした。

浜田さん、町支さんが駅のベンチに座って、こんなやり取りがありました↓

「町支くん、新しい曲を作ったのだけど聴いてくれる?」って感じで、たどたどしい感じで1フレーズ歌った歌が「Midnight Blue Train」!!

まさか、この曲を前半第一部に持ってくるとは!

前の二曲で号泣な僕は、泣き崩れるところでした。

先ほどのプロジェクションマッピングでブルートレインが走ってきます。

そのブルートレインは線路上を走ってるのですが、その先に満月、線路の周りには無数の蛍が舞ってる映像です。

今回のツアーのメイン画像に線路が写ってるのですが、「なぜ線路?」って思ってましたよね?

なんか、答え見つけた気分です。

この曲に関しては以前にも語ったけど、僕にとっての Blue Train はBrown Dayz なんです。

そう感じながら、オーディエンス全員での大合唱、もう一生忘れることのできない「Midnight Blue Train」になりました。

懐かしいノリノリ系の曲メインの第一部終了後、10分の休憩があり、5席後方のロードさんと感動を分かち合いました。

第一部がノリノリ系の懐かしい曲メイン、第二部は懐かしいバラード系名曲二曲から始まりました。

オンボロクルマがスクリーンに映って「もうひとつの土曜日」の演奏です。

何度もこの曲はライブでも聴いてますが、アレンジが新しくなってました。

メロディラインは同じですが、リズム感が強くなったって感じ。

打ち上げの時に、ROYさんが「クリスマスっぽい」って話してましたが、まさにそんなアレンジでしたね♪


たしか、時系列ではこの辺りだったと思いますが、カープ話になりました。

「25年ぶりにリーグ優勝なんですが、25年前の優勝時は欝にかかっててテレビとか見なくて覚えてない。」
「カープ優勝って言えば、1975年なんです、俺にとっては」
「日本シリーズで神戸地元の阪急と戦って一勝もできずに負けてしまった」
「それが悔しくて、詩書いてる鉛筆投げつけたら、電熱ヒーター直撃して割れてしまった」
「1975~1976の冬は寒い思いして詩を書いた」
「なので、『生まれたところを遠く離れて』は暗く重い詩ばかりなのはカープのせい」

って感じでした。さすがカープファンの省吾さんらしいMCでしたね!


「光の糸」では、それこそ光の糸が太陽系を一周する映像が流れます。

コレがまた、素晴らしいで映像でした。


実はこのライブではファンクラブの会員も演出に協力してます。

「きっと明日」では「頑張ってる女性」の画像、「I am a father」では「頑張ってる父さん」画像を演出されるわけです。

それらの画像を募集されてたのです。

「頑張ってる女性」、肥ゆることに頑張ってるうちの嫁さん画像は送れないので、知り合いの女性に相談したところ、「ウチの画像、使ってもいいよ」って快諾してもらいました。

けど、この画像は写りませんでした。

でも、でも、「頑張ってる父さん」画像は採用されたかもしれません!

残念ながら、僕は気付かなかったけど、僕が送信した画像っぽいのが映ってたそうです!

もう一度、参戦できれば確認したいです。


そして、このライブで一番盛り上がったのが「夜はこれから」です。

ユキノちゃんと省吾さんの素晴らしいデュエット?で大盛り上がりなんですが。。。。

曲の途中で、恒例年代別調査がありましてね。

スクリーンではオーディエンスが映ってて、10代以下から調査が始まって手を上げた人が映ってました。

いまや、50代になってしまった僕ですが、会場で一番多かったのが50台でした。

30台、40台、50台と、年が進むように年代が成長してきたって感じで省吾さんも仰ってました。


「ON THE ROAD」「J.BOY」と演奏して、アンコール第一部が始まりました。

「アジアの風」シリーズと「誓い」の演奏でした。

去年のホールツアーでもバックに映像が流れたのですが、訴える趣旨は同じでしたが映像は違ってました。

去年は「硫黄島」だったけど、今回は硫黄島でないどこかの島でした。

海中に沈んだシャーマン戦車は映らず、海中に沈んだコルセア戦闘機が映ってました。

part-2 青空 の難解なアニメはそのままでした。


part-3 祈り、「誓い」の映像に至っては全く異なってました。


アンコール第二部では、「こんな夜はI MISS YOU」をやってくれました。

この曲は「FIMLS」でも映像化されてますが、男性ばかりのアカペラでしたよね。

今回は、女性コーラス2名と、町支さん、省吾さんの4名でのアカペラでした。

それは、それは、素晴らしいアカペラでした!!


ラスト3曲が、「光と影の季節」「.I am a father」「家路」でした。

この3曲の時、冒頭でも書いた感動を越した不思議な感覚を味わいました。

文章でそれを表現するのは難しいですが、

いつもならラストの「家路」は号泣レベルなんですが、それを越した感覚・・・・・

感動してないとか、感動してるとかそんな感覚でない感覚。。。。

「圧倒的な一体感の中での幸せ感」「永遠に続いて欲しい居心地の良さ」「終わってほしくない感覚」・・・・

言葉では到底表せません。

省吾さん、64歳になっても「空とこの道が出会う場所へたどり着いてみせる」と決意を現されてる気がしました。

生きてる限り、「空とこの道が出会う場所」を目指していかなければならないんですね。

WE ARE STILL ON THE ROAD

改めて、この言葉を実感しました。


浜田省吾さん、大変素晴らしいライブをありがとうございました♪



長文、読んでくださりありがとうございました。


以下セットリスト



第一部

01.路地裏の少年
02.Hello Rock & Roll City
03.モダンガール
04.想い出のファイアーストーム
05.19のままさ
06.悲しみの岸辺
07.DJお願い
08.バックシート・ラブ
09.土曜の夜と日曜の朝
10.終わりなき疾走
11.Midnight Blue Train
12.Money

第二部

13.丘の上の愛
14.もうひとつの土曜日
15.マグノリアの小径
16.光の糸
17.旅するソングライター
18.きっと明日
19.夜はこれから
20.ON THE ROAD
21.J.BOY

アンコール1

22.アジアの風 青空 祈り part-1 風
23.アジアの風 青空 祈り part-2 青空
24.アジアの風 青空 祈り part-3 祈り
25.誓い

アンコール2

26.こんな夜はI MISS YOU
27.光と影の季節
28.I am a father

アンコール3

29.家路
















ブログ一覧 | 浜田省吾ライブ参戦レポ | 日記
Posted at 2016/10/14 23:53:06

イイね!0件



タグ
この記事へのコメント
2016/10/15 00:41:19
こんばんは。まさきshogoさんのツアレポを楽しみに待っていた一人です♪。またまたあの時の感動がよみがえってきました。私は、初日のビッグハットに参戦しましたが、リクエストしていた「丘の上の愛」のメロディが流れた時は感動で震えました。でも最後の「家路」は、いつ聴いてもこみ上げて来るものがありますね。ちなみに席はアリーナの29列目でした。
コメントへの返答
2016/10/24 21:43:35
こんばんは~

初日なら、事前情報の仕入れようがないからさらに感動するでしょうね!

Midnight Blue Train を序盤で演奏してくれるサプライズも感動したでしょうね。

やっぱ、生家路は何度聴いても感動します。
2016/10/15 05:20:08
見事に再現されたツアレポありがとうございます(^_^)/
私は緞帳上がる前から号泣してしまいました
ユキノちゃん逹の参加で今までとは雰囲気が違いますねー

仕事に追われ気がつけばあと2週間で埼玉公演
私のONTHEROAD2016後半戦の始まりです♪
コメントへの返答
2016/10/24 21:45:04
女性コーラス必要ないって意見あったけど、僕は大賛成派です。

さいアリでのライブ、楽しんできてくださいね!
2016/10/17 16:39:46
こんにちは
ライブレポありがとうございます。
あの日のことを振り返りながら読ませて頂きました〜(*^_^*)
今回のライブは自分史上過去最高の感動を頂けました。
「Midnight Blue Train」の曲と映像とのマッチングはもう最高♪
さらに、「きっと明日」
サビ部分からの女性達の写真!が現れたときは、ドキッとして言葉に出来なほどの衝撃を受けました!
そして、後半の女性達の写真と省吾さんのシルエット風の画像がリンクした時なんて、トドメをさされた感じでしたよ〜

欲を言えば、オープニングの「路地裏の少年」
J・BOYバージョンを期待していましたが、オリジナルバージョンでしたね〜
FILMSでの古村さんのSAXとの共演を生で観たかったな〜
コメントへの返答
2016/10/24 21:55:40
こんばんは~

実はね、2011からアリーナ参戦のときは常にじょたろうさんとご一緒ですv


>自分史上過去最高の感動を頂けました。

激しく同感です!

2011の時は、震災後で特別な想いがあったけど、今回は心のそこから楽しめ感動しました。

そして、感動を越す領域に達し、脳内麻薬が噴出した気分になりました。


>「Midnight Blue Train」の曲と映像とのマッチング・・・・

今回のツアーイメージが「線路」だった理由が分かった気分です。

まさか、序盤でこの曲を聴いて号泣するとはv

「きっと明日」、僕が応募した画像がなくて少し残念でした。

でも、この企画、大正解でしたね!「父画像」も!


>「路地裏の少年」J・BOYバージョン

セットリスト知る派な僕、この曲がオープニングと知ってました。

でも、僕も、J・BOYバージョンを期待してました。
2016/10/18 00:34:57
こんばんは。昨年のホールツアーの時も一度コメントさせていただきました。
いつもライブの臨場感あふれるレポに感動します。
僕は翌日(10/14)の神戸に参加しました。
結構曲目が違うんだな…ってのに驚いてます。
因みに、ラストショー・AMERICA・星の指輪・片想い・愛の世代の前になど、懐かしい選曲に身体が震えました。
あっ!恋は魔法さも有りましたよ。
そう考えると、コンサートは何回行っても新しいんですね。
幸運にも愛知と埼玉に参加できますので、予習をしっかりして完全燃焼したいと思います。
コメントへの返答
2016/10/24 22:01:10
こんばんは~

第二戦も初日だったので、全く同じセットリストでした。

他言しないでって仰ってましたが、40周年にふさわしい選曲でしたね!


>コンサートは何回行っても新しいんですね

ツアーパンレットに書いてあった省吾さんの一期一会論ですね。

ガイシ、さいアリ、楽しんできてくださいね~

僕は、ガイシ参戦、まだ諦めてません!
2016/10/22 00:46:09
こんばんは~♪
あれから、もう一週間以上経つのですね!!
もう一度一週間前に戻りたい気分です♪
神戸遠征一人旅も含めてほんと楽しい時間を過ごす事が出来ました...(≧∇≦)

ハイドラでの捕捉ありがとうございました♪
最初の目的地養老IC着いた時はもうワクワクで、なかなか眠れない状態でした。
まさきさんも同じ気分だったんですね!!...(≧∇≦)

まさきさん宅に着いた時、みんカラでいつも拝見してる場所だぁ~ってプチ感動してました♪
ここで洗車やスキー自主練してるんだぁ~って...
でも、一つ紫陽花が植えてある場所拝見するの忘れてしまいました...(^^;)

>当家の駐車場にプリウス、いや、トヨタ車が停まったのは、この日が初めてでしょう。

ぶち号のお墨付き頂けてめちゃ嬉しかったです♪...(謎喜

>
琵琶湖絶景ポイント・彦根城をご案内させて頂きました。

観光案内ありがとうございました♪
琵琶湖想像以上の広大さでした!!
お子さん出産の際にバス釣りしていたのはこの隠れスポットですか?...w

>彦根城内を一周して…

白い城壁と漆黒の瓦屋根に見惚れてしまいました。

>駐車場にDAYZを停めるまえに撮っておきたかったアングル↓

願いが叶って良かったですね!
ツアトラとの1976のコラボ素敵です!!

>浜田省吾っぽいナンバー二台並べたけど…

お二人のナンバーに「Journey of a Songwriter since」と「I was born in」って落書き付けたしたいです...w

>省吾さん目線で見ると、こんな感じで見えるのでしょう、近いでしょう~

画像以上に近かった感じがします♪
省吾さんのサムズアップも感激でしたね!!

>先に待っておられた女性二人組みと…

お話していたら、あっという間に時間が過ぎてしまいましたね♪
入り待ちの楽しさを改めて実感しました...(^^)b
それにしてもしゃくれライオンの置物は笑えた...(謎爆

ツアトラバックに再会集合写真、ふっさんと息子不参加は残念でしたが、撮れて良かったです♪
皆いい笑顔してますねぇ~♪

座席、僕とまさきさんめっちゃ近い所でしたね!!
それも動きやすい通路側!!
後ろからまさきさんのノリノリな姿観てましたよぉ~...(^^)/

まさきさんの記憶力凄いです!!
スクリーン映像は省吾さんの歌う姿に見惚れてほぼ記憶が飛んでました...(^^;)

>神戸なので、2曲目には「恋は魔法さ」持ってくると予想してた…

二日目で歌った様ですね。
う~ん、これは是非聴きたかったです...(>_<)

プロジェクションマッピング、騙されましたねぇ~...(≧∇≦)
あの奥行きのあるレンガ壁見事でした!!

サイドステージ席からどう見えるのか気になります...w

>…「土曜の夜と日曜の朝」、僕、まさか、この曲で泣いてしまうとは思ってませんでした。

ライブ終了後、泣いてしまったって仰ってましたね!
そういう事だったのですね!
多忙な中、日々苦難と闘っているからこそ心に突き刺さる感動だったのだと思います!!

「Midnight Blue Train」とツアーサイトの線路繋がりましたね!!
>Blue Train はBrown Dayz なんです。

何処に行くにも一緒。
雪山出撃の際は車中泊...まさに寝台車ですね!

省吾さんのMC、いつもながらさりげないジョークが最高ですね!
多くの根強いファンが沢山おられるからこそ言えるジョークだと思います。

まさきさんの水飛び仲間とのスリーショット序盤に映っていた様な気が...

城ホールで確認してみてくださいね!!
僕もさいアリで確認しておきます...(^^)b

>そして、このライブで一番盛り上がったのが「夜はこれから」です。

ユキノさん、ホールの時よりも色っぽかったぁ~...(*^^*)
ロースカに所属したので、今後の開催されるツアーも参加して欲しいですね!!

>恒例年代別調査がありましてね。

40代はいつになっても50代を超える事はなさそうです...w
それにしても、若い世代が増えつつあるのは嬉しいですね!!
僕の息子のその一人です♪

「アジアの風」シリーズの物語的な構成は圧巻でしたね!!
観れば観る程、深さが増すような気がします。

まさきさんのバイブル「家路」、やっぱりラストアンコールにふさわしいナンバーですね!!

また明日から、魂を解き放って頑張ろうって思える...o(^^)o
僕もまだまだ40代前半、僕の年齢を24時間で例えるとまだ午後3時前です。
昼寝して場合じゃないかもです...w
残りの人生、悔いのない様生きたいです。
コメントへの返答
2016/10/24 22:31:16
こんばんは~

先ずは、遠征お疲れ様&お元気さまでした。

自分忘れの旅、一生の思い出になりそうですね!

>ハイドラでの捕捉

大垣辺りから、上空で応援してましたよv

>なかなか眠れない状態でした。

何気に、車中泊って楽しいでしょう♪

僕なんて、下道一時間かからないホームゲレンデも車中泊ですもん(笑


>紫陽花が植えてある場所

今は、金木犀が咲いてますv

>ぶち号のお墨付き・・・

メーカー塗装なのでご安心ください(謎

>琵琶湖想像以上の広大さでした!!

なので、滋賀県民は浜名湖や霞ヶ浦見ても何の感動もありません(笑

>白い城壁と漆黒の瓦屋根に見惚れてしまいました。

次回いらしたときは、ひこにゃんにも会ってってくださいね。

>ツアトラとの1976のコラボ素敵です!!

危うく、駐車場のゲートくぐってしまうとこでしたね。


>お二人のナンバーに・・・

画像加工して作って下さい(笑

>省吾さんのサムズアップ

サムズアップって言葉知らなくて恥ずかしかったです(謎笑

僕に向かってサムズアップしてくれたとあの場にいた人全員そう感じてるでしょう(笑

でも、第二戦の出来事は間違いなく僕に手を振ってくださりました(自慢笑

>入り待ちの楽しさを改めて実感

前夜の睡眠時間より、入り待ち時間のほうが長いって言うマニクァックさw

しゃくれライオン話、一番楽しかったです(超謎笑


>皆いい笑顔してますねぇ~♪

さいたま組再会の時を今ここに誓う~vv


>後ろからまさきさんのノリノリ

あれま、恥ずかしい~vv

ヘンでなかったですか?

>二日目で歌った様ですね。

アンコールで演奏してみたいですね!

是非聴きたかった~vv

>サイドステージ席からどう見えるのか気になります

メインステージ床も同じデザインでした!

ステージサイドでないと気付かない演出です。

>ライブ終了後

厳密に言えば、第一部終了の時ですね、話しに行ったの。

どうしても伝えたくて、しゃべりに行きましたv


>雪山出撃の際は車中泊...まさに寝台車ですね!

はい、どこへでも行きます、思いのままv

僕にとっては走り続けることだけが生きることなんです。

止まってはいけないんです。


>まさきさんの水飛び仲間とのスリーショット

城ホールでも確認できませんでした。

お願いです、さいアリの時に確認してくださりませんか?


>ユキノさん、ホールの時よりも色っぽかったぁ

2011の時はukoさんに惚れてたけど、2015・2016はユキノちゃんですね!


>まさきさんのバイブル「家路」

64歳になっても、「どんなに遠くてもたどり着いてみせる」って宣言する省吾さんに僕は一生ついていきますよ。

その想いを、身体に彫りたいくらいです。
2016/10/25 19:51:24
こんばんは~
後ろからのまさきさん、全然変じゃ無かったですよぉ~♪
僕も全く同じノリでしたから...(笑

>画像加工して作って下さい(笑

はい!! 後日落書き画像送らせて頂きます...(^^)b
コメントへの返答
2016/10/26 23:25:12
こんばんは~

嫁とライブに行ってた時は、「手拍子がずれてる」って言われたもんです(笑


画像、楽しみにしてます!
2016/11/07 22:54:56
こんばんは〜
恋する気分は入ってないんですね〜
そーとー聴きたかったんですが…(笑)
コメントへの返答
2016/11/08 22:39:13
こんばんは~

ホールでは歌われたのですけどね~

でも、でも、ライブは過去最高のライブなんで楽しみにしてて下さい♪
現在価格を調べてみる

おすすめアイテム

 
 
プロフィール
「CUBE 40th Anniversary http://cvw.jp/b/253966/38945284/
何シテル?   12/02 22:42
○車で聴く(観る)音楽は浜田省吾のみです。 浜田省吾さんを人生の師と仰いでます。 「家路」は俺のバイブルです。この詩に何度も救われました。 ○冬は地元...
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2016/12 >>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ブログカテゴリー
リンク・クリップ
みんカラ定期便一部不達…。 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/11/08 22:54:50
大寒!冬の寒さを元気に乗り切るコツ!? 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/01/26 06:50:07
新車6ヶ月点検 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2015/01/23 23:44:00
お友達
何回かコメントやメッセージのやりとりをしてから誘って下さい。突然のお誘いはお断りします。



俺のブログに興味もたれた方のコメントをお待ちしてます。

長期間足跡・更新がないお友達は解除する場合があります。
77 人のお友達がいます
せきど@かずまさ &lt;(`^&#180;)&gt;せきど@かずまさ <(`^´)> * かっちゃん777かっちゃん777 *
スキー猫スキー猫 * ガーコ(^◇^)ガーコ(^◇^) *
オフアクシスオフアクシス * じぇたろうじぇたろう *
ファン
39 人のファンがいます
愛車一覧
フォード その他 フォード その他
いつかは所有したい憧れの車。 15の時、映画「MAD・MAX」でインターセプターを見た ...
その他 その他 その他 その他
諸問題で発売中止になってましたが、2016年7月より再販できるようになったそうです。 そ ...
その他 その他 その他 その他
走り、室内広さ十分満足な車です。 高速だって1○0km/hで巡航できるし、車中泊だって ...
その他 その他諸々 FACTION KENNEDY (その他 その他諸々)
スロープスタイル愛機 FACTION KENNEDYと K2・フジャティブ
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2016 Carview Corporation All Rights Reserved.