車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年05月25日 イイね!
いや正確にはテレビに内蔵されてるBD/DVDドライブが死んだんだけど。

ウチのテレビ、2010年12月の年末に従来のブラウン管TVから買い替えたんだけど、地デジ液晶テレビとBDレコーダの同時購入を当時我が家の家計を牛耳っていた者から許可されなかったのでSONYの液晶TVとHDDとBDドライブが一体になってるやつを購入した。
本当は画質面から40インチのを買いたかったんだが、そんなのを理解する人間ではなかったので32インチのモデルを購入。
購入後一年経たない11月に電源オンオフを繰り返す異常が発生し、保証期間内だったので無料で基盤交換をしてもらった。その後もファームウェア更新がうまくいかなかったりとチラホラ問題は発生したものの、ここ数年は安定して使用できていたのだけど・・・。

先週の土曜にBDを視聴し終わって取り出してから次の円盤を入れたら読み込まない。
あれっ?と思ってると円盤が勝手に出たり入ったりを繰り返す様になった。

あー、ドライブが壊れたね、こりゃ。内蔵HDDもいつ死ぬかわからんし新しくBDレコーダを買わなきゃダメかな、と絶望的な気分になって土曜の夜は寝た。

日曜にジョーシンなどにBDレコーダを見に行ったけど1TBのモデルで5万から6万くらいする。
夏ボが出たらちょっと考えていることがあるので出来ればこんな出費はしたくない。

月曜のお昼休みにSONYのサポートに電話した。
平日の19時くらいでも出張サービスに来てくれるということでお願いした。
修理費用は出張費別で17Kから43Kくらいですが現物を見ないとわからないとのこと。

43Kも払うんだったらBDレコーダ買った方がいいかもと思いつつ、とりあえず5/24の19時に訪問予約を入れた。

そして今日、19時過ぎにサービスさんがやってきた。
あれこれ試して「BDドライブのローディング機構が壊れていますのでAssy交換になります」と。
Assy代、工賃、出張費込みで合計37Kくらいだったのでその場でドライブ交換してもらうことにした。

テレビが直ったのは良いんだけどどうも1月からこっち、数万円単位の予定外の出費が続いてしまい、夏ボでの目論見が完全に暗礁に乗り上げてしまった。

なーんか去年の秋からずっとツイてない。いいことが全く無いね。貧すりゃ鈍す、か・・・。
Posted at 2017/05/25 01:45:24 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月20日 イイね!
実家の母親から実家のPCのアップデートをしてくれと依頼があったので晩飯食わせてもらいがてらセキュリティパッチを当てにいった。

ウチの回線より速いはずなのにDLやインストールにえらい時間かかってでもまあなんとか終わらせたのが20時半くらい。それから本屋さんにふらっと立ち寄ってあれこれ物色していると、前から探していたのをやっと見つけた。



京極夏彦の五作目「絡新婦の理」のコミック。講談社少年誌コミックの棚にあった。ずっと青年誌コミックの棚ばっかり探していたのでそりゃ見つからないわけだわ。



んでクルマ雑誌コーナーでこいつを見つけた。スーパーカー大好きだった子供の頃の思い出が蘇ります。当時鈴鹿サーキットに「サーキットの狼」の撮影で走ってたのを見に行った記憶がある。



文庫本コーナーでは懐かしいこいつを。「ネオ・ゼロ」の前日譚、主人公が空自をやめてフリーになる事件が描かれている。93年にハードカバーで買って実家のどっかにあると思うけど久々に読みたくなったのでこれも購入。


なんか楽しい缶デザインのキリンラガーを見つけたのでこいつを飲りながら今日買った本を読み倒そう!

Posted at 2017/05/20 22:19:06 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月18日 イイね!

今回はハセガワの1/72 F-2を製作しました。このキットは単座型のF-2Aと複座型のF-2Bを選択できますが、「シン・ゴジラ」でタバ作戦に参加したF-2Aを製作します。



1/24インテRの細部塗装と並行して機体を組み立てていきます。



独特な洋上迷彩の薄い方をタミヤのインターミディエイトブルーで塗装してからマスキングして濃い方のブルーをクレオスのネイビーブルーで塗装していきます。そのものズバリの洋上迷彩用塗料セットも市販されていますがエアブラシ持ってないので缶スプレーで近似色を選択しました。


主翼部を迷彩後に胴体上面の迷彩を塗装します。



まあ、こんなもんかね。


エアインテイクと増加タンクを塗装します。エアインテイクは合わせが良いので塗装してから胴体に接着できます。


シートにはボンベとキャノピー破砕用の突起を自作して取り付けます。


シルバリング防止に光沢のクリアを塗装し、乾燥後にデカールを貼っていきます。


脚と増加タンクと武装を取り付けて完成です。キャノピーはΩ形状のバブルキャノピーが再現されているために真ん中にパーティングラインが入っていますが高番手のスポンジヤスリとコンパウンドで磨いてツルピカに。バルカン砲口はピンバイスで開口してあります。

FS-Xが純国産じゃなくてF-16ベースになると決まった時はかなりがっかりしたものだけど(高校生くらいのころだっけか)、やっぱF-2かっこいいよな。


逆にこの予想図通りで国産化されてたらどうなっていたんだろうね。



タバ作戦参加機なので映像通りに主翼下に増加タンクX2、JDAMX4を装備。劇中では翼端にAAM-3を装備していませんでしたが見た目重視で取付。JDAMも劇中の仕様と細部が異なるけどまああれだ、細けぇこたぁ良いんだよw


シリアルナンバーは劇中の映像から選択。最初に確認できたのは「13-8557」。これは三沢基地第8飛行隊所属機でキットにデカールが付いていない。ていうかキットには三沢の第3飛行隊と松島の第21飛行隊のデカールしかついてない。黒ヒョウマークの為だけに別売デカール買うのもなあと、次にタバ作戦でゴジラにJDAMを投下するシーンを確認すると「13-8560」。CG映像では黒ヒョウマークが付いていたが実機を調べるとどうも第3飛行隊所属機らしいんでこれで製作。エンジンノズルは絞った状態のものしか付いていないが駐機時の広がっている奴も欲しかった。


1984年に東京に上陸したゴジラを迎撃したF-1CCVと並べると世代の違いが一目瞭然ですね。


現代日本の防空をともに担うF-15Jと。


某小説に登場する第二次湾岸戦争派遣F-15Eと。現実には無いこんな組み合わせも模型だと再現できるのが楽しいですね。

次はタミヤの1/72 F-16CJ(フル装備仕様)を作ってF-2と並べると面白いかもしれん。
キットは既に用意してありますけどw
Posted at 2017/05/18 22:28:49 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月13日 イイね!
5/14は母の日ということで午後からプレゼントを買いに出かけた。
去年まではおまかせできる人間がいたが今年からは自分で選ばんといかん。

・・・何を選べばいいんだ?母親に渡して喜ばれるものが皆目見当がつかねぇw
これが父の日なら親父の趣味・嗜好はわかってるから選びやすいんだけど。まあ当の親父はとっくにこの世にいないが。

それはともかくプレゼントをどうするか。
定番のカーネーションとかの花束は妹がプリザーブドフラワーをあげてたから却下。
靴とかはサイズを知らんしお菓子なんかも、なんかこうイマイチ。

などと悩んでいたがユニクロのチラシに載ってたUVカットカーディガンが値段も手ごろでよさげだったんでそれを買いに行くことにした。自分用の服も欲しかったところだったんでちょうどいい。

3時頃に実家に行ってカーディガン渡して実家に届くように注文しておいた技MIXのF-4EJ(306飛行隊 84戦競)を受け取って帰宅。

いまは一杯やりつつ1/72F-2の細部塗装などやってます。デカールのシルバリングを防止するのにいちど光沢のクリアを吹かないといかんのがめんどい。
Posted at 2017/05/13 20:59:30 | コメント(0) | トラックバック(0) | 日記
2017年05月04日 イイね!
ずっと前から下の子に頼まれていた1/24インテR。
当初は
ハネナシ・TypeRデカールナシ・レカロは赤で作れという要求だったのが途中から
・ GTウィングつけろ
・ アルミは社外品に交換(できればTE37、カラーはブロンズ)
・ TypeRデカール貼れ
とかこれが中学生(当時)が語る要求か!?みたいな仕様を依頼された。
1個目と2個目はそんな都合の良い適合パーツがそもそもあんのかと思っていたが、


GTウィングはタミヤがディティールアップパーツとして発売してるイングスのGT羽根を見つけたのでAmazonで購入。
アルミホイールは模型店でアオシマの15インチTE37をみつけたので購入。96にピッタリの4穴だったのも好都合。なんかグラベルって書いてあるけどまあいいだろ模型だし。


とりあえずインテリアを組んでアルミをはかせてボディを仮組みしてみた。アルミの塗装はどうするか悩んだが、塗料コーナーでアクリルのブロンズカラーを見つけたのでそれで塗装してみた。でもTE37のブロンズカラーとはだいぶ違うような・・・。まあいいか(^^;; 市販の模型用塗料ではそのものズバリの色は無かったもん。ゴールドにスモークグレーでも混ぜれば良かったんだろうか。


GT羽根は羽根の横幅とステーの高さが3種類から選択できるがそれぞれ中間をチョイスして仮組み。


ステーは黒、ウィングはカーボン地じゃなくボディ同色という要求だったのでそのように塗装。


このキット、ボディ形状はまあまあだけどそのまま組み付けると車高がみょうな塩梅でちょっとイヤ。

まあこの状態でずっと放置してあったわけだが(その間にも自分のひこーき模型はいくつも組んでいたという鬼畜w)、連休になって時間が出来たので一気に完成させることにした。


窓枠の黒い部分の塗装も面倒くさいのだがルーフの左右のモールも塗装が面倒な部分。ここを今回0.7mmの黒いラインテープを買ってきて再現することにした。中々良い感じ。

また、ヘッドライトのモールドもちょっとボヤけていて、塗装で再現すると寝ぼけた感じの仕上がりになってしまうので、


今回はハセガワの金属光沢アルミ箔を買ってきて貼りつけることにした。


ギラリと良い感じに仕上がる。テールライト部にも同じように貼付した。


普通のインテグラならこのままでいいのだけど、TypeRは黒い縁取りがあるのでここも黒いラインテープを使って黒い縁取りを再現してみた。下手に塗装するよりシャープになって目元がスキッとした。


レカロは要求通り赤で塗装。艶消しコートしてからブラウン系のエナメル塗料でスミ入れ。シフトノブはチタンカラー。


なんだかんだで1年と数か月くらい前に依頼されたインテR、ようやく完成です。細かいアラが一杯あるので探さないでくださいw

このキット、窓枠とフロントバンパーの左右の蓋とグリルの縦の桟を黒く塗るのが面倒臭くて面倒臭くてしばらくインテのキットは作りたくないです。
数年前に発売された同社の1/24CR-Zは黒い部分が別パーツになっていてすごく塗装しやすくなってる。今の技術でインテRを再開発してもらえないだろうか。96/98どっちも(^^;


って、インテRの模型と言えばこれまた作りかけで10数年放置してあるこんなキットも持ってたりして(^^;
日本版と北米版のインテRを並べて飾ると楽しいかもしれん。

Posted at 2017/05/04 23:21:00 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「ソニーのサービスマンにテレビの修理してもらってる。」
何シテル?   05/24 19:14
92年に初めて買ったBBI プレリュードでDOHC VTECの魅力に憑りつかれ、 以後DC2 インテR96と98、AP1 S2000、CL7 ユーロRとVT...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/5 >>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
リンク・クリップ
mag-tek マグネット式スマホタブレット車載ホルダーMGTK-201 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/28 00:38:03
ファン
8 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ CR-Z 雪風 (ホンダ CR-Z)
2007年のモーターショーで展示されたコンセプトカーに感銘を受けて発売を心待ちにしていた ...
ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
1992年に初めて買った自分のクルマです。こいつのおかげでDOHC VTECの魅力にとり ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
早くから予約をして発売と同時に手に入れました。走る楽しさを教えてくれたクルマですが残念な ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
もう一度インテRに乗りたかったので走行1万キロ弱の中古車を友人のつてで購入。先代の96以 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.