車・自動車SNSみんカラ

  • 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+
2017年02月18日 イイね!
思えば去年の邦画は特撮やアニメの映画がずいぶん話題になりましたね。

シン・ゴジラ、聲の形、君の名は。

その中でクラウドファンディングで2015年当時、映画ジャンルとして最多人数、最高額記録を樹立し、出資企業が動き出して6年越しの製作が軌道に乗ったアニメ映画がある。



それが「この世界の片隅に」。

去年から観たいと思っていたけど、この田舎の片隅にはなかなか上映する映画館が無く、名古屋茶屋のイオンまで出張るのも週末の23号の渋滞を考えると面倒だなあと思っていたところ、今年になってから津のイオンシネマで上映するという。

今日、ようやく観に行く事ができた。
クラウドファンディングを募集してた頃に少しでも協力したいと思ったが当時は自分の自由になるお金が一銭も無かったので協力できなかった。

こうの史代さんが07~09年にかけて連載していた漫画を2010年に監督がこうの氏にアニメ化をオファー、正式に製作決定が決まる前から監督は当時の広島や呉についてのリサーチを始める。
たとえば当時の広島の街並みを再現するのに「大正屋呉服店」を描こうとすると路地を挟んで手前の「大津屋モスリン堂」という店を描かねばならないが、この店の写真が無い。監督は現地に入って当時を知る人々から徹底的にリサーチして昭和のあの時代の広島の街並みを再現した。

また、主人公のすずさんが夫の周作と大和の呉軍港入港を見る場面、この日付を大和の行動記録から昭和19年4月17日と特定。日付が特定できれば当日の天候もわかり、実際の昭和19年4月17日の呉が映像として再現された。
姪っ子と呉軍港を見ていて姪っ子が「大和がふたつおる。いっこは武蔵じゃ」と言う場面も、当時大和と武蔵が呉にいたことが記録されている。

このように時代背景を細かく再現したことで、当時に生きていた人々の日常の姿が説得力を持って僕たちに体感させられる。

既存の戦時中を描いたあまたの映画やドラマでは、市井の人々は日々空襲におびえ、欠乏する物資に困窮し、絶望のふちに立たされた姿ばかりが強調されてる感じだったが、この映画ではそんな大変な時代でありながらも普通に生きようとする人々の姿が活写されている。物資が無いなら野草
を利用しよう。楠公飯を作ってみよう。工夫してご飯のかさを増やそう・・・。
大変な時代でも普段と変わらぬ日常を紡いでいこうとする人々の姿。

そんな世界に生きてる天然ボケな主人公のCVをアテてるのん(「あまちゃん」の能年玲奈)の脱力系の声が合ってるんだ。

そんな戦時中であっても変わらぬ日常を生きようとする人々にも、戦争の現実が残酷に忍び寄ってくる。
ついに始まる呉への絶え間ない空襲、
普段と同じある夏の日の空に、突如対空戦闘ラッパが鳴り響き、軍港の軍艦や山の上の高角砲が発砲。瞬く間に青空が砲煙で満たされる。
程なくして高角砲弾の破片がバンバン降ってきてそこいらじゅうをえぐりまくる。
その頃になってようやく鳴り響く空襲警報・・・・・。

こんな生死が日常になった日々の中で様々な大切なものが失われていく。そして広島への原爆投下・・・。

15日の玉音放送を聞いたすずさんが、戦争が終わったと安堵する人々と違って抑えきれない感情を爆発させる。あの天然ボケな彼女が怒りをあらわにする・・・。

前半の、厳しい状況ではあってもあれこれ工夫して日常を維持しようとするすずさんや他の人々、苦しくても笑い、少しでも日常を維持しようとしていた場面に対し、昭和20年6月以降、終戦までの苦しい描写が胸に突き刺さる。

それでも夫に「この世界の片隅に、うちを見つけてくれてありがとう」

大事なものを、人々をたくさん失い、自分自身も失った彼女がこう言って戦後を生きていこうとする姿にとても感動しました。

劇場では泣かなかったけど、こうして内容を思い返しながら日記を書いてたらちょっと目頭が熱くなってきた。とても良い映画でした。未見の方はぜひ鑑賞していただきたい。
そんな映画でした。

Posted at 2017/02/19 00:07:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月18日 イイね!
と言っても某漫画に登場する競走馬の名前じゃないよ。

F-15E ストライクイーグル。制空戦闘機だったF-15イーグルに対地攻撃能力を持たせてマルチロールファイターとした機体。
高校生の頃だったか、ヨーロピアン1迷彩に爆弾を満載した姿に痺れてからずっと製作したい機体だったのだが、どうもキットに恵まれず既存のF-15のキットにCFTのパーツを付けただけのお手軽なんちゃって仕様のキットばかりが発売されていた。
初めてまともなF-15Eのプラモが出たのはタミヤの1/32。まだ独身時代で自由に使えるお金があった頃なのでもちろん発売と同時に購入。ガンシップグレイの缶スプレーも同梱されてたなあ。
でも買ったは良いけど完成品の置き場を考えると手が動かず、もう20年以上実家のどこかに眠ってるはずw

そんなこんなで時は流れて2012年頃だったか、ハセガワからついに1/72のF-15E決定版が発売となった。もちろん発売と同時に購入。機体そのものは既存のF-15Dだがそれに新開発のCFTやECMアンテナ、ランターンポッドのパーツと旧製品に付いてたロックアイ爆弾とMERのパーツが同梱されたもの。初回限定としてクリアパーツの卓上スタンドが付いていた。なにが嬉しいって、既存のF-15Eのキットと違いCFTの兵装ステーション形状が正しいキットが発売されたこと。


完成させたのはmixiの日記をさかのぼると2013年11月。ロックアイX6、JDAMX1、サイドワインダー(-9X)とAMRAAMを装備し、キット付属のデカールで仕上げた。


そして2017年2月。


再びハセガワ1/72 F-15Eのキットを購入。

なんで一度完成させたのと同じ模型を買ったのかと言うと、


「UN」のマーキングデカールをネット通販で発見したから。ついでに航空自衛隊F-15用国籍マーク、部隊マーク、フリーのシリアルナンバーのデカールも購入。

なにゆえにそれを所望したかと言うと、


この小説に登場する航空自衛隊のストライクイーグルを再現したかったから。

奥付を見ると1992年7月初版発行となってる。大学出て東京で仕事してた頃に買ったノベルズ。
これを読んだ時からデザート迷彩に身を包んだ日の丸ストライクイーグルを模型で再現したいと思っていたのだけど、先にも書いた通り湾岸戦争に参加した仕様のF-15Eのまともなキットが当時は存在せず、2012年になってようやく1/72でキットが発売されたものの、機首に書かれた「UN」の文字を再現できないまま現在に至る。

しかし、こないだエリア88クフィル用のデカールを購入しようとRose Ridgeさんのサイトを見ていたら、「UN」マークのデカールも売ってるじゃないか。これで小説のF-15Eが再現できる、と購入。
日の丸や部隊マーク(小説では千歳の201飛行隊が派遣されてるのでヒグマのマークが必要)は手持ちの97、98戦競F-15Jのキット付属デカールを使おうかと思ったが、20年も経っていてデカールが死んでると思われ、ネットで探すとMYK DESIGNさんから手頃な価格でシルクスクリーン印刷の上質なデカールが出ていたのでそれを購入。

下の子に頼まれてるDC2と80スープラも抱えてるけど同時進行でどうにかなるだろw

Posted at 2017/02/18 23:05:48 | コメント(1) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月11日 イイね!
月曜の夜に下の子から進路が決まったと連絡があった。良かったねと返事するとお祝いくれとか言うw
そりゃもちろんあげるよと言うと今度の週末が超暇だからどっかに連れて行けと。こないだJoshinで買っておいたトミカも渡さなきゃいけないし、行きたいとこが決まったらまた連絡よこすように行っておいた。

そして、本日。その週末がきたわけだが、金曜から土日は大雪との絶望的な予報orz

金曜は午後から結構降ったけど、それでも先月のような身動きがとれないような積雪はこの地方には無かった。しかし土曜の未明から明け方にかけて降雪の予報だったため、週末出かけられるかどうかは土曜の朝おきてみないとわからない状態。

果たして、今朝おきてみると全然積もってない。NHKのニュース等で降雪状況を確認するがとりあえず日中は何とかなりそうな塩梅だったので身支度を整えて9時過ぎに出発。沼津の方は東名や新東名が通行止めになってるようで、ちょっと気がかりだったが。

時間と体力は金で買う主義なので、川越から伊勢湾岸に乗った。

そして10時40分頃、もう二度と訪れる事は無いはずのA県某市へとやってきた。
流石に家の前に乗りつけるのは気が引けたので(顔も合わせたくないしなw)近くに車を停めて到着したと連絡。
ほどなくして下の子が現れた。
チョコくれた。ありがとう(^^;

んで、どこに行きたいんだ?と聞くと「シトロノイオン」という。

はぁ?そいつぁ「我がナチスの科学力はァァァァァァァァァァ世界一ィィィィィィィィィ!!」って言う奴か?と思ったがどうせ知らないだろうから黙っておいたw

良く良く聞いたら浜松の方のイオンらしい。
もっと近場に行くと思っていたので少々焦ったが、去年の秋から長距離ドライブってほとんどしてないのでたまにはいいかと、浜松へ向かうことにした。

「せっかく浜松に行くから久しぶりにエアーパークにも行っていいよ」と言うのでまずはエアーパークへ向かうことにした。


すっごい久々にこの風景を見たな。


心神もいまやATD-Xとして実証機が飛行する時代になったねえ。F-35とこの機体がベースとなる戦闘機が日本の空を守る日が来るのかねぇ。



実機展示格納庫の展示機に変更は無いけど、久しぶりに触れる実機に気持ちが高まるね。
下の子はゆっくり見学していいよと言ってくれたが、雪が気になるので普段通りの流し見で見学。シアターの映像などはまた今度一人で来た時に観ようかね。

売店でちょいと買い物してから遅めの昼食をとろうと高丘の「さわやか」へ向かったが、あいにく満車。誘導のおじさんからは空くまで少々おまちいただけますかと言われたが、イオンへ向かう道すがら別の店舗へ向かうことにした。

14時頃に「さわやか浜松白羽店」に到着。クルマは停められたけど、結構な待ち行列。それでも思ったより早くテーブルに案内された。
良く考えたら前にもこの店に来たことあるな。

僕はげんこついこうかと思ったけど、体調を考えておにぎりハンバーグ、下の子は手作りハンバーグをオーダー。ソースは二人ともオニオンをチョイス。


しばし待つうちにやってきましたさわやかのハンバーグ。
感動に打ち震えながらナイフで切ってフォークにさして一口噛み締める・・・。

うめぇ!

久々のさわやかのハンバーグ、美味すぎる。先日、さわやか風なハンバーグを求めて食べてがっかりした某店のハンバーグとは大違いだ。やっぱり定期的に食べにこなきゃなあと思ったが、ひとりだとちょっとね、入りづらいよねw

さわやかでお腹いっぱいになった我々は、志都呂のイオンへ向かった。
ここで進学祝いの買い物をするつもり。

いくつかお店を見てまわったが良いなと思った服はサイズが無かったり見たかったお店がリニューアル中で休店してたり、と消化不良だった様子。それでもアクセサリ屋さんで前から探していたリングとネックレスを見つけたのでとりあえずそれを買ってやった。

ついでに新型NSXのトミカを買ってやろうとイオンのおもちゃ売り場へ。ブリスターだけど無事新型NSXを確保。ついでにプレミアムトミカのR34のVスペも欲しいというので一緒に購入。

この時点で16時過ぎ。とりあえずみたいお店は見たし、トミカも確保したから戻っても良いというので帰路につくことにした。なんせ雪の様子がね、怖いんでね。

A県某市に戻ってくるとパラパラと雪が降ってる。でもまだ本降りじゃないなと、晩御飯は隣のA市のアピタ前のジョイフルへ。
BRZが3台並んで停まってたけどオフ会かなんかっすかね、と子供と話したりして。


晩御飯食べて下の子を家に送り届けてから自宅へ向かう。
刈谷あたりで結構雪が降ってきたけど、まだ問題ない。でもこのまま下道で行ってたら桑名や四日市あたりでハマるかもしれんと思い、少しでも早く地元へ戻ろうと帰りも豊明から伊勢湾岸に。

弥富あたりから雪が激しくなってきたがどうにかこうにかみえ川越で23号に。
そこから四日市までがすごい雪で瞬く間に中央分離帯が白くなり、路面もまだ走れるけどこの調子で1、2時間降られたら夏タイヤだとヤバいくらいの降雪。良いタイミングで向こうを出発したと自画自賛しつつ慎重に走行。
四日市と鈴鹿の境まで来ると雪もそれほど激しく降ることもなく、安心して帰宅した。


本日の戦利品。



下の子の戦利品。
浜松広報館の売店で買ってあげたブルーインパルスの熊とトミカ。



ATD-Xの完成品模型が売ってたので思わず購入。赤白青の実機仕様と洋上迷彩仕様の2種が売っていたが、下の子が迷彩のがかっこいいよねと言うので迷彩仕様を購入。


かっちょいい。ベクタード・ノズルがちょっとマクロスのVFっぽくていいね。



F-4ファントムのちっこい模型も買った。


下の子にトミカを買った時についでに買った池谷センパイのS13。



下の子が「最近80スープラも好きなのよねー」と言うので買ってやったタミヤの1/24スープラ。
ええええ、もちろん作るのは僕ですよw

帰宅してから下の子とやりとりしてたらスープラにはエアロを組めとか色は青にしろとかいろいろ注文が来たけど、タミヤのスープラ用ノエアロパーツって別売りであったっけかな。
去年から作りかけで向こうにおきっぱなしだったDC2も渡されて、GT羽根つけてアルミも交換して完成せよとか言われたが、汎用のGT羽根とアルミが確保できるかなw


まあ、去年の秋からこっち、週末はほとんどひきこもりだったから久しぶりに長距離ドライブできて、下の子の顔も見られて楽しかった。

またそのうちこんなふうに一緒に出掛ける機会があったらいいな。

因みに今回の総走行距離333.46km。走行時間7時間44分(ハイドラ調べ)。
Posted at 2017/02/12 00:26:58 | コメント(3) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月05日 イイね!
積みプラ解消のために今回はストックの中からハセガワ1/72 IAI クフィルC2を製作することにした。



キットは2004年頃に買ったデカール替えの限定版。13年も経ってるのでデカールは使えないかもしれないが、今回もエリア88仕様で製作するつもりなのでコクピットの計器類だけ使えればいいや、てな感じ。



僕が中学生の頃には既に店頭に並んでいた古いキットだけど、ちょいちょいと擦り合わせてやればそれほどパーツの合わせに困る事はない。すぐに形になります。



ペーパーがけをして基本塗装。イスラエル空軍機で製作するわけじゃないんで下面はタミヤのAS-16、上面はクレオスの44番で塗装。



最初はタンの下地に濃い茶色の2色迷彩で誤魔化そうと思っていたんだけど、クフィルはやっぱり3色迷彩の方が似合うだろうと、3色迷彩頑張った。
薄い緑はガンダムカラーのザクの手足の色、濃い茶色はタミヤのAS-15。
エアブラシ持ってないんで全て缶スプレーで塗装。くそう、正月明けの左前輪ふっとばし事件さえ無ければエアブラシとコンプレッサを買ってたのに。


エアインテイク横のカナード翼を取り付けました。デルタ翼機ってだけでかっこいいのにカナードが着くと最強にかっこいいな。



増槽を塗装しました。キットには主翼下のハードポイント用パイロンが着いてないので増槽しか装備出来ないのに組立説明図には武装装備図が載ってる。この辺メーカーは改定し・・、ないよなあ・・。



デカールを貼り始めました。製作してるキットのデカールは死んでいたのと主翼の三角マークが無いのでデカール流用するために定番クフィルのキットを買った。
積みプラ減らすために作り始めたのにデカールの無いキットが増えるという本末転倒な状態にw

主翼の特徴的な三角マーク。子供の頃はなんなんだろうと思っていたけど、敵味方識別マーキングなんだってね。でもせっかく迷彩してるのにこんなマーキングをでかでかと描いてしまったら迷彩効果無くなっちゃうと思うんだが、迷彩効果を犠牲にしても識別しなきゃいけないくらいリアル中東戦争の空は激戦区だったのだろうか。



デカール全部貼って、脚と脚カバーと増槽を取り付けて完成。AAMはキット付属のイスラエル製ミサイルじゃなく、エリア88仕様ということでハセガワの武器セットから米軍用サイドワンダーを装着。
(武器セットって書くとガンプラみたいになるなw)



デカール貼り失敗してますorz



新谷かおるアングルw



後方からのアングル。サキ・ヴァシュタール機にしようと製作してたんだけど、デカールの発注をまだしてないのでパーソナルマーク無しです。エリア88のモブキャラ仕様とでもしておきましょう。
サキの機体はまたいずれ新たに製作しよう。



F-8EとF-20と並べてみた。60年代後半から80年代の機体が大好きなので、これからもちまちまとエリア88仕様の機体を製作していきたいと思う。

Posted at 2017/02/05 23:53:36 | コメント(5) | トラックバック(0) | 日記
2017年02月04日 イイね!
というわけで、先週からインフルで臥せっていたたぐりんです。今週水曜からようやく復帰しました。

事の経緯をかいつまんで記述すると

1/23
なんかちょっと喉が痛いな。エアコンで乾燥したかな。

1/24
ちょっと咳が出てきた。でも熱も無いし食欲もあるしたいしたことないだろ。

1/25
咳が多くなってきたけど熱っぽくは無いし晩御飯に喜多方ラーメンと餃子をたいらげたし、たいしたことないだろ。

1/26
朝起きたらちょっとフラフラする。咳も相変わらず出る。体温を計って熱があったら出勤する気力が失せるのでとりあえず無理やり出勤したけど、会社に7時過ぎに到着したもののどうにもしんどくてそのままCR-Zの中で定時の8時前まで寝ていた。
朝からふらつく体をおして仕事して、その日の仕事の半分くらいは終わらせたけど11時前になってどうにも動けなくなってきたので体温計で計ってみたら37度4分くらいある。寒気がとまらないし関節の痛みも激しくなってきた。
これは高熱が出る前兆に違いないと早退させてもらうことにした。突発有休にしていいと許可が出たので有休にしてもらって帰路についたが頭がぼうっとしていて運転するのもしんどい。
どうにかこうにか帰ってきて、かかりつけの病院へ。

インフルかもしれないんで検査してくれと依頼して検査したものの、この時は陰性との診断。
えー、そうなの?と思ったけどかろうじてインフルじゃなくて普通の風邪ですんだのかもと思い、帰宅して処方された風邪薬を飲んで寝た。


・・・・すみません、熱がどんどん上がるんですけど。。

夕方までに37度7分くらいまで上昇。夜には38度を超えてきた。こいつは絶対インフルだと確信したがこの時間ではどうしようもない。
たしか熱さまシートがどっかにあったはず・・・、と探すも見つからず。古くなったから捨てたかも。
ならば冷凍庫に保冷剤があったんじゃ?と冷凍庫を探すもアイスと冷凍食品しかない。ああ、以前に釣った魚かなにかをあっちに持ってくときに全部使ってしまったんだったか。

しかたがないので解熱剤を服用してタオルを冷水で濡らして頭に巻いて寝た。
高熱のせいで翌朝まで熟睡できず。

1/27
熱が下がらないので会社に今日は休みますと連絡いれて、今回はウチから歩いていける近所の病院へ朝イチで向かった。
いの一番に受付のおねいさんに来意を告げると速攻で別室に連行されて問診票を書かされてインフル検査となった。
ほどなくして「インフルA型ですねー」との検査結果を伝えられた。
別室に隔離されたままタミフルを処方され、代金を払って帰宅。

家にあったものを適当に腹に入れてタミフルを飲んで、寝た。

夕方近くなって目が覚めたが熱は下がらないし体もだるい。でも食い物とか飲み物とか頭を冷やすものとか買いださねばならんと、解熱剤を飲んで体温が少し下がった頃合いを見てマスクして近所のドラッグストアへ。
水やスポドリ、麦茶などの飲み物と、食欲が無いので手軽に栄養分がとれて腹にたまりそうな食い物、あと熱さまシートとアイス枕を購入。

適当に腹に入れてタミフル飲んで、解熱剤を飲んで頭をアイス枕と熱さまシートで冷やして就寝。


1/28
この日も終日状況は変わらず高熱のまま。


1/29-1/31
朝から少し楽になり、午後には熱が引いてきた。最初は前夜寝る前に飲んだ解熱剤のおかげかと思ったが、この日はタミフル以外飲んでないのでタミフルが効いてきてウィルスが減少してきたのではないだろうか。
医者からの指示では解熱後2日間はまだ会社に行ってはいけないというので1月一杯は自宅待機ってことで1/31まで自宅で療養させてもらった。棚卸のクソ忙しい時期に申し訳なかったが、それでも3月の年度末棚卸の時でなくて良かった。


2/1
発症から5日過ぎて熱も下がったのでこの日から出勤。月はじめは先月分の売り上げ締め処理とか色々と僕しかできない作業があるので出勤できるようになって良かった。

こんな感じで迂闊にもインフルにかかってしまい、会社のみんなにえらく迷惑をかけてしまった。戦力減で忙しかっただろうに、2/1に出勤すると結構先の方まで仕事を進めてくれていて、ありがたかった。

2/1の時点では少ししんどくて気持ち悪い時もあったけど、2/2以降は体調も戻って普段通りの仕事が出来るようになった。


しかし独り者がインフルとか高熱を伴う重い病気にかかると色々大変ですな。今回は予兆をつかんで早めに動いたから動けるうちに病院行ったり必要な物資を購入して籠城できたけど、無理してギリギリまで我慢してたら動けなくなって死んでたかもしれん。年齢も年齢だしなw

そんな感じで無事インフルA型から復活。


快気祝いにエリア88のDVDをAmazonでポチって、今日届いた。早い時間に届いたらイオンシネマ津へ「この世界の片隅に」を観に行こうと思っていたんだが、届いたのが15時回ってたので今日はおとなしく家でエリア88のDVDを見て過ごした。

もう30年以上前の作品だけど今見ても良い。シンが騙されてエリア88に送り込まれたのってこの作品だと1979年なのな。その頃の僕、小学6年生・・・・(^^;

んで中学に上がってすぐ、通学時の電車内で「ファイナル・カウントダウン」の中吊り広告を見て映画を観に行ってF-14のかっこよさにしびれてそれからひこーき好きになり、学校帰りに立ち寄った本屋で「エリア88」のコミックを見つけて購入。すっかりはまりこんでしまい、あれから30数年たってもいまだにひこーきもエリア88も大好き。どんだけ僕の人生に影響を与えたのか新谷かおるw


Posted at 2017/02/05 00:53:05 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
プロフィール
「DC2途中経過。」
何シテル?   02/20 20:59
92年に初めて買ったBBI プレリュードでDOHC VTECの魅力に憑りつかれ、 以後DC2 インテR96と98、AP1 S2000、CL7 ユーロRとVT...
ハイタッチ!drive
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
<< 2017/2 >>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
リンク・クリップ
mag-tek マグネット式スマホタブレット車載ホルダーMGTK-201 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2016/10/28 00:38:03
ファン
8 人のファンがいます
愛車一覧
ホンダ CR-Z 雪風 (ホンダ CR-Z)
2007年のモーターショーで展示されたコンセプトカーに感銘を受けて発売を心待ちにしていた ...
ホンダ プレリュード ホンダ プレリュード
1992年に初めて買った自分のクルマです。こいつのおかげでDOHC VTECの魅力にとり ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
早くから予約をして発売と同時に手に入れました。走る楽しさを教えてくれたクルマですが残念な ...
ホンダ インテグラタイプR ホンダ インテグラタイプR
もう一度インテRに乗りたかったので走行1万キロ弱の中古車を友人のつてで購入。先代の96以 ...
過去のブログ
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.