• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2017年12月13日 イイね!

まさかシュコダとは!( ̄0 ̄;)

まさかシュコダとは!( ̄0 ̄;)『Skoda Motorsport setzt 2018 auf junge Fahrer』

シュコダ・モータースポーツは、カッレ・ロヴァンペラとコドライバーのヨンネ・ハルトゥーネンがシュコダ・ファクトリーのファビアR5で2018年のWRC2に参戦することを明らかにした。

ロヴァンペラは先週末のベッテガ・メモリアルの際もシュコダとの契約が確実になったと噂されていたが、彼のパーソナルスポンサーであるピレリの支援によってシュコダのセカンドチームが結成されるのではないかとも囁かれてきたが、ピレリのラブコールは実らなかったようだ。

火曜日にシュコダ・ファクトリーがあるチェコのムラダボルスラフで会見が行われ、2018年のチーム体制が発表され、グリーンのレーシングスーツに身を包んだ17歳のロヴァンペラも登壇している。

また、今季終盤戦にシュコダ・ワークスからスポット参戦したユーソ・ノールドグレンとオーレ・クリスチャン・ヴェイビーも来季については正式にシュコダ・モータースポーツと契約を結んだことも明らかにされたほか、今季WRC2チャンピオンに輝いたポントゥス・ティデマンドのチーム残留、ヤン・コペツキもシュコダからの支援を受けてチェコ・ナショナルカラーのファビアR5でチェコ選手権へ参戦することが明らかにされている。

「ラリー・デ・エスパーニャでシュコダのジュニアプログラムを開始し、ラリーGBを成功裏に完了し、いま我々は大幅に若返ったチームとともに2018年の世界ラリー選手権に挑むことを楽しみにしている」

「21歳のオーレ・クリスチャン・ヴェイビーとユーソ・ノールドグレンの二人はシュコダのファクトリーチームから参戦してミッションにおいて十分にスキルを証明することができた。また、わずか17歳の傑出した才能をもつカッレ・ロヴァンペラがチームに加わった。限られたWRCイベントでは、我々とともにWRC2のタイトルを獲得したポントゥス・ティデマンドも。そして最後に、ヤン・コペツキもチームに残ることをうれしく思う」と、シュコダ・モータースポーツのディレクター、ミヒャール・フラバネクは語っている。



Mスポーツと言うか、マルコム・ウィルソンが将来のチャンピオンとして抱え込んで育てていくものかと思っていたんすが、まさかシュコダとはねぇ

父親のハリ・ロヴァンペラは、三菱のWRC撤退によりシートを失った翌2006年には、レッドブル・シュコダから参戦してたんすが・・・

もしかして、フォルクスワーゲンのワークスが、WRCに復帰する時のために抱え込んだのかも知れやせんよね
Posted at 2017/12/13 20:24:40 | コメント(0) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2017年12月13日 イイね!

カーリンが、インディカーシリーズに!

カーリンが、インディカーシリーズに!『CARLIN JOINING VERIZON INDYCAR SERIES WITH DRIVERS CHILTON, KIMBALL IN 2018』

カーリンは、2018年シーズンからインディカーにフル参戦することを発表した。

英国の名門チームであるカーリンは、2015年からインディライツへの参戦を開始。2016年にはエド・ジョーンズがタイトルを獲得。3年間インディライツで経験を積み、満を持してのインディカー参戦となる。

2018年、カーリンはマックス・チルトンとチャーリー・キンボールをドライバーに起用。エンジンはシボレーを搭載。両ドライバーを支援する保険仲介およびリスク管理サービスを提供するギャラガー、グローバルヘルスケア企業のノボノルディスクがメインスポンサーを務める。

カーリンのチーム代表トレバー・カーリンは「ついにチームの長期的な大望だったベライゾン・インディカー・シリーズへの参戦を発表できたことを嬉しく思う」とコメント。

「マックスとキンボールというすでにレース勝利の歴史のあるドライバーとともにギャラガー、ノボノルディスクというブランドが我々のデビューシーズンの旅路に加わることは我々の期待を超えている。この先のチャレンジと競争を過小評価することは決してないが、チームマネージャーのコリン(ヘイル)と一緒に構成した若く情熱的なチームを心から信頼している」

マックス・チルトンは、カーリンでF3とGP2に参戦した後、2013年からマルシャで2年間F1に参戦。その後、2015年にカーリンとインディライツに参戦している。

その後、ガナッシからインディカーに参戦したマックス・チルトンだが、ガナッシは2018年から4台体制から2台体制に縮小。チャーリー・キンボールとともにチームを離れていた。

「今日の発表はこれを現実のものにすることに関係してきた全員に本当に大きな喜びをもたらすものだ」とマックス・チルトンはコメント。

「カーリンは近代のベライゾン・インディカー・シリーズに参戦する初の英国チームであり、チームが数年前にアメリカン・レーシングに参入して以降の多くのハードワークと野心の結果だ」

「カーリンは僕にとって家族のようなものだし、2018年にとても興奮している。2009年から不規則ではあるけど彼らとレースをしているし、チームと一緒に自分の最も競争力のある年月を過ごしてきたので、僕たちがインディカーでの素晴らしい結果のために仕事ができることはわかっている。ベライゾン・インディカー・シリーズは、非常に競争的ではあるけど、新しいエアロパッケージの導入は競争の場を整えることに役立つはずだ。カーリンはこのようなスペックのシリーズで最大限を見い出すことに本当に長けている」

「ギャラガーがインディカーにおける僕のサポートを継続してくれることに心から感謝している。今年、ギャラガーの26000人以上の従業員、そして、チームワークとイノベーションに重点を置くブランドを代表する重要性はさらに大きくなっていた。2018年のこのパッケージの一員になれることにとても感謝している」

チャーリー・キンボールは、2005年にカーリンから英国F3に参戦。2007年にはカーリンが運営するヴィクトリー・エンジニアリングからフォーミュラ・ルノー3.5に参戦しており、10年ぶりにカーリンに復帰することになる。

「2018年シーズンのベライゾン・インディカー・シリーズのためにカーリンに加入することに本当に興奮している。彼らはヨーロッパでレースをしていたときに僕のキャリアをスタートさせる大きな役割を担ってくれたし、2005年の英国F3選手権では一緒に大きな成功を収めた」とチャーリー・キンボールはコメント。

「トレバー、そして、カーリンのチーム全体と再び仕事をするこの機会を得るには全てが適切なタイミングで実現したように思う。マックスとはチームメイトとしてすでに2年間仕事をした経験があるし、この新しい冒険を開始するにあたり、僕たちの長所と短所をお互いを本当に補完できると思う。もちろん、ベライゾン・インディカー・シリーズが新しいレースチームを獲得することはエキサイティングなことだけど、それだけでなく、このチームを構成する有望で競争力のあるグループを獲得することになる。10年連続でノボノルディスクを迎えることは、個人的に大きな意味があることだ。彼らはスポンサー以上の存在だ。ノボノルディスクは真のパートナーであり、彼らのサポートには感謝してもしきれない」

カーリンは、2011年から6年間参戦していたF2(旧GP2)にも、来季復帰する事が発表されてるんすが、アメリカン・オープンホイールでも上位カテゴリーのインディカーシリーズに

インディライツでは、チームとしては参戦した初年度の2015年からランク2位、翌年は記事にもあるように、エド・ジョーンズを擁しチームタイトルを獲得

今季は残念ながらランク3位と後退する事となったが、アメリカン・オープンホイールでは成功を収めたと言って過言ではないでしょうねぇ

そんなカーリンがインディカーシリーズにフル参戦するとは楽しみですよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ

チップ・ガナッシが2018年は2台体制に縮小する事により、シート喪失の危機に陥っていた二人のドライバーとすれば心機一転となり、活躍してくれるかも知れやせんよね
Posted at 2017/12/13 19:59:19 | コメント(0) | トラックバック(0) | Indycar SERIES | ニュース
2017年12月13日 イイね!

思いがけず・・・

昨日、職場に工事に来ていた業者さんと「明日は雪になるって話ですよねぇ」ってな会話から、スタッドレスタイヤの話になり、現場監督さんが「富山に帰る時には、履かせないと」と・・・

「監督さん、富山なんすか?」と聞くと、出張で滋賀に来ているとの事で、富山市の方だと判明( ̄0 ̄;)

寒かったので話はラーメンの話になり、富山の「まるたかや」の話に



このお店は、富山に住んでいた時のお向さんが経営していたお店で、富山では人気のラーメン屋なんすよねぇ

ここに行くと、ラーメンと串を頼むのがワテ的にも定番やったんすよねぇ





仕事中なのに、思わずラーメン屋の話で盛り上がっちゃって、今日は休みで無性にラーメンが食べたくなって行って来やした(^^;

もちろん富山まで行く訳にはいかず(笑)、天下一品に・・・









ところが今日は、定休日!ι(◎д◎υ)ノ

仕方なく、来来亭に行くか、塩元帥に行くかで悩み、結局は塩元帥に



最近ワテの中では、「ラーメン+ライス+餃子」が定番化しつつあり、今日も「天然塩ラーメン+ライス+餃子」のギョーザセット(ユズ少な目)950円に



それにしても、職場で富山のラーメン屋の話で盛り上がるとは思いやせんでしたが、久々に北陸ならではの「8番らーめん」や「高岡にある「旭屋」のチャーシューメンも食べたくなっちゃいやした(^^;
Posted at 2017/12/13 18:25:01 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年12月13日 イイね!

えぇー!ι(◎д◎υ)ノ

えぇー!ι(◎д◎υ)ノ『Sergey Sirotkin favourite to get 2018 Williams F1 drive』

ウイリアムズF1チームは、2018年レースドライバー候補からロバート・クビカを外し、セルゲイ・シロトキンを選ぶ見込みであるとの説が浮上した。

2011年初めのけがによりF1から遠ざかっていたクビカは、ウイリアムズで今年2回のプライベートテストを行い、最終戦後にアブダビで行われたタイヤテストでは2017年型ウイリアムズFW40を走らせた。彼が2018年にランス・ストロールのチームメイトを務めることはほぼ決定しているともいわれてきたが、アブダビテストに参加したセルゲイ・シロトキンがいまや最有力候補であると一部で報道された。

ウイリアムズがテストでのデータを分析したところ、シロトキンのパフォーマンスはクビカを上回っていることが分かり、現在チームはシロトキンとの交渉を本格的に行っていると伝えられている。さらにシロトキンは母国ロシアのSMP銀行からのスポンサーシップ、1,500万ドル(1,500万ポンドあるいは1,500万ユーロとの説もあり、17億円から22億7,000万円か)を提示しているといわれている。これはクビカには用意できない額であるという。

ウイリアムズはすでにクビカを2018年レースドライバー候補から除外したとの説もささやかれている。同じく候補だったリザーブドライバーのポール・ディ・レスタが起用される可能性もなく、シロトキンとの交渉がまとまらなかった場合の候補者は、今年トロロッソから解雇されたダニール・クビ
アトであるともいわれる。

一方、カナダのJournal de Montrealは、ウイリアムズはクビカをレースドライバーに、シロトキンをサードドライバーに起用し、クビカがグランプリで満足いくパフォーマンスを発揮できなかった場合にはシーズン途中でシロトキンに交代させることを考えていると伝えた。

現在22歳のシトロキンは、2014年にザウバーのテストドライバーを務め、ロシアGPではFP1で走行。2016年と2017年にはルノーの開発ドライバーとなり、数戦にわたりFP1に参加した。2015年と2016年にはGP2でランキング3位を獲得している。

ウイリアムズは、2018年のドライバー発表はクリスマス前までには行いたいとの意向を示している。

確かにタイム的には、ソフトでのクビカの1:41.26とシロトキンの1:39..947と、遜色の無いように見えるが、テスト内容が違うとか

ウィリアムズは財政難って訳でもないでしょうけど、パフォーマンスに差が無いなら、持参金付きの方がエエんすかねぇ?

注目度から言えばクビカで、スポンサー集めがしやすいと思うんすが・・・ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…
Posted at 2017/12/13 07:25:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | F1 | ニュース
2017年12月13日 イイね!

ロッテラーとジャニが!

ロッテラーとジャニが!『Lotterer, Jani set for Rebellion LMP1 WEC drives』

ポルシェのドライバーであるアンドレ・ロッテラーとニール・ジャニは、2018年のFIA 世界耐久選手権(WEC)のLMP1クラスにレベリオンから参戦すると報じられている。

ポルシェは、今シーズン限りでLMP1クラスから撤退するが、ポルシェと契約している両ドライバーは、2018/2019年のスーパーシーズンにLMP2クラスからLMP1クラスに復帰するとされるレベリオンに加入することで合意に至ったと Autosport は報道。

アンドレ・ロッテラーとニール・ジャニは、2017/18シーズンのフォーミュラEに参戦しているが、2018年のWECの5戦はフォーミュラEと日程は衝突していない。

レベリオンからLMP1への意向とドライバーラインナップについてのコメントはないが、今週中にも発表されると考えられている。

レベリオンのチーム代表バート・ヘイデンは、LMP2クラスに転向した2017年の成功によって、LMP1クラスへの転向に傾いており、今月中旬にも決断を下す意向であることを先月バーレーンで開催されたブランパンGTの最終戦で認めていた。

WECのルールメーカーは、ファクトリーのハイブリッドカーとLMP1のプライベーターとのラップタイムを同等化することをコミットメントしている。

2014年にポルシェと契約するまで2009年からレベルオンのP1プログラムの一員だったアンドレ・ロッテラーとニール・ジャニは、チームのレギュラードライバーと何名かの新顔とともにチームに加わるとみられている。

今年、レベルオンでLMP2タイトルを獲得したブルーノ・セナは、マティアス・ベシェとともにチームに残留すると見られている。また、シルナテックのグスタボ・メネゼス、ジャッキー・チェンDCのトーマス・ローランが移籍してくるとされている。アメリカ出身のメネゼスは10月のIMSAスポーツカー選手権でレベリオンから一戦限りの参戦を果たしている。

レベリオンは、2014~15年にチームのR-Oneを製造し、今年のLMP2でシャシーを供給したオレカとの関係を継続するとみられている。

バート・ヘイデンは、ジネッタやBRエンジニアリングから既製のマシンを購入するのではなく“我々独自のクルマが欲しい”とし、R-Oneのアプデート版の投入を除外していない。エンジンにはギブソンV8 LMP2のキャパシティを向上させたものを搭載する可能性が高いとされている。

以前からトップカテゴリーのLMP1でレースを続ける事を熱望していたロッテラーなので、BoP(?)によって、ハイブリッド搭載のワークスマシンとほぼ同等に戦えるとなると、プライベーターのLMP1マシンでも不足はないでしょうからねぇ

噂(?)通り、ロッテラーとジャニが加入するとなると、マシンの出来次第では、総合優勝を狙えるでしょうからねぇ
Posted at 2017/12/13 06:58:33 | コメント(0) | トラックバック(0) | WEC | ニュース

プロフィール

「意味わからんし、何でやねん?@ゆういっつぁん 」
何シテル?   11/23 16:54
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/12 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リンク・クリップ

スマホで撮った愛車の写真のナンバーを簡単に加工してくれる優れものアプリ=AUTOMO CAMERA 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/13 09:39:41
2017の走行会予定の再投稿(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/20 12:05:09
2017の走行会予定♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/18 15:29:54

ファン

39 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.
閉じる