• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2017年09月17日 イイね!

ブコビッチ・モータースポーツが、ルノー・メガーヌTCRのテクニカルディテールを公表!

ブコビッチ・モータースポーツが、ルノー・メガーヌTCRのテクニカルディテールを公表!『Vuković Motorsport unveils details on the Mégane TCR』

スイスに拠点を置くプライベーター・チーム、ブコビッチ・モータースポーツの手により、2018年のデビューを目指して開発が進められている新型『ルノー・メガーヌTCR』だが、先日のアナウンスに続き、開発中のマシンに関する技術詳細が明らかにされた。

昨年2016年限りでシリーズの幕を降ろしたドイツの国内選手権であるDTCドイツ・ツーリングカー・カップでタイトルを獲得するなど、長年プラベーターチームとして活動してきたブコビッチ・モータースポーツは、フランスの本家ルノー・スポールの承認を得てこの4代目『ルノー・メガーヌ』をベースにTCR車両の開発に着手。

新型メガーヌの持つ高いねじれ剛性と適切なサスペンションレイアウトは、TCRのベースモデルとして最適だと強調した上で、チームとして現在は空力開発に注力しフロント部での最適なダウンフォースレベルと冷却、およびインテークへの適切なフレッシュエア導入を両立させると同時に、リヤエンドはドラッグの最小化に腐心しているという。

またルノー・スポールによるプロジェクト承認後は多くの有力サプライヤーが開発に参画し、ボッシュ・モータースポーツがエンジン管理、ECUパワーボックス、ダッシュボード、ワイヤハーネスなど、エレクトロニクス全体の監督を担当。

フランスの高性能トランスミッション製造のスペシャリストである3MOは、彼らの手による最新のフロントドライブ用シーケンシャルギヤボックスをセレクトすると同時に、機械式LSD(リミテッド・スリップ・デファレンシャル)とそのセットアップデバイスを供給する。

このシーケンシャルトランスミッションは、ホンダ・シビック・タイプRを始め、アウディRS3 LMSやセアト・レオン、フォルクスワーゲン・ゴルフGTIなど、主要なTCR車両にも供給されるスタンダードなものとなっている。

そしてツーリングカーの世界ではおなじみである、ドイツKW製のショックアブソーバーは、ブコビッチ・モータースポーツとの共同開発による専用チューンのコイルオーバーをチョイスし、その足元にはOZ製のホイールを装着。

マクファーソン形式のフロントは2WAYアジャスタブル・ダンパーでアンチロールバーとロールセンターの調整が可能。トーションビームのリヤにも2WAYアジャスタブル・ダンパーを採用し、こちらもアンチロールバーの調整が可能となり、両社ともにTCRシリーズからの指定を受けた認証サプライヤーとなっている。

また心臓部となるエンジンは、スイスとオーストリアに囲まれた小国リヒテンシュタインに本拠地を置くエンジンチューナー、レーマン・モトーレンテクニーク社が開発を担当し、長年培ってきたターボチャージャーのノウハウを活用。1798ccの4気筒直噴ターボをレーストラック仕様の耐久性を維持しつつ、ライバル勢より少ない排気量から350PS/420Nmの出力を絞り出す。

そのほか、クラッチにはドイツ・ザックス製のツインプレートを採用し、ブレーキはAPレーシング製でフロントは380mmのベンチレーテッドディスクに6ポッドキャリパー、リヤ2ポッドの構成となっている。

スイス・サンクトマルグレーテンにあるチームのワークショップでは、現在も集中的なR&Dとコンストラクションの作業が行われており、この新型『ルノー・メガーヌTCR』は年内のシェイクダウンを予定。同時にカスタマーからの問い合わせ、受付も開始している。









TCRシリーズ立ち上げ時には設立されていなかったMODEL CAR OF THE YEARだが、昨年から設立され、セアト・レオンが2番手のフォルクスワーゲン・ゴルフを大きく引き離して獲得してるんすが、今季は今のところ、ホンダ・シビックが100ポイント近くの差を付けてトップに

タイトルを争っているこの3台に、挑んでいくことが出来るのか、楽しみですよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2017/09/17 20:11:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | WTCC | ニュース
2017年09月11日 イイね!

心配ですよねぇ

心配ですよねぇ『Monteiro hospitalised after Barcelona test crash』

今季のWTCCで選手権首位を走るティアゴ・モンテイロが、バルセロナで行われたテストでクラッシュを喫し、入院した。

ホンダのWTCCチームの声明によれば、この事故はカタルニア・サーキットの1コーナーで、水曜日に起きたという。

「ティアゴはクルマから引き出され、サーキットのメディカルセンターで診察を行った後、地元の病院に運ばれ、さらなる診察を行った結果、意識はしっかりしており、骨折もなかった」

そう声明では説明されている。

「今日(9月8日の金曜日)に実施されたMRIスキャンでも怪我は検出されなかったが、予防措置として週末は入院することを勧められている」

「彼は月曜日に再度診察を受け、その後ポルトガルの施設への転院について議論されるだろう」

ホンダは、10月14〜15日に行われる中国ラウンドまでに、モンテイロが完全に回復することを期待している。

モンテイロは現在、ボルボのテッド・ビョークに対して12ポイントのリードを築き、ランキング首位を走っている。

残り4戦で、僅か12ポイント差となると僅差としか言いようが無いんすが、次戦中国ラウンドに影響が無いか心配ですよねぇ

ホンダとすれば、今季は是非ともドライバーとマニュファクチャラーのWタイトルを獲得したい処でしょうからねぇ
Posted at 2017/09/11 07:26:42 | コメント(0) | トラックバック(0) | WTCC | ニュース
2017年09月10日 イイね!

引退後を考えて?(笑)

引退後を考えて?(笑)『WTCC leader Monteiro’s top tips for F1’s Vandoorne』

F1のマクラーレン・ホンダでレギュラードライバーを務めるストフェル・バンドーンは9月5日、いつもとは違う”ホンダパワー”を試した。彼はスペインのカタルニア・サーキットで行われたイベントで、ティアゴ・モンテイロやノルベルト・ミケリスと対面。WTCCマシンを走らせたのだ。

このイベントは、ホンダとかストロールのパートナーシップにより実現した、プロモーションとして行われた。このイベントでバンドーンは、WTCCマシンをドライブ。助手席には、現在WTCCのポイントリーダーであるモンテイロが乗り、アドバイスを行った。なおモンテイロもF1経験者であり、2005年のアメリカGPでは表彰台も獲得している。

F1からWTCCへ……
以下のドライバーたちは、F1のキャリアを終えた後、WTCCに挑戦の場を移した。

ニコラ・ラリーニ
ティアゴ・モンテイロ
ジャンニ・モルビデリ
ガブリエル・タルキーニ
アレックス・ザナルディ

F1引退後を考えて、もう?

ってか、マクラーレンはホンダと縁を切るつもりやないの?(笑)
Posted at 2017/09/10 19:27:52 | コメント(0) | トラックバック(0) | WTCC | ニュース
2017年09月08日 イイね!

真価が問われる事に

真価が問われる事に『Hyundai i30 N TCR set for International Series debut』

ともにWTCC世界ツーリングカー選手権を筆頭に、ハコの名手として活躍してきたアラン・メニュとガブリエル・タルキーニのレジェンドふたりが、ヒュンダイ・モータースポーツが開発中の新型マシン『ヒュンダイi30 N TCR』で、TCRインターナショナル・シリーズの2017年シーズン最終2戦にエントリーすることが明らかとなった。

先日アジア・フライアウェイに突入し、タイ・ラウンドを終えたTCRインターナショナルは、10月初旬に中国・浙江省に新設された寧波国際サーキットでの1戦と、最終戦となるUAEアラブ首長国連邦でのイベントを控えている。

その2戦に向け、ヒュンダイは、現在開発中のTCR車両であるi30 N TCRを、メニュとタルキーニというレジェンド・ドライバーに託し、2018年の本格デリバリーに向けた実戦テストプログラムを実施する。

WRC世界ラリー選手権でワークスチームを率い、ヒュンダイ・モータースポーツの代表を務めるミシェル・ナンダンは、「我々にとって、このi30 N TCRが初のサーキット・スペックとしてデザインされたマシンとなり、ヒュンダイ・モータースポーツにとってのマイルストーンとなるだろう」と期待を語った。

「このプロジェクトにとって、TCRインターナショナル・シリーズへのデビューは大きな瞬間だ。TCRアジア・シリーズと並んで初開催の中国で開催される1戦は、チームやドライバー、そして多くの関係者に、i30 N TCRのポテンシャルを示す良い機会になるだろう」

「i30 N TCRのルックスは、ロードモデルの(スポーティ・ラインである)Nモデルとの近似性を持たせたデザインになっている。その強力なパフォーマンスは、レースカーとロードカーの双方のイメージアップに貢献するだろう」

ヒュンダイ・モータースポーツの開発部隊とメニュ、タルキーニのドライバー陣は、TCRインターナショナルへのデビューに先立ち、スペイン・バレンシアで2日間のテストを敢行。

開発期間中にも協業していたイギリスのBRCレーシングがマシンのオペレーションを担当し、レギュラーのふたり以外に元BTCCドライバーのダン・ウェルチやTCRヨーロッパに参戦中の元WTCCドライバー、スティアン・ポウルセンなど複数のドライバーたちも参加。来季に向け、ポテンシャル・カスタマーとしてi30 N TCRのパフォーマンスを確認する作業を行った。

WTCCでラーダ・ベスタTC1の開発ドライバーを務め、今季はヒュンダイと契約し正式な開発リードドライバーとしてステアリングを握ってきたタルキーニに加え、2016年シーズンのTCRシリーズにウェスト・コースト・レーシングからスポット参戦した経験のあるメニュを招集することで、ヒュンダイはさらにツーリングカーでの「世界的経験を加えることができる」と期待を寄せている。

「名手であるアラン・メニュがチームに加わってくれるだけで、我々のエンジニアへのフィードバックが倍増するだけでなく、トラック上でマシンをどのように扱い、どうセットアップを施せばいいのか、その判断基準や能力を磨くことができる」と語るのは、元JASモータースポーツのチーフデザイナーとしてシビックWTCCのデザインを手がけ、タルキーニとも開発作業を共にした経験を持つ、現ヒュンダイ・モータースポーツ・カスタマーレーシング・マネージャーのアンドレア・アダモ。

「それは我々のドライバーだけでなく、未来の多くのカスタマーたちを助けることにもなるだろう」

この新型『ヒュンダイi30 N TCR』は、10月7~8日に初開催となる寧波国際サーキットでTCRデビューを果たすこととなる。










アラン・メニュとガブリエル・タルキーニと言う、50代のベテランコンビが実戦テストを担当するんすが、TCRに参戦している、多種多様なマシンを相手に競争力を発揮出来るかが問題ですよねぇ?

現在、参加台数の多いセアトに取って代わる事が出来るかは、レース結果次第ですよね
Posted at 2017/09/08 18:17:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | WTCC | ニュース
2017年09月04日 イイね!

2017 TCR Rd.8 Chang International Circuit, Buriram

2017 TCR Rd.8 Chang International Circuit, Buriram2017 TCR Rd.8 Chang International Circuit, Buriram

qualifying
9月2~3日にタイのチャン・インターナショナルサーキットで行われたTCRインターナショナル・シリーズ第8戦は、オペル・アストラTCRを駆るマット・オモラが、今季3度目のポールポジションを獲得

1 70 Mat'o Homola DG Sport Compétition Opel Astra TCR 1:43.350 1:43.093

2 54 James Nash Lukoil Craft-Bamboo Racing SEAT León TCR 1:43.672 1:43.097
3 59 Norbert Michelisz M1RA Honda Civic Type-R TCR 1:43.315 1:43.228
4 2 Jean-Karl Vernay Leopard Racing Team WRT Volkswagen Golf GTI TCR 1:43.447 1:43.320
5 9 Attila Tassi M1RA Honda Civic Type-R TCR 1:43.365 1:43.331
6 74 Pepe Oriola Lukoil Craft-Bamboo Racing SEAT León TCR 1:43.478 1:43.384
7 21 Giacomo Altoè M1RA Honda Civic Type-R TCR 1:43.500 1:43.503
8 19 Kantadhee Kusiri West Coast Racing Volkswagen Golf GTI TCR 1:43.936 1:43.561
9 1 Stefano Comini Comtoyou Racing Audi RS 3 LMS TCR 1:43.874 1:43.695
10 28 Aurelien Panis Honda Civic Type-R TCR 1:43.813 1:43.743
11 10 Gianni Morbidelli West Coast Racing Volkswagen Golf GTI TCR 1:44.226 1:44.064
12 16 Davit Kajaia GE-Force Alfa Romeo Giulietta TCR 1:43.783 -

13 62 Dusan Borkovic GE-Force Alfa Romeo Giulietta TCR 1:43.631
14 17 Daniel Lloyd Lukoil Craft-Bamboo Racing SEAT León TCR 1:44.246
15 6 Frédéric Vervisch Comtoyou Racing Audi RS 3 LMS TCR 1:44.316
16 3 Rob Huff Leopard Racing Team WRT Volkswagen Golf GTI TCR 1:44.321
17 67 Munkong Sathienthirakul DG Sport Compétition Opel Astra TCR 1:44.870
18 18 Duncan Ende Icarus Motorsports SEAT León TCR 1:45.068
19 85 Chariya Nuya Billionaire Boys Racing Honda Civic Type-R TCR 1:45.082
20 96 Nattanid Leewattanavaragul Morin Racing Team SEAT León TCR DSG 1:46.061
21 84 Pasarit Promsombat RMI Racing Team by Sunoco SEAT León TCR DSG 1:46.098
22 83 Rattanin Leenutaphong Yontrakit Racing Team SEAT León TCR DSG 1:46.900
23 86 Nattachak Hanjitkasen TBN MK Ihere Racing Team Honda Civic Type-R TCR 1:47.055
24 65 Douglas Khoo Kok Hui Viper Niza Racing SEAT León TCR 1:51.876

2017 Buriram, TCR Qualifying clip. Drama and joy in Thailand


2017 Buriram, TCR Quali


Race1
レース1は、3番グリッドからスタートしたM1RAのノベルト・ミケリスが今季初優勝を飾る

1 59 Norbert Michelisz M1RA Honda Civic Type-R TCR

2 62 Dusan Borkovic GE-Force Alfa Romeo Giulietta TCR +3.769
3 9 Attila Tassi M1RA Honda Civic Type-R TCR +5.923
4 2 Jean-Karl Vernay Leopard Racing Team WRT Volkswagen Golf GTI TCR +6.211
5 3 Rob Huff Leopard Racing Team WRT Volkswagen Golf GTI TCR +6.428
6 21 Giacomo Altoè M1RA Honda Civic Type-R TCR +7.358
7 1 Stefano Comini Comtoyou Racing Audi RS 3 LMS TCR +10.610
8 16 Davit Kajaia GE-Force Alfa Romeo Giulietta TCR +11.142
9 17 Daniel Lloyd Lukoil Craft-Bamboo Racing SEAT León TCR +14.196
10 10 Gianni Morbidelli West Coast Racing Volkswagen Golf GTI TCR +15.050
11 6 Frédéric Vervisch Comtoyou Racing Audi RS 3 LMS TCR +16.646
12 19 Kantadhee Kusiri West Coast Racing Volkswagen Golf GTI TCR +17.143
13 18 Duncan Ende Icarus Motorsports SEAT León TCR +19.316
14 67 Munkong Sathienthirakul DG Sport Compétition Opel Astra TCR +22.733
15 85 Chariya Nuya Billionaire Boys Racing Honda Civic Type-R TCR +26.322
16 96 Nattanid Leewattanavaragul Morin Racing Team SEAT León TCR DSG +29.542
17 83 Rattanin Leenutaphong Yontrakit Racing Team SEAT León TCR DSG +42.071
18 86 Nattachak Hanjitkasen TBN MK Ihere Racing Team Honda Civic Type-R TCR +42.445
19 28 Aurelien Panis Boutsen Ginion Racing Honda Civic Type-R TCR +54.267
20 65 Douglas Khoo Kok Hui Viper Niza Racing SEAT León TCR +1:46.431
21 74 Pepe Oriola Lukoil Craft-Bamboo Racing SEAT León TCR -- 13Lap --
22 70 Mat'o Homola DG Sport Compétition Opel Astra TCR -- 12Lap --
23 84 Pasarit Promsombat RMI Racing Team by Sunoco SEAT León TCR DSG +25.472

DNC
54 James Nash Lukoil Craft-Bamboo Racing SEAT León TCR

2017 Buriram, TCR Round 15


Race2
レース2は、ブーツェン・ジニオン・レーシングの元F1ドライバーのオリビエ・パニスの息子である オーレリアン・パニスが初優勝を飾る

1 28 Aurelien Panis Boutsen Ginion Racing Honda Civic Type-R TCR

2 21 Giacomo Altoè M1RA Honda Civic Type-R TCR +1.274
3 1 Stefano Comini Comtoyou Racing Audi RS 3 LMS TCR +6.120
4 9 Attila Tassi M1RA Honda Civic Type-R TCR +7.994
5 2 Jean-Karl Vernay Leopard Racing Team WRT Volkswagen Golf GTI TCR +9.414
6 62 Dusan Borkovic GE-Force Alfa Romeo Giulietta TCR +12.32
7 54 James Nash Lukoil Craft-Bamboo Racing SEAT León TCR +13.369
8 3 Rob Huff Leopard Racing Team WRT Volkswagen Golf GTI TCR +13.861
9 70 Mat'o Homola DG Sport Compétition Opel Astra TCR +18.084
10 19 Kantadhee Kusiri West Coast Racing Volkswagen Golf GTI TCR +18.830
11 17 Daniel Lloyd Lukoil Craft-Bamboo Racing SEAT León TCR +20.555
12 67 Munkong Sathienthirakul DG Sport Compétition Opel Astra TCR +21.357
13 10 Gianni Morbidelli West Coast Racing Volkswagen Golf GTI TCR +22.946
14 6 Frédéric Vervisch Comtoyou Racing Audi RS 3 LMS TCR +30.660
15 18 Duncan Ende Icarus Motorsports SEAT León TCR +31.425
16 85 Chariya Nuya Billionaire Boys Racing Honda Civic Type-R TCR +35.585
17 96 Nattanid Leewattanavaragul Morin Racing Team SEAT León TCR DSG +36.363
18 84 Pasarit Promsombat RMI Racing Team by Sunoco SEAT León TCR DSG +48.076
19 83 Rattanin Leenutaphong Yontrakit Racing Team SEAT León TCR DSG +49.369
20 86 Nattachak Hanjitkasen TBN MK Ihere Racing Team Honda Civic Type-R TCR +54.333
21 65 Douglas Khoo Kok Hui Viper Niza Racing SEAT León TCR +1:38.064
22 59 Norbert Michelisz M1RA Honda Civic Type-R TCR - - 13Lap - -
23 16 Davit Kajaia GE-Force Alfa Romeo Giulietta TCR - - 11Lap - -

DNC
74 Pepe Oriola Lukoil Craft-Bamboo Racing SEAT León TCR

2017 Buriram, TCR Round 16
Posted at 2017/09/04 20:22:39 | コメント(0) | トラックバック(0) | WTCC | ニュース

プロフィール

「スタートまで、後30分程」
何シテル?   08/27 12:09
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/9 >>

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

リンク・クリップ

スマホで撮った愛車の写真のナンバーを簡単に加工してくれる優れものアプリ=AUTOMO CAMERA 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/13 09:39:41
2017の走行会予定の再投稿(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/20 12:05:09
2017の走行会予定♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/18 15:29:54

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.