• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2017年10月16日 イイね!

スーパー耐久シリーズ2017 第6戦 スーパー耐久レースin 岡山 決勝結果

スーパー耐久シリーズ2017 第6戦 スーパー耐久レースin 岡山 決勝結果スーパー耐久シリーズ2017 第6戦 スーパー耐久レースin 岡山 決勝結果

グループ1決勝結果
スーパー耐久シリーズ最終第6戦は15日、岡山国際サーキットでグループ1の決勝を行い、ST-Xクラスの星野敏/荒聖治/近藤翼組(D'station Porsche)今季初の総合優勝を飾った

ST-TCRクラスは伊藤真一/幸内秀憲/中野信治組(Modulo CIVIC TCR)が序盤からレースをリード。総合9位、96周を走り2位以下を大きく離して今季2勝目を飾った

1台のみ参加のST-1クラスは総合8位、97周を走った小川勝人/影山正美/富田竜一郎組(Nissoku Porsche991 GT3 Cup)が優勝した。

ST-2クラスは総合15位の冨桝朋広/菊地靖/大橋正澄組(新菱オート☆DIXCEL☆EVOⅩ)がポールトゥウインで今季2勝目

ST-3クラスも総合12位に入った手塚祐弥/前嶋秀司/鈴木陽組(ADVICS TRACY RC350 DPS)がポールトゥウインで今季勝目

1 777 ST-X 星野 敏/荒 聖治/近藤 翼 D'station Porsche 102Lap 3:01'42.350

2 3 ST-X ユーク・タニグチ/山内 英輝/元嶋 佑弥 ENDLESS・ADVAN・GTR 102Lap +35.744
3 99 ST-X 植松 忠雄/星野 一樹/藤波 清斗 Y`s distraction GTNET GT-R 102Lap +38.168
4 1 ST-X 内田 優大/藤井 誠暢/平峰 一貴 スリーボンド日産自動車大学校GT-R 102Lap +47.150
5 8 ST-X 永井 宏明/佐々木 孝太 ARN Ferrari 488 GT3 102Lap +1'43.599


8 31 ST-1 小川 勝人/影山 正美/富田 竜一郎 Nissoku Porsche991 GT3 Cup 97Lap +5Laps

9 97 ST-TCR 1 伊藤 真一/幸内 秀憲/中野 信治 CIVIC TCR 96Lap +6Laps

10 39 ST-3 手塚 祐弥/前嶋 秀司/鈴木 陽 ADVICS TRACY RC350 DPS 95Lap +7Laps




14 6 ST-2 冨桝 朋広/菊地 靖/大橋 正澄 新菱オート☆DIXCEL☆EVOⅩ 95Lap +7Laps


グループ2決勝結果
スーパー耐久シリーズ最終第6戦は15日、岡山国際サーキットでグループ2の決勝を行い、ST-4クラスでは松井孝允/坪井翔/蒲生尚弥組(TOM'S SPIRIT 86)が、ST-5クラスでは関豊/梅田剛/井尻薫組(DXLアラゴスタNOPROデミオSKY-D)が優勝した

1 86 ST-4 松井 孝允/坪井 翔/蒲生 尚弥 TOM'S SPIRIT 86 89Lap 3:00'38.084

2 333 ST-4 廣田 築/中島 佑弥/野間 一 GLORY RACING A-ONE FN2 89Lap +4.217
3 13 ST-4 小河 諒/高橋 翼/花里 祐弥 ENDLESS・ADVAN・86 89Lap 2+2.011
4 54 ST-4 加藤 彰彬/堤 優威 TC CORSE iRacing ROADSTER 89Lap +22.047
5 93 ST-4 太田 侑弥/佐々木 雅弘/土屋 武士 SKR ENGINEERING ings S2000 89Lap +41.645





12 37 ST-5 関 豊/梅田 剛/井尻 薫 DXLアラゴスタNOPROデミオSKY-D 86Lap +3Laps

13 66 ST-5 橋本 陸/大塚 隆一郎/武地 孝幸 odula MAZDA DEMIO 15MB 86Lap +3Laps

14 67 ST-5 中川 亮/安井 亮平 YAMATO FIT 86Lap +3Laps
15 4 ST-5 芝谷 純三/ススム・ナカムラ/カルロス 本田 THE BRIDE FIT 86Lap +3Laps
16 69 ST-5 大野 尊久/梅本 淳一/妹尾 智充 J'S RACINGホンダカーズ浜松北みきゃんFIT 85Lap +4Laps


19 88 ST-5 村上 博幸/脇谷 猛 村上モータースMAZDAロードスターND 85Lap +4Laps



22 50 ST-5 岩岡 万梨恵/猪爪 杏奈/小松 寛子 LOVE DRIVE RACINGロードスター 84Lap +5Laps

《S耐TV》2017年10月15日(日) スーパー耐久シリーズ2017 第6戦 PART.1


《S耐TV》2017年10月15日(日) スーパー耐久シリーズ2017 第6戦 PART.2
Posted at 2017/10/16 07:13:57 | コメント(0) | トラックバック(0) | S-耐久 | ニュース
2017年10月14日 イイね!

スーパー耐久シリーズ2017 第6戦 スーパー耐久レースin 岡山 予選結果

スーパー耐久シリーズ2017 第6戦 スーパー耐久レースin 岡山 予選結果スーパー耐久シリーズ2017 第6戦 スーパー耐久レースin 岡山 予選結果

グループ2公式予選総合結果
ST-4クラスはタイトルを確定しているTOM'S SPIRIT 86 が、今季4度目のポールポジションを獲得

ST-5クラスは、圧倒的な強さを見せた村上モータースMAZDAロードスターNDがタイム抹消となり、THE BRIDE FITが今季初のポールポジションを獲得。前戦富士で優勝したDXLアラゴスタNOPROデミオSKY-Dは、クラス7番手から上位を狙う

1 86 ST-4 TOM'S SPIRIT 86 松井孝允/坪井翔 3'24.648 -
2 13 ST-4 ENDLESS・ADVAN・86 小河諒/高橋翼 3'26.119 +1.471
3 40 ST-4 ゴーゴーガレージTRACY 86 SSR ings 藤田竜樹/吉本晶哉 3'26.268 +1.620
4 100 ST-4 AGENT-1 86 鵜飼龍太/日比野哲也 3'26.299 +1.651
5 55 ST-4 SunOasis田中建築スズバン86 たしろ じゅん/伊藤毅 3'26.534 +1.886
  ・
  ・
  ・
19 4 ST-5 芝谷純三/ススム・ナカムラ THE BRIDE FIT 3'37.711 +13.063
20 700 ST-5 ヒロボン/寺西玲央 J'S RACINGホンダカーズ浜松北ダークみきゃんFIT 3'39.366 +14.718
21 48 ST-5 岡崎善衛/井上恵一 GO&FUNホンダカーズ野崎エンドレスFIT 3'39.780 +15.132
22 57 ST-5 遠藤光博/原田健太 ホンダカーズ桶川・V-BOX・セキショウFit 3'39.837 +15.189
23 66 ST-5 橋本陸/大塚隆一郎 odula MAZDA DEMIO 15MB 3'39.982 +15.334
  ・
25 37 ST-5 関豊/梅田剛 DXLアラゴスタNOPROデミオSKY-D 3'42.506 +17.858
26 50 ST-5 岩岡万梨恵/猪爪杏奈 LOVE DRIVE RACINGロードスター 3'43.085 +18.437

グループ1公式予選総合結果
ST-XクラスはY's distraction GTNET GT-Rが、ST-TCRクラスはNo7 Modulo CIVIC TCRが今季初ポールポジションを獲得。ST-1クラスはNissoku Porsche991 GT3 Cupが完全制覇、ST-2クラスは新菱オート☆DIXCEL EVOⅩが今季2度目、ST-3クラスはADVICS TRACY RC350 DPSが今季3度目のポールポジションを獲得

1 777 ST-X 星野敏/荒聖治 D'station Porsche 2'59.222 -
2 99 ST-X 植松忠雄/星野一樹 Y`s distraction GTNET GT-R 2'59.428 +0.206
3 1 ST-X 内田優大/藤井誠暢 スリーボンド日産自動車大学校GT-R 2'59.606 +0.384
4 3 ST-X ユーク・タニグチ/山内英輝 ENDLESS・ADVAN・GTR 3'00.186 +0.964
5 999 ST-X 木村武史/ケイ・コッツォリーノ CARGUY ROGER DUBUIS HURACAN GT3 3'00.370 ++1.148
  ・
  ・
8 31 ST-1 小川勝人/影山正美 Nissoku Porsche991 GT3 Cup 3'08.764 +9.542
9 39 ST-3 手塚祐弥/前嶋秀司 ADVICS TRACY RC350 DPS 3'18.145 +18.923
10 97 ST-TCR 伊藤真一/幸内秀憲 Modulo CIVIC TCR 3'18.214 +18.992
  ・
  ・
  ・
15 6 ST-2 冨桝朋広/菊地靖 新菱オート☆DIXCEL☆EVOⅩ 3'19.596 +20.374

2017年10月14日(土) スーパー耐久シリーズ2017 第6戦
Posted at 2017/10/14 21:43:18 | コメント(0) | トラックバック(0) | S-耐久 | ニュース
2017年09月06日 イイね!

ヨコハマから、ピレリに!?

ヨコハマから、ピレリに!?『2018年からスーパー耐久のタイヤサプライヤーに変更の噂』

9月2〜5日に、富士スピードウェイで第5戦が行われたスーパー耐久シリーズ。10時間耐久という長い戦いのなかで、今季の王座も決まるクラスも出はじめているが、2018年に向けて気になる噂も聞こえてきている。

近年GT3カーのST-Xから、フィットやデミオ等が争うST-5まで、幅広いカテゴリーから多種多様なマシンが集い隆盛をみせているスーパー耐久。先日行われた富士でのレースにも59台というエントリーがあった。

そんなスーパー耐久は2010年からワンメイクのタイヤサプライヤーが採用されており、10年からはヨコハマがその任を務めてきた。2017年についてはドライ用のアドバンA005、そしてウエット用のアドバンA006が用意され、車種によって15〜19インチという幅広いタイヤサイズが用意されている。

しかし2018年に向け、スーパー耐久のワンメイクタイヤサプライヤーが変更されるという噂が富士で聞こえてきた。さまざまな情報を集めてみると、2018年から採用されると言われているのは、イタリアのピレリだ。

ピレリはF1はもちろんF2、GP2といったフォーミュラカーレース、さらにブランパンGTシリーズを中心としたGT3シリーズ等にも幅広くワンメイクのコントロールタイヤを供給。また、二輪でもSBKスーパーバイク世界選手権等、ワンメイクのサプライヤーとしては豊富な実績をもっている。日本でも2018年から開催される鈴鹿10時間耐久レースがピレリのコントロールタイヤを使用する。

スーパー耐久の場合は、さまざまな車種のタイヤサイズに対応することが求められるが、ピレリはP ZEROレーシングスリックで多くのタイヤサイズを展開しており、不安はないかもしれない。ただ、来季に向けセッティング等でチームが対応を迫られることもありそう。今後のオフィシャルなアナウンスを待ちたいところだ。

記事にあるように、2018年から開催される鈴鹿10時間耐久レースがピレリのコントロールタイヤを使用する為、それに合わせての変更に思えやすよねぇ

ただ・・・

スーパーフォーミュラへのタイヤ供給に予算が取られて、撤退を申し込んだ恐れも・・・

実際にタイヤ変更が行われるとなると、面白い展開になりそうっすよね( ̄ー ̄)ニヤリ
Posted at 2017/09/06 19:15:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | S-耐久 | ニュース
2017年09月04日 イイね!

スーパー耐久シリーズ2017 第5戦 富士SUPER TEC 決勝結果

スーパー耐久シリーズ2017 第5戦 富士SUPER TEC 決勝結果スーパー耐久シリーズ2017 第5戦 富士SUPER TEC 決勝結果

10時間レースということで、スタート進行の開始は早朝7時から! その頃には肌寒くさえあったのだが、やがて強い日差しが注ぐように。午後6時のフィニッシュまで雲の切れ間からは太陽が出たり隠れたりを繰り返したものの、最後まで降雨の心配だけはせずにレースすることは可能だった。

ST-Xクラス
最速のST-Xクラスは、序盤はPPスタートの#8フェラーリと#89HubAuto Ferrari 488 GT3(モーリス・チェン/吉本大樹/坂本祐也/河野駿佑)が、終盤は#8フェラーリと#777D'station Porsche(星野敏/荒聖治/近藤翼)が、ピットインのタイミングで交互にレースをリードする展開となったが、最後は地力に勝る#8フェラーリが#777ポルシェの追撃を振り切って連勝を飾り、今シーズンのシリーズチャンピオンも手中にした

1 8 ARN Ferrari 488 GT3 335Lap 10:00'25.556 - 永井宏明/佐々木孝太/銘苅翼

2 777 D'station Porsche 335Lap 10:01'30.732 +1'05.176 星野敏/荒聖治/近藤翼
3 1 スリーボンド日産自動車大学校 GT-R 333Lap 10:01'48.473 +2Laps 内田優大/藤井誠暢/平峰一貴

ST-TCRクラス
参加台数こそ少ないものの今回はゴルフ対シビック、そして豪華な助っ人ドライバーに注目が集まったST-TCRクラスは、速さでシビックを上回る#10ゴルフは、今回が参加2戦目と耐久性が不安視されたが、見事ノントラブルで10時間を走り切って初優勝

1 10 Racingline PERFORMANCE GOLF TC 298Lap 10:02'25.546 - Philippe Devesa/密山祥吾/脇阪寿一

2 19 BRP Audi Mie RS3 LMS 293Lap 10:01'18.302 +5Laps 奥村浩一/秋吉圭/山脇大輔/上野嘉三
3 97 Modulo CIVIC TCR 271Lap 10:01'49.604 +27Laps 伊藤真一/幸内秀憲/道上龍/中野信治

ST-1クラス
序盤こそバトルを繰り広げたが、やがて#31 Nissoku Porsche 991 GT3 Cupが明確な差をつけるように。そのまま逃げ切り果たして優勝を飾ることとなった

1 31 Nissoku Porsche991GT3 Cup 318Lap 10:01'19.900 - 小川勝人/影山正美/富田竜一郎

2 51 Diamango BMW Z4 309Lap 10:01'48.452 +9Laps 細川慎弥/池田大祐/石原将光/余郷敦

ST-2クラス
予選ではレギュラーのふたりでトップにつけ、決勝でも序盤は#20 RSオガワADVANランサーの松本武士の先行を許したものの、最初のピットで逆転を果たし、その宿敵がエンジントラブルでリタイアを喫すると、もはや敵など存在しなくなり、その結果、今季3勝目をマークするとともに、5年連続でのタイトルが決定

1 59 DAMD MOTUL ED WRX STI 301Lap 10:01'45.485 - 大澤学/後藤比東至/谷口信輝

2 6 新菱オート☆DIXCEL EVOⅩ 296Lap 10:01'14.351 +5Laps 冨桝朋広/菊地靖/大橋正澄
3 7 サーキットWOLF新菱オートEVOⅩ 290Lap 10:01'14.251 +11Laps 吉田綜一郎/石崎敦士/成澤正人/西村元気

ST-3クラス
6時間を過ぎてトップに立った#62DENSO Le Beausset RC350(嵯峨宏紀/中山雄一/山下健太/平木湧也)が、#68埼玉トヨペットGreenBraveマークX(服部尚貴/脇阪薫一/平沼貴之)と残り1時間を切ってからの攻防を制して今季2勝目

1 62 DENSO Le Beausset RC350 304Lap 10:01'17.718 - 嵯峨宏紀中山雄一/山下健太/平木湧也

2 68 埼玉トヨペットGreenBrave マークX 304Lap 10:01'29.160 +11.442 服部尚貴/脇阪薫一/平沼貴之
3 39 ADVICS TRACY RC350 302Lap 10:02'16.532 +2Laps 手塚祐弥/前嶋秀司/鈴木陽/松井猛敏
  ・
  ・
  ・
7 17 DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-D 275Lap 10:01'00.357 +29Laps 谷川達也/野上達也/野上敏彦

ST-4クラス
残り8分を切ったところで、トップを快走していた#93S2000の右フロントタイヤが脱落して、ほぼ手中に収めていた勝利を逃してしまい、これで#86ハチロクが労せずしてトップに立ち今季4勝目。最終戦を残してチャンピオンを決めた

1 86 TOM'S SPIRIT 86 291Lap 10:00'34.714 - 松井孝允/蒲生尚弥/坪井翔/井口卓人

2 13 ENDLESS・ADVAN・86 289Lap 10:01'04.732 +2Laps 小河諒/高橋翼/花里祐弥/村田 信博
3 55 SunOasis田中建築スズバン86 289Lap 10:01'15.487 +2Laps たしろじゅん/伊藤毅/田中雅之/小野田 貴俊

ST-5クラス
序盤から#37DXLアラゴスタNOPROデミオSKY-D(関豊/梅田剛/井尻薫)がリード

3連勝中の#88村上モータースMAZDAロードスターND(村上博幸/脇谷猛/加藤正将/雨宮恵司)が追い上げる展開となり、速さでは#88ロードスターが有利と見られたが、2度にわたるペナルティで大きくタイムロス

これが最後まで響き#37デミオが嬉しい今季初優勝を飾った

最終的に2位まで挽回した#88ロードスターはチャンピオン決定

1 37 DXLアラゴスタNOPROデミオSKY-D 271Lap 10:01'00.392 - 関豊/梅田剛/井尻薫

2 88 村上モータースMAZDAロードスターND 271Lap 10:02'04.950 +1'04.558 村上博幸/脇谷猛/加藤正将/雨宮恵司
3 48 GO&FUNホンダカーズ野崎エンドレスFIT 270Lap 10:01'21.658 +1Lap 岡崎善衛/井上恵一/Takamori博士/猪股 京介
  ・
5 32 Nissoku ND ROADSTER 263Lap 10:02'27.124 +8Laps 原嶋昭弘/岡原達也/飯沼章妃/小林秀樹
  ・
  ・
9 2 TEAM221 BOMEX マッハ車検 ND5RC 226Lap 10:02'26.731 +45Laps 筒井克彦/山下潤一郎/山西康司/田中貴洋
  ・
11 66 odula MAZDA DEMIO 15MB 222Lap 10:02'22.991 +49Laps 橋本陸/大塚隆一郎/武地孝幸/西山隆
  ・
13 50 LOVE DRIVE RACING ロードスター 214Lap 10:00'51.615 +57Laps 岩岡万梨恵/小松寛子/猪爪杏奈/関崎祐美子

《S耐TV》2017年9月3日(日) スーパー耐久第5戦@富士SUPER TEC 10時間耐久レース(前半)


《S耐TV》2017年9月3日(日) スーパー耐久第5戦@富士SUPER TEC 10時間耐久レース(後半)
Posted at 2017/09/04 08:37:22 | コメント(0) | トラックバック(0) | S-耐久 | ニュース
2017年09月02日 イイね!

国内で24時間レースが復活か!

国内で24時間レースが復活か!スーパー耐久シリーズ、来季富士大会の24時間レース化計画を発表

富士スピードウェイは、2018年度のスーパー耐久シリーズ富士大会を、24時間耐久レースとする計画を発表した。レース名は「富士SUPER TEC24時間レース」、6 月上旬での開催を目標に調整を進めている。

富士スピードウェイは、かねてより耐久レースに力を入れており、10月の世界耐久選手権(WEC)富士6時間レースを始め、スーパーGT 500kmレースやスーパー耐久富士SUPER-TECの長時間化など、数々の耐久レースを開催している。今回のスーパー耐久シリーズの24時間での開催は「耐久の富士」を象徴するレースとして、 また「世界に発信できる日本の耐久レース」として、今後、地元小山町、御殿場市、裾野市と調整を行いながら準備を進めていくという。

日程や参加車両規定に関する発表はJAF、スーパー耐久機構(STO)などと協議して決定次第別途行う予定だ。

富士スピードウェイでの24時間レースは、1967年4月と1968年3月の2回開催されており、第1回大会は日本初の24時間レースとして細谷四方洋/大坪善男組のトヨタ2000GTが勝利を飾っている。よって50年ぶりに富士スピードウェイに24時間レースが帰ってくることになる。

また、それ以降での日本での24時間レースは、スーパー耐久シリーズの一戦として、北海道の十勝スピードウェイで1994年から2008年まで15回開催されており、スーパー耐久シリーズの24時間レースは10年ぶりとなっている。

世界の4輪での24時間レースは、「世界3大耐久レース」として、フランスのル・マン、アメリカのデイトナ、ベルギーのスパ・フランコルシャンでのレースが有名だが、近年はドイツのニュルブルクリンクで行われる 24 時間レースも多くの日本人エントラントが参加しており、注目を集めている。いずれの大会も40 年以上続く歴史と伝統のある大会となっており、世界的認知度も高い。よって富士24時間レースが日本開催の耐久レースとして、グローバルに認知されていくことを狙うという。

STOの桑山事務局長は今回の発表に際し、次のようにコメントを寄せている。

「私たち STO の念願だった 24 時間レースの開催に向けて富士スピードウェイが準備を進めていた だくことになり、たいへん嬉しく思っております。この 24 時間レース実現のために STO としても 全面的に協力させていただき、正式発表を心待ちにしております」

これが実現すれば、10年ぶりに日本に24時間レースが帰ってくる事にヾ(@⌒▽⌒@)ノ

しかし・・・

課題も多く、そもそも、まだ計画段階である事から、冷静に見つめないとねぇ
Posted at 2017/09/02 18:22:26 | コメント(0) | トラックバック(0) | S-耐久 | ニュース

プロフィール

「今年の激戦を考えると、仕方ないっすよ(^^;@五兵衛 」
何シテル?   09/27 07:58
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

スマホで撮った愛車の写真のナンバーを簡単に加工してくれる優れものアプリ=AUTOMO CAMERA 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/13 09:39:41
2017の走行会予定の再投稿(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/20 12:05:09
2017の走行会予定♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/18 15:29:54

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.