• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2017年10月13日 イイね!

インディカー 2018年開催スケジュール発表!

インディカー 2018年開催スケジュール発表!『2018 INDYCAR schedule builds on consistency, adds Portland event』

インディカー・シリーズは、2018年の開催スケジュールを発表した。

2018年のインディカー・シリーズは、昨年と同じく全17戦のカレンダーが組まれた。3月11日(日)にセント・ピーターズバーグで開幕し、9月16日(日)にソノマ・レースウェイで最終戦が行われる。

第102回を迎える伝統のインディ500は5月27日(日)に開催される。

また、2018年はワトキンスグレンがカレンダーから外れ、ポートランドが復活する。

インディカー・シリーズのCEOを務めるマーク・マイルズは「ベライゾン・インディカー・シリーズの2018年スケジュールの強みと一貫性は、我々全員が誇りに思うべきことだ」とコメント。

2018年のインディカー・シリーズには、新たにダラーラが開発したユニバーサル・エアロキットが導入される。

「また、ユニバーサルエアロキットの導入によってシリーズが上昇傾向が続いていくことを楽しみにしている。テストではよりエキサイティングなプロダクトになることが示されている」

2018年に復活するポートランド・インターナショナル・レースウェイは、1984年から2007年までCARTとチャンプカーを開催。1.967マイルのロードコースで11年ぶりにインディカーが開催される。

「ポートランド・インタナショナル・レースウェイは、インディカーの歴史を通してスリリングなロードレースを生み出してきた。1997年にはロード/ストリートで最も接近したレースフィニッシュのレコードを持っている。2018年の新しいマシンが導入されることを考えれば、これ以上の復帰のタイミングはない。逃したくないショーになることを期待している」

2018年 インディカー・シリーズ 日程スケジュール
開幕戦 3月11日 セント・ピーターズバーグ ストリート
第2戦 4月7日 フェニックス・インタナショナル・レースウェイ オーバル
第3戦 4月15日 ロングビーチ ストリート
第4戦 4月22日 バーバー・モータースポーツパーク ロードコース
第5戦 5月12日 インディアナポリス・モータースピードウェイ ロードコース
第6戦 5月27日 インディ500 オーバル
第7戦 6月2日 デトロイト ストリート
第8戦 6月3日 デトロイト ストリート
第9戦 6月9日 テキサス・モータースピードウェイ オーバル
第10戦 6月24日 ロード・アメリカ ロードコース
第11戦 7月8日 アイオワ・スピードウェイ オーバル
第12戦 7月15日 トロント ストリート
第13戦 7月29日 ミド・オハイオ・スポーツカー・コース ロードコース
第14戦 8月19日 ポコノ・レースウェイ オーバル
第15戦 8月25日 ゲートウェイ・モータースポーツパーク オーバル
第16戦 9月2日 ポートランド・インタナショナル・レースウェイ ロードコース



最終戦 9月16日 ソノマ・レースウェイ ロードコース

チームを移籍する佐藤琢磨は、どんな走りを見せてくれるのか?

来季はぜひとも、2勝は上げて欲しいっすよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2017/10/13 18:18:20 | コメント(0) | トラックバック(0) | Indycar SERIES | ニュース
2017年10月06日 イイね!

23年目に突入!

23年目に突入!『Tony Kanaan switches to AJ Foyt's IndyCar team for 2018』

インディカー・シリーズに参戦するAJフォイト・レーシングは、2018年シーズンのドライバーにトニー・カナーンを起用することを発表した。

アメリカン・モータースポーツのレジェンド、A.J.フォイトが率いるAJフォイト・レーシング。2016年までは佐藤琢磨が在籍し、2017年はホンダエンジンからシボレーエンジンへとスイッチ。カルロス・ムニョスとコナー・デイリーという若手コンビで参戦した。

AJフォイト・レーシングは5日に記者会見を行い、2018年のドライバーに2004年のインディカー王者で、2013年にはインディ500を制したベテランドライバーのトニー・カナーンの起用を発表した。

「ふたつの伝説が一緒になったね。彼のためにドライブすることを考える前に、僕について素晴らしいことを言っていたんだ。そんなことがあったら、大きいことだよ」とカナーン。

インディ500で4度の優勝を誇るAJ.フォイト。彼のチームでインディ500ウイナーがフルタイムで走るのは初めてのことだ。

「私がトニーについて気に入っているのは、彼は常に挑戦しているんだ。これまで所属していたドライバーたちはいいドライバーだったよ。間違ってはいないが、トニー・カナーンのクオリティには届かない。彼を手に入れるチャンスがあったときは、我々は常に欲しがった」とAJ。

チームはABCサプライと複数年の契約を延長。さらにKVレーシング時代にインディ500をカナーンと共に制しチップ・ガナッシでも一緒に働いていたエンジニアのエリック・コウディンの加入も発表した。

2014年の最終戦以来、勝利から50レースも遠ざかっているカナーンは、「僕たちにとって大きなチャレンジだ。彼らはチームのレベルを挙げたいと思っているし、僕もそう思っている。まだ僕は仕事をすることができると思っているので、双方にとって完璧にフィットしているよ。証明することができれば本当に報われるよ。そのために走るんだ」とコメント。

1998年にタスマン・モータースポーツでCARTにデビューし、フォーサイス・レーシング、モーナン・レーシング、アンドレッティ・グリーン・レーシング、アンドレッティ・オートスポート、KVレーシング・テクノロジー、チップ・ガナッシ・レーシングと渡り歩きアメリカン・オープンホイールのトップカテゴリーを戦ってきたカナーン。2018年はAJフォイトのエースナンバーである14号車をドライブする。また、4号車のドライバーについては発表されていない。

チーム代表のラリー・フォイトは、「彼は我々のためにうまくやってくれると感じている。彼がもたらす経験は素晴らしいよ。特にエンジニアリング主導のチームになるために新しい道を歩んでいる我々にとっては素晴らしいことだ。彼が行ってきた素晴らしいレースをたくさん感じられそうだ」とコメントしている。

インディ・ライツでアメリカン・オープンホイールにデビューして、来季はついに23年目に( ̄0 ̄;)

ここ3シーズンは、勝利の女神にそっぽを向かれているカナーンだが、チームを移籍に、再び女神に微笑んでもらう事が出来るのか

来季の活躍に期待したいですよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2017/10/06 20:03:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | Indycar SERIES | ニュース
2017年09月21日 イイね!

来季レイホール復帰発表!

来季レイホール復帰発表!『Sato rejoins Rahal Letterman Lanigan for 2018 IndyCar season』

レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングは9月20日(水)、佐藤琢磨が2018年よりチームに復帰することを発表した。

佐藤は2012年にもチームに在籍し、インディ500の最終ラップでダリオ・フランキッティと激闘を演じたことでも知られている。

佐藤はインディ500ウイナーとしてチームに戻り、チームに残留するグレアム・レイホールと共に、2018年シーズンのインディカーシリーズを戦っていくことになる。

チームの共同オーナーを務めるボビー・レイホールは次のように述べた。

「琢磨がチームに戻ってくれることを心から喜んでいます。私は彼のスピリット、そして様々なことへのアプローチにかねてより敬服していたので、今年のインディ500で優勝したときには自分のことのように嬉しく思いました。彼がチームに復帰するという好機は、とても見過ごせるものではありません」

「琢磨とグレアム(レイホール)はきっとうまくやってくれるはずで、ふたりは2018年のどのレースでも勝てるくらい強力なマシーンを手に入れるでしょう。これにより、チームはいつも優勝争いが演じられるようになるほか、ふたりのドライバーにとってはこれまでで最高のシーズンになると期待されます。このことに私は本当にワクワクしていて、まだ2017年シーズンが終わったばかりだというのに、2018年シーズンの開幕が待ちきれない気持ちです」

佐藤も、次のようにコメントしている。

「レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに戻ってこられて、本当に嬉しく思っています。ボビー、デイヴ、マイクの3人は、これまでもいつも僕を応援してくれました。過去数年間、チームは驚くほどコンペティティブでした。2018年にこのチームの一員となることが待ちきれないような思いです。きっと、僕たちは一緒に素晴らしいことを達成できるはずです」

移籍先が決まったことで、来季の現役続行も決定した琢磨なんすが、年齢的にはもはやベテランに

古巣に復帰する事もあり、チームとのコミュニケーションにも問題は無い事から、活躍を期待したいですよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2017/09/21 06:58:47 | コメント(0) | トラックバック(0) | Indycar SERIES | ニュース
2017年09月18日 イイね!

GoPro Grand Prix of Sonoma Final Classification

GoPro Grand Prix of Sonoma Final ClassificationGoPro Grand Prix of Sonoma Final Classification

2017年 インディカー・シリーズ 最終戦ソノマの決勝が行われ、ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)が2017年のシリーズチャンピオンを獲得。

レースはシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)が優勝。3位にもウィル・パワーが続き、ペンスキーが表彰台を独占。

5番グリッドからスタートした佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポーツ)は6周目に右リアタイアがパンク。それによってマシンにダメージを負ったこともあり、7周遅れの20位でレースを終えた。アンドレッティ・オートスポーツでの最後のレースを悔しい結果で終えた。

1 1 シモン・パジェノー Team Penske C

2 2 ジョセフ・ニューガーデン Team Penske C

3 12 ウィル・パワー Team Penske C
4 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing H
5 3 エリオ・カストロネベス Team Penske C
6 15 グラハム・レイホール Rahal Letterman Lanigan Racing H
7 27 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport H
8 28 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport H
9 18 セバスチャン・ブルデー Dale Coyne Racing H
10 4 コナー・デイリー AJ Foyt Racing C
11 83 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing H
12 8 マックス・チルトン Chip Ganassi Racing H
13 20 スペンサー・ピゴット Ed Carpenter Racing C
14 21 J.R.ヒルデブランド Ed Carpenter Racing C
15 14 カルロス・ムニョス AJ Foyt Racing C
16 10 トニー・カナーン Chip Ganassi Racing H
17 13 ザカリー・クラマン・デメロ Rahal Letterman Lanigan Racing H
18 7 ジャック・ハーベイ Schmidt Peterson Motorsports H
19 19 エド・ジョーンズ Dale Coyne Racing H
20 26 佐藤琢磨 Andretti Autosport H

21 98 アレキサンダー・ロッシ Andretti Autosport H
22 5 ジェームス・ヒンチクリフ Schmidt Peterson Motorsports H

Sunday at Sonoma Raceway


2017 GoPro Grand Prix of Sonoma Race Day highlights
Posted at 2017/09/18 18:17:08 | コメント(0) | トラックバック(0) | Indycar SERIES | ニュース
2017年09月17日 イイね!

GoPro Grand Prix of Sonoma qualifying

GoPro Grand Prix of Sonoma qualifyingGoPro Grand Prix of Sonoma qualifying

2017年 インディカー・シリーズ 最終戦ソノマの予選が行われ、ジョセフ・ニューガーデンがトラックレコードを更新する1分15秒5205をマークし、ポールポジションを獲得。

佐藤琢磨(アンドレッティ・オートスポーツ)は、Q1を4番手、Q2を5番手で突破して、ファスト6進出を果たし、ペンスキー勢に次ぐ5番グリッドを獲得

1 2 ジョセフ・ニューガーデン Team Penske C 1:15.5204 Fast 6

2 12 ウィル・パワー Team Penske C 1:15.5556 Fast 6
3 1 シモン・パジェノー Team Penske C 1:15.6356 Fast 6
4 3 エリオ・カストロネベス Team Penske C 1:15.8032 Fast 6
5 26 佐藤琢磨 Andretti Autosport H 1:16.2208 Fast 6

6 9 スコット・ディクソン Chip Ganassi Racing H 1:16.3978 Fast 6
7 28 ライアン・ハンターレイ Andretti Autosport H 1:16.1815 Top 12
8 98 アレキサンダー・ロッシ Andretti Autosport H 1:16.1934 Top 12
9 15 グラハム・レイホール Rahal Letterman Lanigan Racing H 1:16.1968 Top 12
10 18 セバスチャン・ブルデー Dale Coyne Racing H 1:16.5811 Top 12
11 27 マルコ・アンドレッティ Andretti Autosport H 1:16.8221 Top 12
12 10 トニー・カナーン Chip Ganassi Racing H 1:16.9718 Top 12
13 4 コナー・デイリー AJ Foyt Racing C 1:17.1016 Group 1
14 8 マックス・チルトン Chip Ganassi Racing H 1:16.7581 Group 2
15 83 チャーリー・キンボール Chip Ganassi Racing H 1:17.1417 Group 1
16 5 ジェームス・ヒンチクリフ Schmidt Peterson Motorsports H 1:16.9532 Group 2
17 20 スペンサー・ピゴット Ed Carpenter Racing C 1:17.2662 Group 1
18 19 エド・ジョーンズ Dale Coyne Racing H 1:17.0231 Group 2
19 7 ジャック・ハーベイ Schmidt Peterson Motorsports H 1:17.2722 Group 1
20 21 J.R.ヒルデブランド Ed Carpenter Racing C 1:17.1602 Group 2
21 13 ザカリー・クラマン・デメロ Rahal Letterman Lanigan Racing H 1:17.2814 Group 1
22 14 カルロス・ムニョス AJ Foyt Racing C 1:17.2507 Group 2

2017 GoPro Grand Prix of Sonoma Day 2 Highlights
Posted at 2017/09/17 11:44:54 | コメント(0) | トラックバック(0) | Indycar SERIES | ニュース

プロフィール

「今年の激戦を考えると、仕方ないっすよ(^^;@五兵衛 」
何シテル?   09/27 07:58
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

スマホで撮った愛車の写真のナンバーを簡単に加工してくれる優れものアプリ=AUTOMO CAMERA 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/13 09:39:41
2017の走行会予定の再投稿(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/20 12:05:09
2017の走行会予定♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/18 15:29:54

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.