• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2017年10月10日 イイね!

マツダ次世代商品コンセプト(次期アクセラ?)東京モーターショーで世界初公開

マツダ次世代商品コンセプト(次期アクセラ?)東京モーターショーで世界初公開『マツダ、東京モーターショーに2台のコンセプトモデルを出品―技術開発の新長期ビジョン実現に向けて、次世代技術と次世代デザインを一般公開―

以下、ニュースリリース抜粋

マツダ株式会社(以下、マツダ)は、10月28日から11月5日に一般公開される「第45回東京モーターショー」(主催:一般社団法人 日本自動車工業会)*1において、今後導入される次世代商品群の先駆けとなるコンセプトモデル(以下、次世代商品コンセプトモデル)と、次世代デザインの方向性を具現化したコンセプトモデル(以下、次世代デザインビジョンモデル)の2台を公開します。また、技術展示物として、次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」を出品します。


次世代商品コンセプトモデル


次世代デザインビジョンモデル

今回のマツダのショーテーマは、「マツダは『走る歓び』で、クルマを愛する人に人生の輝きを提供する。」です。このテーマには、将来においても「走る歓び」にあふれるカーライフを提供することで、お客さまの人生を豊かにし、お客さまとの間に特別な絆を持ったブランドになる、という決意が込められています。

世界初公開となる次世代商品コンセプトモデルは、マツダの次世代技術と次世代デザインを融合したコンパクトハッチバックモデルです。ガソリンエンジンにおいて圧縮着火を制御する技術の実用化に世界で初めて*2めどをつけた「SKYACTIV-X」と、人間中心の思想を突き詰めて各機能を最適化した次世代車両構造技術「SKYACTIV-Vehicle Architecture(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」を採用。全方位で飛躍的に洗練されたダイナミクス性能を実現します。また、次世代デザインをコンパクトカーのフォルムに凝縮し、マツダが考える理想的なコンパクトハッチバックを目指しました。

次世代デザインビジョンモデルは、2012年の「マツダ CX-5」導入以来、世界中から高く評価されてきたマツダの魂動デザインの表現方法をさらに深化させた、次世代デザインの考え方を具現化したモデルです。

また、本年12月に国内で発売予定の新型3列シートクロスオーバーSUV「マツダ CX-8」をモーターショーで公開。マツダの国内向けSUVラインアップの最上位モデルとなる「CX-8」は、上質で洗練されたデザイン、大きく進化したクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」によるトルクフルで余裕のある走行性能、3列目まで快適な室内空間を実現しています。

さらに、ダークチェリー色の幌やオーバーン(赤褐色)のナッパレザーインテリアを採用した「マツダロードスター(海外名:Mazda MX-5)」の特別仕様車「RED TOP(レッド・トップ)」も出品します。

マツダの小飼 雅道(こがい まさみち)代表取締役社長兼CEOは次のように語っています。「本年8月に、クルマの持つ魅力である『走る歓び』によって『地球』『社会』『人』それぞれの課題解決に向けた私たちの新しいチャレンジ『サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030』を発表しました。その中でお約束した本質的なCO2削減を実現するためには、実用環境下でのCO2削減と、各地域における自動車のパワーソースの適性やエネルギー事情、電力の発電構成などを踏まえて、内燃機関や電動化技術を適材適所で展開するマルチソリューションが最適と考えています。今回マツダスタンドでは、世界一を目指した夢のガソリンエンジン『SKYACTIV-X』をはじめ、次世代技術とデザインを搭載したコンセプトモデルなどをご覧いただきます。マツダ新時代の幕開けとも言えるマツダスタンドにご期待下さい」



現行アクセラの画像を、下手ながら同じような感じに加工してみると、こないな感じに・・・



まぁ、次世代商品コンセプトモデルとは言うものの、次期アクセラと言う事は皆さん想像の通りかと

SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)は次期デミオに搭載されて登場するとの噂もありやすが、欧州でのディーゼル問題からすると、ディーゼル比率が高いと思われるアクセラの次期型に、ディーゼルエンジンの替わりに搭載されて登場すると思われるんすよねぇ

ディーゼル搭載車の替わりとなると、価格もそれなりになるかも知れないんすが、出来れば現行ディーゼル車両よりも安価で登場してくれたら嬉しいですよね
Posted at 2017/10/10 19:10:07 | コメント(1) | トラックバック(0) | モーターショー関係 | ニュース
2017年10月06日 イイね!

クルマの楽しさを提案するコンセプトカーねぇ・・・

クルマの楽しさを提案するコンセプトカーねぇ・・・『TOYOTA、「GR HV SPORTS concept」を初公開-第45回東京モーターショー2017で、新たなクルマの楽しさを提案-』

以下、ニュースリリース転載

TOYOTAは、10月25日(水)から11月5日(日)までの12日間*、東京ビッグサイト(東京都江東区)で「世界を、ここから動かそう。BEYOND THE MOTOR」をテーマに開催される第45回東京モーターショー2017において、スポーツカーと環境技術を融合した新たなクルマの楽しさを提案するコンセプトカー「GR HV SPORTS concept」を世界初披露する。



【主な特徴】
◆TOYOTA GAZOO Racingが世界耐久選手権(WEC)で戦うハイブリッドレーシングマシン「TS050 HYBRID」を想起させるデザイン
◆トヨタ伝統のオープンスポーツ「トヨタスポーツ800」(通称・ヨタハチ)や、「スープラ」にも設定された「エアロトップ」スタイル
◆「TS050 HYBRID」で鍛えたハイブリッド技術「THS-R(TOYOTA Hybrid System-Racing)」を搭載

<デザイン>
•ピュアスポーツカーとして機能性を徹底的に追求すると同時に、TS050 HYBRIDをイメージさせるLEDヘッドランプやアルミホイール、リヤディフューザーを採用。トヨタモータースポーツとのつながりを感じさせるデザインとした
•力強さと迫力を感じさせるマットブラックをボディカラーに採用

<インテリア>
•センタークラスターにオートマチックのギアポジションスイッチを配置し、レーシーな雰囲気を演出
•プッシュ式のスタートスイッチを開閉式のシフトノブ内に設置し、遊び心を持たせた



<操る楽しさ>
•THS-Rによるピュアスポーツカーとしての走りと、エアロトップによるオープンエアの開放感を同時に満喫
•ボタンひとつでマニュアルモードへの切り替えが可能で、オートマチック車でありながら6速マニュアル車のような操作を楽しめるHパターンシフトを採用
•ハイブリッドバッテリーを車両中央付近に搭載。重量物である駆動用のバッテリーを中央に搭載することで、スポーツカーとして走りの性能向上にも貢献













サイドからのシルエットから、マツダ・ロードスターRFベースとも思ったんすが、ドアの位置に違いがあり、シャーシは利用しているのかも知れやせんが、別モノと言えやすよねぇ

市販されるとしたら、どんな価格になるのか、気になるところですよね
Posted at 2017/10/06 18:06:42 | コメント(1) | トラックバック(0) | モーターショー関係 | ニュース
2017年10月06日 イイね!

コレが、e-EVOLUTION CONCEPTだ!

コレが、e-EVOLUTION CONCEPTだ!『Mitsubishi Shows More Of New e-Evolution Concept Ahead Of Tokyo』

東京モーターショーにおいて、三菱の伝統的とも言える”Evolution”が、EVカー「e-EVOLUTION CONCEPT」で復活しようとしている

三菱は得意とするEV技術や、四輪制御技術に代表されるSUVノウハウを一層進化させるとともに、新たにAI技術を搭載したクロスオーバーSUVタイプのハイパフォーマンスEVのティザー画像を公開

e-EVOLUTION CONCEPTは3つのモーターを使用し、1つはフロントアクスルに、もう1つはリアに、もう1つは新しい電子制御トルクベクタリングであるアクティブヨーコントロールユニットと結合し、より優れたシャープなハンドリングを実現

三菱によるとe-EvolutionにはAIが搭載されており、道路や交通状況の変化やドライバーの意図を読み取る事ができ、ドライバーの操作を速やかに反映させる







SUVってのが少々残念なんすが、このシステムを搭載したセダン或いはスポーツクーペが、モータースポーツのフィールドに帰って来るのを期待したいっすよね
Posted at 2017/10/06 06:54:09 | コメント(0) | トラックバック(0) | モーターショー関係 | ニュース
2017年10月03日 イイね!

東京モーターショーに、セレナ・リーフのNISMOバージョンが!

東京モーターショーに、セレナ・リーフのNISMOバージョンが!『日産自動車、第45回東京モーターショー2017の出展概要を発表』

以下、ニュースリリース転載

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区 社長:西川 廣人)は10月3日、第45回東京モーターショー2017(一般公開日:10/27~11/5、会場:東京ビッグサイト)の出展概要を発表しました。

今回の東京モーターショーでは、将来の「ニッサンインテリジェントモビリティ」を体現したコンセプトカーを世界初公開するとともに、参考出展車両として、9月に発表した新型「日産リーフ」のNISMOモデルとなる「LEAF NISMO Concept」や、「セレナ」のNISMOモデルとなる「セレナ NISMO」、より高品質なデザインを採用した「スカイライン」など、市販車を含めて計13モデルを展示します。

また、東展示棟・5ホールに位置する今回の日産ブースでは、過去から現在、そして未来へ向けてクルマが提供し続けるお客さまの感動や体験を象徴的に表現する「Spiral」をテーマとした新しいデザインを採用します。そこでは最新の電気自動車や、将来のニッサンインテリジェントモビリティが実現するヒューマンマシンインターフェース(HMI)が体感できる展示を行い、クルマがもたらす新しい価値と、より一層エキサイティングなカーライフを提案します。主な出展車両内容は以下の通りです。

LEAF NISMO Concept - EVにもNISMOのドライビングプレジャーを提供
9月に発表した新型「日産リーフ」は、高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」や、駐車操作のすべて(アクセル、ブレーキ、ハンドル、シフト、さらにパーキングブレーキまで)を自動制御する国産車初の本格的自動駐車システム「プロパイロットパーキング」を搭載。また、アクセルペダルのみの操作で、発進、加減速、停止保持が可能とした「e-Pedal」採用しています。
今回参考出展する「LEAF NISMO Concept」は、NISMOのレーシングテクノロジーにより実現した専用エクステリアの採用により、Cd値を悪化させることなくリフト量を低減、優れた空力性能を実現しています。インテリアはブラック内装にNISMOのアイコニックカラーであるレッドのアクセントを施し、走りへの期待感を高める空間を演出しています。また、チューニングされた専用サスペンション、高性能タイヤなどを採用、さらに電動駆動の特性を活かし、どこからでも瞬発力の高い加速フィールを提供する専用チューニングコンピューター(VCM)を搭載し、NISMOらしい走りの楽しさを提供します。「LEAF NISMO Concept」はEVの持つ環境性能に加え、NISMOらしいスポーティーな走りを実現したいと企画したNISMOブランドによるEVコンセプトモデルです。











セレナ NISMO - NISMOらしい精悍なスタイルを身に纏ったミニバン
「セレナ NISMO」は、NISMOがもつ技術を惜しみなく注入し、「セレナ」の特長である家族での使い勝手のよさや乗員の快適性を損なうことなく、「迫力のスタイリング」と「爽快なドライビング」を実現しました。エクステリアはNISMOらしい精悍なデザインと優れた空力性能を両立したデザインを採用し、インテリアは各所にNISMOカラーのレッドアクセントをあしらうなど、ドライバーの気持ちが高揚するスポーティーな演出を施しました。また、専用のボディ補強やサスペンションチューニングなどにより、気持ちのよいハンドリングを実現するとともに、専用ECMやマフラーを採用し気持ちの良い加速フィーリングを実現しました。
「セレナ NISMO」は2017年11月の発売を予定しています。





スカイライン - 最先端テクノロジーを搭載したプレミアムスポーツセダン
いつの時代も最先端のテクノロジーで走りを磨き、ドライバーの心を高揚させ続けてきたプレミアムスポーツセダンです。全方位型運転支援システムを全グレードに標準装備するとともに、高い動力性能と環境性能を両立したハイブリッドシステムや、意のままに快適なハンドリングを実現したダイレクトアダプティブステアリングなどを装備し、運転の楽しさと安全性能を兼ね備えています。
今回マイナーチェンジする「スカイライン」はエクステリアデザインやアルミホイールのデザインを刷新し、より高揚感あふれるデザインを実現しました。インテリアもステアリングやシフトノブのデザイン変更や、インストルメントパネルの表皮を変更するなどし、より上質な室内空間となりました。同車は2017年12月下旬の発売を予定しています。

【ソーシャルメディアの活用】
今回のモーターショーでは、インターネットの短文投稿サイト「Twitter(ツイッター)」や動画中継サービス「YouTube(ユーチューブ)」等のソーシャルメディアを活用した情報発信を行います。具体的には、日産ブースのプレスブリーフィングやステージ演出の生中継を予定しています。詳細は、日産自動車公式ツイッターアカウント等で順次発信します。URLは以下の通りです。

ツイッター:https://twitter.com/NissanJP
YouTube:https://www.youtube.com/NissanJapan

セレナとリーフのNISMOバージョン!

どんなスペックなのか、楽しみですよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2017/10/03 19:14:32 | コメント(0) | トラックバック(0) | モーターショー関係 | ニュース
2017年10月03日 イイね!

ニッサンGT-K?(笑)

ニッサンGT-K?(笑)『Daihatsu Copen Turned Into Mini Nissan GT-R By Liberty Walk』

オーバーフェンダーを用いたフルボディーキット等を手掛けるリバティー・ウォークが、おバカなプロジェクトを考案

その名もニッサンGT-K

名前には日産とあるが、実際にはニッサンGT-Rと共通する部分は一切なく、加工されたボディの下にはダイハツ・コペンが

リバティー・ウォークからGT-Kに関して詳細は公表されて無いが、リリースされた数少ない画像からは、オーバーフェンダーに巨大なリアウィング等が見られる

コレが作られた目的は、滋賀県の奥伊吹モーターパークで開催されるカスタムカーイベント ”J NATION”に参加するために作られたと思われ、ボディキットを装着したマスタングも展示されるとの事







コチラが、ノーマルのダイハツ・コペンなんすが・・・



リアは兎も角、フロント周りは上手くニッサンGT-Rに似せてありやすよね(^^;

出来ればリアももうチョイ似せて、オッサンGT-Kって名にして販売すれば面白いと思うんすがね(^^;
Posted at 2017/10/03 18:20:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | モーターショー関係 | ニュース

プロフィール

「今年の激戦を考えると、仕方ないっすよ(^^;@五兵衛 」
何シテル?   09/27 07:58
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/10 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

スマホで撮った愛車の写真のナンバーを簡単に加工してくれる優れものアプリ=AUTOMO CAMERA 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/13 09:39:41
2017の走行会予定の再投稿(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/20 12:05:09
2017の走行会予定♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/18 15:29:54

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.