• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2017年08月06日 イイね!

タイトルがおかしいだろ(笑)

タイトルがおかしいだろ(笑)『こちらが「横転したまま爆走するバン」ですが、事故でもスタントでもありません』

街の道路を行き交う多くの自動車。痛車や超高級スポーツカーなど、珍しい車を目撃した経験をお持ちの方も多いだろう。しかし、横に倒れたまま走る車を見た方は、ほぼいないに等しいハズだ。

というより、そもそも横に倒れてしまった車は走行不能である。ところがどっこい、横に倒れたまま走っている……ようにしか見えない、クレイジーな改造車が存在していた。

・車好きの警官「スピーディー・コップ」が制作
その改造車を制作したのは、以前の記事でもご紹介した、車好きの警官「スピーディー・コップ」ことジェフ・ブロッホさん。YouTubeに公開されている動画で、その車の全貌を見ることが出来る。

動画の冒頭ではポップなカラーのバンが登場するも、カメラがクルッと回転し、まるで横に倒れているかのような姿に! 解説によるとこの車は、フォルクスワーゲンのバンを改造し、わずか5週間で作りあげたという。

続いて、サーキットを爆走する様子が映し出されるのだが……えっ、えっ、えぇぇぇえええーーー!? っと思わず三度見するほどクレイジー!! ちなみに、視界不良に見えるが、両サイドがマジックミラーになっており、視界はしっかり保たれているとのこと。

なにはともあれ、実用性が無いにもかかわらず、ここまでやってしまうとはアッパレである。ジェフさんにはこれからも「スピーディー・コップ」として、我が道を走り続けてほしいものだ。



いやいや

元々のボディに、横向きにしたフォルクスワーゲンのバンのボディを被せてようなモンなんで、”横転したまま”って表現はおかしいやろ(笑)
Posted at 2017/08/06 19:44:39 | コメント(1) | トラックバック(0) | ニュース
2017年08月06日 イイね!

その才能に、疑うべきモノは無いっすからねぇ

その才能に、疑うべきモノは無いっすからねぇ『Toyota, Hyundai interested in signing Evans for 2018』

WRCラリー・フィンランドで2位表彰台を獲得したエルフィン・エバンスは、2018年ドライバー市場において株が上がっているようだ。

Mスポーツのマルコム・ウイルソンは、2018年もエバンスを手放すことはないと主張しているが、トヨタやヒュンダイから興味を持たれていることは否定できないと語った。

優勝のティエリー・ヌービルから0.7秒差で2位につけた今季アルゼンチンに続き、ラリー・フィンランド2位入賞はエバンスの評価を高めている。

トヨタのチーム代表であるトミ・マキネンも、今季のエバンスの活躍が強く印象に残っていることを認めている。

「彼のドライブはとても良い。来シーズンどうなるのかが楽しみなドライバーだ」

「このような結果を出すことができる若手ドライバーには常に興味がある。来年の話をするのは面白いだろう」

フィンランドでトヨタの若手ドライバー、エサペッカ・ラッピが自身4度目のWRC参戦で優勝したこともあり、そのイベントで3位に入賞したトヨタのユホ・ハンニネンは、来期のレギュラーシートを失うのではないかと広く噂されている。

マキネンは、来季の計画について次のように答えている。

「来季に向けてまだ動いている途中だ。我々のチームの中では何も決定していない」

「TOYOTA GAZOORacing(日本)側と来季について話し合わなくてはならない。今はその最中だ。決定次第、お伝えできるだろう」

現状維持を望むMスポーツ

マキネンが目星をつけているのはMスポーツの3名のドライバー、エバンスとセバスチャン・オジェ、オット・タナクである。トヨタはすでにオジェと接触しており、来季について話し合いが行われているようだ。

Mスポーツのウィルソンは、オジェを確保しておくことは、チームの財政に大きな影響を及ぼすと理解している。その一方で、エバンスやタナクの方に比重を置いているウィルソンは、特にエバンスは手放したくないと考えているようだ。

「エルフィンはどこにもいかない」

そうウィルソンは語る。

「何度も言っているが、私が理想とするのはチーム体制がそのまま維持されること、特にエルフィンがチームに残留することだ」

「私はフィンランドのエルフィンを見たとき、感激したのだ。我々は皆、ラリー・フィンランドでのフィンランド人の強さや、毎年彼らが上位に位置することも理解している」

「そういった背景があるにも関わらず、エルフィンはこのイベントで再び強烈な結果を残した。金曜日は厳しい1日となったが、彼は本当によくやった」

「金曜日の夜の段階では、この結果は遠いところに見えていたが、彼は素晴らしいスピードを発揮して、帰ってきた。さらに、予定されていた事前テストを彼だけ行うことができなかったことを加味すると、より感心させられた」

一方のエバンスは、DMACKワールド・ラリー・チームとの努力によって、来季のレギュラーシートを獲得することができると信じている。

「フィンランドでの結果は素晴らしかった。満足しているよ」

「正直に話すと、これまで3イベントではあまり調子が良くなかったんだ。ポーランドでは、少しガレージで作業することになってしまったから、良いイベントにできなかった」

「でも僕たちはみるみるうちに調子を取り戻すことができた。区間優勝と2位を獲得したんだ。僕たちは全てをやり遂げた」

「もちろん全てを完璧にこなすため、チームとイベントごとに取り組んできたものがいくつかある。僕はそれによって来シーズンのシートを獲得できると思っている」

先週のフィンランドでは、ドライバーの市場予想で話が持ちきりであり、エバンスはダニ・ソルドの代わりとして、ヒュンダイに移籍するのではないかという噂も立っていた。

以前ヒュンダイと契約を交わしていたエバンスだが、チーム代表であるミシェル・ナンダンは、来季もラインアップを変更するつもりはないと語っている。

昨年夏には、オット・タナックと共にトヨタのドライバーとして候補に挙がっていたエバンス

2013年の活躍時から、いずれはトップカテゴリーで活躍するとは思っていたんすが、2015年はMスポーツが結果を求め過ぎてたと思うんすよねぇ

結果的に、再びWRC2で成績を収め、今季昇格して結果を残してるんすよねぇ

昨年トヨタに迎え入れていればとワテは思うんすが、結局は同国人ドライバーで纏め上げちゃいやしたからねぇ(o´_`o)ハァ・・・

今となっては”逃がした魚は大きい”ってトコでしょうねぇ
Posted at 2017/08/06 18:46:00 | コメント(0) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2017年08月06日 イイね!

2017 AUTOBACS SUPER GT Round 5 FUJI GT 300km RACE 決勝結果

2017 AUTOBACS SUPER GT Round 5 FUJI GT 300km RACE 決勝結果2017 AUTOBACS SUPER GT Round 5 FUJI GT 300km RACE 決勝結果

ARTAがダブルポール・トゥ・ウィン達成

GT500
1 8 ARTA NSX-GT 66Laps

2 23 MOTUL AUTECH GT-R +0'01.530

3 38 ZENT CERUMO LC500 +0'02.203

4 36 au TOM'S LC500 +0'13.300
5 12 カルソニック IMPUL GT-R +0'14.938
6 37 KeePer TOM'S LC500 +0'15.244
7 19 WedsSport ADVAN LC500 +0'19.525
8 100 RAYBRIG NSX-GT +0'19.603
9 6 WAKO'S 4CR LC500 +0'19.666
10 1 DENSO KOBELCO SARD LC500 +0'22.480
11 46 S Road CRAFTSPORTS GT-R +0'58.928
12 64 Epson Modulo NSX-GT +1'04.652
13 24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R +14Laps
14 16 MOTUL MUGEN NSX-GT +21Laps
15 17 KEIHIN NSX-GT +36Laps

GT300
1 55 ARTA BMW M6 GT3 62Laps

2 4 グッドスマイル 初音ミク AMG +1Lap

3 31 TOYOTA PRIUS apr GT +1Lap

4 61 SUBARU BRZ R&D SPORT +1Lap
5 9 GULF NAC PORSCHE 911 +1Lap
6 7 Studie BMW M6 +1Lap
7 88 マネパ ランボルギーニ GT3 +1Lap
8 33 D'station Porsche +1Lap
9 51 JMS P.MU LMcorsa RC F GT3 +1Lap
10 21 Hitotsuyama Audi R8 LMS +1Lap
11 18 UPGARAGE BANDOH 86 +1Lap
12 87 ショップチャンネル ランボルギーニ GT3 +1Lap
13 65 LEON CVSTOS AMG +1Lap
14 50 Ferrari 488 GT3 +1Lap
Posted at 2017/08/06 17:48:54 | コメント(1) | トラックバック(0) | Super-GT | ニュース
2017年08月06日 イイね!

僅か19kmでねぇ・・・

僅か19kmでねぇ・・・『Brand-new 2017 Honda Civic Type R wrecked on drive home from dealer』

先日のフェラーリに続き、今回も夢のクルマを手に入れた直後に不幸に見舞われたオーナーがいる。米国のグレッグ・エリングソン氏は、新車のホンダ「シビック TYPE R」を受け取るために、ペンシルベニア州フィラデルフィアから飛行機でマサチューセッツ州ボストンまで出向いたが、壊れたクルマと共にレッカー車で帰途に就く羽目になってしまった。



衝突事故で真新しい新車を失ったエリングソン氏は、「不注意な馬鹿者が後ろからアクセル全開で追突してきたせいで、別のクルマにぶつかってしまった」と、Facebookに投稿している。ひどく破壊されたハッチバックは炎上しなかったが、インターネットでは人々の関心に火を着けた。大破したTYPE Rの写真が添えられたこの投稿は、これまでに5,000件以上もシェアされ、2,000件以上のコメントが寄せられている。

7月31日にエリングソン氏に電話で取材したところ、彼は95号線で渋滞のため停止してラジオのチャンネルを変えようとしていたところ、年配の男性に後方から追突されて押し出され、別のクルマに当たってしまったそうだ。後ろからクルマが来るのは見えなかったという。

「追突してきた時、彼はブレーキではなく、アクセルを踏んでいた」とエリングソン氏は話している。



「私と前のクルマの間にはかなりの距離があった」とのことで、後方から押し出されて前方のクルマに衝突するまで、ラジオのダイヤルから手を離してシフトレバーに戻すだけの充分な時間があったそうだ。

エリングソン氏によれば、追突してきた男性は、追突時に携帯電話を使っていた様子はなかったという。7月30日にコネティカット州の州間高速道路95号線で起きたこの事故で、怪我をした人はいなかった。

「家に無事持ち帰ることもできなかった......」

彼はその前にもFacebookで新車について投稿しており、7月30日にボストンのローガン国際空港に到着して、「新車を引き取りに行くところ」とコメントしていた。予定では、合計3万9,000ドル(約430万円)で購入したTYPE Rを、自宅まで運転して帰るつもりだったそうだ。

エリングソン氏はペンシルベニア州ウェストチェスターにあるホンダ車ディーラー、Scott Hondaで販売コンサルタントを務めている。自分の働いている店では3万3,900ドル(約374万円)という価格を付けたシビック TYPE Rの在庫が完売していたため、相応な価格で購入できるディーラーを2カ月も掛けて探したという。

「このクルマは、手に入れるだけでも多大な労力をつぎ込んだ」と、エリングソン氏は語る。



シビック TYPE Rは、2.0リッター直列4気筒DOHC直噴ターボ「i-VTEC」エンジンを搭載し、最高出力306hp、最大トルク40.8kgmを発生する。エリングソン氏のクルマは走行距離がわずか151マイル(約231km)で、ディーラーを出る際にセットしたオドメーターは、事故に遭った時、12マイル(約19km)に過ぎなかったという。

後日、Facebookに書いた投稿の中で、エリングソン氏は事故の現場で彼を助けてくれたコネティカット州の警察官と、助けを呼び必要なサポートを尋ねてくれた「ホンダ・リンク・アシスト」を讃えている。

「事故を振り返ってみて、一番感謝しているのは私のシビックが私の身体を守ってくれたことだ」とエリングソン氏は書いている。「かすり傷1つなく、私は車外へ出ることができた。私は1年近く前から新車のホンダ車を販売しており、その安全性の高さについては衝突試験のビデオなどを見て知識として知っていたが、実際の経験として身を以て知るのとでは全然違う。ホンダの開発者たちは素晴らしい仕事をしている。これほどのダメージを受けたのに、4枚のドアは全てきちんと開けることが出来たのだ!」

なお、エリングソン氏はコレクター向けの車両保険に加入していたので、今回の損害は保険金でカバーできるだろうとも書いている。

先日のフェラーリ430 スクーデリアの事故は、それこそ自業自得やったんすが、今回のシビックタイプRは、貰い事故っすからねぇ

それにしても悪い言い方なんすが、コレをそのままディーラーに展示しておけば、シビックの安全性のエエ宣伝になると思うんすよねぇ(^^;
Posted at 2017/08/06 07:30:44 | コメント(1) | トラックバック(0) | ニュース
2017年08月06日 イイね!

2017 IMSA WSCC Rd.8 Continental Tire Road Race Showcase Qualifying

2017 IMSA WSCC Rd.8 Continental Tire Road Race Showcase Qualifying2017 IMSA WSCC Rd.8 Continental Tire Road Race Showcase Qualifying

IMSA WSCC 第8戦の予選がロード・アメリカで行われ、ウェイン・テイラー・レーシングの10号車キャデラックDPi-V.Rがカナダ戦に続き、今季4度目のポールポジションを獲得

第6戦で参戦後初のクラスPPを獲得し、この処好調な3GTレーシングの#15 レクサスRCF GT3は23番手(クラス4番手)、#14 レクサスRCF GT3は29番手(クラス10番手)から、マイケル・シャンク・レーシングの#86 アキュラNSX GT3は26番手(クラス7番手)から、それぞれスタートし上位を目指す

1 10 P Konica Minolta Cadillac DPi-V.R Cadillac DPi 1:53.058

2 52 P PR1/Mathiasen Motorsports Ligier LMP2 1:54.075 +1.017
3 2 P Tequila Patron ESM Nissan DPi 1:54.088 +1.030
4 90 P Van Der Zande Visit Florida Racing Ligier LMP2 1:54.186 +1.128
5 22 P Tequila Patron ESM Nissan DPi 1:54.189 +1.131
6 31 P Whelen Engineering Racing Cadillac DPi 1:54.222 +1.164
7 5 P Mustang Sampling Racing Cadillac DPi 1:54.588 +1.530
8 85 P JDC-Miller Motorsports ORECA LMP2 1:54.648 +1.590
9 38 PC Performance Tech Motorsports ORECA FLM09 1:59.149 +6.091

10 66 GTLM Ford Chip Ganassi Racing Ford GT 2:01.422 +8.364

  ・
  ・
  ・
  ・
20 16 GTD Change Racing Lamborghini Huracan GT3 2:06.649 +13.591

  ・
  ・
23 15 GTD 3GT Racing Lexus RCF GT3 2:07.170 +14.112

  ・
26 86 GTD Michael Shank Racing w/Curb-Agajanian Acura NSX GT3 2:07.469 +14.411

  ・
29 14 GTD 3GT Racing Lexus RCF GT3 2:07.984 +14.926


Not classified:
93 GTD Michael Shank Racing w/Curb-Agajanian Acura NSX GT3
Posted at 2017/08/06 07:19:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | モータースポーツ関係 | ニュース

プロフィール

「意味わからんし、何でやねん?@ゆういっつぁん 」
何シテル?   11/23 16:54
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

スマホで撮った愛車の写真のナンバーを簡単に加工してくれる優れものアプリ=AUTOMO CAMERA 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/13 09:39:41
2017の走行会予定の再投稿(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/20 12:05:09
2017の走行会予定♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/18 15:29:54

ファン

38 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.