• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2017年08月11日 イイね!

ついにMINIも参戦!

ついにMINIも参戦!『LAP Motorsports planning TCR Mini with support from Mini USA』

北米に拠点を置くLAPモータースポーツは、現在世界的に盛り上がりを見せるTCR規定のツーリングカー選手権に向け、ミニUSAのサポートを得て2018年シーズンに『ミニ・ジョン・クーパー・ワークスTCR』の開発と、実戦投入を計画しているという。

現在、アメリカでIMSAの併催イベントとして開催されているコンチネンタルタイヤ・スポーツカー・チャレンジのストリートチューナー(ST)クラスに参戦しているLAPモータースポーツは、チーム名を『MINI John Cooper Works team』とし、ミニからの公式なサポートを受けている。

この新たなTCR仕様の開発計画に関して、LAPモータースポーツの代表を務めるルイス・ペロカーピは、Sportscar365.comの取材に対し「我々はミニUSAからすべての計画に関する承認を受けており、すでに必要な書類をTCRに提出したところだ」と説明した。

ペロカーピによれば、チームは2017年シーズン始めからマシンの設計に着手しており、ブレーキシステムとギヤボックスのコンポーネントはほぼ完成しているという。ただし、最終的にミニの”どのモデルをベースとするのか”に関しては、まだ決定には至っていないという。

「我々がこのプロジェクトをスタートさせたときには、4ドアのハードトップ(ミニ・5ドア)を走らせる計画でいたが、どうやら少しだけレギュレーション要件に対して全長が短いことが判明した。もちろん、TCRにはさまざまなマシンが存在することは理解しているが、その点に於いてさらに検討が必要になっているのが正直なところだ」とペロカーピ。

「ミニのラインアップには、まだ他にも適した車種がいくつか存在する。例えば(Cセグメントの)クラブマンのようにね。最終的には、ミニが何をしたいか、どういう活動を希望するかで車種選定が行われることになるだろう」

「TCR規定はすべてのマシンが競争力を保てるように配慮されているので、ベース車がどのモデルになるかは、あまり心配していないよ」

2017年の6月1日には、TCRの権利保有者であるWSC LtdとIMSA国際モータースポーツ協会が共同で声明を発表し、2018年シーズンからコンチネンタルタイヤ・スポーツカー・チャレンジに『TCRクラス』を新設することをアナウンスしており、同年1月のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイの24時間レースから、正式にカテゴリーが発足する。

この伝統の24時間イベントの併催レースにTCR仕様のマシンで参戦できるとあって、今後もこのシリーズへの注目度は高まっていくことが予想される。

今、世界で一番成功しているのが、このTCRカテゴリーやないかとワテは思うんすよねぇ~♪

そこに、ついにMINIも参戦!

ワテの中にはモンテカルロ・ラリーで活躍したイメージがあるせいか、ミニにはスポーティーなイメージがあり、WRCでの失敗(?)が残念やったんすが、是非ともTCRでは競争力を発揮して欲しいっすよねぇヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2017/08/11 20:19:49 | コメント(0) | トラックバック(0) | WTCC | ニュース
2017年08月11日 イイね!

まさかコレが・・・

まさかコレが・・・『Infiniti to reveal vintage Formula 1-inspired concept at Pebble Beach』

インフィニティは今月、1940年代のフォーミュラにインスパイアされたコンセプトカーを発表する。

1989年設立という比較的若いブランドにもかかわらず、インフィニティは、70年も前のグランプリレーサーをモチーフにしたEVコンセプトカーを製作しているという。

このモデルが、プレミアムカー市場に向けて生産化される可能性は非常に高い。同ブランドによれば、外観はオールドスタイルながら、中身は最新鋭のEVテクノロジーを採用しているのだという。

今回発表されたプレビューイメージは、オープンコクピット、シングルシーター、ボートスタイルのボディというパッケージを確認できる。



モーガン3ホイーラーをおもわすスタイリングであるが、インフィニティは草創期のスポーツカーをイメージしたコンセプトだと話している。

デザイン部門を率いるアルフォンソ・アルバイサは、70年間にわたって日本で “乗り捨てられたまま” になっていたレーシングカーをイメージしたのだという。



1940年代のモノとは言え、フォーミュラにインスパイアされたコンセプトカーをねぇ・・・

まさかコレが、フォーミュラE参戦への布石やないっすよねぇ?(笑)
Posted at 2017/08/11 19:30:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース
2017年08月11日 イイね!

新たなDTMからの刺客が!

新たなDTMからの刺客が!『NICO MULLER JOINS WORLD RX FOR LOHEAC』

DTMドイツ・ツーリングカー選手権でアウディ・スポーツに所属するニコ・ミューラーが、WorldRX世界ラリークロス選手権の次戦、第9戦フランス・ラウンドでチームEKSからエントリー。マティアス・エクストロームとともにアウディS1 EKS RXクワトロをドライブすることが明らかになった。

現在25歳のミューラーは、昨年のWorldRXバルセロナ・ラウンドを訪問するなど、その後も数回のテストに参加しマシンをドライブ。現在、レギュラーとしてシリーズに参戦するエクストローム、トーマス・ヘイキネン、レニス・ニテッシュに加え、9月1〜3日開催のロエアックで4台目のアウディS1をドライブすることとなった。

ミューラー自身、彼のフェイスブックに「この機会を与えてくれたことに心から感謝している。このビッグチャレンジが本当に待ちきれない」と喜びの声を綴っているが、その背景にはDTMで僚友となるエクストロームとの、こんなやりとりがあったという。

「2016年のDTMテスト期間中に、マティアスと賭けたんだ。僕が勝てばアウディS1 EKS RXクワトロをドライブできる。でも負ければ、彼のタイヤセットを清掃する係、ってね」

「それで、残念ながら僕が負けて昨年のバルセロナでは全力でタイヤ掃除をした(笑)。その仕上がりが最高だったからか、マティアスが僕にS1を少しだけドライブさせてくれたんだ」

「あのマシンは本当に狂ってて、すぐに中毒になったよ。その日から、僕の夢は世界ラリークロスで競争することになったんだけど、その夢がついにフランスで叶うんだ!」

DTMのみならず、GP3、フォーミュラ・ルノー3.5でも勝利を挙げてきたこのスイス人ドライバーは、ロエアックでのデビュー戦で「適切なリザルト」を得たいと望んでいる。

「もちろん、できる限り楽しみたいと思っているけど、楽しむためだけにフランスへ行くつもりはない。適切なリザルトを持ち帰りたいと思っているんだ」

そのミューラー加入を受けて、チーム代表でもあるエクストロームは「世界ラリークロスで4台のマシンを走らせるのは、長年の夢だった」と歓迎の言葉を述べた。

「昨年のバルセロナ戦で、たまたま写真撮影のためだけに4台のS1を並べたことがあった。撮影だけとはいえ、その景観は本当に特別なものだったよ」

「それがロエアックで現実になるのは最高の気分だし、4台目のマシンをニコがドライブしてくれるのもうれしい。彼はテストでも最初から速かったからね」

前戦のカナダ・ラウンドではセミファイナルのクラッチトラブルで決勝進出を逃し、選手権ランキングで3位に後退となったエクストローム。王座防衛に向け、この4台体制で巻き返しを図りたいところだ。

DTMドイツツーリングカー選手権に参戦しながらも、昨年WorldRX世界ラリークロス選手権のタイトルを獲得したマティアス・エクストローム

果たしてニコ・ミューラーはマティアス・エクストロームと同じように、WorldRX世界ラリークロス選手権で速さを見せるのか、次戦フランス・ラウンドが楽しみですよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2017/08/11 18:34:13 | コメント(0) | トラックバック(0) | World Rallycross | ニュース
2017年08月11日 イイね!

どんなマシンに仕上げていくのか

どんなマシンに仕上げていくのか『ORECA announces its development drivers for the FIA R4 kit』

FIAのR4キットの公式サプライヤーとして開発を続けているフランス拠点のワークショップ、オレカは、今後の開発に関わる開発ドライバーとして、テーム・スニネン、ステファン・サラザン、ラファエル・アスティアの3人を発表した。

スニネンは、2015年にはWRC3、2016年はフォード・フィエスタR5やシュコダ・ファビアR5でWRC2と、いずれもオレカからWRCに参戦している。今季はMスポーツに加入してWRC2参戦からスタート。ポーランドとフィンランドではWRカーをドライブする機会に恵まれ、ポーランドでは6位、フィンランドでは2度目のWRカー参戦ながら、終盤までポディウム争いに絡む衝撃的な速さを披露したことが記憶に新しい。

「ラリーの新しいクラスの開発に関われることに、とてもワクワクしている」とスニネン。

「R4は、R3とR5をつなぐ素晴らしい橋渡しになると思う。ステップアップがしやすくなる。このクラスが必要だと、ずっと思っていた。いいドライバーがたくさんいるので、よりいいマシンで走るチャンスに恵まれるドライバーが増えることになる。この新しいクラスが成功することを願っているし、オレカは素晴らしいキットを製作できると絶対の自信を持っている」

サラザンは、現在WECとフォーミュラEで活躍しているが、2004年にはフランスの国内ラリー選手権でタイトルを獲得しており、プジョーからERC、スバル・ワールドラリーチームからWRCに参戦した経験もある。現在は、サラザン・モータースポーツを立ち上げチーム代表としても経験を築くなど、幅広い知識を誇る。オレカとは、主にレース活動での結びつきが強く、R4キットのプログラムでは初期から関わってきたという。



「自分のラリーへの興味と、オレカとの結びつきは誰もが知るところ。この、新しい冒険に参加することができて、とてもうれしいよ!」とサラザン。

「R4クラスは、トップクラスのパフォーマンスと、本格的なアプローチができる期待の持てる仕様になりそうだ。自分はドライバーとして協力すると同時に、チームオーナーとしての意見も少し出すことができる。テストが待ち切れないよ。サーキットでもラリーでも、開発に関わるのはいつでも興味深い。自分の経験を活かしていきたいし、テーム、ラファエルとはいいトリオになると思うよ」

26歳のラファエルはフランスタイトルを獲得した経験を持つ、フランスの若手ラリードライバー筆頭。

今年のラリーモンテカルロでは、プジョー208 R2でWRC3部門優勝を果たしている。オレカのショップでは、ここ数年アンバサダーを務めているなど、オレカとの関係も深い。

この3人が、R5マシンにステップアップするためのマシンをどんなマシンに仕上げていくのか、楽しみですよねぇヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2017/08/11 07:25:46 | コメント(3) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2017年08月11日 イイね!

当然の流れですよね

当然の流れですよね『LOEB PRIMED FOR GRAVEL TEST』

2017年規定のWRカー、シトロエンC3 WRCをターマックでテストしたセバスチャン・ローブ。WRC9連覇のパートナーであるダニエル・エレナとともに、ウエットとドライのコンディションで行ったテストからのフィードバックには、チーム代表のイブ・マトンも満足を見せた。

そして今度は、グラベルでも同様なマシン評価をローブが行う可能性が出てきたようだ。2017シーズンのWRCは、ドイツ以降、残るはスペイン、GB、オーストラリアと、いずれも一部またはすべてがグラベル路面。ローブからフィードバックが得られれば、シトロエンもここまで続いてきた不調に終止符を打つための後押しになる。

マトンはwrc.comに対して「今は何も決まってはいないが、彼にグラベルでもテストを行ってもらえば、興味深いことになると思う」と語った。

「それが可能かどうか、検討していく。彼はラリークロスのプログラムがあるし、クロスカントリーのイベントもあるのでかなり忙しいからね」

WRCフィンランド戦でローブが舗装テストに参加するというニュースが発表されて以来、ローブがWRCに復帰するのではという憶測は後を絶たない。マトン自身は、今シーズンの競技復帰については否定したが、それ以降についてはローブがWRCでのキャリアを再開することの可能性を完全に否定はしなかった。

「2017年については、現状、彼がどのラリーにも参戦するチャンスはない。まず、彼のプランがどうなっているのかを確認するのが第一だ。次のステップとしてあるのは、現状、グラベルテストができるかの可能性を検討することだけだ」

開幕前にはターマックより開催イベント数の多いグラベルを重視して開発テストを行って来た為、ターマックテストをローブに依頼したのだが、路面状況によりリアの安定性不足が露見

グリップの高いターマックですらリアの安定性を欠くとなると、グラベルでの安定性を求める事自体ナンセンスですよねぇ?

こうなると、何処に根本的な問題があるのか、名手ローブの意見も聞きたくなるのが当然の事ですよね

現状でC3 WRCに問題を抱えているからか、ローブ自身はWRC復帰を否定しているんすが、もし来季、復帰するとなると、シート争いが激化するのが予想されやすよね
Posted at 2017/08/11 06:55:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | WRC | ニュース

プロフィール

「ついに、男に走ったか・・・(笑)」
何シテル?   09/26 20:15
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/8 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

スマホで撮った愛車の写真のナンバーを簡単に加工してくれる優れものアプリ=AUTOMO CAMERA 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/13 09:39:41
2017の走行会予定の再投稿(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/20 12:05:09
2017の走行会予定♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/18 15:29:54

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.