• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2018年01月11日 イイね!

i20クーペWRC2018仕様を発表

i20クーペWRC2018仕様を発表『Title ambitions for our fifth season』

ヒュンダイ・モータースポーツは、2018年シーズンの世界ラリー選手権のタイトル獲得をめざして、i20クーペWRCの進化バージョンを開幕戦ラリー・モンテカルロから投入する。

ヒュンダイは昨年、4勝を挙げて、マニュファクチャラータイトルとドライバータイトル争いを2位で終えたが、新しいシーズンはさらなる躍進を目指す。

i20クーペWRCはフロントバンパーの開口部が新しくなるとともにリヤのエアロがトヨタ風のデザインが採用されている。チーム代表のミシェル・ナンダンは次のように語った。

「我々は、5年目のシーズンに向けて、ドライバーとメーカーの選手権で戦う高いスピリットと強い野望を持っている。我々は2017年にそれに近づいたが、パフォーマンスと一貫性の点でどこが不足しているかも認識した。新しいシーズンはそれを是正することを目指しています。今年の規則には革命的な変更はないので、すべてのチームが昨年の基盤を元に構築する予定だ。私たちはライバルを尊敬しており、彼らのパフォーマンスが我々を前に推し進める強い力になっている」

ヒュンダイは、11日にバーミンガムで開幕するオートスポーツインターナショナルショーで開催されるWRCキックオフイベントにおいてこのマシンを正式に発表する。











R5マシンと共に、オートスポーツ・インターナショナルで正式発表されるんすが、WRカーは昨年もチャンピオンカーに相当する活躍を見せたので、今の処、小変更に留まってやすよねぇ?

果たしてどの時点で、ジョーカーを使うのか・・・
Posted at 2018/01/11 20:13:05 | コメント(0) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2018年01月11日 イイね!

楽しみ半分、不安半分

楽しみ半分、不安半分『映画「OVER DRIVE」の公開日と新ビジュアルを発表』

東宝は、ラリーを題材として若者たちの熱い絆と愛を描いた映画「OVER DRIVE」を6月1日(金)に全国公開することを発表し、あわせて新ビジュアルを公開した。

監督は「海猿」「MOZU」「暗殺教室」各シリーズなど数々の大ヒット作品を手掛けた羽住英一郎監督。確かな演出力と、最新の撮影機材を駆使し、圧倒的なカーアクションと、若者たちの絆と愛を描いたヒューマンドラマが融合したエンターテインメント超大作になるという。

主人公でチーフメカニックの兄、檜山篤洋(ひやまあつひろ)を演じるのは、俳優として着実に実績を積み、同世代の中でもその活躍が目覚ましい東出昌大。その弟であり、天才ドライバー・檜山直純(ひやまなおずみ)役には、国内外の多数の映画に出演し、いま最も旬な若手俳優・新田真剣佑。さらに、森川葵、北村匠海、町田啓太、要潤、吉田鋼太郎など実力派俳優が脇を固める。

新ビジュアルには劇中で使用されるヤリスの姿も。WRカーに似た前後オーバーフェンダーや、形状の異なるリヤスポイラーが垣間見える。





■ストーリー
世界最高峰のラリー競技・WRC(世界ラリー選手権)の登竜門として、若き才能たちがしのぎを削る国内トップカテゴリーのSCRS(セイコーカップラリーシリーズ)。スピカレーシングファクトリーとライバルチームの熾烈な優勝争いは激しさを増していた。スペシャルステージで競われるのは、コンマ1秒の世界。「攻めなきゃ、勝てねーから!」WRCへのステップアップを目指すスピカ所属の天才ドライバー、檜山直純。真面目で確かな腕を持ち、チームに貢献するメカニックの兄・檜山篤洋の助言を無視し、リスクを顧みない、勝気なレースを展開する。ラウンド毎に衝突を繰り返す二人。いつしか、チームにも険悪なムードが漂い始め……。そんなある日、素行の悪い直純の新しいマネジメント担当として遠藤ひかるがやってくる。なんの知識もなく、完全に場違いな、ひかる。彼女を待ち受けていたのは、檜山兄弟の確執に秘められた過去、そして、チーム全員を巻き込む試練だった。

■作品概要
作品名:「OVER DRIVE-オーバードライブ-」
監督:羽住英一郎
脚本:桑村さや香
音楽:佐藤直紀
撮影時期:2017年7月中旬~9月末
公開:2018年6月1日(金) 全国東宝系公開
配給:東宝
製作:映画「OVER DRIVE」製作委員会
制作プロダクション:ロボット

■関連リンク
公式Webサイト
http://overdrive-movie.jp/
Twitter公式アカウント
https://twitter.com/overdrive_movie

ラリーと言う競技にだけ焦点を当てている映画では無いので、走行シーンには期待してはいけないとは思うんすが、どうしてのねぇ(^^;

それ故に、楽しみ半分、不安半分なんすよねぇ・・・
Posted at 2018/01/11 19:24:38 | コメント(3) | トラックバック(0) | ニュース
2018年01月11日 イイね!

ついに、TCRドイツで!

ついに、TCRドイツで!『ADAC TCR Germany 2018 mit Renault』

オーストリアのブコビッチ・モータースポーツが、ルノースポールの支援のもと設計・開発を進めてきた新型『ルノー・メガーヌTCR』が、2018年シーズンのTCRドイツで実戦デビューを果たす。

2017年もTCRドイツに参戦し、年末にはすでに2台のメガーヌTCR購入を決めたウォルフ・パワー・レーシングのオリバー・ウォルフ代表は「我々はブコビッチ・モータースポーツの仕事の質に深く感銘を受けた」と、新型マシンの投入に期待を寄せた。

「我々の2018年におけるターゲットは明確であり、それはTCRドイツのシリーズタイトルを懸けて戦うことだ。新型ルノー・メガーヌTCRのパッケージは非常にコンペティティブで、この選択はタイトルを勝ち獲るための重要な要素となるだろう」とウォルフ代表。

スイスに拠点を置くブコビッチ・モータースポーツは、すでにカスタマーからの要望を受け複数台のマシンを完成させており、2017年内に最初のシェイクダウンテストを完了。それに続いて、フランス・マニクールで集中的な冬季テストプログラムを開始している。

2リッターのライバル勢より小排気量となる1.8リッターの4気筒直噴ターボを搭載するメガーヌTCRだが、テストでは上々のスピードを披露していると言われ、ブコビッチ・モータースポーツとともにエンジンビルドを手がけたレーマン・モトーレンテクニーク社も、その完成度に手応えを感じているようだ。

この新型ルノー・メガーヌTCRは、現状13万ユーロ(約1750万円)の販売価格が設定されており、オーダーからの納期は6~8週間程度とアナウンスされている。







昨年ルノー・メガーヌTCRの開発を明言したんすが、ついに実戦デビューを果たすと

ニュルブルクリンク北コースで、市販FFモデル最速の座を賭けて争っている、ホンダ・シビックやフォルクスワーゲン・ゴルフに挑む事になるんすが、果たしてその結果は如何に!
Posted at 2018/01/11 18:28:03 | コメント(1) | トラックバック(0) | WTCC | ニュース
2018年01月11日 イイね!

新型R5マシンを!

新型R5マシンを!『HMDP está listo para comenzar la temporada 2018 en Autosport International』

WRC世界ラリー選手権に参戦するヒュンダイ・モータースポーツは、人気のR5カテゴリに投入する『ヒュンダイi20 R5』を1月11~14日にイギリスで行われるオートスポーツ・インターナショナルでお披露目する。

カスタマーチーム向けのラリー車両であるR5は、WRC2をはじめとする世界各国のラリー選手権を主戦場としており、フォードやプジョーなどがマシンを供給。今後もシトロエンやフォルクスワーゲンが新型マシンの投入を予定するなど、活気を帯びている。

ヒュンダイも、この人気市場に新型マシンであるi20 R5の投入を予定しているほか、若手育成プログラム『ヒュンダイ・モータースポーツ・ドライバー・デベロップメント・プログラム(HMDP)』の一環で、WRC2にも参戦。まずは2月のラリー・スウェーデン、3月のラリー・メキシコに参戦する予定だ。

11日に開幕するオートスポーツ・インターナショナルには、HMDPに選出されたヤリ・フッツネンと新たなカラーリングをまとったi20 R5が登場し、パブリックデビューを果たす。

ラリー・スウェーデン、ラリー・メキシコでステアリングを握るフッツネンは「HMDPの代表として、2018年のWRC2に参戦することを誇りに思う」とコメントした。

「ヒュンダイ・モータースポーツのスタッフは僕を信頼してくれているから、僕も全力で応えるつもりだ。もちろん学ぶべきことが多いから、チャンスを最大限に活用する」

「今年のWRC2はとくにタフな戦いになるだろうけど、僕たちは素晴らしいマシンを手にしているから、少し楽観視している。まずは最初の2戦で好成績を収めたいね」





フォード・フィエスタ R5とシュコダ・ファビア R5が最強の座を賭けて鎬を削ってるWRC2クラスに、プジョー 208 T16やDS3 R5の後を受けて登場するシトロエンC3 R5にフォルクスワーゲン・ポロGTI R5

激化するWRC2クラスで、最強の称号を手にするのは、どのマシンになるんすかねぇ?
Posted at 2018/01/11 07:24:50 | コメント(0) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2018年01月11日 イイね!

えっ!メルセデスが!?

えっ!メルセデスが!?『Mercedes DTM exit clears path to Super GT tie-up - Ullrich』

元アウディモータースポーツの責任者ウォルフガング・ウルリッヒは、メルセデスのDTM撤退によって日本のSUPER Tとさらに密接な提携を可能になると語る。

ドイツツーリングカー選手権(DTM)は、クラス1レギュレーションへの共同契約の一環として2017年からSUPER GTと同じ2リッター 直列4気筒ターボエンジンへの切り替えを検討していた。

しかし、その動きはコスト面でメルセデスが阻止したと理解されており、DTMは4リッター V8エンジンを継続することを余儀なくされた。

しかし、メルセデスは2018年シーズン限りでDTMを撤退し、フォーミュラEへと転向する。それにより、早ければ2019年からアウディとBMWがSUPER GTのマニュファクチャラーと同じスペックのエンジンを搭載するための道が開けるとウォルフガング・ウルリッヒは Autosport に語った。

SUPER GTとDTMとの当初の会議にアウディを代表して出席していたウォルフガング・ウルリッヒは「日本とドイツではクルマに共通のモノコック、共有のパーツを使用しており、毎年、我々は統一ルールへと向かっている」とコメント。

「過去2年間の分離点は主にエンジンだったが、それはドイツのメーカーのひとつ(メルセデス)が4気筒に移行することを望まなかったためだ。全体的に我々は日本の人々と一緒に進みたかった」

「ドイツのひとつのメーカーが望んでいないという理由だけで、我々はV8を継続した。そして、今、彼らは離れることになっている。それほど素晴らしいことではないが、それが起こったことだ」

「現在、我々全員が2019年に4気筒エンジンを搭載する準備を進めているし、非常に近づいている」

ウォルフガング・ウルリッヒは、アウディは2019年エンジンの灰勝において先進段階にあり、すでにダイナモで走らせていると付け加えた。

「我々は半年以上前から4気筒エンジンを稼働させている。BMWもエンジン開発に取り組んでいる。だから、2019年エンジンと言う点ではかなり等しいと思う」

2016年末でアウディの責任者の役割を辞任したウォルフガング・ウルリッヒは、メルセデスの撤退がDTMの未来に脅威をもたらすとの見方を否定。代わりに他のメーカーが参入してくることを確信していると述べた。

「他のメーカーが興味を持っているので問題にはならないだろう。それに、GT500のようなチャンピオンシップと同じルールブックがあることはここでも役に立つ。新たに誰かが参入するかもしれないし、両方のチャンピオンシップへの参入を望む人がいれば、さらに効率的だ」

まさか、メルセデスが阻止していたとは驚きですよねぇ

しかしこれで、2020年には交流が始まる可能性も出て来たのは嬉しい事っすよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2018/01/11 06:59:38 | コメント(0) | トラックバック(0) | Super-GT | ニュース

プロフィール

「今時貴重なFRっすね@ミズヤマ 」
何シテル?   02/14 20:53
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

久しぶりに取材を受ける( ゚д゚) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2018/01/21 21:34:42
スマホで撮った愛車の写真のナンバーを簡単に加工してくれる優れものアプリ=AUTOMO CAMERA 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/13 09:39:41
2017の走行会予定の再投稿(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/20 12:05:09

ファン

40 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.