• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2015年12月31日 イイね!

木星・・・いや、木製?ι(◎д◎υ)ノ

木星・・・いや、木製?ι(◎д◎υ)ノ『史上初!?世界にひとつしかない木製のスーパーカーがなかなかエグめでカッコいい』

木製のスーパーカー「SPLINER(スプリンター)」がお目見えして話題になっている。

ドイツで開催された<エッセン・モーターショー2015>で、アメリカ出身の工業デザイナー、ジョー・ハーモン氏が率いるチームによってデザインされた"木製"のスーパーカー「SPLINTER」が披露された。

世界に1台しかないこの木製スーパーカーは、ボディには加工塗装したベニヤ板、シャーシにはベニヤ板を使用したモノコック構造と木製アーム、車内には編み上げた桜の樹皮やモザイク式に組み合わせたバルサ材を採用し、エアバッグや衝撃吸収などの安全性についても考慮された設計となっているようだ。

さらに、600馬力のアルミニウム製7.0リッターV8エンジンを搭載、6速MTというエグい仕様。もしエンジンがオーバーヒートしたら、木製だけに悲惨な結果になるかもしれないが...。

こだわりの木製スーパーカーは、ネット上で

「フォードGT90みたいに見える」
「コルベットのエンジン音に似ている」
「衝突テストを見てみたい」
「ドアのない木製の車って...すごく実用的」
「とにかく車内は禁煙だね」
「美しい車なのに退屈な映像で残念」

と、多くのクルマ好きから注目を集めているようだ。









木製って事は、彫刻刀でイタズラされたりして(^^;

それにしても、600hpもあるエンジンを搭載して、シャーシが持つんすかねぇ?ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…
Posted at 2015/12/31 20:30:29 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース
2015年12月31日 イイね!

ラリー・モンテカルロのエントリーリストを公開!

ラリー・モンテカルロのエントリーリストを公開!『Die Nennliste der Rallye Monte Carlo ist da』

ACM(モナコ自動車クラブ)は30日、2016年のラリー・モンテカルロの正式なエントリーリストを公開した。最終的なエントリー台数は89台と発表されている。


FIAは、Mスポーツの全戦参戦決定を待つために、2016年世界ラリー選手権のマニュファクチャラー登録締切をラリー・モンテカルロまでさらに延期、いまはまだ2016年のマニュファクチャラーは最終決定ではないとの情報もあるが、ACMが公開したエントリーリストではMスポーツ・ワールドラリーチームがマニュファクチャラーとして扱われ、マッズ・オストベルグがカーナンバー5、エリック・カミリーがカーナンバー6で登録されている。

2016年にフル参戦を行わないことを表明しているシトロエンは、マニュファクチャラーの登録を行わず、アブダビ・トタル・ワールドラリーチームとしてクリス・ミークがカーナンバー7、ステファン・ルフェーブルにはカーナンバー8が与えられている。

また、エースドライバーが誰なのかで注目されてきたヒュンダイ・モータースポーツは、ティエリー・ヌービルをカーナンバー3で登録、ダニエル・ソルドがカーナンバー4となる。ヘイデン・パッドンは2015年スペックの2ドアのi20 WRCでエントリーを行っており、カーナンバーは20となる。

VWモータースポーツのセバスチャン・オジエ、ヤリ-マティ・ラトバラが3年連続でカーナンバー1と2をつけてモンテカルロをスタートすることになるほか、アンドレアス・ミケルセンがカーナンバー9のVWモータースポーツIIからのエントリーとなる。

すでにDAMCK ワールドラリーチームのオット・タナクやロレンツォ・ベルテッリ、ロバート・クビサのエントリーは明らかにされていたものの、新たにブライアン・ブフィエがMスポーツ・ワールドラリーチームの3 台目として出場することが明らかとなった。

WRC2には16台がエントリー、情報どおりエルフィン・エヴァンスがMスポーツの新しいフィエスタR5でエントリーしているものの、コドライバーはダニエル・バリットからクレイグ・パリーに変更されている。

PHスポールから出場するジュニアWRCチャンピオンのカンタン・ジルベール(シトロエンDS3 R5)、テーム・スニネンはチーム・オレカからエントリーしているものの、マシンはこれまでのフィエスタR5からシュコダ・ファビアR5に変更されている。

ジュリアン・モーランも新しいコドライバーであるバンジャマン・ヴェイヤスとともにエントリー、ファビアR5にマシンをスイッチしている。プジョー・ラリーアカデミーのホセ・スアレス(プジョー208T16 R5)、ドゥニ・ジローデとのコンビで世界選手権に挑むヨアン・ボナート(シトロエンDS3 R5)が主なWRC2のエントラントとなっている。

また、エサペッカ・ラッピはシュコダ・ファビアR5でエントリーしているものの、ラリー・モンテカルロではWRC2への登録を行っていない。

まだ年明け前ですが、早くも?1月22日から始まるラリー・モンテカルロのエントリーリストが公開されやしたねぇ

圧倒的な強さを誇ったフォルクスワーゲンが、来季も同様の強さを見せ付けるとは思うんすが、そのフォルクスワーゲンに食い下がるのが何処なのか?

新規定となる2017年に対して間の年となるのだが、どんな戦いになるのか楽しみですよね♪ヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2015/12/31 19:26:03 | コメント(0) | トラックバック(0) | WRC | ニュース
2015年12月31日 イイね!

4度獲得してるけど・・・

4度獲得してるけど・・・『The other WTCC pole sitters of 2015』


2015年のWTCCでは、ホセ・マリア・ロペスがポールポジションを7度獲得した。一方で、それ以外のドライバーたちの隠れたポールポジション獲得も振り返ろう。

2015年のWTCCのレース2は、リバースグリッドにより、Q2で10位となったドライバーがポールポジションに立った。各ラウンドでの“勝者”は以下のとおりだ。

アルゼンチン:ジェームス・トンプソン(ラーダ・ベスタ)
モロッコ:イヴァン・ミュラー(シトロエンCエリーゼWTCC)
ハンガリー:ノルベルト・ミケリス(ホンダ・シビックWTCC)
ドイツ:ティアゴ・モンテイロ(ホンダ・シビックWTCC)
ロシア:ティアゴ・モンテイロ(ホンダ・シビックWTCC)
スロバキア:ヤープ・ファン・ラーゲン(ラーダ・ベスタ)
フランス:メフディ・ベナティア(シトロエンCエリーゼ、写真)
ポルトガル:マ・チンホワ(シトロエンCエリーゼWTCC)
日本:ウーゴ・バレンテ(シボレーRMLクルーズTC1)
中国:ウーゴ・バレンテ(シボレーRMLクルーズTC1)
タイ:ノルベルト・ミケリス(ホンダ・シビックWTCC)
カタール:ジョン・フィリッピ(シボレーRMLクルーズTC1)

今季、リバースグリッドでは何とか4度のポールポジションを獲得?しているものの、レース1では意地を見せた日本ラウンドでの1度のみ・・・

来季はボルボも参戦して来やすが、半数のレースでポールポジションを獲得するくらいの速さを見せて欲しいものですよねぇ
Posted at 2015/12/31 18:45:23 | コメント(0) | トラックバック(0) | WTCC | ニュース
2015年12月31日 イイね!

頭文字Dかよ!

頭文字Dかよ!『競技車両での峠ツインドリフトは、やっぱりチョー危ない映像』


それでは、その超クールな動画をどうぞ。



2015年にD1GPで3度目のチャンピオンを獲得した川畑真人選手が、クルマから降りたときには「緊張と恐怖心で身体が震えてた」と言った映像


まるで「頭文字D」の世界っすよね(^^;
Posted at 2015/12/31 07:20:20 | コメント(3) | トラックバック(0) | モータースポーツ関係 | ニュース
2015年12月31日 イイね!

牛繋がりで?(笑)

牛繋がりで?(笑)『F1: Red Bull - Lamborghini nel 2017? 』

レッドブルが、2017年にランボルギーニーのエンジンを搭載するのではないかと噂されている。

以前、ランボルギーニのCEOを務めるステファン・ヴィンケルマンがF1復帰の可能性を検討しており、レッドブルとのパートーナシップを組む可能性が報じられていた。

また、最近ではフェラーリでチーム代表を務めた経験のあるステファノ・ドメニカリが、ランボルギーニの次期CEO候補に挙がっていると報じられている。

ランボルギーニの親会社であるフォールクスワーゲン・グループは、レッドブルと将来的なパートナーシップについて交渉中だったことをが明らかになっている。

排ガス不正問題が明るみになったことでその交渉は一度は流れたが、フォルクスワーゲンは2017年以降にF1に参入すると広く考えられており、ランボルギーニをレッドブルとのテクニカルパートナーシップのブランドに選ぶ可能性が報じられている。

同グループの上級エンジニアは「最近の市場調査で改めてF1の重要性が確認された。相当な効果がある。我々はブランドにとって大きなポテンシャルを確認している」と述べた。

レッドブルは、2016年をタグ・ホイヤーのバッチのついたルノー製パワーユニットで戦うことになっている。

2017年以降について、レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは「現段階で我々のエンジン計画がどうなっているかアナウンスされていない状態で、私から発言をするのは難しいが、より良いポジションにいるべきだと信じている。私はたくさんの項目を変えていくつもりだ」と述べている。

ランボルギーニと言えば、クライスラー傘下に入った後の1989年、ラルースチームへのエンジン供給の形で、F1グランプリ参戦を開始し、1990年には、鈴木亜久里が日本GPで3位表彰台を獲得した時のエンジンでもありやすよね

ロータスやミナルディにもエンジン供給したんすが、表彰台は鈴木亜久里が獲得した日本GPの3位のみで、入賞回数も11度のみ

以前のランボルギーニとは違うし、今度は牛繋がりで、相性もエエかも?(笑)
Posted at 2015/12/31 06:31:53 | コメント(2) | トラックバック(0) | F1 | ニュース

プロフィール

「これから片付けも大変でしょうけど、無理せずに@詩文(^^v 」
何シテル?   09/23 18:11
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2015/12 >>

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

リンク・クリップ

スマホで撮った愛車の写真のナンバーを簡単に加工してくれる優れものアプリ=AUTOMO CAMERA 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/13 09:39:41
2017の走行会予定の再投稿(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/20 12:05:09
2017の走行会予定♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/18 15:29:54

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.