• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2017年01月31日 イイね!

TDSレーシングがWECに!

TDSレーシングがWECに!『Rusinov seals WEC LMP2 return as G-Drive partners TDS』

TDSレーシングは、2017年シーズンにWECのLMP2クラスでGドライブの1台のクルマの運営を担うことになった。

ELMSのフロントランナーであるTDSレーシングは、昨年11月にマシュー・バシヴィーレ、エマニュエル・コラード、フランソワ・ペロードを擁してオレカ07で2017年のWECのLMPクラスに参戦することを発表しており、Gドライブのエントリーのために2台目のクルマを追加することになる。

昨年のWECでは、JOTAスポーツがGドライブのプログラムを運営していた。JOTAスポーツはシリーズへの参戦を続けると見られているが、まだプログラムは発表されていない。

Gドライブは、2017年のドライバーとして、ロマン・ルシノフ、そして、長年TDSレーシングで戦ってきたピエール・ティリエを起用することを発表。もう一人のドライバーは“F1経験のある数名のドライバーと交渉していると述べた。

2015年にサム・バード、ジュリアン・カナルとともにWECでLMP2チャンイオンを獲得したロマン・ルシノフは、シルバーではなく、ゴールドに分類された。

各ドライバーは戦績によりプラチナ、ゴールド、シルバー、ブロンズに分類され、LMP2はシルバーまたはブロンズのドライバー1名の参加が義務付けられている。

ピエール・ティリエは、TDS/Gドライバーの義務的なシルバーにランク付けされたドライバーとなる。

ロマン・ルシノフは「今年、最高のゴールドを狙って全てのパーツをまとめることは簡単でな仕事ではなかった。テクニカルレギュレーションが変更になり、新しいプロトタイプのマニュファクチャラーとエンジン供給元を探さざるを得なかった」とコメント。

「僕たちは過去6ヵ月間これに取り組んできたし、新しいオレカモデルに決まった。僕たちはこれが最速のマシンだと信じているし、シーズン開幕にむけて楽観的だ。狙うは勝利だけだ」

TDSレーシングと言えば昨年、将来のWECドライバーを目指したプログラムとしてトヨタが、平川亮選手を送り込んでいた(?)んすが、今季はどうするのか?

平川選手をTOYOTA GAZOO Racingのワークスドライバーとして参加させるのも一つの手かと思うんすが、今季トヨタはル・マン制覇と言う重責を担ってやすから、難しいところですよねゥ─σ(・´ω・`*)─ン…
Posted at 2017/01/31 20:20:40 | コメント(1) | トラックバック(0) | WEC | ニュース
2017年01月31日 イイね!

次戦こそ!

次戦こそ!『Mazda says lessons learned despite Daytona DNFs』

デイトナ24時間レースに参戦したマツダは決勝を9-10グリッドからスタートし、翌日の朝まで生き残っていたものの、2台ともにマシントラブルが発生し、結果は残念なものだった。

55号車マツダは、スタートしてから19時間後には5番手を走行していたが、オイルラインの故障が理由で出火し、走行再開は不可能と判断。リタイアに終わった。

一方の姉妹車である70号車は、レース序盤でマシントラブルが発生しピットイン。その後1時間足らずで戦列に復帰するも、キャデラックに追突されリヤウイングを破損。また2回もの通信トラブルに見舞われてしまう。完走したものの、結果は総合46位だった。

そのような結末だったにもかかわらず、55号車をドライブしたうちのひとり、ジョナサン・ボマリートは、マツダRT-24Pが潜在的な可能性を持っているとポジティブに考えている。

「本当に厳しいレースだった。僕が経験した中で最も厄介な24時間だった。天候が悪く鬱陶しかった。気温は涼しく、車内も暑くならなかったが、精神的に疲れるレースだった」

「でも僕たちは間違いなく多くのことを学んだよ。改善することよりも、もっとポジティブなことがあったのは確かなことだ。僕たちはいい仕事をしたと思う。マシンは素晴らしい走りを見せた」

「すでに僕はセブリングを楽しみにしているんだ。新しいコンチネンタルタイヤや、ハイダウンフォースのパッケージはマツダを手助けしてくれるだろう。間違いなくクルマは良い」

北米マツダ・モータースポーツディレクターであるジョン・ドナンは次のように語った。

「当初の我々の目標は、日曜日まで生き残り、最後のラップまでクラスのライバルたちと戦うことだった。幸い、2台とも日曜日まで走り続けることができたが、最後はライバルたちから大きく遅れをとっていた」

「我々は多くのことを失敗から学んできた。マツダはチームで勝利を掴み取り、我々はチームで学ぶ。セブリング12時間レースまでにまだ6週間あるため、改善していきたいと思う」

「セブリングではマツダの旗を高く掲げたいと願っている」



予選から本調子ではなかったようで、公開テストで出したタイムを上回れず下位に沈み、決勝でもトラブル続きだったマツダRT24-P

まぁ初陣だった事を考えると、今回トラブルを出し切ったと思い、次戦MOBIL 1 TWELVE HOURS OF SEBRING FUELED12時間レースでは、上位フィニッシュして欲しいっすよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ



Posted at 2017/01/31 19:28:32 | コメント(1) | トラックバック(0) | モータースポーツ関係 | ニュース
2017年01月31日 イイね!

どうなんすかねぇ?ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…

どうなんすかねぇ?ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…『See Electric GT's race-prepped Tesla Model S in action』

電気自動車による新たなレース・シリーズ「エレクトリックGT(EGT)チャンピオンシップ」最初のシーズン開幕が近づくに連れ、参戦ドライバーや競技車両となるテスラ「モデルS」が発表されて盛り上がりを見せてきたが、ついに今月24日、同車の走行映像が公開された。

下のビデオは、競技車両のテスラがサーキットの直線からコーナーへ向かって駆け抜ける姿が収められている。スピードがかなり速いので映像はごく短い。フランスのポー・アルノ・サーキットのS字コーナーを高速で走り抜けていく様子を見ると、リアに装着された巨大なウイングもうまく機能しているようだ。映像をよく見れば、この競技車両に備わるスピードとハンドリング性能の高さが分かるだろう。その音にも注目してほしい。



また、今月13日には英国バーミンガムで開催された「オートスポーツ・インターナショナル 2017」で、この参戦車両とシリーズの内容についてさらなる詳細が発表された。イベント会場となった「Live Action Arena(ライブ・アクション・アリーナ)」でのパフォーマンス映像も併せて公開され、派手な音楽が流れる中、同車がタイヤスモークを巻き上げる姿が収められている。



このレースでは競技用に改造したテスラ「モデルS P100D」を使用する予定となっている。だが、YouTubeに投稿された1本目のビデオに映っているのは、「P100」のハッシュタグが付いているものの、初期にテスト用車両として製作された「モデルS P85D」ではないかと思われる。レースで使用されることが決定したP100Dは、市販されている状態から500kg近く軽量化され、2基のモーターは合計最高出力778hpを発生、0-100km/hを驚異的な2.1秒で加速するという。つまり、今後アップされる動画で見られる最新の競技車両は、この映像のクルマよりも速いということだ。

正式な開催日程はまだ発表されていないが、今年後半の開催時には10チームから各2名のドライバーが出場する予定だ。現在のところ、エントリー・リストには速くて美しいことから人気が高いレイラーニ・ミュンターの名前もある。環境活動家でもある彼女はこれまで、自身の知名度を利用して環境運動の促進を行ってきた。レースは欧州では7つのサーキットで開催され、米国でもノンタイトル戦が予定されている。開催にあたって同じ電動自動車レースのフォーミュラEを参考にしているのだろう、EGTはプレスリリースで、「どのレースでも、サステナビリティ(持続可能性)を目的としたテクノロジーとイノベーションを、サーキットとその周辺で実感できる祭典になるだろう」と述べている。

また、第1シーズンではテスラ独自の急速充電「スーパーチャージャー」ではなく、CHAdeMO(チャデモ)規格の急速充電方式を採用することが発表されたこともお伝えしておこう。EGTは、電気自動車の充電システムを開発するマグナム・キャップ社をチャージング・プロバイダーに迎え入れたことを発表し、同社が開発する55kWの充電システム20基をオーダー済みだという。これらは参戦車両1台に1基ずつ割り当てられることになる。

同じくEVカーを使用するレースとしてフォーミュラEがあるが、コチラはFIA(国際自動車連盟)が統括し、メーカーの参戦も活発になりつつあるのでシリーズは存続しているんすが、EGT(エレクトリックGTワールド・シリーズ)はどうなんすかねぇ?ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…

まぁ、EVフォーミュラがあるんで、EVツーリングカーがあっても面白いと思うんすが、市販車のイメージが強く打ち出されるGTで、ワンメイクと言うのはねぇ・・・
Posted at 2017/01/31 18:10:19 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2017年01月31日 イイね!

皆さんは、どう思われやす?

皆さんは、どう思われやす?『Albuquerque livid over decisive Taylor collision in Rolex 24』

キャデラック5号車をドライブしていたフェリペ・アルバカーキは、レース時間残り7分の時点でトップを走行していた。しかし、2番手を走っていた10号車をドライブするリッキー・テイラーが、ターン1でアルバカーキのイン側へ突っ込んだ。イン側のラインは閉じられたままであったものの、テイラーはそのまま直進したため、アルバカーキの左側面に接触し、スピンに追いやってしまった。

接触後も両者は走行を続け、一時はテイラーがアルバカーキに対し4秒の差を築いたが、最終的にアルバカーキはその差を0.6秒にまで縮めた。

「あれでレースが台無しになったとは思っていないが、僕はこういうレースをしていたんじゃない」とアルバカーキは話した。

「彼が後ろからぶつかってきて、僕はスピンしてしまった。彼は十分に間を開けなかったうえに、そのまま走行を続けた」

「オフィシャルはペナルティを出さなかったが、それはそれでOKだ。でも、彼は(飛び込むのを)待つこともできただろうし、バトルもできたはずだ。でもそうはならなかった」

「僕は自分がやったことに満足している。レースは終わった。でも(結果は)十分なものじゃない」

接触に対する判定に抗議をすることを考えたか、という質問にはこう答えた。

「それについてはチームと話して、彼らが言う通りにするつもりだ。でも僕は、この決定には納得していない」

「フェアな動きじゃなかったし、それはみんなわかっている。一般の人々もファンもわかっている。このレースはそういう人たちに向けたショーだからね」



ワテが思うには、フェリペ・アルバカーキがインを閉じようとした時には、もうリッキー・テイラーの10号車は鼻先を捻じ込んでいたし、かと言ってリッキー・テイラーも、かなり無理なラインを走行しているので、喧嘩両成敗って思うんすが、皆さんは、どう思われやす?
Posted at 2017/01/31 07:36:46 | コメント(1) | トラックバック(0) | モータースポーツ関係 | ニュース
2017年01月31日 イイね!

MOTULからTOTALに?

MOTULからTOTALに?『Covers come off factory Nissans ahead of Bathurst』

2月3-5日に開催されるバサースト12時間レースに千代勝正やヤン・マーデンボローらが挑戦。2台のGT-Rのうち1台にトタルがオイルを提供することになった。

ニッサンは、今週末に開催されるバサースト12時間レースに新型GT-Rで参戦する予定だ。ドライバーは千代勝正、マレックス・バンコム、マイケル・カルーソが2台のGT-Rのうちの23号車を担当する。

一方のトッド・ケリーやヤン・マーデンボロー、フロリアン・ストラウスが担当する24号車には、大手オイル会社であるトタルとのパートナーシップの一環として、ニッサン純正オイルが提供される。

オーストラリア日産自動車カスタマーエクスペリエンスとフランチャイズ・クオリティを取り仕切るイアン・モレイロンは次のように語った。

「ニッサンGT-Rのマシン性能を保証するために、トタルは高度な技術力を持ったオイルを提供しています」

「2017年バサースト12時間レースに参戦するGT-R NISMO GT3にニッサン純正オイルを提供することができ、誇りを感じております」

「最高レベルのニッサン純正オイルを使用したマシンは、経験豊富な3人のドライバーによってドライブされます」

先週のウィントンで23号車がシェイクダウンを行なったが、24号車が初めてお披露目されるのは今週末になる。

昨年のバサーストでは、ニッサンの千代/ニック・ケリー/ストラウス組が2位フィニッシュを果たしている。

2017年リキモリ・バサースト12時間は、2月3-5日に開催予定だ。



日産と言えば思い浮かぶのはMOTULなんすが、何故かTOTALに・・・

もしかすると今季、スーパーGTのマシン名も「TOTAL AUTECH GT-R」になるのかも知れやせんよねぇ?

なってったってチーム無限のスーパーGT GT500クラスへの復帰が発表された時、NSXのボディサイド、ボンネット、リアウィングにMOTULの文字がありやしたからねぇ

でもそうなると、チーム無限のNSXが赤、AUTECH GT-Rがこないなカラーになるんすかねぇ?ゥ─σ(・´ω・`*)─ン…

Posted at 2017/01/31 06:59:15 | コメント(2) | トラックバック(0) | モータースポーツ関係 | ニュース

プロフィール

「スタートまで、後30分程」
何シテル?   08/27 12:09
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2017/1 >>

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リンク・クリップ

スマホで撮った愛車の写真のナンバーを簡単に加工してくれる優れものアプリ=AUTOMO CAMERA 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/13 09:39:41
2017の走行会予定の再投稿(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/20 12:05:09
2017の走行会予定♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/18 15:29:54

ファン

36 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月

QRコード

QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2017 Carview Corporation All Rights Reserved.