• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • ブログ
  • みんカラ+

ライチュウ@滋賀のブログ一覧

2018年01月18日 イイね!

久々に・・・

久々に・・・今日は、ワテだけが休みだったので、一人で映画を観に行く事に

もちろん観に行くのは「MAZINGER Z INFINITY

嫁を仕事場に送り届けて、そのままイオンシネマ草津

しかし時間が早く開店前で、シネマの入り口も開いて無く、クルマで時間つぶしを・・・(^^;

9時開店と同時に入店し、チケット売り場に

そこで、何がどうなってるのかワテは知らないんすが、何やらポイントで映画を観られると言われ、スマホにクーポンのURLを送って貰ってたのでそれを見せ、ど真ん中辺りの座席を選択

ハッピーモーニングとかで1,300円なんすが、ワテはジジィ割引のハッピー55(G.G)で1,100円で(自爆)



映画鑑賞の定番とも言える、ポップコーン&コーラを購入し、スクリーン8に入り、座席で待機

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』予告編1


賛否両論あるみたいなんすが、ワテ的な感想を・・・

声優さんに関しては、どうしても初代マジンガーZの兜甲児の声が頭から離れていないので、少々違和感がありやしたねぇ

キャラクターに関しては、ボス、ヌケ、ムチャ、のっそり博士、せわし博士、後は機械獣が昔のイメージを引きずったままのタッチで描かれており、少々残念でしたねぇゥ─σ(・´ω・`*)─ン…

まぁ、あれこれ差し引いても、ワテ的には80点は上げられる映画でしたヾ(@⌒▽⌒@)ノ

ただ残念だったのが・・・





























映画のパンフレットが売り切れで、買えなかった事なんすよねぇ(o´_`o)ハァ・・・

買えなかったジジィは、こないなモンを購入しちゃいやした(^^;



今夜はコレで、遠い昔を思い出して、懐かしんでみようと・・・
Posted at 2018/01/18 18:28:27 | コメント(2) | トラックバック(0) | 日記
2018年01月18日 イイね!

寒冷地テストを実施?

寒冷地テストを実施?『内装も激写!トヨタ オーリス 後継モデル』

トヨタのCセグハッチバック、『オーリス』後継モデルが初の寒冷気候テストに姿を見せた。これまでで最も開発車両に接近、鮮明に捉えた。そして今回初めて、新型のコックピットをレスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが撮影することに成功した。

捉えた開発車両からは、3眼フルLEDヘッドライトやテールライトの一部が確認出来る。また初めて撮影に成功したコックピットのセンターコンソールは、手が楽に届くよう角度を付け、直感的操作で行えるスイッチ類を配置。メーター内には、高精細の大型7インチカラー液晶画面を搭載するだろう。シフトノブは、現行モデルより、下部へ移動し大型化されているのも確認出来る。

次期型では、トヨタ新世代プラットフォーム「TNGA」を採用。ホイールベースを延長し、居住空間の向上を図る。デザイン上では、リアクォーターガラスを廃止しCピラーを寝かせ、スポーティなシルエットを実現しているのも特徴だ。

パワートレインは、『C-HR』と共有する1.2リットル直列4気筒ターボエンジン、1.8リットル直列4気筒+モーターのハイブリッドが予想されている。また頂点には、最高出力260psを発揮する「GT」モデルの噂もある。









コチラは、昨年9月に目撃された時のものなんすが、今回目撃された車両は、ナンバープレート、ホイールからして同一車両と思うんすが、開発が進み、偽装が薄くなってやすね

Posted at 2018/01/18 07:41:02 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース
2018年01月18日 イイね!

2018年マシンを北米国際自動車ショーでお披露目

2018年マシンを北米国際自動車ショーでお披露目『CONCEPT BECOMES REALITY WITH FORMAL INTRODUCTION OF NEW INDY CAR』

インディカーは、北米国際自動車ショーでユニバーサルエアロキットを採用した2018年マシンを正式にお披露目した。

“NEXT”と呼ばれるこの共通エアロキットは、2012年に導入されたダラーラ IR-12シャシーをベースとしているが、現行バーションよりも軽量で、ダウンフォースの66%をクルマの下から発生する。

2018年の新しいエアロキットは、統一したボディワークを採用することで開発コストを削減し、レースとよりオーバーテイクの多いレースを目標にしている。

また、2018年のインディカーには4つの新チームの参戦が決定。カーリンが2台、ハーディング・レーシングが1台、フンコス・レーシングとマイケルシャンクがスポット参戦を予定している。

インディカーの親会社であるハルマン&カンパニー社のCEOを務めるマーク・マイルスは、新チームの追加はインディカーの成長を証明していると語る。

「成長の兆候であり、今年シリーズに4つの新たなチームオーナーを迎えることはシリーズの活力であるだと考えている。我々にとって馴染のない人々ではない」

「彼らはレースに関わってきた。彼らはインディライツに関与してきたし、レースに大きな競争力を加えてくれるだろう」

また、マーク・マイルスは、新チームの追加はインディカーのシャシービルダーのダラーラとエンジンメーカーを後押しすると鼓舞することになると語る。

「チームは約12基のエンジンをオーダーしている。ダラーラはこの新しい投資の影響を感じている」

新車のコンセプトは、2017年のインディカーチャンピオンであるジョセフ・ニューガーデンや4度のタイトルを獲得しているスコット・ディクソンといったドライバーが称賛しており、メーカーとチームが実施するテストでもポジティブなフィードバックが寄せられている。

マーク・マイルスは、新しいパッケージが今後数シーズンにわたるインディカーの成長の助けになると語る。

「我々のファンベースを本当に興奮させていると思う。今回は初公開かもしれないが、多くのことが語られているし、批判家を見当たらない。ルックスは素晴らしいし、変更は素晴らしいレース、接戦、より多くの追い抜き、エキサイティグなレースを提供すると信じている」

「シリーズの継続的にとって、それは素晴らしいニュースになると期待しているし、この美しいクルマを実際のアクションに目にすることを楽しみにしている」







ホンダはとしては、インディ500は制してはいるものの、ドライバーズタイトルに関しては2013年にスコット・ディクソンが獲得して以来、マニュファクチャラータイトルに関しては、それ以前となってしまうほどタイトルから離れてるんすよねぇ(o´_`o)ハァ・・・

是非とも今季は、全タイトルを独占して欲しいっすよねヾ(@⌒▽⌒@)ノ
Posted at 2018/01/18 07:12:22 | コメント(1) | トラックバック(0) | Indycar SERIES | ニュース
2018年01月18日 イイね!

コレは・・・

『中国の大連駅が「上野駅」にそっくりで、瀋陽駅が「東京駅」に酷似しているワケ=中国メディア』

中国北東部には日本と中国の悲しい歴史を物語る建築物が数多く残されている。遼寧省大連市の大連駅もその1つであり、大連駅の外見は中国の他の地域の駅とは違っているように見受けられる。中国メディアの今日頭条はこのほど、大連駅は東京に存在する「ある駅」とそっくりであることを伝える記事を掲載した。

大連駅は満州国時代に建てられた駅だが、正面から見ると東京の「上野駅」の正面玄関口にそっくりだ。大連駅の方が上野駅より大きいものの、建築物全体のデザインは両駅ともに非常に酷似している。

記事は、大連駅は上野駅よりも大きいが、確かに似ていると指摘し、その理由は「日露戦争で大きな損傷を受けた大連駅を新たに建造したのが日本人だから」だとし、大連駅は満州鉄道の太田宗太郎氏が上野駅を参考に設計したものだからだと指摘した。さらに、当時の大連駅はアジア最大規模の駅であったとし、当時の上野駅よりもさらに先進的で、より大きく、よりモダンだったと伝えた。

また、大連駅の立地は平坦ではなく、高低差があったことから、太田宗太郎氏はこの高低差を活かし、自動車で駅の2階部分に直接乗り入れることができるように設計したと指摘。現代の空港でも見られる設計だが、2階部分は出発、1階部分は到着と階層を分けることでスムーズな利用を実現したとし、こうした設計が取り入れられたのは「当時の中国では大連駅が初だった」と伝えた。

さらに記事は、大連駅だけではなく、瀋陽駅も日本人によって設計された駅であり、東京駅を設計した辰野金吾氏の教えを受けた太田毅氏と吉田宗太郎氏の設計によるものだと紹介。だからこそ、瀋陽駅はまるで東京駅のような外観であることを伝えている。

コレは、弟子が師匠に尊敬の念を込めて設計したからで、馬鹿民族の特徴であるパクリとは、まったく違ったモンですよね
Posted at 2018/01/18 06:38:10 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース
2018年01月17日 イイね!

ダウンヒルみたいな・・・

ダウンヒルみたいな・・・『Terrifying video shows Toyota swept downhill in California mudslide — UPDATE』

昨年12月に大規模な山火事が発生した米国カリフォルニア州サンタバーバラ郡で1月9日、豪雨による大規模な土砂崩れが起きた。がれきの中に取り残された住民の救助活動は数日にわたり続けられた。

米国CBSサクラメントは11日、隣接するロサンゼルス郡のバーバンク市の消防から提供された映像をFacebookで公開した。映像を見ると、グレーのトヨタ「プリウス C」とみられるクルマが泥水や岩石、がれきの川と化した坂道を走り下りているようだが、あるいはただ流されているのかもしれない。



「カリフォルニア州バーバンク市の消防が、今週発生した土砂崩れで、泥水や岩石に押し流されて坂道をボブスレーのように滑る乗用車の映像を公開」

詳細が明かされておらず、短い映像だけでは何とも言えないものの、このクルマにドライバーが乗っていた可能性は高いだろう。新たな泥流に巻き込まれているとはいえ、ヘッドライトが点灯し、ワイパーも作動しており、坂道のカーブをきちんと回っているなど、クルマは明らかに運転されている状態にあるからだ。ドライバーが安全な場所に避難できたことを願うしかない。

金曜日までの時点で17人の死亡が確認されており、20人以上が行方不明となっている。28人の負傷者のうち12人は病院で治療を受けているが、うち4人は重体。AP通信によれば、海岸沿いのモンテシト地区で100棟を超える住宅が全壊し、他に446棟が損壊したという。ロサンゼルスの北西に位置するモンテシトは、タレントのオプラ・ウィンフリーや元プロテニス選手のジミー・コナーズなどの著名人が住居を構える富裕な地域として知られている。

ダウンヒルしている様にも見える映像なんすが、押し流されていると知ると、とてつもなく恐ろしい映像ですよね
Posted at 2018/01/17 20:12:25 | コメント(0) | トラックバック(0) | ニュース

プロフィール

「アクセラに乗って、ケツが痛い?軟弱者め!@ゆういっつぁん 」
何シテル?   01/17 18:16
ライチュウ@滋賀です。よろしくお願いします。 コレが、3(4?)回目の再登録です(笑) このHNと住所、乗ってるクルマにピン!と来たら、お友達の再申...
みんカラ新規会員登録

ユーザー内検索

<< 2018/1 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

リンク・クリップ

スマホで撮った愛車の写真のナンバーを簡単に加工してくれる優れものアプリ=AUTOMO CAMERA 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/06/13 09:39:41
2017の走行会予定の再投稿(笑) 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/20 12:05:09
2017の走行会予定♪ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2017/02/18 15:29:54

ファン

38 人のファンがいます

愛車一覧

マツダ デミオ マツダ デミオ
このデミオにピン!と来たら、お友達のお誘いを(笑)

過去のブログ

2018年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2017年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2016年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
2015年
01月02月03月04月05月06月
07月08月09月10月11月12月
ヘルプ利用規約サイトマップ
©2018 Carview Corporation All Rights Reserved.