• 車種別
  • パーツ
  • 整備手帳
  • キーワードNew!!
  • ブログ
  • みんカラ+
イイね!

日産 スカイライン

iPhone 3GSを車載(Bluetoothオーディオレシーバーを使ってみる) 
カテゴリ : オーディオビジュアル > カーオーディオ、ビジュアル > 取付・交換
目的チューニング・カスタム
作業DIY
難易度
作業時間1時間以内
作業日 : 2009年08月07日
1
★注★★★★★★★★★★★★★★★★★★
現在は、自動接続してくれるシグマのSBT06に変更しています。詳しくは、そちらの整備手帳をご覧ください。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

iPhone 3GSを買いました。iPhoneはオーディオプレーヤーでもありますので、車で使うこともできます。ただし、カーオーディオに接続するためには「iPhoneへの充電方法」と「iPhoneとカーオーディオとの接続方法」と「配線の処理方法」を解決する必要があります。

それなりに「いい音で」、そして「目立たない」というのが最終的な希望です。ただし、配線処理をする上で、内装に穴なんて開けたくありません。「iPhoneとカーオーディオとの接続方法」には有線・無線と、いくつか考えられますが、FMトランスミッターは、以前、使った際、本当にFM放送の音だったこともあり、今回は選択しませんでした。

というわけで、Bluetoothオーディオレシーバーに、たどり着いたんです。本来は、iPodスピーカーをBluetooth対応スピーカーにする製品。

これを使い、カーオーディオのスピーカーをiPodスピーカーに見立てて、Bluetooth対応スピーカーにするというのが、この作戦?の趣旨です。

【カーオーディオ側の条件】
RCAまたはAUX入力端子があること。

★Bluetooth対応ケイタイでも、この作戦が使えるかもしれませんが、私は試せる環境にないので「できますよ!」と言い切れません。

★ご参考まで、そして自己責任で。
2
※2010.8.4 全体図を追加しました!!

まずは「充電の方法」から(このときは、iPhoneの充電方法として考えています。結果的には、Bluetoothオーディオレシーバー:MM-BTAD16の充電方法として使われます)。
シガープラグ⇔Dockコネクタという接続方法が一番シンプルです。そこに「音の接続」ができるケーブルがあればいいなあと思い、探しました。

あるんですね。
「Focal Point Computer AUX出力付きシガー充電アダプタ SiK Pimp」とか「ラトック REX-AUX-30P iPod車載用Dockケーブル」とか「サン電子 ipod専用LINEOUT出力端子付き カーチャージャー CCIP-402」とか。

でも、シガープラグを差している姿はスマートじゃないので、最初からACC電源に直接つなぐつもりです。ですので、シガープラグは、分解することが前提。ということで上の製品は、あえなく却下。で、なるべく小さいシガープラグを、と探して見つけたのが「サンワサプライ CAR-CHR53U USBカーチャージャー」です。車の電圧(12V~24V)をiPhone向けの電圧(5V)に変えてくれる商品です。
3
で、当初の予定通り、分解していきます。プラス側(先っぽ)がネジですので、くるくる回して外します。つづいて、本体が半分ずつに分かれるので、マイナスドライバーで分離。固定するツメが折れちゃうこともありますが(実際、折れました)、最初に外したネジ式の部品で固定できるのでOKです。

中には基板があるので、車体につなげるための新しい電線をハンダづけしていきます。まずバネがあるので、外しします。バネがプラスです。基板についているハンダを溶かして、バネを外し、赤い電線をハンダづけ。次に、基板に元から付いている黒の電線を外して、新しい黒い電線をつけます。

末端の処理は、2極カプラー化。R32のシガーソケットにつながっている車体側の純正カプラーは、普通にカー用品店で売っている2極カプラーとつなげられます。なので、エーモンの2極カプラーを使って2極カプラー化すれば、簡単に接続できます。ちなみに、シガーソケット裏の端子も同様に市販のカプラーと同じ形状。そこで、僕は常時電源をつないでシガーソケットを常時電源化しています。

最初から、こういう製品が売ってあるとありがたいですね。あとは、このUSBカーチャージャーに「USB端子が付いているケーブル」をつなげられれば、充電方法の問題はクリアです。
4
さて「USB端子が付いているケーブル」の捜索です。当然、反対側はDockコネクターでないと困ります。探してみると「映像出力つき」のケーブルに、どうしてもなってしまいます。「Apple コンポジット AV ケーブル」、「Belkin AV Cable with dock connector F8Z361qe06」が、いけそうです。ちゃんと3GSにも対応しているようです。

でも、ちょっとお値段が高い。なのでもうちょっと探してると【ipod,iphone,ipodtouch,ipodnano(ver2.2.1)対応 USB+AV出力ケーブル】というのを見つけました(写真)。「※iphone3GSには対応していません。」と書いてありますから安いです。でも、実際に取り付けてみると、音は出ます。充電もできます。ただし、「iPhone対応のアクセサリーではありません」というアラートがでます。気になる方は、上記メーカー製をおススメします。

でも、今回の作戦には何の影響もありません。なにせ、iPhoneとは直につながないんですから。

※追記:「ビルドアップオーディオ i-podインターフェース(ステレオRCA)http://www.buildup-audio.com/cgi-bin/shop/goods_detail.cgi?CategoryID=000012&GoodsID=00000340」を使うと、サンワサプライの「CAR-CHR53U USBカーチャージャー 」を分解しなくても、Bluetoothオーディオレシーバーに給電できます。
5
充電方法クリア。ケーブルも確保。で、次なる問題は「iPhoneとカーオーディオを、どうやってつなぐか」。そして「iPhoneをどこに置くか」です。

置き場所は…「センターコンソールボックスの小物入れ」しかありませんね。小物入れに穴をあけて、Dockコネクタの頭を出し、固定できるようにしようかとも考えましたが、とにかく内装に穴を開けたくない。

う~ん、と悩んでいたら、

「iPhoneには、Bluetoothがあるじゃないか」、と。iPhoneはBluetooth送信ができる。ならオーディオ側で受信できればいい。しかし、うちのNakamichi MD-95zには、Bluetoothなんて高尚なものは付いていません。最近のカーオーディオには、ついているようですが。ただ買い換える気も全然ありません。買い替えるんだったら、そもそもこんな作戦考えませんよ。
6
前置きが長くなりましたが、ようやく今回の主役:Bluetoothオーディオレシーバーの登場です。買ったのはDockに接続するサンワサプライ iPodスピーカー用 MM-BTAD16。

決め手は、…値段です。同じような製品は、ほかに【シグマ:SBT05】【コレガ:CG-BT2MR01】などがあります。

通常、Bluetoothオーディオレシーバーというと、ヘッドホンやイヤホンをつけて音を楽しむものが主流です。この種を買うとすると、接続はミニジャック。充電方法を別で考える必要があります(なかには、充電中にはBluetoothが使えない製品もあります)。なにより、すでに買っているUSB+AV出力ケーブルがムダになっちゃいます。

このMM-BT2MR01のような「Dockに接続するiPodスピーカー用 Bluetoothオーディオレシーバー」なら、接続はDock。充電もできます。隠して設置しても大丈夫。いわゆるメンテフリーです。ついでに「配線の処理方法」問題もクリア。
7
考え方としては、以下のとおりです。

iPodスピーカーの仕組みは、アンプとスピーカー。そこにDockコネクタが付いている、と。一方のカーオーディオにも、アンプとスピーカーが付いている、と。構成は同じですね。そのカーオーディオに、RCAピンジャック(音声のみ接続)を使って、「DockコネクタがついているUSB+AV出力ケーブル」をつなげば「Dockコネクタがついているカーオーディオ」ができる。あとは、そのDockコネクタにBluetoothオーディオレシーバー MM-BTAD16をつなげば、iPhoneからBluetoothを使って音楽を送信すれば、音が出るじゃないか、と。

ほんとにできるのかどうかは、不安でした。Webを検索しても、出てこないんですよ。検索のしかたが下手なんですかね?でも、結果的に音が出たので正解だったということでしょう。

というわけで「カーオーディオのスピーカーをiPodスピーカーに見立てて、Bluetooth対応スピーカーにする」ことができました。

Bluetoothを使うには、ペアリング設定が必要です。といっても設定は、簡単です。iPhoneの設定>一般>Bluetooth>「オン」にして、しばらく待っているとPINコードを聞いてくるので入力(PINコードは取説に書いてあります)。これで終わりです。
8
ちょっと面倒なのが、再び車に乗り込んだとき。エンジンを止めたら(電源供給がなくなったら)、iPhoneも自動で止まるのは、思ったとおりの動きなのでOKです。ただ、もう一度、乗り込んでエンジンをかけたときには、iPhone側でBluetoothの接続作業をする必要があります(ペアリングはしなくてもOKです)。

面倒です。とはいえ、日頃はiPhoneのバッテリー節約のためにiPhoneのBluetoothはオフ。Bluetoothを使う時には、どっちみち「オン」にする作業をします。ここまで作業したらあとは、
「デバイス MM-BTAD16 未接続」をタップ、するだけです。★とはいえ、後に「やっぱり面倒だ」と他のBluetoothオーディオレシーバーに変更するわけですが…。

さて、ここで疑問がわくことでしょう。「お前、iPhoneの充電はどうすんだ」と。減った時だけ充電しようと思います。常に接続していたら配線が目に入ってスマートじゃないので。充電するときには、最初に使った「サンワサプライ:CAR-CHR53U」を、もう1個買って、そこに標準の「Apple Dock コネクタ USB ケーブル」か【サンワサプライ KB-IPUSB08 iPod用USBケーブル】をつないで使おうと思います。

※こうしてみると、サンワサプライ製の紹介が多いですね。ホームページで3GSの適合表があるのって、サンワサプライくらいなんです。だから自然に、というか安心して選んでる。その結果です。別に関係者でも、まわし者でもありません。

【今回の出費】
USB+AV出力ケーブル:1805円(送料525円込み)+CAR-CHR53U:1011円(送料無料)+MM-BTAD16BK:4421円(送料無料)=7237円。もう1個CAR-CHR53U:1011円を買ったので8248円です。
この整備手帳をクリップする
※クリップとは?

気に入った記事(ブログ・パーツレビュー・整備手帳など)をマイページに保存して、いつでも見られるようになります。

カーナビ取り付け
イイね!

注目のオークション

 

おすすめアイテム

 

タグ
関連整備ピックアップ
難易度 : 
by tak.k
難易度 : 
by 翔鶴
関連リンク
この記事へのコメント
2009/08/19 01:02:45
はじめまして。
興味深く記事を拝見しました。
参考にさせていただきまして、同様の
製品をAmazonに発注し、納品待ちです。
お手数ですがひとつ質問させて下さい。
USBシガーチャージャーは、
分解、カプラー化する必用
ございますか?
する場合、しないのメリット、デメリット
をご教授頂けますと幸いです。よろしくお願いします。

コメントへの返答
2009/08/19 12:28:10
tnktnktnktnktnkさん、はじめまして。
コメント、ありがとうございます。
USBシガーチャージャーですね。

分解・カプラー化するメリットは、
「配線をコンソール内に隠せること」と
「シガーソケットが別途、使えること」です。
デメリットは、「手間がかかること」と
「分解時、失敗する可能性があること」ですね。

分解・カプラー化しないメリットは、
「USB接続できる機器の充電ができること」。
デメリットは、「配線が見えること」と
「意外とブルーのLEDがまぶしいこと」です。
それと、「iPhoneへの充電」をどうするか、
という問題が発生します。

このBluetoothオーディオレシーバーは、
電気が来ていないと使えないんです。
音楽を聴くときには、
給電してあげる必要があります。
「iPhoneに充電しながら使う」ときには、
もう1組、給電させるための配線が必要です。

解決策としては、
標準のシガーソケットに、
2つソケットがある製品をつないで、
USBシガーチャージャーをつなぐ、
という方法が考えられます。

のちほど、僕がどうしたか、を整備手帳に
アップしますので、また見てください。
写真は……、しばらく待って下さい。
では。
2009/08/19 20:26:58
ご丁寧にありがとうございます。
配線が隠せるのであればよいですね。
写真をみて分からなかったのですが
USBシガーチャージャーの全面にケーブルが
挿入されているように見えますが
どのような配線になるのかご教授
頂けますと幸いです。宜しくお願いします。
コメントへの返答
2009/08/20 11:47:22
>配線が隠せるのであればよいですね。
そうですね。隠さないんだったら、
そもそもBluetoothを使わず、
そのままiPhoneに接続すれば
いいんですから。

では、まずUSBシガーチャージャーの役割から
お話します。
簡単にいえば、変換機です。
車の電圧(DC12V)を、
USBの電圧(DC5V)に変換しているんです。

※実は、なにも、このシガーチャージャーを
使わなくてもいいんです。
上の「4」の、追記に
「ビルドアップオーディオ:
i-podインターフェース(ステレオRCA)を使うと、
サンワサプライのCAR-CHR53U
USBカーチャージャー を分解しなくても、
Bluetoothオーディオレシーバーに給電できます」
とあるとおりです。
このインターフェースというのは、
ケーブルです。みんカラで検索すると、
オークションに出品されています。

話を元に戻して。
変換して何に給電するのかというと、
Bluetoothオーディオレシーバーです。

今度はUSB+AV出力ケーブルの役割を
お話します。

このケーブルのUSBは、
Dockコネクタへ、つながっています。
このUSBをシガーチャージャーの
前面に接続することで、
シガーチャージャー→USB→Dockコネクタと
いう具合に電気が流れるわけです。

Dockコネクタには
Bluetoothオーディオレシーバーが
つながっているので、
Bluetoothオーディオレシーバーに
給電される、ということになります。

赤白のRCAは、
カーオーディオにつながっています。
(お分かりいただいていると思いますが)。

できれば、いまからでも遅くないので、
ビルドアップオーディオ:
i-podインターフェース(ステレオRCA)を買って、
すでに買っているUSBシガーチャージャーを
iPhoneの充電用に使ったほうが、
面倒くさくなくていいと思います。

僕がビルドアップオーディオの
インターフェースを知ったのは、
USB+AV出力ケーブルを買った後。
買う前に知っていれば、
ビルドアップオーディオのケーブルを
買っています。構成がシンプルになるので。

では、今回も長文にお付き合いいただき、
ありがとうございました。
2009/08/21 09:31:05
再度、ご丁寧にありがとうございます。
bluetoothへの給電は、ビルドアップの
ケーブルがあれば、usbシガーチャージャー
及び、usb+avケーブルは不要だったのですね。
理解に乏しく何度も失礼しました。
usbシガーチャージャーは、usb機器の充電
用途に常設しておこうと思います。
LEDの眩しさ対策を考えないと。。
結果、ご報告いたします。ありがとうございました。

コメントへの返答
2009/08/21 10:08:02
>usbシガーチャージャーは、usb機器の充電
>用途に常設しておこうと思います。
ということは、ビルドアップのケーブルを
買われた(買われる)のですね。

すでにUSB+AV出力ケーブルも
買われているのであれば、申し訳なかったです。
最初から、そう説明できていれば良かったですね。
「テレビにつなぐ」こともできると思います。
↑この案でご容赦ください。

>LEDの眩しさ対策を考えないと。。
そうなんですよね。何かいい案はないでしょうか。
分解して、LEDの抵抗を変えれば
うっすらになるんでしょうが、
その点、詳しくないもので。

では、取り付け、がんばってください。
2009/08/24 00:44:52
ご報告です。
おかげ様で、無事、接続できました。
配線を隠すことができまして、満足です。
ただ、どうしても若干、ノイズがのってしまい、
静かな曲や、音圧が低い曲だときになってしまいます。。
bluetoothの相性かもしれないので、他のレシーバを
購入してみようかと思います。
それではいろいろとありがとうございました。

コメントへの返答
2009/08/24 10:54:47
取り付け成功、おめでとうございます!
少しでもお役に立てて光栄です。

それにしても、ノイズとは。困りましたね。
アース不足でしょうか。
ノイズフィルターを追加するべきでしょうか。

もうひと手間かかりそうですが、
それもまた楽しさ、だと思うので、
楽しんでくださいね。では。
2009/08/24 21:46:33
はじめまして。
sktと申します。
私がやりたいことが実現できているので大変興味深く拝見させて頂きました。
1点、質問があるので教えて頂けないでしょうか?
バッテリー節約のためiPhoneのBluetoothはオフにしているので、乗るたびに接続作業をしているということですが、iPhoneのBluetoothをオンにしておき、MM-BTAD16BKに電源が入れば(給電されれば)、自動で再接続するということはできないのでしょうか?
つたない文でわかりにくかったら申し訳ありません。
宜しくお願いいたします。
コメントへの返答
2009/08/25 12:27:26
sktさん、はじめまして。
こんな“長い”整備手帳を読んでのコメント、
ほんとにありがとうございます。

ご質問いただいてから、いろいろ調べた結果、
もしかしたら、しばらく放置していると、
再接続してくれるかもしれません。
ちょっとテストしてみます!

でも、理想は「2~3秒で接続」ですよね。
僕も、それがいいです。

乗るたびに接続操作するときも、
「デバイス MM-BTAD16 未接続」を
タップしてから、少し間があります。
(上記テストと同時にテストして
実際の秒数を測ってみます)

僕は「それすら待てない!」って感じなので、
「しばらく放置」ができず、
接続操作してしまっている次第です。

Dockコネクタにさせば早いのでしょうが、
そんな本末転倒なツッコミはしないでくださいね。

新しく整備手帳にしようと思いますで、
そちらをぜひ、ご覧ください。
放置しても自動接続しないっていうオチに
なるかもしれませんが…。

では、しばらくお待ちください。
あ、ネタの提供、ありがとうございました。
2009/12/18 16:01:24
有用でとても分かりやすい記事をありがとうございます.

実はこの記事を見る前にシグマのSBT06を購入してしまっていました.SBT06とカーオーディオは有線接続しています.SBT06は自動再接続してくれます.私はiPhoneのBluetoothをオンにしてますので,車に乗り込んでエンジンをかけると10秒程度で再接続し,ポーンという音が鳴ります.シートベルトをしたりしている間に勝手に繋がっているので、後は曲をスタートするだけでとても便利に使っています.

ただ残念ながらこのSBT06,デザインが気に入りません.本体のデザインもごてごてしていますし、シガーソケットからフレキシブルアームで立ち上がるので設置の自由度がとても低いです.

そこでbluenote_37さんの記事を参考にSBT05を購入してみました.SBT06が自動接続するので同じメーカーのSBT05も自動接続するのでは?という期待からでした.結果は残念ながら自動接続とはなりませんでした.bluenote_37さんと同じようにiPhoneでデバイスをタップする必要があります.

現在はSBT06を分解・カプラー化して,どこか目立たないところに設置する方法を検討していますが,こういったことにとても疎いので、カプラー化をするにあたって参考にできるHPなどありましたら,お教えいただければ幸いです.
コメントへの返答
2009/12/18 17:23:07
smileonさん。はじめまして。
長い文章ばかりなのに、
分かりやすいと言っていただき、
本当にうれしいです。

さて、SBT06。
へぇ~、自動接続してくれるんですね!
うらやましい。

どうして、他のBluetoothレシーバーは
自動接続してくれないのでしょうね?
不思議で仕方ありません。

と。それはさておき。
SBT06を分解・カプラー化ですか。
シガープラグの部分を分解して、
ACC(アクセサリ)電源につなぎたい、ということ、ですよね?

参考にできるHPで、ここがベストといった
ところは、なかなか見つかりませんでした。
逆、はあるのですが。
「シガープラグ 分解」で検索してみてください。
他には「エーモン」のHPが参考になります。
カプラーについても載っています。

基本的には、2本の線をつなぐだけです。
簡単にいうと、プラスとマイナス。
車体側のプラスとSBT06のプラス、
車体側のマイナスとSBT06のマイナス、ですね。

SBT06のシガープラグを観察すると、
先端に金属の突起があると思います。
指で押すと引っ込み、離すと戻りませんか?
その突起が、基本的にプラス側です。

シガープラグを分解して、
その金属につながっている電線を外し
(半田づけされていると思います)、
新しい電線を半田づけ。

マイナス側は、変形したU字の金属。
こちらも、この金属から電線を半田づけしてください。

ただ、ちょっと不安ですよね。
慣れていないと、イメージしにくいと思います。
壊れたら、もったいないですし…。

で、どうでしょう?提案ですが、
エーモンのシガープラグで練習してみては?
一回、分解して慣れたほうがいいと思います。
少し投資する必要はありますが。

シガープラグは売っています。
カー用品店に、普通に。
700~800円くらいだったと思います。
ご確認を。

仕組みさえ分かれば、後は基本的に同じです。
SBT06は、ちょっとごちゃついていると思いますが、
よくよく観察すれば、単純だと思います。

でも。う~ん、どうなのかな~?
smileonさんが、どれくらいDIYをされているか
によりますね。
がんばってやってほしい気持ちと
無理はしないほうがいい気持ちと半々です。

SBT06。1000円くらいだったらな~。
本体を分解してみるんですけど。
Bluetoothの自動接続部分を
なんとか活かせないですかね?
FMに飛ばさずに。

最後は、話がズレました。すいません。
ぜひ、チャレンジしてみてください。
でも、本当に気をつけてください。
SBT06が壊れるだけならまだしも、
最悪、火災の恐れもあります。
この点、本当にエーモンのHPが役立ちます。
よく注意して読んで、基本を押さえて作業すれば、
なにも怖いことはありません。

で、できれば、みんからの整備手帳を
作って下さい。smileonさんのような人が
他にもいらっしゃるかもしれませんので。

では、今回も長々となりスイマセンでした。
朗報をお待ちしております。
2009/12/18 19:56:33
bluenote_37さん,お返事ありがとうございます.
エーモンのHPなどを参考に少し勉強してみたいと思います.
またご報告いたします.

実は以前にSonyのBT30を購入したんです.これはUSB充電なんですが,
充電中は使用できない!!信号が一定時間入らないと電源OFFになる!!ので,だめでした.自動接続はOKだったんですが...

SBT06はFMトランスミッター内蔵なんですが、Line Outもあるので,私は有線接続で使ってます.iPhone(BT)---(BT)SBT06(Line Out)---(AUX in)カーオーディオ,という接続になります.
コメントへの返答
2009/12/21 15:28:41
smileonさん。ありがとうございます。
SBT06は、Line Outもあるんですね!
素晴らしい。フレキシブルアームを
使わないで済む方法がとれれば、
サンバイザーあたりに取り付けて、
ハンズフリーとしても使えたりしますよね。

★ハンズフリーについて★
Line Outにつなぐと、
ハンズフリーは使えなくなると
HPにある取説に書いてありました。
ということは、会話の内容を
FMで飛ばしているということでしょうか?
遠くまで電波は飛ばないと思いますが、
正直あまり気持ちのいい物ではありません。
なぜ、そういう仕様にしたのか疑問です。
ただ、僕はハンズフリーとしての機能を
この機種に期待していないので、
全く問題はないです。
★★★★★★★★★★★

うん、すごく魅力的に感じてきました。
買ってみようかなあ。
ぜひ、成功事例を作ってください。
期待しています。
2009/12/20 14:14:35
bluenote_37さん,こんにちは.

エーモンのHPを見ましたが,難しくてちょっと私には荷が重そうです.それでも何とか隠蔽設置したいので、ディーラーの整備士さんに相談しました.何とか加工できそうとのことですので、明日(12/21)別のクルマの件でいく予定がありますので実物を見てもらって設置場所など相談する予定にしました.いろいろとお教えいただいたのに、DIYの根性が足りずに情けない話ですいません.

具体的にどのように加工できるか分かりましたら、またご連絡さし上げます.

ここにSBT06のレビューがあるのですが、
http://ipodtouchlab.com/2009/12/bluetribe-sbt06-iphone.html
本体とフレキシブルアームは金属板の接点を差し込むような構造となっています.フレキシブルアームの接点より末端でフレキシブルアームを切断してコードを出すのは難しくなさそうですが、本体に直接コードを接続するには本体の分解が必要となり少しハードルが高そうです.

私は電話は直接iPhoneのスピーカーホンで受ければ,簡易ハンズフリーとなるのでは?と考えておりますので,本体はコンソール裏にでも設置するつもりにしております.
コメントへの返答
2009/12/20 14:51:55
smileonさん。こんにちは。
プロに任せるのが一番安心ですよ。
いや〜、楽しみですね。

リンク先、拝見しました。
うわ、iPhoneの充電もできるんですね。
う〜ん、ますます魅力的です。

できたら、でいいのですが
SBT06とフレキシブルアームの接続部分を
写真に撮って、みんカラにUPして
いただけませんか?
2009/12/20 15:28:38
はい.了解です.
今は仕事中ですが,クルマはすぐ近くにありますので、時間ができましたら撮影してアップいたします.
コメントへの返答
2009/12/21 15:32:31
ありがとうございます。
すぐ近くにクルマがあるなんて
うらやましいです。
2009/12/20 19:04:25
写真アップしました.
FIAT500の整備手帳にあります.
他にリクエストがありましたらご遠慮なくどうぞ.
コメントへの返答
2009/12/21 15:36:04
写真、拝見しました。
ありがとうございます。

それにしても、クルマ3台お持ちなんですね。
いいなあ。
2010/08/14 22:57:28
色々と参考にさせて頂きました。
非常に丁寧な内容で大変勉強になりました。
コメントへの返答
2010/08/15 00:49:59
コメントいただき、ありがとうございます。
長くて疲れませんでしたか?
参考になれば、幸いです。
2010/09/13 22:48:53
はじめまして。

同じことを考えている先輩がいて助かりました。

しかもこんなに詳しくメモしてくれて。

早速アマゾンで購入いたしましたよ。明日届きます^^
コメントへの返答
2010/09/14 12:21:10
ありがとうございます。
「サンワサプライのMM-BTAD16は、
手動接続になるので、もう使っていない」と
冒頭に書いているのにも関わらず、
当ブログ(整備手帳)では、
一番見ていただいています。

詳しいから見て下さっているのか、
長いから何度も見ざるを得ないのか、
ちょっと分かりませんが、
楽しんでいただけたら、うれしいです。
プロフィール
長い文章なのに読んでいただき、 本当にありがとうございます。 できるだけ純正状態をキープしながら 過去にDIYで取り付けてきた さまざまなパーツを紹...
Facebookみんカラ公式ページ Twitterみんカラ公式ページ
みんカラ新規会員登録
ユーザー内検索
リンク・クリップ
運転席側パワーウインドウ修理 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2013/06/08 22:22:46
AACバルブ交換&アイドル回転調整  
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/07/03 15:55:13
センターキャップ 再塗装☆ 
カテゴリ:その他(カテゴリ未設定)
2012/05/15 18:07:12
お友達
ファン
2 人のファンがいます
愛車一覧
日産 スカイライン 日産 スカイライン
ノーマル状態が大好きなので、見た目は内外装とも、ほとんど変えていません。 ただDIYでい ...
QRコード
QRコード
このブログを携帯でご覧になれます
プライバシー
©2014 Carview Corporation All Rights Reserved.